自然を学ぶ基礎講座
第2回
植物の基礎知識-分類・見分け方
葉・花に着目して
水環境地域ネットワーク
岡谷政宏
原色日本植物図鑑より
かすい
やく
難解な用語
分類

界・門・綱・目・科・属・種

生物分類
•新エングラー体系
•クロンキスト体系
•APG植物分類体系
体系
新エングラー体系
市販の植物図鑑等で今でもよく使われる。
生物の教科書の分類
1980年代以前の標準的な分類法
市販の図鑑等に現在でも広く使われている。
APG植物分類体系
ゲノム(1個の生物が有するすべての遺伝情報)解析による分類
従来の分類法と異なる点も多い
(従来の科が解体または統合された例も多い)
界
五界説





モネラ界 細菌など 細胞に核を持たない生物。
原生生物界 原生生物のうち 細胞に核を持つ。
菌界 キノコ・カビ・酵母など
植物界
動物界
維管束(いかんそく、vascular bundle)





維管束を持つ植物は、シダ植物と種子植物であり、これ
らをまとめて維管束植物という。水を下から吸い上げる
もの、光合成産物などを運ぶもの
体の支持 いわゆる繊維等。
多くの植物では、これらの組織が一定の配列で集まっ
てパイプの集合体のような束状の構造となって植物体
全体を貫く。
そのような束は複数あり、茎の断面を見ればそれらが
一定の配列で植物体の中に配置しているのが見られる。
葉脈も維管束
維管束
門


シダ植物門
裸子植物門
(実はたくさんの門があります)
球果植物門(マツ門)

被子植物門
ソテツ門
イチョウ門
マオウ門
裸子植物


シダ植物に近い。シダ植物と被子植物の間をつ
なぐもの
裸子植物の場合は、胚珠はむき出しになって雌
しべの上にならんでいる。実際には、多くの場合、
雌しべ同士が密着して、胚珠が外からは見えな
いようになっている。
ソテツ (裸子植物)
有毒だけど処理(水に晒す,発酵、乾燥)すればデン
プン湖として食用可能
被子植物

被子植物では胚珠は雌しべの根本の子房という
ふくらんだ部分の中にある。子房には中に空間
があり、そこに胚珠がはいっている。胚珠が種子
として成熟したときは、子房は果実となる。

美しい花を咲かせる植物は、被子植物
被子植物
花から果実へ
花粉
葯(花粉)
柱頭
めしべ
おしべ
果実
花冠
(花びら)
萼(がく)
子房
種子
胚珠
綱

単子葉植物綱
胚の子葉が一枚の単子葉植物。

双子葉植物綱
胚の子葉が二枚の双子葉植物。
双子葉植物離弁花は、双子葉植物の中で花
びらの根元が離れているグループで、代表的な
ものには、サクラ、アブラナ、フヨウ、マメ、ツキミ
ソウ、ナデシコなどがある。
目





例 キク目(モク)
界: 植物界
門: 被子植物門
綱: 双子葉植物綱
目: キク目
科







キク科 25,000種(キク目 キクの仲間)
ラン科 18,000種(ラン目 蘭の仲間)
マメ科 17,000種(マメ目 エンドウマメの仲間)
イネ科 9,000種(カヤツリグサ目 イネ、竹、芝の仲間)
アカネ科 7,000種(アカネ目 コーヒーの仲間)
トウダイグサ科 5,000種(トウダイグサ目 トウダイグサ
の仲間)
カヤツリグサ科 4,000種(カヤツリグサ目 スゲの仲
間)
属(genus, pl.:genera)

基本的な体の構造や性質がほとんど共通であり、
些細な部分でのみ区別できる種のまとまり
類: アリストテレスの論理学に端を発する語。ある特定の事物を類似により集めた
ものを種(species)としたとき、それをさらに一般化したものを類(genus)という。
例えば「動物は生物の一である」と言ったときは動物が「種」で生物が「類」であり、
「昆虫は節足動物の一である」と言うときには昆虫が「種」で節足動物が「類」である。
しかし生物学においては、世代を越えて半永続的に同質な個体の集団を「種」とし、
それらを集めた最初の類のみを属(genus)と呼んでいる。
種



生物分類上の基本単位。
命名済みの種だけで200万種 以上
世代を越えて維持される集団。
種の定義についてはいろんな説(30以上)があり混乱
例 進化論
植物を見分けるための基礎知識
(特徴)
葉
花
実

から
姿かたち (樹形・樹皮)
匂い・・・
葉の基本構造(普通
葉)
葉縁
葉身
葉脈
葉柄(ようへい)
単葉
不分裂葉
分裂葉
複葉
小葉
羽状複葉
掌状複葉
単葉と複葉
冬芽
冬芽
落葉後
葉の形 鋸歯
ケヤキ
西緑地にて
葉の形 全縁
マテバシイ
松保町にて
縁のかたち
鋸歯(きょし)縁
全縁
葉のつき方
対生
互生
葉のつき方 輪生
サイヨウシャジン
万葉の森にて
葉のつき方 輪生
4枚
5枚もあります
サイヨウシャジン
万葉の森にて
ロゼット葉
一年草と多年草


1年のうちに芽生えて開花結実し、種子を散布す
ると寿命を終える植物。
温暖な地方では多年生の草本(あるいは木本)
である植物が日本では冬季に枯れてしまうので、
一年草となってしまう場合もある。これらの多くは
栽培植物や帰化植物である(例:ナス、トマト)。
一年草 (本来は多年草)
12月23日
東川
一年草と

多年草
一稔姓(一回結実性)やや珍しい部類に属する
が長い年月にわたって花をつけずに成長し、最
後に花を咲かせると枯れるという植物がかなりあ
る。有名なのはタケやリュウゼツランである。この
ような生活史を持つ植物を一稔性(一回結実性
monocarpic)ということがある。
一年草と




多年草
常緑多年草、宿根草、球根植物
ミントやマツバギクのように、年中緑の葉がある
ものを常緑多年草
生育に適さない時期(多くは冬だが夏のこともあ
る)に、地上部が枯れる宿根草(しゅっこんそう)
鱗茎(ユリ・タマネギ)・塊茎(ジャガイモ)・球茎
(サトイモ・クワイ)などの球根を形成する植物を
球根植物。
3年草 ムラサキケマン
一年目で発芽、
二年目で成長、
三年目に花を咲
かせて枯れる
花冠(corolla)

いわゆる「花びら」(の集まり)
ナデシコ形花冠
•唇形花冠
•かぶと状花冠
•車形花冠
•バラ形花冠
•鐘形花冠
•蝶形花冠
•筒状花冠
•スミレ形花冠
•舌状花冠
•有距花冠
など
花冠の例 万葉の森にて
ホトケノザ
1月
唇形花
ホタルブクロ
5月
鐘形花
花冠の例 万葉の森にて
ツリフネソウ
9月18日
花のしくみ
花弁
葯(やく)
柱頭
花糸
萼(がく)
胚珠
子房
花柄
花粉
様々な花
粉の電子
顕微鏡像
(ヒマワリ、
アサガオ、
タチアオイ、
ヤマユリ、
ツキミソウ、
ヒマ)
まぎらわしい萼 オシロイバナ
白い花弁の
ような部分が
萼、
白い部分の
付け根の萼よ
うなものが苞。
本物の花弁
は存在しない。
花序


枝上における花の配列状態のこと。
チューリップのように茎の先端(茎頂)に単独で
花をつけるもの(単頂花序という)もあるが、ヒマ
ワリやアジサイのように花が集団で咲くものもあ
る。このような花の集団を花序という。花の配置、
軸の長短、花柄の有無、比率等により、いくつか
の基本形態がある。
仏焔苞 (葉)
仏焔苞
中に肉
穂花序
仏焔苞(ほう)とは、花
や花序の下部にあっ
て、つぼみを包んでい
た葉のことをいう。苞
葉ともいう。
ウラシマソウ
菅野湖
5月20日
肉穂花序
1
4
2
3
仏焔苞の半分を切り取ったところ。
1―仏炎苞の半分、2―附属体(付属体)、3―附属体の柄、4―花(この花
序の場合は雄花)の集まり。附属体の裾は少し広がっている。
肉穂花序
マムシグサ
5月20日
菅野湖
総状花序
総状花序 オカトラノオ
6月23日
菅野湖
花は葉の変化したもの
ハナイカダ
5月
菅野湖にて
頭状花序
総苞片
キク
(園芸種)
おまけ ドングリの見分け方



冬に葉の落ちる落葉性のものがナラ
コナラ、ミズナラ、クヌギ、アベマキ、カシワなど。
冬にも葉をつけている常緑性のものをカシ
シラカシ、アラカシ、アカガシ、イチイガシ、ウラジ
ロガシ、ウバメガシなど。
そのほか、シイと名のつくものは実がそのままで
食用に。
ドングリの殻斗




殻斗の形や特徴で区別。
うろこ状またはイガ状のものがナラ
横に筋が入っているのがカシ
ウバメガシは常緑ですが、ナラの仲間ということに
殻斗
アラカシ
9月
西緑地にて
殻斗
コナラ
9月
西緑地にて
殻斗
アベマキ
西緑地
にて
殻斗
ツブラジイ
11月
中央緑地にて
殻斗
2年か
かって
熟す
マテバシイ
11月
松保町
食べられる実
マテバシイ
炒ると食べ
られる
スダジイと
ツブラジイは
生食できる
11月
中央緑地
ヒトリシズカ
4月5日
ヒトリシズカ
4月5日
山野草 とっていいのは 写真だけ
4月20日
資料出典

ウィキペディア
http://ja.wikipedia.org/wiki/

葉で見分ける樹木

植物園へようこそ
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/BotanicalGarden-F.html
おわり

お疲れさまでした。

お問い合わせ先
特定非営利活動法人 水環境地域ネットワーク
岡谷政宏
[email protected]
ダウンロード

Document