「地質・地盤情報協議会」・
「Web-GISコンソーシアム」説明会資料
Web-GIS版電子納品統合管理システム
--Web - Technical Information Totally
Advanced Network System--“Web-titan”
1.
2.
3.
4.
GIS とは
GIS と Web-GIS
“Web-titan” の開発目標
デモンストレーション
1.GIS(GeoInformation System)
経済
土木
入力
DB
測量
地図
空間的把握
農業
災害
施設
解析
GIS
出力
数学
基礎学問
地質
・従来のGISは「地理情報システム
・今後のGISは「地質情報システム」へ
2.GISとWeb-GIS
① 個別のGIS専用機でコンテン
ツ作成,閲覧と印刷を実施
② Web-GISのコンテンツ作成
用として重要
① インターネット利用が前提
② クライアントが情報をリクエ
ストする
③ サーバから必要情報を入手
④ 情報検索用ポータルサイト
(クリアリングハウス)が便利
Web-GISの仕組み
メタデータ =
GIS情報インデックス
一般クライアント
④ メタデー
タ供給
⑤ 利用要求
データベース
サーバ
⑥ GIS
情報提供
③ 検 索
① 質 問
クリアリングハウス
② メタデータ
Web-GIS
サーバ
情報提供者
Web-GISの特徴と主な利用
① 特徴
・空間データなどのインターネット交換
・空間データなどの分散配置と管理
② 主な利用
・ハザードマップ類の公開
地震被害,洪水(浸水),土砂崩壊 等
・地質調査成果品(電子納品)の保管管理
発注者,受注者
・新たな地質学的知見への再利用
③ 情報の標準化が不可欠(G-XML etc)
3 . “ We b - t i t a n ” の 開 発 目 標 と 機 能
① 低価格のWeb-GIS 構築
・全て「フリーソフト」により構成
② 企業間・企業内の地質情報の共有化
・電子成果品データベース構築
・電子成果品キーワード検索
⇒ 業務効率向上(提案書作成時 等)
③ 地質データの再利用促進・高度利用
・広域地質モデル作成時の効率化
・ハザードマップ作成時の効率化
“Web-titan”の主な機能
① 地質調査報告書データベース構築
電子成果品(電子納品)対応
② キーワード検索による
地質調査報告書閲覧機能
③ Web-GIS による
・ボーリング地点検索機能
・ボーリング柱状図閲覧覧機能
④ 汎用Web-GIS 機能
“ We b - t i t a n ” の シ ス テ ム 構 成
Web-titan
[Web-GISサーバ]
コンテンツ類
・電子成果品
・Shape File
主:登録・管理用PC
・キーワード登録
・コンテンツ加工
インターネット
イントラネット
クライアント
・検 索
・内容閲覧
リモートアクセス
副:登録・管理用PC
・キーワード登録
・コンテンツ加工
“ We b - t i t a n ” で の デ ー タ の 流 れ
電子成果品
データ登録
書庫(永久保存)
報告書PDF
We b - t i t a n
電子柱状図
① 電子成果品データベース構築
② 電子成果品(報告書本文)キーワード検
索
“Web - t ita n ” のトッ プ画面
・今回開発した“Web-titan”は,
プロトタイプである
・コンソーシアム(共同研究)で,
より高機能と汎用化を図る必
要があると考えている
地質調査報告書の検索機能
REPORTnn.PDF
REPORTnn.PDFの報告書本文が表示される
・ボーリング位置の検索機能
・ボーリング柱状図の閲覧機能
・[ i ]ボタンをクリックする
・ボーリング地点を範囲選択する
・ボーリングの属性情報が表示される
・電子柱状図欄のファイル名をクリックする
・電子納品したボーリング柱状図
がそのまま表示される
→ 個人情報の取り扱いに留意
→ 発注者への守秘義務に留意
汎用Web-GISとしての機能
関連計画(案)
・GRASSによるGISコンテンツ
作成のための教育訓練(日本情報学会)
・GIS化を前提とした地質調査
とデータの整理方法等の習得
(地質調査技士・情報部門) “
デジタルデータの登録機能
① 電子納品用CD-Rを使用
② 登録可能な電子納品要領(案)
・土木設計業務等の電子・・:H13/8,H16/6
・地質調査資料整理要領(案) :H13/8
・地質・土質調査成果・・・:H16/6
③ GISキーワード,GIS分類コード使用 [登録は任意]
④ 登録はWindows PC で行う
コンソーシアムでの共同研究テーマ
① (案)
地質調査成果品の保管管理と
情報共有のための標準システムの構築
-FOSS による“Web-titan”の完成-
②“Web-titan”の「企業,地方自治体」
への普及と「教育・訓練」
③ 地質情報の高度利用に関する調査・研究
・データベース構築,・3次元モデリング
④“Web-titan”をプラットホームとした
地質情報の公開に関する調査・研究
⑤ 地質情報の基盤整備に関する調査・研究
[地質図のシームレス化など]
ダウンロード

説明資料は、こちらをクリックして下さい。