アーカイブデータ活用
(すばる公開データの活用)
すばる秋の学校
2007 年 10 月 01 日
国立天文台 天文データセンター
吉野 彰
概要


アーカイブデータを用いた研究
すばるの観測データの流れ



観測データがハワイから三鷹に来るまで
STARS/MASTARS/SMOKA の関係
SMOKAの使い方




ユーザー登録
観測データの検索
検索したデータの確認
データ請求
アーカイブデータを用いた研究
2007年10月現在SMOKAを用いた研究成果は…

学術誌論文 (A&A, ApJ, AJ, PASJ, MNRAS, PASP) : 30 本、その他
集録:3本

2003年 3
2004年 5
2005年 6
2006年 9
2007年 7
博士論文:1本
本
本
本
本
本
(SupCam 3)
(SupCam 5)
(SupCam 5, CIAO 1)
(SupCam 7, HDS 1, IRCS 1)
(SupCam 5, CIAO 1, 2kCCD 1)
(参考 : http://smoka.nao.ac.jp/about/publish.ja.jsp)
アーカイブデータを用いた研究

キャリブレーション用データ
フラット・ブランクフィールドとして

補完的役割
足りない天体のデータ・他波長データ
⇒今までの研究例のほとんどはこれ

サーベイデータ
新天体の発見・統計的研究
すばるの観測データの流れ
すばる望遠鏡
による観測
3種類のアーカイブ
STARS
MASTARS
SMOKA
国立天文台ハワイ観測所 (ヒロ)
国立天文台 (三鷹)
18ヶ月後に転送
ミラー
STARS / MASTARS
http://stars.naoj.org/
http://sbwww.nao.ac.jp/mastars/

STARS (Subaru Telescope ARchive System)


MASTARS (Mitaka Advanced STARS)



望遠鏡システムの一部として開発・運用されているアーカイブシステム
国内利用者のため、国立天文台三鷹キャンパス内にある
STARS のミラーセット
すばる望遠鏡によって観測されたデータは、
山頂システムからネットワークを介して転送され、
数分後には STARS, MASTARS に格納される
観測者専有期間 (すばるでは 18 ヶ月) を
過ぎたデータは、公開アーカイブ SMOKA に
転送される
STARS のホームページ
SMOKA
http://smoka.nao.ac.jp/

SMOKA (Subaru-Mitaka-Okayama-Kiso Archive)

国立天文台 天文データセンターが運用・開発する
すばる望遠鏡
岡山観測所 188 cm 望遠鏡
木曽 105 cm シュミット望遠鏡
の公開データを提供する
サイエンスアーカイブ

STARS/MASTARS :
1. 観測者専有期間内にあるデータ
のセキュリティを守る機能を重視
2. 岡山・木曾のデータを組み込んで
公開する用途は想定していない
SMOKA のホームページ
検索機能
http://smoka.nao.ac.jp/howto_search.jsp

SMOKA では、以下の検索イン
ターフェースを用意している

シンプル検索:
リストから天体名を選択して検索

アドバンスト検索・ Suprime-Cam
専用検索:
さまざまな条件を指定して検索

カレンダー検索:
観測年月日を指定して検索

全文検索・全項目検索:
FITSヘッダを用いた検索
アドバンスト検索の画面
使用上の注意
http://smoka.nao.ac.jp/help/onlinehelp.jsp



Safari, Opera 8.X, Netscape Communicator
4.X では一部動作しない
Java Script, Cookie を有効にして使用すること
ユーザー登録の際には住所・氏名を略さずに記
入すること
データ情報の表示

データの品質を簡単にチェックできる




早見画像 (QLI)
サムネイル画像
ショット画像 (Suprime-Cam のみ)
環境データ (温度・湿度・シーイング等)
QLI
サムネイル画像
ショット画像
ユーザー登録
http://smoka.nao.ac.jp/register.ja.jsp






ユーザー登録は手作業で行っ
ています。すぐには登録が終わ
らない場合があります。
遅くても数日以内に確認のメー
ルが来ます。来ない場合はご連
絡ください。
SMOKA を商業目的で使うこと
は禁止されています。
登録に使うメールアドレスでフ
リーメール等はスパムフィル
ターにかかることがありますの
で、なるべく使わないでください。
毎年 4 月に更新されるので、
登録しなおしてください。
2007年10月現在174人が登録
ユーザー登録の画面
データ請求


むやみやたらに請求しないで下さ
い。処理マシンの負荷が大きくな
り、SMOKA の検索機能に障害を
きたします (検索は自由に行って
頂いて結構です)。
DAT, DLT のテープ媒体による郵
送を希望することもできます
(SMOKAスタッフの手作業なので
時間を要する場合があります)。
データの受け取り方の選択
(FTP, DLT, DAT)
キャリブレーションフレームの検索
データ請求の画面
利用統計・データ請求量
http://smoka.nao.ac.jp/about/drstat.jsp

1ヶ月あたりの請求量は、
5千 ~4万フレーム
(100~600GB) 前後
すばる望遠鏡の
Suprime-Cam データの
請求が一番多い
( 211673 / 239635 frames
~88.3 %)

アドバンスト検索
http://smoka.nao.ac.jp/search.jsp

様々な検索条件から検索
天体
座標(赤道・銀河・黄道座標系)
観測日・観測者
露出時間
フレームID・露出ID
検索
条件
望遠鏡・装置
データタイプ・波長
結果表示オプション
Suprime-Cam 専用検索
http://smoka.nao.ac.jp/SUPsearch.jsp

Suprime-Cam 専用の 2 つの検索機
能を実装したインターフェース
(他の装置の観測データは、従来の
検索インターフェースから検索する)
ピンポイント検索 on/off
品質指標による検索
(seeing / 限界等級)
較正済データの選択
(位置較正 / 一次処理
カレンダー検索機能
http://smoka.nao.ac.jp/calendar.jsp

カレンダー検索機能




気象モニター動画(MPEG形式)
AG(Auto Guider)の seeing 値
サミットログ
天候・気象データ
等々
その他の機能

FITSヘッダ全項目検
索:
コメントを含むFITSヘッダの全単語を
検索
(http://smoka.nao.ac.jp/allkeywordss
earch1.jsp)

FITSヘッダ全文検索 :
FITSヘッダの全語句・値(の範囲)で
検索
(http://smoka.nao.ac.jp/fulltextsearc
h.jsp)
FITS 全項目検索の画面
SMOKA活用法まとめ
どんな天体がどんなふうに(装置・露出時間・フィルター・気象状態・・・)
で観測されていたのか、簡単に調べられる←検索インターフェースが
豊富

すでにどれだけ観測されているのか調べ、まだ観測されていない天
体・視野の観測計画を立てるのに役立つ

アーカイブデータで天体数・精度などが間に合うなら、それを普通に解
析して論文を書けばよい→これまで30本の論文あり
→その際、論文に必ずSMOKAへの謝辞を入れてください(謝辞の書き方
はHPの通りに)

他人(ライバル)の観測した良さそうなデータは、1年半待てば取得でき
る→論文がもたついているライバルを出し抜くことも可能

教育用として、データ構造の理解や解析実習にも適している
→実際、今回の「秋の学校」の実習の一部に使われる予定
→使ってみてください

ダウンロード

吉野さんレジメ(ppt 3.6M) - Subaru Telescope