DNA合成時の誤りが起きる確率
Ex)E.coliがDNA合成する時
→107ヌクレオチドに1回の割合(1000万分の1)で誤りが起きる。
ただし、リーディング鎖からの複製よりもラギング鎖からの複製の方が20倍も誤りが
起き易い。
(理由:ラギング鎖複製のみに関与しているDNAポリメラーゼⅠが主たる複製酵素の
DNAポリメラーゼⅢに比べて塩基の選別能力、校正能力について劣っているから。)
<互変異性体による誤り>
OH
O
C
HN
C
CH3
CH
C
O
C
N
<ケト形T>
主にこちらが多数存在
O
N
C
C
CH
CH3
N
<エノール形T>
Gと塩基対を作り
Aとは作らない
NH2
N
HC
N
C
NH
C
N
C
CH
N
HC
N
N
C
C
NH
C
CH
Cと塩基対を作り
Tとは作らない
N
<イミノ形A>
<アミノ形A>
主にこちらが多数存在
OH
O
N
HC
N
C
C
NH
C
C
N
HC
N
NH2
<ケト形G>
N
C
Tと塩基対を作り
Cとは作らない
C
N
C
C
N
NH2
<エノール形G>
主にこちらが多数存在
ただし、Cのアミノ形、イミノ形は、どちらともGと結合する。一般的にケト形T、アミノ形A、ケト形G
が多く存在するので、適正に複製される。しかし、もしエノール形Tが複製時に取り込まれたら対
合するのはAではなく、Gとなりミスマッチが起きる。同様にイミノ形AであればC、エノール形Gで
はTと対合する。よって複製の誤りが起きてしまう。
ダウンロード

DNA複製の誤りのわけ