知的財産権
白井
豊
1.知的財産とは…
1.1 有体財産と無体財産

有体財産 (Tangible Property)
家具、土地、建物などの「物」
預貯金や賃借権などの「債権」
債権等を紙にした手形(有価証券)

無体財産 (Intangible Property)
小説・論文・絵などかいた物
作曲した結果、得られた著作物
発明・考案・デザインの結果の創作物
1.2 無体財産の色々な呼び方
古くは無体財産が一般的
 最近は、知的所有権、知的財産権
(Intellectual Property)

国連専門機関「WIPO] (World Intellectual
Property Organization 世界知的所有権機構)と
命名されている影響が大きい。
1.3 工業所有権と著作権

工業所有権 (Industrial Property)
「産業目的」に寄与するもの(広義)
………韓国では「産業的財産権」

著作権 (Copyright)
「文化目的」に寄与するもの(広義)
1.4 知的財産の特性
無体性
知的財産が形を持たない財産であること
 知的財産性
知的労働の所産であること
 社会性
他の権利に比べ支配が広範囲に及ぶので、
社会的影響が強い

1.4.1 無体性からくる特性(その1)

権利は知的財産の創作者に原則的に帰
属する。(例外:法人著作、法人発明、商品
形態の模倣に関する販売主体の保護)

有体財産は、物理的に1つしか成立しない
「占有」であるが、知的財産は幾重にも成
立する「準占有」である。(何回でも発明の
実施ができる)
1.4.1 無体性からくる特性(その2)

知的財産に対する事実的な占有は、知識
や情報を秘密にしておくしかない。
↓
技術の採用・発展ができない
↓
「登録」した者に独占的な「排他権」を付与
1.4.1 無体性からくる特性(その3)

知的財産は有体物上に書かれるが、有体
物を移転しても、知的財産は移転しない。
(例)
 本を購入しても、本そのものを所有することになるが、本
の内容を自分の著作物とすることはできない。

著作権者は、絵を売り渡しても画集等を作る権利を他人
に与えたり、譲渡することができる。
1.4.1 無体性からくる特性(その4)

知的財産は社会的に広い範囲に影響を及
ぼすので、社会的関心が高く、マスコミ等
に取り上げられることが多い。

知的財産の実効は、知的財産の無断利用
を禁止(差止請求、不作為請求)することで
知的財産権が効果を持つ。
1.4.1 無体性からくる特性(その5)

知的財産権の返還とは、知的財産を利用
しない・実施しないことを意味する。
1.4.2 知的財産性からくる特性
知的労働の所産であることから、精神的側
面を持っている。
 同様に人格的要素を持っている。
 著作者人格権、発明者人格権は、一身専
属権であり、人格的要素が高く、権利に
よって人格権の強弱がある。(著作権を移
動しても著作人格権は、著作した本人に残
る)

1.4.3 社会性からくる特性(その1)
期限の制限によって、一般の技術使用の
自由とのバランスをとっている。
 産業政策的、文化政策的な人為的配慮が
図られる。
 保護対象についても産業・文化政策的な
考慮が働くことが多い。

1.4.3 社会性からくる特性(その2)

知的財産は国境を越えて影響を及ぼすの
で、国際的に協力して制度内容の調和・統
一に努力している。

国の産業的・文化的発展に寄与するので、
創作者を保護して創作意欲を刺激する政
策がとられることが多い。
1.4.3 社会性からくる特性(その3)
国家的にも重要な役割を持つので、いち
早く法整備に取りかかる国が多い。(日本
では、憲法・民法より先に専売条例、商標
条例が成立、中国では民法通則より先に
特許専利法、商標法を制定)
 WIPOだけでなく、WTO(世界貿易機関)
やANCTAD(国連貿易開発会議)の場で
も討議されている。

ダウンロード

1. 知的財産とは