広報
12.1
■発行
ごみ減量対策課(〒192
‐8501 元本郷町三丁
目24番1号)
☎620‐7256(直通)
2006
(平成18年)
■ ホームページアドレス http://www.city.hachioji.tokyo.jp/gomi/index.html
優
良
集
積
所
に
優
マ
ー
ク
▲ごみ・資源物の分別に取り組む下柚木都営第一団地の皆さん
▲
認
定
マ
ー
ク
り
組
み
で
認
定
住
民
皆
さ
ん
の
取
す
。
そ
の
中
か
ら
、
行
11 い
月ま
積1す
所日。
を現
認在
定 57
しか
て所
いの
ま集
認
定
に
向
け
た
調
査
・
指
導
を
し
て
い
た
だ
け
れ
ば
継
続
し
て
事
項
が
あ
っ
た
場
合
で
も
、
改
善
り
ま
せ
ん
。
認
定
調
査
で
指
摘
が
行
い
、
申
請
費
用
は
必
要
あ
る
方
︵
管
理
会
社
・
自
治
会
な
ど
︶
申
請
は
、
集
積
所
を
管
理
す
集
合
住
宅
で
す
。
物ず 専 10 対
用世象
集帯は
積以、
分
所上譲
をで・
設、
ご賃
けみ貸
て・を
い資問
る源わ
を
紹
介
し
ま
す
。
木
都
営
第
一
団
地
を
受
け
た
、
下
柚
が
れ
ば
と
思
い
ま
す
。
の
ル
ー
ル
を
再
認
識
す
る
き
っ
か
け
に
つ
な
ま 任 員 と 以 に 治 意
ま す せ が 声 外 載 認 会 識
た 。 に 利 を の せ 定 の と
、
し 用 掛 方 た さ 総 モ
居
な す け が
﹁ と れ 会 ラ
住
い る て 私 こ た で ル
者
﹂ 集 く も ろ こ 提 の
全
こ
案 向 住 と し 化 、
れ
と 積 ま 分 自 と し 上 者 認 た に 以
員
の
が 所 し 別 治 を 、 に の 定 が 力 前
方
大 で た を 会 自 申 な 一
層 さ 、 を か
が
事 す 。 手 の 治 請 る の れ 優 入 ら
、
美 会 し と ご れ 良 れ 団
だ か 居 伝
ご
い
ら
住 ま 化 だ ま 思 み ば 集 て 地
み
と
い
、
積 き の
﹁
者 す 委 よ し
出
思
た 、 分 、
し
い 人 全 ﹂ 員 り 。 自 別 居 所 ま 美
①
定
す
る
も
の
で
す
。
で
あ
れ
ば
﹁
優
良
集
積
所
﹂
と
認
の
管
理
状
況
を
調
査
し
、
適
正
さ
れ
た
﹁
ご
み
・
資
源
物
集
積
所
﹂
識
の
向
上
を
目
的
と
し
、
申
請
住
ま
い
の
方
の
、
ご
み
分
別
意
ン
シ
ョ
ン
な
ど
集
合
住
宅
に
お
こ
の
制
度
は
、
ア
パ
ー
ト
・
マ
認
定
制
度
﹂
。
合
住
宅
ご
み
等
優
良
排
出
管
理
7
月
か
ら
実
施
し
て
い
る
﹁
集
者
、
居
住
者
と
市
が
協
力
し
て
、
集
合
住
宅
の
管
理
者
や
所
有
P2・3…皆さん・事業者・行政が
一体となって
P4・5…紙は繰り返し使える
大切な資源です
P6……不法投棄のないきれいな
まちづくりをめざして
P7……家庭用指定収集袋収入
の使いみちなど
P8……お知らせ
エコショップ認定制度
集合住宅ごみ等優良排出管理認定制度
ごみ減量の効果を維持するためには、市民の皆さんは「ごみとなるものを家庭に持ち込まない」、事業者は「ごみ
となるものをお客様に渡さない」という意識が重要です。市では、
ごみの発生を抑制する取り組みを積極的に行っ
ている、環境にやさしいお店を八王子市エコショップとして認定しています。 集合住宅は、戸建住宅と比べると資源物としてリサイクルできる物をごみとして出している割合の多いことが分
析調査から分かりました。
もちろんその中には「ごみの分別」や「集積所の管理」が適正に行われている集合住宅もたくさんあります。
このような、管理が適正な集積所を「優良」と認定し普及させることで、管理者や入居者の皆さんの「ごみ分
〔エコショップの取り組み〕
○ レジ袋の削減、簡易包装の実施
○ 商品のばら売りやはかり売りの実施
○ 環境に配慮した商品の販売
○ リサイクルへの取り組み など
別意識の向上」を推進し、市全体のごみの減量へとつなげていくことを目的としています。
○集合住宅集積所管理者
申 請
○集合住宅所有者
※申請用紙は、戸吹、館、南大
沢の各清掃事業所、またはご
み減量対策課で配布していま
○管理会社、管理組合など
す。市のホームページからも
▲ごみの減量と資源の節約の第一歩はレジ袋の削減
認定調査
です。エコショップではお客様にマイバッグをつかって
いただくことを積極的に呼びかけています。
写真のコンビニエンスストアでは店員が直接、お客様
※指摘事項があっても改善して
のマイバッグに商品をお入れしています。
○ エコショップ認定制度に参加して
いただける店舗を募集しています。
<お申し込み>
ごみ減量対策課☎620・7256(直通)
▲エコショップの多くは、店頭で牛乳パックや発泡スチロールトレイな
ど資源の回収を行っています。認定店のスーパーマーケットの一つで
は、回収している発泡スチロールトレイの量は自店から出される量の約
23%となっています。さらに回収率を上げるように努力しています。
エコショップ 一 覧
(平成 18 年 11 月 1 日現在、店舗名は 50 音順)
いただければ、引き続き認定
認 定
▲市の清掃指導員がごみの出し方、分別の状況を調
査します。
※認定後も数か月後に初
網代園
横山町10-14
グルメシティ八王子大和田店
大和田町6-13-3
スーパーアルプス西八王子店
散田町3-17-1
回と同様の調査を実施
イトーヨーカドー八王子店
狭間町1462-1
グルメシテイ八幡町店
八幡町4-11
スーパーアルプスはざま店
椚田町1208
します。
イトーヨーカドー南大沢店
南大沢2-28-1
京王ストアめじろ台店
めじろ台1-9-2
スーパーアルプス横川店
横川町540-1
いなげや八王子中野店
中野山王1-11-16
コープとうきょう北野台店
北野台5-49-6
スリーエフ弐分方町店
弐分方町4
いなげや八王子松木店
松木15-7
コープとうきょう城山手店
城山手1-27-5
スリーエフ八王子横川町店
横川町108-20
内田ストアー
みつい台2-2-9
コープとうきょう高倉店
高倉町46-7
スリーエフ横川町陣馬街道店
横川町549-4
am/pm八王子子安町1丁目店
子安町1-29-1
コープとうきょう狭間店
狭間町1452-5
セブンイレブン大谷店
大谷町47-4
※指摘事項があっても改
善していただければ、
継続して調査を実施し
ます。
am/pm八王子高倉町店
高倉町1-10ノースランドハイツ1F
茶寮茶和
八木町3-15
セブンイレブン北八王子店
大和田町2-22-11
エコショップ元気広場
片倉町440-15
三和堀之内店
別所2-1
セブンイレブン千人町店
千人町4-12-3
エコスたいらや西寺方店
西寺方町482-1
三和南大沢店
南大沢3-9
セブンイレブン八王子繊維工業団地店 下恩方町1185-1
エコス東浅川店
東浅川町518-1
スーパーアルプス宇津木台店
久保山町1-10
ダイエー楢原店
楢原町1463-1
担当地区の清掃事業所
エコス元八王子店
元八王子町3-2211
スーパーアルプス恩方店
西寺方町69-1
ダイエー八王子店
横山町4-8
戸吹清掃事業所 691・2891
風とみどりのマルシェ
本町3-4
スーパーアルプス甲の原店
中野町2689-3
タカクラメガネ
八幡町12-5
館清掃事業所 665・2531
きものの西室
横山町6-12
スーパーアルプス台町店
台町3-24-20
八王子市役所内売店
元本郷町3-24-1
南大沢清掃事業所 674・0551
クリエイトSD八王子元本郷店
元本郷町4-17-16
スーパーアルプス高倉店
高倉町66-15
ベーカリーパパン
上野町68-1
グルメシティ高尾店
初沢町1227-4
スーパーアルプス中野店
中野山王1-26-7
丸吉優眠館
八幡町11-1
グルメシティ西八王子店
千人町2-1-9
スーパーアルプス長房店
長房町550
山野美容芸術短期大学YCAショップ
鑓水530
③
ダウンロードできます。
認定証・
認定マーク交付
に向けた調査を実施します。
※申請の辞退は自由です。
継続のため
の認定調査
電話でのお問い合わせ先
継続認定
▲小規模集合住宅の集積所は、
ごみ・
資源物を出す場所の掲示や専用容器
(数か月後に実施)
を設置することで、分別ができ、清潔に
または、
ごみ減量対策課
保たれています。
620・7256まで
②
次のものは、雑紙として出すことができます。もう一度
分別の確認をお願いします。
※こんな出し方していませんか?
※袋の中には資源になる紙類が
たくさん見受けられます
お菓子やティッシュペーパー
などの紙箱
封筒
トイレットペーパーの芯
次のものは、紙の原料となりませんので可燃ごみ
として出してください。
(禁忌品と呼ばれています)
パンフレット・カタログ
その他、書籍、コピー用紙、包装紙なども雑誌・雑紙として出すことができます。
感熱紙(FAX 用紙・レシー
トなど)
、カーボン用紙、油紙、
銀紙、写真
家庭から出た可燃ごみの組成(18年10月調査)
その他 プラスチック等
不燃ごみ
可燃ごみ
紙類
7%
12%
(資源化可能)
13%
繊維類
3%
木類
11%
厨芥類
(生ごみ)
42%
紙類
25%
紙類
(資源化
不可能)
12%
1.可燃ごみを減らすことができます
防水加工紙(紙コップ・紙
製のヨーグルト容器など)、
ビニールコート紙、アイロ
ンプリント紙
食べものなどで汚れた紙、
シュレッダーされた紙、臭
いのついた紙(石鹸の個別
包装紙など)
●紙類は種類によってそれぞれ違う用途の紙に再生
されるため、必ず4つの種類(新聞・ダンボール・
雑誌雑紙・紙パック)に分別してください。
◎ダンボールは断面が
波型をしています。→
◎紙パックは上質な紙からできていて、トイレット
ペーパーやティッシュペーパーに再生されますので、
必ず雑紙とは別に束ねてください。
リサイクルマスコット
「クルリ」
2.分別された古紙は、紙を作るときの
原料として使えます
資源物の売払い金は、資源物回収費用に充てています。
品 目
古
紙
16年度
17年度
重量(kg)
重量(kg)
回収量
17年度
前年度比(%) 売払収入(円)
新聞
3,064,030
3,190,600
104
ダンボール
2,912,020
3,651,940
125
古紙小計
雑誌・雑紙
8,890,680
12,369,100
139
45,518,421
紙パック
111,340
215,810
194
空きびん
4,129,890
4,405,370
107
1,217,825
空き缶
1,523,140
1,740,160
114
39,290,632
古着・古布
1,687,984
2,321,136
138
12,185,961
プラスチック
433,450
866,450
200
0
ペットボトル
846,860
1,484,200
175
8,825,856
3,360
3,730
111
0
23,602,754
30,248,496
128
107,038,695
はがき類
計
⑤
引越しなどで大量の古紙が出る場合は、下記の古紙問屋へ直接持
ち込んでいただければ無料で引き取っていますのでご利用ください。
事業所から出る古紙も持ち込めます。
ただし、必ず種類ごと(新聞・ダンボール・雑誌雑紙・紙パック)
に分別していただくようお願いします。
また、紙の原料とならない禁忌品(※上記の出せないもの)は混
ぜないよう注意してください。
<市内の古紙持込み先一覧>
3.古紙を原料として
紙を作れば
天然資源の
節約になります
会社名
住所
電話
持込み時間
三弘紙業㈱
八王子営業所
宮下町54-1
691-0221
月∼金 9時∼17時 土 9時∼14時
東京紙業㈱
多摩事業所
中野上町1-16-16
655-1821
月∼土 9時∼17時 ㈱こんの
八王子営業所
石川町2802
643-4340
月∼土 9時∼17時 日・祝日
9時∼15時
※毎週水曜日は行政回収の搬入があり大変混み合いますので、
別の曜日に持ち込んでいただくようお願いします。
④
不法投棄のないきれいなまちづくりをめざして
市では不法投棄を防止するために、
さまざまな取り組みを行っています。不法投棄は自然環境を破壊し、生活
環境を脅かす重大な問題です。
「少しぐらいなら」
「人目につきにくいから」といって、道路、河川、空き地などにご
みを捨てる身勝手な行動は絶対許されません。
次代を担う子どもたちのためにも、大人たちが良い手本を示し、一人ひとりの責任ある行動で住みよいきれいな
まち、八王子をつくりましょう。
市の取り組み
◎監視パトロールの実施(昼間・夜間)
不法投棄の多くは人目を避けて早朝や夜間に行われています。本市では職員による「不法投棄と不審者の
監視」を毎日実施しています。車内から監視するだけでなく現場周辺を歩いて行っています。
◎不法投棄監視カメラの設置
本市では不法投棄が多発している場所を重点的に、24時間監視できるカメラを設置しました。不法投棄をしよ
うとする不審車両の映像は直ちに各清掃事業所に送られます。悪質な場合は警察と連携し告発も含めた法的な
措置をとっていきます。
◎啓発ポスター・看板等の設置
不法投棄の多発場所、
ごみ集積所、駅周辺等に市内の小学
生が描いたポスターや看板を設置し、不法投棄の未然防止を図
っています。
◎通報連絡体制
本市では不法投棄をなくすために、
リサイクル推進員、郵便局、
タクシー協会、
その他の市民団体との連携を取り、不法投棄の
情報を提供してもらい、監視の目の強化、早期対応の足掛かり
にしています。
▲小学生が描いた不法投棄防止ポスター
不法投棄の罰則
不法投棄をすると、個人では5年以下の懲役もしくは1千万
円以下の罰金、法人の場合は1億円以下の罰金と違反者が5
年以下の懲役又は1千万円以下の罰金に処されます。また不
法投棄の未遂についても罰せられるようになりました。
不法投棄を見かけたら
『あなたの一報を』
不法投棄を防止するためには、市民による監視などの協力が
▲畳や自転車などが不法投棄された現場
不可欠です。不法投棄を見かけた場合や投棄者が特定できそ
うな証拠品がある場合
などは、右記までご連絡
浅川から北側の方
戸吹清掃事業所
☎691-2891 FAX691-7678
ください。
浅川から南側の方
館清掃事業所
☎665-2531 FAX662-2926
多摩ニュータウンの方
南大沢清掃事業所 ☎674-0551 FAX677-5971
環境部ごみ減量対策課
⑥
☎620-7256 FAX626-4506
家庭用指定収集袋収入の使いみち
平成17年度(17年4月1日∼18年3月31日)の指定収集袋の収入は1,267,683,287円でした。この収入は、有料化
に伴い実施した戸別収集、資源物回収の拡充、指定収集袋制度などの必要経費に充当しています。
⑦繰越金
111,992,485円
①戸別収集 119,658,321円
可燃ごみ収集 14,146,329円
⑥みどりの保全基金積立
⑥みどりの
保全基金積立
110,000,000円
9%
本 市 の貴 重なみどりを市
⑤啓発・
民共有の財産として保全し、
その他
緑化の推進を図るために、み
4%
どりの保全基金に積み立てま
した。
⑤啓発・その他 54,631,192円
④
不法投
棄対策
3%
不燃ごみ収集 105,511,992円
①
⑦
繰越金 戸別
9% 収集
9%
②資源物回収の拡充
536,307,820円
②
資源物
回収の
拡充
43%
③
指定
収集袋
23%
広報・カレンダー等作成・配付
35,640,489円
資源集団回収補助
古紙
60,728,829円
古着・古布
29,258,190円
ペットボトル
194,131,562円
プラスチック
158,426,868円
空き缶
83,156,280円
空きびん
10,606,091円
7,278,233円
④不法投棄対策
生ごみ処理機補助
2,470,900円
清掃工場等経費
9,241,570円
41,310,354円
不法投棄パトロール 29,767,500円
③指定収集袋 293,783,115円
監視カメラ設置(6台) 9,019,628円
製造費
182,623,171円
小学生ポスターの掲出 2,523,226円
運搬等管理費
111,159,944円
事業系ごみの適正処理を
「お店から出たごみが家庭用の指定袋に入れられているのですが良いのですか?」といった声が多く寄せられます。
事業活動から発生したごみは(住居を兼ねた事業所であっても)
「事業系ごみ」となりますので、家庭用指定袋で排
出することはできません。市では、清掃指導員がごみの中身について随時調査し、不適切な排出事業者に対し指
導を行っています。
「事業系ごみ」の適正処理をお願いします。<処理方法は市のホームページをご覧ください。>
<不適正排出事業者指導までの流れ>
市職員が
発見
市
職
員
が
調
査
市民から
の通報
▲家庭用指定袋で出された事業系ごみを
市の清掃指導員が調査しています。
⑦
排
出
事
業
者
を
特
定
排出事業者を
指導
※悪質な場合
警察と連携
10リットルのおむつ専用袋の配付を始め
ました
来年の家庭用ごみ・資源物収集カレンダー
を全世帯に戸別配付
20リットルのおむつ専用袋に加え、新たに10リット
可燃・不燃ごみや資源物の収集日や分別方法を
表示した「家庭用ごみ・資源物収集カレンダー」。市
内を20の区域に分けて作成しています。来年のカ
レンダーは12月5日から15日にかけて全世帯に戸別
配付します。
なお、12月18日を過ぎても自宅に届かなかったり、
自宅の町名と異なる区域のカレンダーが届いた場
合は、
ごみ減量対策課(☎620・7256、
FAX626・
4506)
までご連絡ください。
ルの袋の配付を12月1日から始めます。おむつ専用
袋の排出状況をみると、袋に余裕がある状態で排出
されていたり、
また、20リットルの袋では大きくてもっ
たいないという市民の皆さんの声があったりすること
から、10リットルの袋を追加することにしました。
1回に配付できる枚数は20リットルと10リットルの
袋を合わせて30枚までです。ぜひご利用ください。
おむつ専用袋配付場所一覧
市役所3階ごみ減量対策課
各地域子ども家庭支援センター
市役所2階子育て支援課
各地域包括支援センター
市役所2階高齢者支援課
あったかホール
市役所2階高齢者相談課
補修センター
市役所2階障害者福祉課
保健センター
市役所2階生活福祉課
大横福祉センター
各清掃事業所
東浅川保健福祉センター
市民部各事務所
南大沢保健福祉センター
各市民センター
いちょうホール
各児童館
市民会館
各市立保育園
東浅川交通公園
各私立保育園
清川交通遊園
エコひろば
八王子市環境学習室のご案内
あったかホール2階にある「エコひろば」は市民・
事業者の環境学習の拠点です。
「知っていますか、みなさんのまちの環境状況」
を合い言葉に環境保全活動のパネル展示をして
います。また、
「見て・聞いて・話してみよう」を基本
にした清掃工場見学・体験ツアーや講座を開催し
ています。ご参加をお待ちしています。
■講座のご案内は
広報紙やホームページ
(http://www.city.hachioji.
tokyo.jp/evevnt/koza/index.html)をご覧く
ださい。
■お問い合わせは
エコひろば☎656・3054(受付時間:10時∼18時)へ。
(エコひろばの管理運営は
環境学習・リサイクル推進協議会へ委託しています。)
見 :
学夏
・休
体
験み
ツ親
ア子
ーか
のん
様き
子ょ
う
(八王子共励、共励第二、共励第三を除く)
※可燃ごみ収集車にも積んでいます。声をかけてください。
新規指定収集袋取扱店一覧(町名は50音順)
新規取り扱い店
マツモトキヨシ
みなみ野一丁目
元八王子町一丁目
年末の粗大ごみ 収集の申し込みはお早めに
アクロスモール八王子みなみ野店
ミニストップ
元八王子一丁目店
これから年末にかけては、各ご家庭から粗大ごみ
の収集の申し込みが殺到し、大変混み合います。
年内に収集できない場合がありますので、
お早めに
担当清掃事業所へお申し込みください。また、直接、
各処理施設に持ち込むこともできます。年末の収
集業務と処理施設での受け入れは、12月29日
(金)
まで行います。
取り扱いをやめました
石川町
ミニストップ
散田町一丁目
古紙配合率100%再生紙を使用しています
八王子石川町店
㈱マゴメ
散田営業所
⑧
ダウンロード

優 良 集 積 所 に マ ー ク 優 良 集 積 所 に マ ー ク