オペレーティングシステムⅡ
第13回
講師 松本 章代
本日の内容
Android
Google APIsを使ったアプリケーションの
作り方
実機での動かし方
2010/01/29
2
簡単にすごそうなアプリが作りたい!
Google MAP APIs を使ってみよう
マッシュアップのときと同様
とりあえず「キー」が必要
2010/01/29
3
2010/01/29
4
フィンガープリント
2010/01/29
5
ここに入力
2010/01/29
6
2010/01/29
7
2010/01/29
8
2010/01/29
9
2010/01/29
10
ウィンドウ
→ Android SDK and AVD Manager
2010/01/29
11
2010/01/29
12
2010/01/29
13
2010/01/29
14
実行 → デバッグの構成
2010/01/29
15
2010/01/29
16
2010/01/29
17
実機での動かし方
USB経由(HT-03Aの場合)
ネット経由
電子署名
野良アプリとしての公開
Android Market での公開
2010/01/29
18
USB経由(HT-03Aの場合)
開発中のアプリの AndroidManifest.xml に、
android:debuggable="true" を追加する。
実機(HT-03A)上で、[ホームスクリーン] => [メニュー] =>[設定]
=> [アプリケーション] => [開発] => [USBデバッグ]をチェック(有
効)に設定する。
開発PCに実機(HT-03A)を認識させる。
実機をUSB経由で開発PCに接続する。新しいハードウェアを見
つけましたウイザードが開始され、Windows Updateでデバイ
スを探すかと聞かれるが、そこは「いいえ」にする。
特定の場所からインストールするを選択する。
Android SDKインストールディレクトリ配下にあるフォルダ(
\usb_driver\x86)を指定する。
PCを再起動する
2010/01/29
19
Eclipseでデバッグ開始すると(manualで
デバイスを選択するになっていること)
Android Device Chooser画面が開き
そこに認識させた実機がリストアップ
されている
2010/01/29
20
2010/01/29
21
ネット経由
電子署名
デバッグ用の電子署名では他人に向けて公開
できない
正式にリリースするためには自分専用の
keystoreファイルを作成して署名する
個人で作成可能
2010/01/29
22
電子署名の手順
1. keystoreファイルの作成
keytoolを使ってkeystoreファイルを作成し
署名を行う
2. 署名なし配布ファイルの出力
3. 配布ファイルへの署名
2010/01/29
23
ネット経由
野良アプリとしての公開
1. 手持ちのサーバに配布ファイルをアップロードする
2. ファイルを保存したURLを「Android」の
「Browser」で入力する
3. ダウンロードが自動で始まる
4. ダウンロードが完了した後はダウンロード後の
ファイル一覧が表示される
5. インストールしたいファイルを選択すれば、
自動でインストールが実行される
2010/01/29
24
ネット経由
Android Market での公開
開発者登録を行う
アプリケーションの説明を用意する
アプリケーションを登録する
2010/01/29
25
参考文献
Android 1.5 プログラミングバイブル,
布留川英一,ソシム,2009.7
Google Android アプリ開発ガイド,
柳井政和,秀和システム,2009.7
2010/01/29
26
ダウンロード

第13回