青森市地域防災計画
【総則・ 災害予 防 計画編】
青 森 市 防 災 会 議
目
第1章 総
次
則 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1
第 1節 計画の目的 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2
第 2節 計画の性格 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・3
第 3節 計画の構成 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・4
第 4節 各機関の実施責任 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・6
第 5節 青森市及び防災関係機関等の処理すべき事務または業務の大綱 ・・・・・・・・・・・・・・8
第 6節 青森市の防災組織 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・15
第 7節 青森市の自然的・社会的条件 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・17
第 8節 災害の記録 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・38
第 9節 青森市の地震環境 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・58
第10節 風水害等災害の想定 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・63
第11節 地震・津波災害の想定 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・64
第2章 災害予防計画 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・71
第1部 防災意識の高揚 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・72
第 1節 防災教育及び防災思想の普及 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・73
第 2節 防災訓練 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・78
第2部 救援・救護体制の整備 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・82
第 1節 調査研究 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・83
第 2節 防災業務施設・設備等の整備 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・84
第 3節 防災情報ネットワーク ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・89
第 4節 避難対策 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・91
第 5節 文教対策 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・96
第 6節 警備対策 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・99
第3部 地域防災活動の促進 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・101
第 1節 自主防災組織の確立 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・102
第 2節 民間防火組織等の結成・育成 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・104
第4部 自治体・民間団体・企業・地域・ボランティア等との連携 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・105
第 1節 応援体制の整備 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・106
第 2節 災害時要援護者等安全確保対策 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・107
第 3節 防災ボランティア活動対策 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・110
第5部 自然の保全と災害に強い都市整備 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・112
第 1節 防災事業 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・113
第 2節 都市災害対策 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・118
第 3節 建築物等対策 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・121
第 4節 電気・ガス・上下水道・電気通信・放送施設対策 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・123
第 5節 交通施設対策 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・130
第 6節 積雪期の地震災害対策 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・133
第 7節 津波災害対策 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・135
第 8節 水害予防対策 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・139
第 9節 風害予防対策 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・142
第10節 土砂災害予防対策 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・143
第11節 火災予防対策 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・147
第12節 危険物施設等対策 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・150
第1章
総
則
-1-
第1章 総 則
第1節 計画の目的
第1節
計画の目的
この計画は、災害対策基本法(昭和 36 年法律第 223 号)第 42 条の規定に基づき防災に関
し必要な体制を確立するとともに、とるべき措置を定め、総合的かつ計画的な防災事務また
は業務の遂行により、青森市の地域並びに市民の生命、身体及び財産を災害から保護し、被
害を軽減して郷土の保全と住民福祉の確保を期することを目的とする。
また、計画の実施に当たっては、災害による人的被害、経済被害を軽減し、安全・安心を
確保するために、行政による公助はもとより、個々人の自覚に根ざした自助、身近な地域コ
ミュニティ等による共助が必要であり、住民、企業、団体等の関係機関が連携を強化して、
時機に応じた重点課題を設定するなどし、日常的に減災のための市民運動の展開を図るもの
とする。
-2-
第1章 総 則
第2節 計画の性格
第2節
計画の性格
この計画は、青森市の防災に関する基本計画であり、その性格は次のとおりである。
1.県の地域防災計画に基づいて作成し、指定行政機関等の防災業務計画と整合性をもたせた
ものである。
2.災害対策基本法及び防災関係法令に基づき、青森市の地域に係る防災に関する諸施策及び
計画を総合的に網羅しつつ体系的に位置付けし、防災関係機関の防災責任を明確にするとと
もに、その相互の緊密な連絡調整を図る上での基本的な大綱を示したものであり、必要と認
められる細部的事項については、青森市災害対策本部の各部及び各防災関係機関において定
めることを予定しているものである。
3.災害に迅速かつ的確に対処するため、常に社会情勢の変化等を反映させる必要があること
から、毎年検討を加え、必要の都度修正するものである。
4.青森市及び防災関係機関は、この計画の目的を完遂するため、平素から自ら若しくは関係
機関と共同して調査研究を行い、あるいは訓練の実施、またはその他の方法によりこの計画
の習熟に努める。
-3-
第1章 総 則
第3節 計画の構成
第3節
計画の構成
この計画の目的を達成するため、次の項目をもって構成する。
第1.総則・災害予防計画編
第1章
総
則
計画の目的を明らかにし、青森市及び関係機関の責務と処理すべき業務の大綱を定め
る。
第2章
災害予防計画
災害の発生を未然に防止し、または被害の拡大を防止するため、青森市及び防災関係
機関等の施策、措置等について定める。
第2.風水害等対策編
第1章
災害応急対策計画
風水害等の災害が発生し、または発生するおそれがある場合に、風水害等災害の発生
を防御し、または被害の拡大を防止するため、青森市及び防災関係機関等が実施すべき
応急的措置等について定める。
第2章
雪害・火山・事故災害対策計画
雪害・火山・事故災害に係る青森市及び防災関係機関等の予防対策及び応急対策につ
いて定める。
第3章
災害復旧対策計画
被災した施設の応急復旧終了後における原形復旧に加え、再度の被害発生防止並びに
民生の安定及び社会経済活動の早期回復を図るため、青森市及び防災関係機関等が講ず
べき措置について定める。
第3.地震・津波対策編
第1章
災害応急対策計画
地震・津波災害が発生し、または発生するおそれがある場合に、地震・津波災害の発
生を防御し、または被害の拡大を防止するため、青森市及び防災関係機関等が実施すべ
き応急的措置等について定める。
-4-
第1章 総 則
第3節 計画の構成
第2章
災害復旧対策計画
被災した施設の応急復旧終了後における原形復旧に加え、再度の被害発生防止並びに
民生の安定及び社会経済活動の早期回復を図るため、青森市及び防災関係機関等が講ず
べき措置について定める。
第4.資料・様式編
防災対策上、必要となる資料及び各種の報告等様式を取りまとめ整理する。
-5-
第1章 総 則
第4節 各機関の実施責任
第4節
各機関の実施責任
この計画において、青森市、県、指定地方行政機関、指定公共機関、指定地方公共機関及び
公共的団体等並びに市民の果たす責任について定める。
なお、防災業務の推進にあたっては、男女双方の視点に配慮し、施策の方針決定過程及び現
場における女性の参画を拡大し、男女共同参画の視点を取り入れた防災体制の確立に努めるも
のとする。
第1.青
森 市
青森市は、市の地域並びに市民の生命、身体及び財産を災害から保護するため、防災の第一
次的責務者として、指定地方行政機関、指定公共機関、指定地方公共機関及び他の地方公共団
体等の協力を得て防災活動を実施する。
第2.青
森 県
県は、県の地域並びに県民の生命、身体及び財産を災害から保護するため、災害が市町村域
をこえ広域にわたるとき、災害の規模が大きく市町村で処理することが不適当と認められると
き、あるいは市町村間の連絡調整が必要なときなどに、指定地方行政機関、指定公共機関、指
定地方公共機関及び他の地方公共団体等の協力を得て防災活動を実施するとともに、市町村及
び指定地方公共機関の防災活動を援助し、かつ、その総合調整を行う。
また、県出先機関は、青森市の地域並びに市民の生命、身体及び財産を災害から保護するた
め、指定地方行政機関、指定公共機関、指定地方公共機関及び他の地方公共団体等の協力を得
て防災活動を実施するとともに、青森市の防災活動が円滑に行われるよう勧告、指導、助言等
を行う。
第3.指定地方行政機関
指定地方行政機関は、青森市の地域並びに市民の生命、身体及び財産を災害から保護するた
め、指定行政機関及び他の指定地方行政機関と相互に協力して防災活動を実施するとともに、
青森市の防災活動が円滑に行われるよう勧告、指導、助言等を行う。
第4.指定公共機関及び指定地方公共機関
指定公共機関及び指定地方公共機関は、その業務の公共性または公益性に鑑み、自ら防災活
動を実施するとともに、青森市の防災活動が円滑に行われるよう協力する。
-6-
第1章 総 則
第4節 各機関の実施責任
第5.公共的団体等及び市民
公共的団体及び防災上重要な施設の管理者等は、平素から災害予防体制の整備を図り、災害
時には災害応急対策活動を実施するとともに、青森市その他の防災関係機関の防災活動が円滑
に行われるよう協力する。
また、市民は、「自らの身の安全は自らが守る」との自覚を持ち、平常時より災害に対する
備えを心がけるとともに、災害時には自らの身の安全を守るように行動し、それぞれの立場に
おいて防災に寄与するよう努める。
(資料)
○
指定行政機関等を指定する告示
(資料・様式編/資料1)
-7-
第1章 総 則
第5節 青森市及び防災関係機関等の処理すべき事務または業務の大綱
第5節
青森市及び防災関係機関等の処理すべき事務または業務の大綱
青森市及び市内の公共的団体その他防災上重要な施設の管理者の処理すべき事務または業
務の大綱並びに関係する指定地方行政機関等の業務の大綱は、次のとおりとする。
機
関
名
処理すべき事務または業務の大綱
青
青
森
市
森
市
1.防災会議に関すること。
2.防災に関する組織の整備に関すること。
3.防災に関する調査、研究に関すること。
4.防災に関する施設、設備及び資機材の整備に関すること。
5.防災に関する物資等の備蓄に関すること。
6.防災教育、防災思想の普及、防災訓練及び災害時のボランテ
ィア活動に関すること。
7.災害時要援護者の安全確保に関すること。
8.災害に関する予報・警報等情報の収集・伝達及び被害状況の
調査、報告に関すること。
9.水防活動、消防活動に関すること。
10.災害に関する広報に関すること。
11.避難の勧告・指示に関すること。
12.災害救助法による救助及びそれに準ずる救助に関すること。
13.公共施設・農林水産業施設等の応急復旧に関すること。
14.災害時の保健衛生に関すること
15.農林水産物等に対する応急措置の指示に関すること。
16. 建築物等の応急危険度判定に関すること。
17.災害対策に関する隣接市町村等との相互応援協力に関するこ
と。
18.その他災害対策に必要な措置に関すること。
消防機関
青 森 市 教 育 委 員 会
1.防災教育に関すること。
2.文教施設の保全に関すること。
3.災害時における応急の教育に関すること。
4.その他災害対策に必要な措置に関すること。
青森地域広域消防事務組合
消
防
本
部
中 央 消 防 署
東
消
防
署
浪 岡 消 防 署
青 森 市 青 森 消 防 団
青 森 市 浪 岡 消 防 団
1.災害の予防、警戒及び防御に関すること。
2.人命の救助及び救急活動に関すること。
3.市民への情報伝達及び避難誘導に関すること。
4.防火対象物の保安管理の指導、監督に関すること。
5.危険物の取締り及び高圧ガス等の安全指導に関すること。
-8-
第1章 総 則
第5節 青森市及び防災関係機関等の処理すべき事務または業務の大綱
機
関
名
処理すべき事務又は業務の大綱
東 青 地 域 県 民 局
地 域 健 康 福 祉 部
1.災害救助に関すること。
2.医療機関との連絡調整に関すること。
3.災害時における衛生保持及び食品衛生に関すること。
4.防疫に関すること。
東 青 地 域 県 民 局
地 域 農 林 水 産 部
1.農業、林業、畜産業に係る被害状況調査並びに応急対策及び
復旧に関すること。
2.農地及び農業用施設の被害状況調査並びに応急対策及び復旧
に関すること。
3.水産業に係る被害状況調査並びに応急対策及び復旧の指導、
助言に関すること。
4.漁港施設・漁港海岸施設・漁場施設・水産業共同利用施設等
の被害状況調査並びに応急対策及び復旧に関すること。
青
東 青 地 域 県 民 局
地
域
整
備
部
森
中 南 地 域 県 民 局
地
域
整
備
部
1.公共土木施設(河川、道路、橋梁、砂防、海岸、急傾斜地、
港湾、下水道、公園等)の被害状況調査並びに応急対策及び
復旧に関すること。
2.水防活動に関すること。
3.港湾施設の被害状況調査並びに応急対策及び復旧に関するこ
と。
1.空港施設の被害状況調査並びに応急対策及び復旧に関するこ
と。
東 青 教 育 事 務 所
1.文教関係の災害情報の収集に関すること。
2.災害時における応急の教育に係る指導、助言及び援助に関す
ること。
県
青森空港管理事務所
青
青
森
森
警
南
察
警
察
署
署
1.災害に関する予報・警報等の収集・伝達及び被害状況の調査、
報告に関すること。
2.災害時の警備に関すること。
3.災害広報に関すること。
4.被災者の救助、救出に関すること。
5.災害時の死体の検視に関すること。
6.災害時の交通規制に関すること。
7.災害時の犯罪の予防、取締りに関すること。
8.避難の勧告・指示に関すること。
9.津波警報の市町村への伝達に関すること。
10.その他災害対策に必要な措置に関すること。
-9-
第1章 総 則
第5節 青森市及び防災関係機関等の処理すべき事務または業務の大綱
機
関
名
東 北 総 合 通 信 局
処理すべき事務又は業務の大綱
1.非常通信協議会の育成、指導に関すること。
2.非常通信訓練に関すること。
3.防災行政無線局、防災相互通信無線局、災害応急復旧用無線
局及び孤立防止用無線の開局、整備に関すること。
4.災害時における電気通信の確保及び非常通信の運用管理に関
すること。
北 財 務 局
青森財務事務所
1.金融機関等の緊急措置に関すること。
2.地方公共団体の特に緊急を要する災害対策事業及び応急復旧
事業のための災害つなぎ資金(財政融資資金)の融通に関す
ること。
森
労
働
局
青森労働基準監督署
ハローワーク青森
1. 被災者に対する職業のあっせんに関すること。
2.事業所における労働災害防止に係る監督及び指導に関するこ
と。
3.労働災害発生に伴う調査及び再発防止対策に関すること。
4.被災労働者に対する救助、救急措置の協力及び災害補償に関
すること。
5.災害時における労務供給に関すること。
農
林
水
産
省
東
北
農
政
局
青 森 地 域 セ ン タ ー
1.災害時における主要食糧(米穀)の供給に係る連絡調整に関
すること。
2.農地・農業用施設及び農地海岸施設等の防災対策並びに指導
に関すること。
3.農業関係被害状況の収集及び報告に関すること。
4.災害時における生鮮食品、種もみその他営農機材、畜産飼料
等の供給あっせん及び病害虫防除の指導に関すること。
5.土地改良機械の緊急貸付けに関すること。
6.農地、農業用施設及び農地海岸施設の災害復旧事業の査定に
関すること。
7.被災農林漁業者への資金(土地改良資金、農業経営維持安定
資金、経営資金、事業資金等)の融通に関すること。
東 北 森 林 管 理 局
青 森 森 林 管 理 署
1.森林、治山による災害防止に関すること。
2.保安林、保安施設、地すべり防止施設等の整備及び管理に関
すること。
3.山火事防止対策等に関すること。
4.災害復旧用材(国有林材)の供給に関すること。
東
指 定 地 方 行 政
青
機 関
- 10 -
第1章 総 則
第5節 青森市及び防災関係機関等の処理すべき事務または業務の大綱
機
関
名
東 北 運 輸 局
青森運輸 支局
東 北 地 方 整 備 局
青森河川国道事務所
青森国道維持出張所
弘前国道維持出張所
指 定 地 方 行 政
東 北 地 方 整 備 局
青森港湾事務所
処理すべき事務又は業務の大綱
1.災害時における鉄軌道事業者の安全運行の確保に関するこ
と。
2.災害時における陸上輸送に係る調査及び指導に関すること。
3.災害時における自動車運送事業者に対する運送命令に関する
こと。
4.災害時における海上輸送に係る調査及び指導に関すること。
5.災害時における船舶運行事業者に対する航海命令に関するこ
と。
1.公共土木施設(直轄)の整備に関すること。
2.一般国道指定区間の維持、管理及び交通確保に関すること。
3.その他公共土木施設(直轄)の災害対策に関すること。
4.緊急を要すると認められる場合の緊急対応の実施に関するこ
と。
1.港湾施設及び海岸保全施設等の整備に関すること。
2.港湾施設及び海岸保全施設等に係る災害情報の収集及び災害
対策の指導、協力に関すること。
3.港湾施設及び海岸保全施設等の災害応急対策及び災害復旧対
策に関すること。
4.海上災害の予防対策等に関すること。
第二管区海上保安本部
青 森 海 上 保 安 部
1.海上災害の防災思想の普及啓発及び訓練に関すること。
2.海難救助、海上消防、避難の勧告・指示及び警戒区域の設定
並びに救援物資及び人員等の緊急輸送に関すること。
3.海上警備、海上における危険物の保安措置、油排出等の海上
災害に対する防除活動及び海上交通の確保に関すること。
4.海上災害に係る自衛隊災害派遣要請に関すること。
機 関
京
航
空
局
三 沢 空 港 事 務 所
青 森 空 港 出 張 所
1.航空機事故防止のための教育・訓練に関すること。
2.災害時における救援物資及び人員等の緊急輸送の確保措置に
関すること。
3.災害時における航空機による輸送の安全確保措置に関するこ
と。
4.遭難航空機の捜索に関すること。
5.指定地域上空の飛行規制とその周知徹底に関すること。
6.飛行場における事故の消火及び救助等に関すること。
7.飛行場周辺における事故に対する救助等の協力に関するこ
と。
8.航空機事故による災害に対する自衛隊災害派遣要請に関する
こと。
東
- 11 -
第1章 総 則
第5節 青森市及び防災関係機関等の処理すべき事務または業務の大綱
機
関
名
処理すべき事務又は業務の大綱
陸 上 自 衛 隊 第 9 師 団
( 第 5 普 通 科 連 隊 )
1.災害時における人命及び財産保護のための救援に関するこ
と。
2.災害時における応急復旧の支援に関すること。
指 定 地 方 行 政 期 間
仙 台 管 区 気 象 台
青 森 地 方 気 象 台
1.気象、水象、地象の観測及びその成果の収集、発表に関する
こと。
2.気象業務に必要な観測体制の充実及び予報、通信等の施設や
設備の整備に関すること。
3.気象、地象(地震にあっては発生した断層運動による地震動
に限る)、水象の予報及び特別警報・警報・注意報、並びに
台風、竜巻等突風に関する情報等の防災機関への伝達、及び
防災機関や報道機関を通じての市民への周知に関すること。
4.気象庁が発表する緊急地震速報(警報)について、緊急地震
速報の利用の心得などの周知・広報に関すること。
5.市町村が行う避難勧告等の判断・伝達マニュアルやハザード
マップ等の作成における技術的な支援・協力に関すること。
6.災害の発生が予想されるときや、災害発生時における県や市
町村に対する気象状況の推移やその予想の解説等に関する
こと。
7.県や市町村、その他の防災関係機関と連携した防災気象情報
の理解促進、防災知識の普及啓発活動に関すること。
指定公共機関及び指定地方公共機関
1.鉄道事業の整備及び管理に関すること。
東日本旅客(北海道旅客、 2.災害時における救援物資及び人員等の緊急鉄道輸送に関する
日本貨物)鉄道株式会社
こと。
3.その他災害対策に関すること。
東 日 本 電 信 電 話 ㈱
青
森
支
店
エヌ・ティ・ティ・
コミュニケーションズ㈱
㈱NTT ドコモ東北支社青
森支店
KDDI㈱青森支店
1.特別警報・警報の青森市への伝達に関すること。
2.災害時優先電話の利用または「非常電報」
、
「緊急電報」の優
先利用に関すること。
3.災害対策機器等による通信の確保に関すること。
4.電気通信設備の早期復旧に関すること。
5.災害時における特設公衆電話の設置に関すること。
日 本 銀 行 青 森 支 店
1.災害時における通貨及び金融政策に関すること。
日本郵便株式会社
青森中央郵便局
青森西郵便局
1.災害時における郵便業務の確保及び災害特別事務取扱いに関
すること。
- 12 -
第1章 総 則
第5節 青森市及び防災関係機関等の処理すべき事務または業務の大綱
機
関
名
処理すべき事務又は業務の大綱
指定公共機関及び指定地方公共機関
日本赤十字社青森県支部
1.災害時における医療対策に関すること。
2.災害救助の協力奉仕者の連絡調整に関すること。
3.義援金品の募集及び配分に関すること。
東北電力㈱青森営業所
1.電力施設の整備及び管理に関すること。
2.災害時における電力供給に関すること。
日本放送協会青森放送局
青
森
放
送
㈱
㈱ 青 森 テ レ ビ
青 森 朝 日 放 送 ㈱
1.放送施設の整備及び管理に関すること。
2.気象予報・警報・特別警報、災害情報及び被害状況等の放送
並びに防災知識の普及に関すること。
青 森 ガ ス ㈱
(社)青森県エルピーガス協会東青支部
(社)青森県エルピーガス協会津軽支部
1.ガス供給施設の整備及び管理に関すること。
2.災害時におけるガス供給の安全確保に関すること。
(社)青 森 市 医 師 会
(社)南 黒 医 師 会
1.災害時における医療救護に関すること。
日本通運㈱青森支店
十和田観光電鉄㈱青森総合営業所 1.輸送施設の整備及び管理に関すること。
弘 南 バ ス ㈱ 青 森 営 業 所 2.災害時における救援物資及び人員等の緊急陸上輸送に関する
こと。
下北交通㈱青森出張所
(社)青森県トラック協会青森支部
東日本高速道路株式会社
(東北支社、青森・八戸・ 1.東北縦貫自動車道の維持修繕その他防災管理に関すること。
十和田管理事務所)
公共的団体その他防災上
重要な施設の管理者
商工会、商工会議所等商
工業関係団体
1.会員等の被害状況調査及び融資希望者のとりまとめ、あっせ
ん等の協力に関すること。
2.災害時における物価安定についての協力に関すること。
3.災害救助用物資、復旧資材の確保についての協力、あっせん
に関すること。
農林水産業関係協同組合
森
林
組
合
土
地
改
良
区
1.農林水産業に係る被害調査に関すること。
2.共同利用施設の災害応急対策及び復旧に関すること。
3.被災組合員に対する融資またはあっせんに関すること。
- 13 -
第1章 総 則
第5節 青森市及び防災関係機関等の処理すべき事務または業務の大綱
機
関
名
処理すべき事務又は業務の大綱
公 共的 団体 その他 防 災上重 要な 施 設 の 管理 者
運 輸 業 関 係 団 体
JR バス東北㈱青森支店
1.災害時における輸送等の協力に関すること。
建 設 業 関 係 団 体
1.災害時における応急復旧への協力に関すること。
自主防災組織・青年団・
女性団体・町会・町内会
等
1.災害時における被害状況の調査に対する協力に関すること。
2.災害応急対策に対する協力に関すること。
放
送
機
関
㈱ エ フ エ ム 青 森
青森ケーブルテレビ㈱
1.放送施設の整備及び管理に関すること。
2.大津波警報・津波警報・津波注意報、地震・津波情報、気象
予報・警報・特別警報、災害情報等の放送及び防災知識の普
及に関すること。
病
1.避難施設、消火設備等の点検整備に関すること。
2.従業員等に対する防災教育、訓練に関すること。
3.災害時における病人等の収容、保護に関すること。
4.災害時における負傷者の医療、助産救助に関すること。
院
等
経
営
者
社会福祉施設経営者
1.避難施設、消火設備等の点検、整備に関すること。
2.従業員等に対する防災教育、訓練に関すること。
3.災害時における入所者の保護に関すること。
4.災害時要援護者の受入れへの協力に関すること。
金
関
1.被災事業者に対する資金の融資に関すること。
人
1.防災教育に関すること。
2.避難施設の整備、避難訓練等の実施に関すること。
3.災害時における応急の教育に関すること。
学
融
校
機
法
危険物関係施設の管理者
(青森地区石油コンビナ
ート等特別防災区域協議
会等)
1.災害時における危険物の保安に関すること。
多数の者が出入りする事
業所等(デパート・マー 1.避難施設、消火設備等の点検整備に関すること。
ケット・映画館・集会場・ 2.従業員等に対する防災教育、訓練に関すること。
工場等)
(資料)
○
防災関係機関一覧
(資料・様式編/資料2)
- 14 -
第1章 総 則
第6節 青森市の防災組織
第6節
青森市の防災組織
第1.青森市防災会議
青森市の地域内に係る防災に関し、青森市の業務及び市区域内の防災関係機関、公共的団体
その他防災上必要な施設の管理者等を通じた総合的かつ計画的な実施を図るため、青森市長
(以下「市長」という。
)の附属機関として防災会議を設置するものとする。なお、防災会議
の組織及び所掌事務は、条例で定めるものとする。
1.組
織
青森市防災会議条例(平成 17 年青森市条例第 21 号)に基づく組織は、会長である市長と
次に掲げる者(委員/防災会議条例第3条第5項)をもって組織する。
(1)指定地方行政機関の職員のうちから市長が任命する者
(2)青森県知事(以下「知事」という。
)の部内の職員のうちから市長が任命する者
(3)青森県警察(以下「県警察」という。
)の警察官のうちから市長が任命する者
(4)青森地域広域消防事務組合消防長(以下「消防長」という。
)
(5)市長がその部内の職員のうちから指名する者
(6)青森市教育長(以下「教育長」という。)
(7)青森市青森消防団長
(8)指定公共機関又は指定地方公共機関の職員のうちから市長が任命する者
(9)その他市長が特に必要と認める者
【青森市防災会議関係図】
中央防災会議
指定地方行政機関
指定地方行政機関職員
陸上自衛隊第9師団
知事部局職員
青森県教育委員会
青 森県 防災会 議
青森市防災会義
県警察職員
青森県警察本部
消防長
青森県
市職員
青森県市長会
教育長
青森県町村会
消防団長
青森県消防協会
指定公共機関職員
青森県消防長会
指定地方公共機関職員
指定公共機関
自衛隊職員(陸上自衛
指定地方公共機関
隊第5普通科連隊長)
その他必要と認める者
自主防災組織を構成する者
または学識経験のある者
- 15 -
第1章 総 則
第6節 青森市の防災組織
2.事務局
青森市防災会議の事務局を青森市総務部危機管理課に置く。
3.所掌事務
青森市防災会議条例に基づき、青森市防災会議の所掌事務は、次のとおりとする。
(1)青森市地域防災計画を作成し、及びその実施を推進すること。
(2)市の地域に係る災害が発生した場合において、当該災害に関する情報を収集すること。
(3)水防計画その他水防に関し重要な事項の調査審議に関すること。
(4)前各号に掲げるもののほか、法律又はこれに基づく政令によりその権限に属する事務
を行うこと。
第2.青森市災害対策本部等
青森市の地域内に災害が発生し、または発生するおそれがあるため応急措置を円滑かつ的確
に講ずる必要があると認めるときは、市長は、青森市災害対策本部等の防災組織を設置し、青
森市防災会議と緊密な連絡のもとに災害応急対策を実施するものとする。
(資料)
○
○
○
青森市防災会議条例
青森市防災会議委員名簿
青森市災害対策本部条例
(資料・様式編/資料3)
(資料・様式編/資料4)
(資料・様式編/資料5)
- 16 -
第1章 総 則
第7節 青森市の自然的・社会的条件
第7節
青森市の自然的・社会的条件
第1.位
置
青森市は本州北端の青森県の中央部、津軽地方と南部地方との中間に位置し、地勢は東の下
北半島、西の津軽半島に抱かれた陸奥湾にのぞみ、背後は奥羽山脈の八甲田山を中心にその他
の山々に囲まれ、地形はおおむね平坦である。
面
積
824.62 ㎢
広ぼう
市役所
極東 東経
140°59′(東岳)
極西 東経
140°31′(吉野田)
極南 北緯
40°36′(荒川)
極北 北緯
40°58′(後潟)
位置 東経
140°45′
北緯
40°49′
(本庁舎)
第2.地
1.地
勢
形
青森市は山地、丘陵地、段丘及び低地に大別されるが、各々の状況は次のようにまとめら
れる。
(1)山 地
青森市域に分布する山地は、奥羽脊梁山脈に属する東岳山地、津軽半島の中軸部を構成
する梵珠山地、南方の八甲田火山地の三者に大別される。
青森市域の東側に分布する東岳山地は、折紙山(921m)、東岳(654m)を始めとする
標高 500∼1,000mの中山性の山地であり、急峻な地形を呈している。また、東岳山地を流
域とする野内川が青森市の東方を北流しているが、谷底平野の発達はほとんどみられない。
なお、東岳とその周辺は先第三系の地層で構成されるが、これ以外の山地は第三系から
成る。
一方、浪岡地区に位置する梵珠山地は、大倉岳(677m)
、魔ノ岳(486m)
、馬神山(549
m)など、標高 400∼700mの峰が南北に走り、低山性の山地が連なる。地質的にはドーム
構造を持つ第三系の地層から構成される。
- 17 -
第1章 総 則
第7節 青森市の自然的・社会的条件
他方、青森市の南方には火山地が分布しており、奥羽脊梁火山列に属する八甲田火山が
位置する。この八甲田火山は、八甲田大岳(標高 1,585m)を最高峰とする複数の成層火
山と溶岩円頂丘から成り、南北2つの火山群に分けられる。このうち、北八甲田火山群の
山麓部は、八甲田(田代平)溶結凝灰岩や火山砕屑物から成る緩やかな裾野をもつが、山
頂付近は急峻な地形を形成している。
(2)丘陵地
青森市域に分布する丘陵地には、火山性と非火山性の丘陵地がある。本地形区分では、
火山性の丘陵地を八甲田火山丘陵として、また、非火山性丘陵地を大釈迦丘陵として区分
している。
火山性丘陵地として区分した八甲田火山丘陵は、北八甲田火山群の北方から北西方向に
向かって延びる緩やかな山麓部を形成しており、起伏量は 200m以下の地形面を形成する。
また、地質的には第四系の八甲田溶結凝灰岩及び火山砕屑物から成る。
大釈迦丘陵は、山頂部が標高約 90∼150m内外の高さで分布し、1/10 以下の勾配で南東
に向かって傾斜している。この丘陵地は、主として第三紀鮮新世の大釈迦層とこれを被覆
する更新世の岡町層から構成され、地形的には南北の方向性を持つ尾根が卓越するものの、
これを東西方向に延びる小河川が樹枝状に開析する。
また、谷底平野の発達はほとんどなく、西縁部で梵珠山地に接し、東縁部は青森湾西断
層を境に平野部と接する。
(3)段 丘
段丘は、青森市の北部地区から南方に広がる平野部の縁辺と浪岡地区の市街地がある低
地縁部に認められ、この段丘を地形的に区分すると、高位面、中位面、低位面の三段に区
分されるが、その分布域は小規模かつ局所的な発達に留まっている。
高位面は、中∼巨礫から成る礫層で、細越地区西方の丘陵地、三内霊園、県総合運動公
園の南西方向等の標高 20∼50mに分布する(豆ノ坂段丘)
。
(ただし、分布域が極めて狭小
であり、丘陵地との境界も不明瞭であるため、地形分類図への記載は見送っている。
)
中位面は、浪岡地区吉野田付近、浪館付近(浪館段丘)、北部地区の西田沢川周辺及び
平野西縁部の標高 10∼20m付近にやや広い面積をもって分布する。この地形面は、浪岡地
区吉野田付近では標高 40m前後、谷底の田地からの比高は 30m前後となっており、北部
地区では 1/500 前後の緩い勾配で東に傾斜している。また、青森市の入内地区を北流する
入内川西岸には、丘陵地と低地の地形境界付近に東へ傾斜した狭長な低位面が南北方向に
分布しているほか、浪岡地区の市街地付近を流れる大釈迦川沿いの両岸に分布している。
(JR奥羽本線から北側の標高 10m前後の地域では、扇状地性の低位面が点在するが、沖
積段丘に対比される可能性があるため、地形的には扇状地として一括している。
)
(4)低 地
低地の分布域は、青森湾にそそぐ野内川、堤川、駒込川、荒川などの中小河川が形成し
た谷底平野とその谷口から広がる扇状地性低地及びこれに続く前縁の三角州性低地、また、
- 18 -
第1章 総 則
第7節 青森市の自然的・社会的条件
浪岡地区南西部に広がる扇状地性低地(津軽平野東縁部)と山間部内に入り組む谷底平野
に大別される。
本地形区分では、山地あるいは丘陵地から流下する中小河川の谷口に形成された地形面
を扇状地性低地とした。また、青森平野南部の堤川・駒込川に沿う地域では、この地形面
上に狭長な微高地が分布することから、自然堤防として細分した。さらに、この前縁の標
高5m以下の地域は、扇状地性低地の地形勾配より緩やかな平坦面を形成していることか
ら、この低地部を三角州性低地とした。(青森港周辺では人工改変地として埋立地が認め
られるものの、これを区分するための資料に乏しいため、本地形区分での細分を見送り、
三角州として一括している。
)
他方、この扇状地性低地の分布域のうち、JR奥羽線の北側では海岸線付近を通過する
国道 280 号に沿って海岸線に平行する微高地が連続的に分布しており、地形区分では浜堤
として区分した。また、東岳山地と平野の境界付近には、明らかに両者の地形勾配と異な
る緩斜面がやや広い面積を持って分布し、かつ特筆すべき河川も認められないことから、
これらの地域は崖錐として取り扱った。
なお、八甲田火山と八幡岳をはじめとする外輪山の内側に広がる田代平は、湖性堆積物
及び火山砕屑物から地形面が形成されており、この平坦地(火口原)を別途区分した。
2.地
質
青森市の地質は、その詳細を整理した資料に乏しく、
「日本地質図大系“東北地方”」(通
産省工業技術院地質調査所監修、1992)や「20 万分の 1 地質図「青森」
、同解説書」
(青森県
編、1998)、「東北地方土木地質図」(同編纂委員会、1988)にその概要が示されているほか
は資料が少ない。ここではこれらの既往資料を基本に、その他の資料を参照、引用して青森
市域の地質について取りまとめた。
(1)地質概説
青森市の地質を概観すると、市の中心部が位置する平野部(青森平野)及び浪岡地区の
市街地が位置する低地(津軽平野)には第四系の堆積物が分布し、その周辺の山地及び丘
陵地は、主として新第三系の堆積岩類と八甲田火山噴出物から構成されている。
青森市域を構成する地質のうち、山地及び丘陵地の地質状況をみると、奥羽脊梁山地の
延長にあたる東岳山地は、東岳付近に中生界の地層が局所的に露出し、これを取り囲むよ
うに新第三系が発達している。南東∼西部の山地、丘陵地は、第四系の八甲田火山とその
噴出物によって広く覆われるため、新第三系の分布は局所的である。ただし、北部は津軽
半島の中軸部を形成する新第三系の地質が広く分布し、ドーム構造を持つ梵珠山地が位置
する。また、この山地に接して第四系更新統の大釈迦丘陵が分布している。
- 19 -
第1章 総 則
第7節 青森市の自然的・社会的条件
【青森市の地質層序表】
地質時代
第四紀
新 生 代
完新世
更新世
第
四
紀
更新世
新
鮮新世
生
新第三紀
第三紀
代
中新世
中生代
亜 紀
ジ ュラ 紀 ∼ 三 畳紀
地層名
記
事
Al
沖積層(未固結)
礫・砂・泥
TD1
低位段丘堆積物
礫・砂・シルト
TD2
中位段丘堆積物
浪館段丘及び相当層
Vd
火山岩屑
砂礫を主体とし、泥流堆積物を含む
An
第四紀火山岩類
輝石安山岩を主体とする。
溶結凝灰岩・火山噴
八甲田火山群の噴出物。溶結度の高いものは、下
出物
記 Wt として区分
Wt
八甲田溶結凝灰岩
デイサイト質溶結凝灰岩を主体とする。
OK
岡 町 層
凝灰質砂岩を主体とする。
TR
鶴ヶ坂層
軽石質凝灰岩
Ds
大釈迦層
砂岩・シルト岩
FU
不動の滝層
珪藻質シルト岩
Ao
青荷層
軽石質凝灰岩
Tf
Mo
(中新世)
白
記号
茂 浦 火 山 角 礫 岩 安山岩∼デイサイト質の火砕岩
Wa
和田川層
黒色頁岩を主体とする。
YO
四沢凝灰岩類
泥岩・緑色凝灰岩
Ry
貫入岩類
流紋岩
KA
金ヶ沢安山岩類
変朽安山岩質凝灰岩
gr
白亜紀花崗岩類
花崗閃緑岩
P
東岳層
石灰岩、チャート、泥質岩類、変質岩類
※二重線部分は、不整合を表す。
(2)地質各説
青森市は、津軽半島と夏泊半島に挟まれた地域に位置し、市の東西の山地は主として新
第三紀の地層から構成される。しかしながら、地質時代及び層相が同一であっても、複数
の地層名が命名されるため、
「日本の地質2東北地方」
(1989)を参考に、ここでは一つの
地層名に統一して取りまとめを行った。
ア.先第三系
先第三系の基盤岩類は青森市東部の東岳付近にのみ分布し、主として石灰岩・頁岩・
チャート・玄武岩から成る(東岳層)。石灰岩は比較的厚く、白亜系花崗岩類の貫入に
よって接触変成作用を受ける。
- 20 -
第1章 総 則
第7節 青森市の自然的・社会的条件
イ.新第三系
(ア)金ヶ沢安山岩類[中新世前期]
東岳周辺に分布する層厚約 500m の地層で、変朽安山岩(プロピライト)及び角礫
凝灰岩などから成り、先第三系を不整合に覆う。
(イ)四沢凝灰岩類[中新世前∼中期]
青森市東部の東岳山地及び梵珠山付近に分布する中性∼酸性の緑色凝灰岩(グリー
ンタフ)で、まれに黒色のシルト岩、玄武岩、安山岩、流紋岩を挟む層厚約 300m の
地層で、浪岡地区を含む津軽地域では長根層と呼称されている。金ヶ沢安山岩類を整
合に覆い、流紋岩の貫入で著しい珪化作用を受ける。なお、青森市西部では馬ノ神山
の山頂付近に分布する長根層が四沢凝灰岩類に対比されるが、今回は四沢凝灰岩類と
して一括した。
(ウ)和田川層[中新世中期]
主に硬質頁岩から成り、まれに酸性の火砕岩を挟む層厚 150m∼500m の地層で、
四沢凝灰岩類を整合に覆う。浪岡地区北部の梵珠山地では馬ノ神山層がこれに相当し、
馬ノ神山層の下部には凝灰岩層(大田凝灰岩部層)が挟まれる。また、夏泊半島では
間木・東滝層が和田川層に対比されるが、ここでは和田川層として一括した。
(エ)茂浦火山角礫岩[中新世後期]
青森市東部の鼻繰崎周辺に露出する地層で、おもに安山岩∼デイサイト質の火砕岩
から成り、シルト岩を挟む。和田川層相当層(間木層)を整合に覆い、福島層・浅所
層(凝灰質シルト岩∼硬質頁岩)とは指交関係にある。なお、福島層・浅所層及び西
部の源八森層(硬質頁岩と黒色泥岩の互層)は、その分布域が狭小であること、既往
資料から和田川層相当層との区分が難しいことから、これらの堆積岩類を和田川層に
含めて図示した。
(オ)青荷層[中新世後期]
凝灰角礫岩、細粒凝灰岩、軽石凝灰岩、デイサイト溶岩などから成る。黒石市から
浪岡地区にかけて分布し、不動の滝層に対比されている。層厚は 200∼300mとされ
る。
(カ)不動の滝層[中新世後期]
青森市域では北部の梵珠山地に露出するにすぎないが、津軽断層の西側では広く分
布する。主に塊状で珪藻土質の泥岩から成り、源八森層を整合に覆うが、馬ノ神山ド
ーム付近では不整合となり、馬ノ神山西方の層厚は 50∼200m とされる。
(キ)大釈迦層[鮮新世前期]
浪岡地区北部の丘陵地を構成する地層で、層厚は 80∼120m とされる。層相は主に
貝化石を含む砂岩から成り、梵珠山地の西縁に分布する味噌ヶ沢層に対比される。近
年、大釈迦層や青荷層は更新世に属するという説も出されているが、土木地質図
(1988)に従い、新第三系に属するものとした。
(ク)鶴ヶ坂層[鮮新世後期]
青森市鶴ヶ坂付近に露出する最大層厚約 100m の地層及び浪岡地区北部の国道 7 号
沿いから国道 101 号沿いにかけて分布する地層で、主に軽石質凝灰岩から成り、大釈
- 21 -
第1章 総 則
第7節 青森市の自然的・社会的条件
迦層相当層を傾斜不整合で覆う。
ウ.第四系
第四系の地層は、八甲田山火山の活動に由来する火山性噴出物と、河川の堆積による
非火山性の地層に大別される。
(ア)岡町層[下部更新統]
青森市岡町の西方から内真部の北方にかけて分布する地層で、主に級化層理の発達
した細円礫や砂、あるいはシルトから成るが、地域的な層相変化が著しい。層厚は約
100m とされ、下位の鶴ヶ坂層を不整合に覆うが、鶴ヶ坂層との構造差はほとんどな
い。また、浪岡地区では、層厚約 20mで、前田野目層と呼称されており、鶴ヶ坂層
を整合に覆っている。
(イ)段丘堆積物[中∼上部更新統]
青森市周辺の段丘は、青森地区及び浪岡地区の北部から南西の平野縁辺に分布する。
高位段丘とされるものに、砂礫層から成る豆ノ坂段丘が入内川西岸の丘陵地に分布
すると報告されるが(青森県、1998)
、分布域が狭小であり、既往の調査報告書(青
森県、1999)との整合性が図れないため、地質図への記載を見送った。
中位段丘としては、青森市浪館付近の標高 15∼20m に浪館段丘が分布し、また、
浪岡地区南西部の吉野田付近に標高 30∼40mで分布する。層相は礫及び浮石を含む
砂層から成り、地形的には段丘面が開析を受ける特徴を有する。このような形態の地
形面は、青森市北部の八十八ヶ所霊所周辺や丘陵地の東縁部に認められることから、
これら全てを中位段丘相当層とみなして図示した。
低位段丘は、入内川西岸及び大釈迦川沿いの平野部と丘陵地の境界部に分布する。
層相は礫・砂・シルトから成るとされ、小規模かつ局所的な発達に留まるが、ここで
は低位段丘堆積物として取りまとめた。
(ウ)沖積層
平野部及び河川沿いなどに発達しており、浪岡地区南西部の河川沿いの扇状地や谷
底平野に分布する。層相は礫・砂・粘土から成り、粘性土でN値は 0∼5、砂層で 5
∼20、砂礫層で 10∼40 程度である。また、地形的には三角州、浜堤、扇状地、自然
堤防、谷底平野などの地形を形成する。
エ.貫入岩類
浪岡地区北方の梵珠山や東岳山地を構成する、金ヶ沢安山岩類・四沢凝灰岩類の分布
域では、流紋岩を主体とする岩体が貫入している。地質時代としては中新統∼鮮新統と
考えられ、梵珠山付近に分布する岩体は、中新統とされている。
オ.第四紀火山噴出物
青森市の南方約 30km には第四紀の八甲田火山が位置する。この八甲田火山は、奥羽
脊梁火山に属する活火山で、八甲田大岳(標高 1,585m)を最高峰とする複数の成層火
山と溶岩円頂丘から成り、その活動史は第1期∼第3期に区分される。
第1期の活動では、成層火山の形成と山体の崩壊、さらに南八甲田群の形成と外輪山
溶岩の噴出で特徴づけられる。第2期の活動期では、青森市南部に分布する大規模な火
砕流の噴出と八甲田カルデラを形成し、第3期は後カルデラ火口丘である北八甲田火山
- 22 -
第1章 総 則
第7節 青森市の自然的・社会的条件
群を形成している。
八甲田火山は、主に玄武岩質安山岩ないし輝石安山岩の溶岩から構成されるが、これ
らは第四紀火山岩類として一括し、地質図中に示した。また、第2期の活動で噴出され
たデイサイト質の火砕流堆積物のうち、溶結度の高い凝灰岩を八甲田溶結凝灰岩として
取りまとめた。さらに、火山岩塊・礫・砂から成る未固結の火山性堆積物(泥流堆積物
を含む。
)は、火山岩屑として区分した。
(3)地質構造
青森市の南方の八甲田山から北方の夏泊に向かって連なる奥羽脊梁山脈は、北北東−南
南西の軸を持って雁行配列し、その背斜構造が南北に連続している。この巨大な地形的高
まりは、第四紀の始め(約 180 万年)に東北日本から南西北海道にかけて東西方向の圧縮
応力が作用し、これ以前にあった新第三系の地層が南北の軸を持って強く変形した結果と
考えられている。したがって、大局的には、青森市の東側と西側に分布する山地が背斜部
に、平野が向斜部に相当する地質構造が形成されている。
このように推定される地下深部の構造については、その断面図から南北に延びる青森平
野は、山地と正断層で境されるため、かつての向斜が強調されてできた凹地を新しい堆積
物が埋め立てて平野を形成している状況が伺われる。特に青森平野の西端は、南北に延び
る大規模な入内断層によって規制されており、平野部では 800m以上の落差が推定されて
いる。また、この入内断層は東落ちで、新第三紀層ばかりでなく、第四紀層(溶結凝灰岩)
も切っており、いわゆる活断層として位置づけられる。
一方、八甲田火山の前嶽(1,252m)を東西に切った断面図をみると、第四紀の八甲田
火山は、新第三紀中新世の地層(金ヶ沢・四沢・和田川層)を貫いて噴出した厚い火山岩
類が分布することが伺われる。また、八甲田火山の東側には、かつてカルデラ湖が形成さ
れていたが、現在は砂・シルトから成る湖水堆積物によって埋め立てられ、湖の存在は無
くなっている。八甲田山から西方へなだらかに傾斜する火山性丘陵地では、新第三紀の地
層が西へゆるく傾斜する構造となっており、梵珠山と八甲田火山に挟まれた大釈迦川・浪
岡川沿いには、段丘堆積物や現河床堆積物が厚く堆積して、津軽平野の東縁部を構成して
いる。
このような地質構造をみると、青森市の中心部が位置する平野部は、先第三系の基盤岩
とこれを厚く覆う新第三系及び第四系の堆積物によって構成され、南部は八甲田火山の活
動によって形成された地層が分布すると言える。
- 23 -
第1章 総 則
第7節 青森市の自然的・社会的条件
【青森市地形分類図1】
(青森地区)
- 24 -
第1章 総 則
第7節 青森市の自然的・社会的条件
【青森市地形分類図2】
(浪岡地区)
- 25 -
第1章 総 則
第7節 青森市の自然的・社会的条件
【青森市表層地質図1】
(青森地区)
- 26 -
第1章 総 則
第7節 青森市の自然的・社会的条件
【青森市表層地質図2】
(浪岡地区)
- 27 -
第1章 総 則
第7節 青森市の自然的・社会的条件
【青森市の主な山岳】
平成 18 年 4 月 1 日現在
名称
大
標高(m)
所在地
名称
標高(m)
所在地
岳
△1,585.0
青 森 市
十和田市
南 股 山
△
905.8
青 森 市
高田大岳
1,552.0
青 森 市
十和田市
石 倉 山
△
891.2
青 森 市
十和田市
七 戸 町
井 戸 岳
1,550.0
青 森 市
七十森山
△
885.5
青 森 市
七 戸 町
赤 倉 岳
1,548.0
青 森 市
三 角 岳
753.0
青 森 市
平 内 町
七 戸 町
小
岳
1,478.0
青 森 市
十和田市
大毛無山
736.5
青 森 市
平 内 町
駒 ヶ 峯
1,416.3
青 森 市
十和田市
堀 子 岳
732.0
青 森 市
硫 黄 岳
1,360.2
青 森 市
十和田市
柴 森 山
715.0
青 森 市
横
岳
1,339.6
青 森 市
黒 石 市
東
田茂萢岳
1,324.0
前
嶽
雛
△
岳
△
684.0
青 森 市
青 森 市
大 倉 岳
△
677.0
青 森 市
1,251.7
青 森 市
葉抜橋山
△
615.3
青 森 市
岳
1,240.3
青 森 市
鉢 森 山
△
563.4
青 森 市
石 倉 岳
1,202.0
青 森 市
大 平 山
563.0
青 森 市
逆 川 岳
△1,183.4
青 森 市
馬 神 山
△
549.2
青 森 市
五所川原市
黒
森
△1,022.6
青 森 市
十和田市
十 二 岳
△
602.0
青 森 市
五所川原市
折 紙 山
△ 920.6
青 森 市
七 戸 町
梵 珠 山
蓬 田 村
五所川原市
青 森 市
(注)△印は三角点 大岳の標高は H22 三角点標高改訂による。
3.河川及び湖沼
青森市域を流れる河川は、奥羽山脈、那須火山脈を分水嶺とし陸奥湾にそそぐ駒込川、堤
川、野内川等、並びに浪岡地区を貫流し岩木川へそそぐ十川、浪岡川、正平津川等が存在す
る。しかし、青森市の河川はいずれも小規模な河川で、流量は必ずしも多い方ではないが、
融雪期には大量の水をたたえている。
- 28 -
第1章 総 則
第7節 青森市の自然的・社会的条件
【青森市の主な河川・湖沼】
○河川
名
平成 25 年 4 月 1 日現在
称
水源地名
流
流末地名
(㎞)
堤
程
県管理延長
流域面積
(㎢)
川
荒川字南荒川山国有林
青
柳・港
町・海
32.6
27.8
287.9
流 点
32.3
17.7
107.3
駒
込
川
駒込字南駒込山国有林
堤
川 合
新
城
川
新城字山田
油
川
・
海
20.4
8.5
81.8
奥
内
川
奥内
奥
内
・
海
7.0
2.0
9.2
内真部川
内真部
内真部
・
海
10.6
4.6
19.1
野
内
川
滝沢
野
内
・
海
16.5
6.5
97.0
沖
館
川
三内
沖
館
・
海
11.3
4.4
30.0
六枚橋川
六枚橋
六枚橋
・
海
12.7
3.2
27.1
天田内川
新城字天田内
油
・
海
10.1
5.0
9.5
西
川
高田
沖 館 川 合 流 点
8.3
8.3
10.7
川
沢山
八重田
・
海
7.7
7.0
13.7
滝
赤
川
根
井
川
久栗坂字大谷
久栗坂
・
海
7.0
3.5
12.8
浅
虫
川
浅虫
浅
虫
・
海
4.4
2.3
6.3
瀬戸子川
瀬戸子
瀬戸子
・
海
8.2
2.0
10.0
四戸橋川
四戸橋字磯部
四戸橋
・
海
2.4
1.5
7.1
横
川
横内字八重菊
堤川合流点
17.0
6.5
37.9
合子沢川
合子沢字松森
堤川合流点
16.0
5.7
25.5
沼
川
諏訪沢
4.6
2.9
7.8
内
原
別
・
海
入
内
川
高田字川瀬
堤川合流点
16.0
0.6
15.0
牛
館
川
野木字野尻
堤川合流点
4.3
2.5
7.5
貴
船
川
野内
6.6
0.7
14.9
川
黒石市上十川
岩木川合流点
29.4
29.4
323.8
川
浪岡大字王余魚沢字水ケ
沢
十川合流点
22.4
22.4
88.0
十
浪
岡
野
内
・
海
大釈迦川
浪岡大字大釈迦
浪岡川合流点
6.5
6.5
29.9
王余魚沢川
浪岡大字王余魚沢
浪岡川合流点
2.4
2.4
6.0
本
浪岡町大字本郷字田の沢
十川合流点
5.6
5.6
16.7
浪岡川合流点
7.5
7.5
26.4
大釈迦川合流点
1.8
1.8
13.5
郷
川
正平津川
浪岡大字相沢
赤
浪岡大字高屋敷
川
- 29 -
第1章 総 則
第7節 青森市の自然的・社会的条件
○湖沼
【青森地区】
名
称
位
置
面
積
(㎢)
名
称
平成 25 年 4 月 1 日現在
面
積
位
置
(㎢)
野木和湖
羽白
0.11
第1萢辺溜池
三内
0.01
大堤
西田沢
0.12
板野堤
羽白
0.03
小館ため池
小館
0.01
仁八堤
三内
0.01
牛蒡畑堤
諏訪沢
0.03
笹森沼
石江
0.03
山城ため池
後潟
0.01
イカマリ3号
岩渡
0.01
西田沢堤
西田沢
0.01
蛍谷1号溜池
浅虫
0.01
勘七ため池
二股
0.01
幸畑貯水池
幸畑
0.01
孫堤
飛鳥
0.01
小谷1号溜池
大谷
0.01
左堰堤
左堰
0.01
小金沢ダム
駒込
0.03
矢田ため池
矢田
0.01
丸山3号溜池
三内
0.01
笹橋ため池
内真部
0.01
平岡2号溜池
三内
0.01
そでの堤
奥内
0.01
新堤
三内
0.01
田家堤1号
奥内
0.02
専次郎堤
西田沢
0.01
石河原堤
諏訪沢
0.01
上堤2号溜池
新城
0.14
田家堤2号
奥内
0.02
又八堤
羽白
0.01
第1下堤
岡町
0.01
丸山1号溜池
細越
0.01
磯部1号
四戸橋
0.01
二股1号溜池
二股
0.01
伝助堤
駒込
0.01
山下ため池
宮田
0.03
金浜ため池
金浜
0.01
万十郎堤
四戸橋
0.01
【浪岡地区】
名
称
位
置
面
積
(㎢)
名
称
平成 25 年 4 月 1 日現在
面
積
位
置
(㎢)
八見沢堤
大釈迦
0.002
工藤池(2)
杉沢
0.001
丸山堤
大釈迦
0.003
次郎兵衛溜池(2) 杉沢
0.001
後藤堤
大釈迦
0.001
次郎兵衛溜池(3) 杉沢
0.018
新谷堤
大釈迦
0.001
小板橋堤(1) 五本松
0.018
篠ヶ沢溜池(1) 徳才子
0.004
小板橋堤(2) 五本松
0.001
篠ヶ沢溜池(2) 徳才子
0.004
小板橋堤(3) 五本松
0.001
六万溜池(上) 徳才子
0.001
小板橋堤
0.005
- 30 -
松山
第1章 総 則
第7節 青森市の自然的・社会的条件
名
称
位
置
面
積
(㎢)
名
称
位
置
面
積
(㎢)
六万溜池(中) 徳才子
0.001
山田堤(1)
羽黒平
0.001
六万溜池(下) 徳才子
0.001
山田堤(2)
羽黒平
0.001
カマタ堤
長沼
0.001
豊次郎堤
羽黒平
0.001
札沢溜池
長沼
0.003
長笠溜池(1) 花岡
0.002
小沢溜池(1) 長沼
0.006
長笠溜池(1) 花岡
0.001
小沢溜池(2) 長沼
0.003
新溜池
銀
0.02
大沢溜池(1) 長沼
0.005
長溜池
銀
0.009
大沢溜池(2) 長沼
0.006
六郎溜池
銀
0.005
大堤
高屋敷
0.02
葦溜池
銀
0.008
勘助堤
高屋敷
0.001
ザル溜池
銀
0.028
宇之助溜池
高屋敷
0.023
甚助溜池
樽沢
0.002
スネム堤
杉沢
0.001
対馬溜池
樽沢
0.006
志根無堤
杉沢
0.011
宝溜池
樽沢
0.035
山下溜池(1) 杉沢
0.003
熊沢溜池
吉野田
0.104
すずめ上堤
杉沢
0.002
三太溜池
吉野田
0.118
大板橋溜池
杉沢
0.004
吉野田新溜池
吉野田
0.126
大板橋溜池(2) 杉沢
0.015
すずめっこ溜池
吉野田
0.001
大板橋溜池(3) 杉沢
0.013
姥溜池
下石川
0.051
惣衛門堤(1) 杉沢
0.021
すずめ倉堤
北中野
0.009
惣衛門堤(2) 杉沢
0.003
又坂溜池
本郷
0.003
工藤池(1)
0.001
浅沢堤
本郷
0.004
4.海
杉沢
岸
青森市域の海岸は、自然の恵み豊かな陸奥湾に面し、東部は平内町、西北部は四戸橋川ま
での延長 42.26 ㎞に達している。
海岸線は保全区域に指定されており、昭和 37 年度から侵食対策及び高潮対策を主目的と
して直立型堤防及びコンクリートブロック突堤を逐次施工し、平成 15 年4月に整備を完了
している。
近年、市民ニーズの多様化に伴い、浅虫地区コースタルリゾート計画、豊かで潤いに満ち
たウォーターフロントの創出を目指した青森港港湾計画、国直轄事業による緩傾斜堤防への
二次改築等、養浜工や親水性を有した付加価値の高い海岸線へと変貌を遂げつつある。
- 31 -
第1章 総 則
第7節 青森市の自然的・社会的条件
また、第1種漁港として久栗坂漁港、第2種漁港として後潟、奥内(奥内地区、飛鳥地区)、
青森の3漁港がある。この他、国土交通省所管の小型船溜りとして浅虫、野内、原別、造道、
油川の5船溜りがあり、ともに青森県が管理している。この他、堤川、沖館川の二級河川を
含む大小 47 本(都市下水路7本含む。
)の河川が陸奥湾へ流出している。
5.道路等
青森市内の幹線道路網は、市街地を東西に貫く国道4号、7号及び 3・2・3 号外環状線と南
北軸としての国道 103 号、中央大通り荒川線や西北部地区への国道 280 号及び国道 280 号バ
イパスを主軸にこれを接続する県道、市道で形成されている。
また、青森市は、東北縦貫自動車道の首都圏直結、青森空港の国際化、高カテゴリー化を
始め、東北本線、奥羽本線、津軽海峡線の起・終点ともなっており、北日本の交通拠点とな
っている。
【年次別道路延長舗装率の推移】
(道路維持課)
各年 4 月 1 日現在
区分
年次
国
路線数
延
H
7
H13
H17
H25
舗装
道
4
4
6
6
6
長 (m)
42,428
42,829
46,069
145,720
145,720
143,256
延長(m)
42,428
42,829
141,447
46,069
141,447
143,256
100
100
97.1
100
97.1
100
21
20
21
28
28
29
長(m)
249,723
246,186
254,300
232,725
232,725
237,245
延長(m)
185,304
196,262
209,118
235,479
209,118
213,638
74.2
79.7
89.9
88.8
89.9
90.0
3,134
3,785
4,073
5,939
5,939
6,293
長(m)
963,687
997,351
1,052,489
1,808,283
1,808,283
1,839,634.7
延長(m)
639,326
760,553
1,093,016
921,583
1,093,106
1,218,597.3
66.3
76.2
60.4
80.6
60.4
66.2
県
路線数
舗装
道
率(%)
市
路線数
延
H 2
4
率(%)
延
S60
舗装
道
率(%)
※1.平成 13 年度までは旧青森市のみのデータである。
※2.舗装率には簡易舗装を含む
- 32 -
第1章 総 則
第7節 青森市の自然的・社会的条件
第3.青森県の主な活断層
青森県の調査によると、本県において認められている主な活断層は次のとおりとなっており、
青森市においては、津軽山地西縁断層帯、入内断層及び青森湾西断層の存在が確認されている。
さらに、国土地理院の調査により作成された都市圏域活断層図により、青森市には野木和断
層が確認された。
名
称
分
布 状
況
津軽山地西縁断層帯
五所川原市飯詰から青森市浪岡銀にかけて約 16kmにわたって分布し
ている津軽山地西緑断層帯北部と青森市西部から平川市にかけて約 23km
にわたって分布している津軽山地西緑断層帯南部からなっていることが
認められている。
野辺地断層帯
東北町添ノ沢から七戸町にかけて約 12km にわたって分布し、さらに南
へ延びていることが認められている。
折爪断層
五戸町倉石中市から名久井岳東麓を経て県境まで約 21km 分布している
ことが認められており、岩手県葛巻町方向へ続いている。
入内断層
青森市入内付近から青森市沖館の海岸線付近にかけて約 15km にわたっ
て分布していることが認められている。
青森湾西断層
青森市新城天田内から蓬田村南西部にかけて約 16km にわたって分布し
ていることが認められている。
第4.気
象
青森市は、一般に夏期が短く冬期が長い積雪寒冷地帯であり、平均気温の平年値は 10.4℃で、
最高及び最低気温の極値は 36.7℃(1994.8.12)
、-24.7℃(1931.2.23)となっている。
風は年間を通じて南西の風が多いが、夏期には冷湿な北東の風(ヤマセ)が続くこともある。
冬期は大陸の高気圧が発達し、北西の季節風に支配される日が多くなる。
また、年降水量の平年値は 1,300.1mm で、梅雨期の雨も比較的少ないが、8月、9月には台
風の影響等による集中豪雨が起こることもある。冬期には市街地で 100 ㎝前後(積雪の深さの
最大の平年値は 111cm)の積雪となり、交通が渋滞することもあるが、市街地主要道路等は機
械力による除雪が積極的に行われ、交通は確保されている。
※平年値…1981 年∼2010 年の 30 年間の観測値の平均
- 33 -
第1章 総 則
第7節 青森市の自然的・社会的条件
【各年の気象状況】
(観測地点:青森地方気象台 資料:気象庁ホームページ)
気温
年
平均
湿度
極
降水量
平均
最小
総量
風
日量
最大
起日
最大
風速
日照
風向
最高
最低
℃
℃
℃
%
%
㎜
㎜
月日
m/s
元
10.9
34.1
- 9.0
73
18
1,094.5
47.5
9.18
12.5
2
11.7
32.6
-10.4
73
17
1,289.5
95.0
9.20
18.7
3
10.8
31.3
-10.9
74
15
1,223.0
36.5
2.16
4
10.5
32.5
- 6.7
75
18
1,028.0
36.0
5
10.0
33.8
- 7.9
74
17
1,094.5
6
11.1
36.7
- 9.6
73
16
1,010.0
7
10.7
33.9
- 9.8
75
20
8
9.9
33.6
-10.5
75
9
10.7
34.8
-8.2
10
10.7
31.0
-9.2
11
10.9
36.6
12
10.7
13
14
15
起日
総量
月日
hr
WSW
4.17
1,614.2
ESE
12. 1
1,756.8
29.0
S W
9.28
1,631.1
8. 9
15.7
W
4. 9
1,593.6
68.5
7.28
16.2
W
4.27
1,531.4
36.5
8. 2
15.1
WNW
2.22
1,720.3
1,231.0
36.0
5.22
16.7
W
11. 8
1,534.2
17
1,087.0
34.0
5. 9
14.2
WNW
5. 3
1,527.0
74
9
1,212.0
38.0
8. 9
16.5
W
3.30
1,485.9
77
15
1,605.5
93.0
8.28
19.5
SW
10.18
1,558.9
-9.7
78
17
1,636.0
139.5
10.28
17.6
NE
10.28
1,609.3
34.2
-10.1
75
14
1,406.0
133.5
7.25
16.8
WNW
12.24
1,508.0
9.9
31.3
-10.5
73
13
1,400.5
74.0
9.11
18.0
W
2. 3
1,580.6
10.5
33.6
-8.9
72
13
1,525.5
94.0
8.11
17.9
WSW
10.2
1,461.0
10.2
31.5
-8.6
73
9
1,311.0
51.5
8.9
18.9
SW
9.13
1,516.1
16
11.3
34.8
-7.4
72
9
1,435.5
112.0
9.30
19.9
SW
9.8
1,523.1
17
10.1
34.0
-7.8
77
13
1,626.5
89.5
9.14
15.1
WNW
2.23
1,489.1
18
10.2
33.1
-9.3
76
19
1,422.5
133.0
10.7
17.3
NE
12.27
1,464.6
19
11.1
34.6
-6.0
73
21
1,293.0
208.0
11.12
14.3
W
3.12
1,671.4
20
10.7
32.0
-7.0
74
15
1,085.0
40.5
7.22
15.7
SW
2.23
1,642.4
21
10.6
31.8
-8.9
74
10
1,459.5
58.5
10.8
20.0
W
2.21
1,563.7
22
11.1
36.6
-8.6
75
15
1,570.0
48.5
7.10
15.7
WSW
4.14
1,465.0
23
10.6
35.6
-9.6
76
18
1,570.5
86.0
9.18
20.1
SW
12.4
1,541.9
24
10.5
36.1
-10.1
78
20
1,295.5
125.0
7.16
19.4
SSW
4.4
1,669.1
25
10.5
34.7
-8.0
76
23
1,664.0
136.0
9.16
17.3
NW
2.24
1,515.5
年
日数
雨
気温
≧30℃
<0℃
≧1mm
雪
雪
降雪量
≧10mm
地震
最深
積雪
震度
有感
1
2
3
4
5弱
5強
(最高) (最高)
日
日
日
日
日
㎝
㎝
回
元
20
7
141
41
95
467
74
25
15
9
0
1
0
2
13
15
145
40
87
512
88
8
6
1
1
0
0
3
4
12
164
42
97
611
94
10
9
1
0
0
0
4
6
13
161
32
108
532
62
15
9
2
4
0
0
5
1
7
150
30
109
443
43
21
15
3
1
2
0
6
30
21
158
29
112
710
96
33
18
12
1
1
1
7
13
15
177
40
112
708
93
39
28
8
2
1
0
8
9
23
164
33
119
766
120
18
14
4
0
0
0
- 34 -
第1章 総 則
第7節 青森市の自然的・社会的条件
日数
年
気温
≧30℃
雪
雨
<0℃
雪
≧1mm
降雪量
≧10mm
地震
震度
最深
有感
積雪
1
2
3
5弱
4
5強
(最高) (最高)
日
日
日
日
日
cm
cm
回
9
9
7
166
42
109
500
82
18
14
4
0
0
0
0
10
4
27
156
42
89
569
93
7
2
5
0
0
0
0
11
32
20
165
51
120
1,033
147
11
8
3
0
0
0
0
12
17
20
177
45
117
763
87
14
11
1
2
0
0
0
13
5
39
161
50
114
1,027
154
8
4
2
2
0
0
0
14
6
17
172
43
104
722
128
16
11
4
1
0
0
0
15
2
15
157
40
112
794
82
29
19
7
1
2
0
0
16
16
13
165
49
99
518
79
17
13
3
1
0
0
0
17
12
29
179
54
114
1,043
178
17
11
5
1
0
0
0
18
14
24
158
43
118
592
148
11
9
2
0
0
0
0
19
21
5
151
39
107
335
58
13
9
4
0
0
0
0
20
4
19
146
34
106
426
82
17
9
5
3
0
0
0
21
4
14
162
43
101
444
63
9
4
4
1
0
0
0
22
33
16
167
49
111
521
98
15
7
7
1
0
0
0
23
23
26
176
54
109
639
130
156
85
58
10
3
0
0
24
30
37
173
35
125
761
152
31
17
9
4
1
0
0
25
19
28
164
50
116
697
142
20
13
6
1
0
0
0
(注)平成8年 10 月から震度5及び6はそれぞれ5強、5弱、6強、6弱に分割。
第5.人口及び世帯
青森市の総人口は、平成 22 年国勢調査では 299,520 人、世帯数は 119,413 世帯、人口密度
は 363.3 人/㎞ 2 となっている。
【人口と世帯の推移】
区
分
世帯数
(世帯)
人
総数(人)
口
男(人)
備
女(人)
考
明治 31 年
6,177
27,991
−
−
4月1日市制施行
大正 9 年
9,459
48,941
24,798
24,143
第1回国勢調査
15 年
18,861
99,065
49,003
50,062
第5回
40 年
53,590
224,433
107,296
117,137
第 10 回 〃
平成 2 年
101,634
308,782
144,788
163,994
第 15 回
〃
7 年
110,516
314,917
148,369
166,548
第 16 回
〃
12 年
118,543
318,732
150,735
167,997
第 17 回 〃
17 年
118,451
311,508
145,965
165,543
第 18 回 〃
22 年
119,413
299,520
139,084
160,436
第 19 回国勢調査
〃
※平成 2 年以降は、旧浪岡町との合計値である。
- 35 -
第1章 総 則
第7節 青森市の自然的・社会的条件
【人口集中地区の人口、面積及び人口密度】
区
人
分
口 (人)
人口増減
平成 22 年
237,010
229,742
-7,268
-3.2%
39.32
5,812.9
76.1%
76.7%
−
−
4.8%
−
市総数に占める割合
率(%)
人口密度
(人/㎢)
平成 17 年
人口集中地区
実数(人)
面積
(㎢)
(国勢調査)
第6.土地利用状況
青森市の地目別土地割合の現況は、次のとおりである。
区分
総数
田
畑
宅地
鉱 泉地
63 年
693.75
47.93
23.87
37.05
0
元年
693.75
47.88
23.75
37.13
5年
692.23
46.66
23.10
10 年
692.23
44.43
13 年
692.40
17 年
25 年
池沼
(単位:㎢)
その他
雑 種地
(公有地)
6.45 314.71
山林
原野
0.02
147.06
116.66
0
0.02
147.08
116.86
8.68
312.35
38.12
0
0.02
146.00
115.57
10.28
312.48
22.17
38.99
0
0.03
143.95
114.39
13.96
314.31
43.49
21.70
40.32
0
0.03
142.80
114.20
14.45
315.41
824.56
59.33
40.74
44.19
0
0.40
171.17
96.08
16.51
396.14
824.61
58.05
39.36
45.11
0
0.40
166.90
80.41
73.39
360.99
※平成 13 年度までは旧青森市のみのデータである。
(固定資産税概要調書)
- 36 -
第1章 総 則
第7節 青森市の自然的・社会的条件
第7.産業及び産業構造の変化
青森市の産業別就業者数は、次のとおりである。
区
平成7年度
分
口
構成比
口
構成比
数
140,345
第 一 次 産 業
100
141,934
4,641
3.3
業
業
業
3,554
461
626
第 二 次 産 業
100
142,993
100
132,375
100
3,501
2.4
5,724
4.0
4,382
3.3
2.5
0.3
0.4
2,635
280
586
1.9
0.2
0.4
4,991
177
556
3.5
0.1
0.4
3,713
223
446
2.8
0.2
0.3
26,896
19.2
27,381
19.3
23,147
16.2
19,341
14.6
業
業
業
67
14,804
12,025
0.0
10.5
8.6
51
15,900
11,430
0.0
11.2
8.1
16
14,011
9,210
0.0
9.8
6.4
27
11,237
8,077
0.0
8.5
6.1
第 三 次 産 業
108,264
77.1
109,088
76.9
111,754
78.2
103,571
78.2
電気・ガス・熱供給・水道業
運輸・通信業
卸売・小売・飲食業
金融・保険業
不 動 産 業
サービス業
公務(他に分類されないもの)
1,097
10,613
39,692
6,384
1,193
39,913
9,372
0.8
7.6
28.3
4.5
0.9
28.4
6.7
959
10,528
38,271
5,804
1,162
43,530
8,834
0.7
7.4
27.0
4.1
0.8
30.7
6.2
729
12,049
38,962
5,367
1,393
44,485
8,769
0.5
8.4
27.2
3.8
1.0
31.1
6.1
845
11,150
34,473
5,164
2,022
41,412
8,505
0.6
8.4
26.1
3.9
1.5
31.3
6.4
分類不能の産業
544
0.4
1,964
1.4
2,368
1.7
5,081
3.9
鉱
建
製
設
造
人
平成 22 年度
構成比
農
林
漁
人
平成 17 年度
口
総
人
平成 12 年度
(単位:人・%)
人
口
構成比
※平成 12 年度までは旧青森市のみのデータである。 (国勢調査)
小数点以下の数値を四捨五入しているため、内訳と合計が一致しない場合もある
- 37 -
第1章 総 則
第8節 災害の記録
第8節
災害の記録
第1.水
害
青森市における水害(小災害含む。
)発生の多くは、局地的常習的な低地浸水が特色である。
これは、背後地の八甲田山系に大雨が降った場合、たちまち小河川が増水氾濫することと、
市街地一帯が地形的に高低差の少ない平坦地のためである。
大規模災害に発展するおそれのある気象配置による大雨には、昭和 44 年8月駒込川、堤川
の決壊と氾濫により、床上浸水 6,263 世帯、床下浸水 6,896 世帯の大災害をひき起こした台風
性豪雨がある。
このほか、積雪期(残雪含む。)における気温上昇や、低気圧による降雨などにより融雪洪
水がしばしば発生している。発生時期は1月∼4月が多い。
近年における主な水害の発生状況は、次のとおりである。
年月日
種類
雨
量
昭和 42
10 月
台風 34 号
【浪岡地区】
・りんご
177 千箱
・非住家半壊
1棟
昭和 43
集中豪雨
【浪岡地区】
・浪岡川流域 住家床上・床下浸水 50 世帯
・水稲冠水
集中豪雨
【浪岡地区】
・一般住家床上・床下浸水 13 世帯
(本町、北中野地区)
・道路 100m 欠壊
・農地冠水
8月
昭和 44
4月
昭和 44
8 月 23 日
∼24 日
台風 9 号
集中豪雨
八甲田
213 ㎜
市 内
119 ㎜
被害状況
備
考
8 月 22 日鹿児島県に上陸した台風 9 号は、各 本部設置
地に被害をもたらしながら内陸部をジグザク 救助法適用
に北上を続け、仙台湾に抜け消滅するものと観
測されていたが、23 日夕方から降り初めた雨は
夜半にかけて土砂降りとなり、八甲田山系に集
中豪雨をもたらした。
山岳部に降った雨は流下するのも早く、24 日
午前 1 時 55 分、洪水警報が発令される 30 分前
から八甲田山系に属する駒込川、堤川などが警
戒水位を突破して急激に増水を続け、数箇所で
決壊、濁流は鉄砲水となって住宅地に侵入し、
未曾有の大洪水に見舞われた。
- 38 -
第1章 総 則
第8節 災害の記録
・一般住家床上浸水
・ 〃
床下浸水
・ 〃
半
壊
・ 〃
全壊流失
・非住家流失
・公共施設被害総額
・各種産業被害総額
・一般住家被害総額
計
【浪岡地区】(全域被災)
・一般住家床上浸水
・ 〃
床下浸水
・非住家浸水
昭和 49
9月9日
∼10 日
台風 18 号
の影響に
よる大雨
市内
141 ㎜
八甲田
99 ㎜
昭和 50
8 月 23 日
∼24 日
集中豪雨
台風 6 号
の影響に
よる高潮
市内
69 ㎜
八甲田
32 ㎜
市内
30 ㎜
八甲田
24 ㎜
109 世帯
90 世帯
38 棟
日本海中部の前線を伴った低気圧の接近に
より、8 日午後から津軽地方を中心に強い雨が
降り出した。一方台風 18 号は、8 日夜、九州の
枕崎付近に上陸し、9 日朝、四国付近で温帯低
気圧に変わった。その後、台風から変わった温
帯低気圧は速い速度で北上し、9 日夜には秋田
付近、10 日朝には八戸沖に達した。
このため、9 日午後からは、三八、上北地方
でも雨が降り出し、その後も雨は更に強まり大
雨となった。
・一般住家床上浸水
361 世帯
・ 〃
床下浸水
1,822 世帯
・公共施設被害総額
229,954 千円
・各種産業被害総額
17,391 千円
・一般住家被害総額
158,300 千円
計
405,645 千円
【浪岡地区】(全域被災)
・一般住家床上浸水
・ 〃
床下浸水
・水稲冠水
昭和 50
8月6日
6,263 世帯
6,896 世帯
7 世帯
8棟
6棟
714,870 千円
3,442,765 千円
1,627,100 千円
5,784,735 千円
本部設置
救助法適用
109 世帯
190 世帯
400 ha
20 区域にわたり災害が発生し、床上浸水 51
世帯、床下浸水 297 世帯の被害を受けた。
【浪岡地区】(全域被災)
・一般住家床上浸水
・ 〃
床下浸水
・非住家浸水
・道路欠壊
30 世帯
162 世帯
30 棟
6 箇所
法外援護適
用(浪岡地
区のみ)
台風 6 号の影響により瞬間最大風速 23mの強 本部設置
風となり異常な高潮が押し寄せ、本町四丁目、
青柳一丁目、港町二丁目で床上浸水 8 世帯、床
下浸水 106 世帯の被害を受けた。また、八重田
- 39 -
第1章 総 則
第8節 災害の記録
浄化センターの海岸護岸壁 75.7mが決壊した
ため、多量の海水が流入し施設に大きな被害を
受けた。
昭和 52
8月5日
集中豪雨
市内
153 ㎜
八甲田
238 ㎜
酸ケ湯
180 ㎜
前線の影響で 5 日未明から強い雨が降り、入
内川及びその他の河川、水路が氾濫、市内一円
が浸水又は冠水し、住家及び公共施設に被害を
受けた。
・一般住家床上浸水
237 世帯
・ 〃
床下浸水
2,297 世帯
・ 〃
流
失
1 世帯
・公共施設被害総額
707,702 千円
・各種産業被害総額
136,392 千円
・一般住家被害総額
305,700 千円
計
1,149,794 千円
【浪岡地区】
浪岡川、本郷川、正平津川等主要河川氾濫に
より全域が被災し、その降雨量は、8 月 5 日午
前 0 時から 19 時までで 242 ミリ、1 時間最大降
雨量 72 ミリ(大字吉内観測)であった。
・重傷者
1名
・軽傷者
2名
・一般住家全壊流出
4 世帯
・ 〃
半壊
6 世帯
・ 〃
床上浸水
625 世帯
・ 〃
床下浸水
706 世帯
・非住家浸水
766 棟
・農地冠水、土砂流入地域
732ha
・農地、道路、橋梁、農産物、建物被害額
40 億円
昭和 56
8 月 21 日
∼23 日
集中豪雨
台風 15 号
市内
169 ㎜
酸ケ湯
232 ㎜
日本海低気圧の接近により、8 月 21 日午後か
ら降り出した強い雨は翌 22 日から 23 日にかけ
て平地 169 ㎜、酸ケ湯 232 ㎜を記録する集中豪
雨となり、中小河川の氾濫、低地の浸水等によ
り道路冠水、床上・床下浸水の被害が発生した。
また、台風 15 号による強風(瞬間最大風速 32
m)で被害が増大した。
・一般住家床上浸水
114 世帯
・ 〃
床下浸水
772 世帯
・公共施設被害総額
498,214 千円
・各種産業被害総額
423,119 千円
・一般住家被害総額
117,100 千円
計
1,038,433 千円
- 40 -
本部設置
法外援護適
用
本部設置
救助法適用
第1章 総 則
第8節 災害の記録
平成 11
10 月 28 日
低気圧に
よる大雨
・高潮
市内
140 ㎜
酸ケ湯
212 ㎜
10 月 27 日 21 時、発達中の低気圧が関東北部
にあり北北東に進み、28 日 3 時には宮城県沖に
達し、急速に発達しながら宮城、岩手県境沖の
海上をゆっくり北上した。
この低気圧の接近により、県内は 28 日朝か
ら風と雨が強まり、降り始めから 28 日 16 時ま
での総雨量は、青森で 140 ミリ、酸ヶ湯で 212
ミリに達した。
また、朝方からの北東の強い風は 9 時には北
の風に変わり、昼過ぎにかけて引き続き強くな
り、青森では最大瞬間風速 27.4m/s(28 日
09 時 27 分)を観測した。
このため、青森港において高潮が発生し、ま
た、特に東部方面の山間部に大量に降った雨に
より、野内地区の貴船川が氾濫したことによ
り、住家、公共施設及び農地などに大きな被害
が発生した。
・一般住家床上浸水
77 世帯
・ 〃
床下浸水
168 世帯
・ 〃
一部損壊
2 世帯
・非住家浸水
89 棟
・道路冠水
54 箇所
・河川被害
8 箇所
・道路被害
9 箇所
・農地被害
28 箇所
平成 12
7 月 25 日
集中豪雨
市内
129.5 ㎜
7 月 25 日 12 時から 15 時にかけて青森市はか
つてない集中豪雨に見舞われ、特に 13 時から
14 時までには一時間に 64 ミリという青森地方
気象台観測史上最高の雨量を記録した。
この下水道施設の排水能力を超える集中豪
雨により、市内全域に渡り道路が冠水し、特に
旭町地区、港町地区において家屋の浸水被害が
多発した。
・一般住家 床上浸水
106 世帯
・ 〃
床下浸水
386 世帯
・ 〃
一部損壊
1 世帯
・非住家浸水
207 棟
・道路冠水
276 箇所
・河川被害
5 箇所
・道路被害
5 箇所
・農地被害
4 箇所
平成 14
8 月 10 日
∼11 日
大雨
市内
129.5mm
8 月 10 日 14 時から 11 日 21 時にかけて青森
市は大雨に見舞われ、10 日には 36.5 ミリ、11
日には 93 ミリの大雨が降り、総雨量は 129.5
ミリに達し、各地で道路冠水や浸水被害が発生
し、新城字山田地区の 3 世帯 4 名及び浅虫字山
下地区の 1 世帯 5 名に避難勧告を行った。
また、前線の停滞により 8 月 7 日より地盤が
- 41 -
本部設置
第1章 総 則
第8節 災害の記録
緩んでいたこともあり、道路や水路の法面崩落
などの土砂災害も多発した。
・一般住家 床上浸水
11 世帯
・ 〃
床下浸水
59 世帯
・非住家浸水
24 棟
・道路冠水
37 箇所
・水路溢水
26 箇所
・農地被害
155 箇所
・土砂災害等
102 箇所
平成 16
8 月 20 日
台風 15 号
市内
20mm
台風 15 号の影響により、青森市では 8 月 19
日 15 時から 20 日 22 時までで総雨量 20 ミリを
記録し、一般住家床上浸水 1 棟、床下浸水 16
棟等の被害が発生した。
平成 16
9 月 29 日
∼30 日
台風 21 号
市内
122mm
台風 21 号の接近に伴い、前線の活動が活発
となった青森市では、降り始めの 29 日 14 時か
ら 30 日 16 時までの総雨量は 122 ミリに達し、
中でも 30 日は 1 日の降水量が 112 ミリと、気
象台が統計を開始した 1886 年以来、第 1 位と
なる雨量を観測した。
この大雨により、河川や水路等が溢れ、道路
冠水、住家浸水被害等が発生した。
・一般住家 床上浸水
2 世帯
・ 〃
床下浸水
9 世帯
・非住家床下浸水
24 棟
・道路冠水
37 箇所
・河川被害
40 箇所
・道路被害
16 箇所
・農地被害
53 箇所
平成 19
11 月 11 日
∼12 日
大雨
市内
218mm
発達した低気圧の影響で、11 月 11 日夜から
降り出した雨が 12 日未明から強まり、12 日の
日降水量は 208 ミリで青森地方気象台統計開始
以来最多を記録し、総雨量は 218 ミリに達する
など記録的な大雨となり、全市内に散在的に被
害が発生した。特に旭町地区及び石江地区にお
いて浸水被害が多発した。
・人的被害 軽症
1人
・一般住家 床上浸水
146 件
床下浸水
631 件
一部損壊
1件
・非住家浸水
175 件
・道路冠水
96 件
・河川被害
25 件
・道路被害
24 件
・農地等被害
81 件
- 42 -
本部設置
第1章 総 則
第8節 災害の記録
台風 18 号
平成 25
9 月 15 日
∼16 日
市内
183.5mm
台風 18 号の接近及び前線の停滞により、大
雨に見舞われ、15 日午前 5 時から翌 16 日午後
9 時までの降水量は 183.5 ミリに達した。また、
16 日の最大風速は 13m/s、最大瞬間風速は
20.3m/sであった。この大雨により、浪岡川
の水位が氾濫危険水位(250 センチ)に達した
ため、浪岡地区の 7 地区(1,846 世帯 4,476
人)に避難指示を行い、避難所 3 箇所を開設し
た。
・一般住家
・非住家浸水
・道路冠水
・河川被害
・道路被害
・農地等被害
第2.風
床上浸水
床下浸水
一部損壊
24 件
128 件
2件
53 件
75 件
50 件
61 件
239 件
害
青森市の近年における主な風害の発生状況は、次のとおりである。
平成3年9月28日
台風19号
ア.気象及び被害の状況
中心気圧 925hpa を記録した大型で強い台風は、9 月 27 日九州上陸ののち、日本海を進み 28 日
午前 8 時前、北海道南部の渡島半島に再上陸した。記録的な強風のため、九州から東北の 15 県で
大きな被害を受けた。
青森市でも、中心気圧 950hpa の台風による影響で、28 日午前4時過ぎ頃から暴風域に入り、
午前 6 時 5 分に最大瞬間風速南西の風 53.9m、午前 6 時 10 分に最大風速 29mを記録し、死傷者
8 名、住家被害 1,130 棟、非住家 715 棟の被害のほか、農作物の被害や電信電話の不通など公共
施設及び各種産業施設に総額 31 億円にのぼる莫大な被害をもたらした。
イ.被害状況
・死
者
1名
・重軽傷者
7名
・住家全壊
2棟
・非住家全壊
66 棟
・住家半壊
60 棟
・非住家半壊
58 棟
・住家一部破損
1,068 棟
・非住家破損
591 棟
・停電戸数
47,000 戸
・電話通話不通
920 戸
・公共被害
314,000 千円
・民間被害
2,075,000 千円(リンゴ落下 3,863t、パイプハウス倒壊、造林木の被害、
福祉施設、商工水産施設等)
ウ.応急対策
台風通過後、直ちに災害対策本部を設置し、被害状況の把握に努め、臨時総合相談所の開設、
災害援護資金の貸付、市税減免等の措置をとった。
- 43 -
第1章 総 則
第8節 災害の記録
・本部設置
・本部解散
9 月 28 日
3 月 31 日
【浪岡地区】
浪岡地区においては、最大瞬間風速 51.3m(津軽中部農業共済組合)を記録した。
・重傷者
2名
・軽傷者
5名
・住家全壊
14 棟
・住家半壊
130 棟
・住家一部破損
453 棟
・り災世帯数
597 世帯
・り災者数
2,380 名
・被害総額
8,823,198 千円
※災害対策本部設置、災害救助法適用
平成24年4月3日∼4日
暴 風
ア.気象及び被害の状況
急速に発達した低気圧の影響により、3 日夜より風が強まり、4 日未明からは非常に強い状況が
続いた。4 日午前 1 時 7 分に最大瞬間風速 34m/s、同日午前 1 時 15 分に最大風速 19.4m/sを
記録し、市内各所に被害をもたらした
イ.被害状況
・人的被害
・建物被害
・道路障害
・倒木被害
・停電戸数
第3.雪
重傷者
住家
1名
48 件
16 件
52 件
1,547 戸
軽症者
非住家
2名
23 件
害
青森市の近年における主な雪害の発生状況は、次のとおりである。
昭和51年12月∼52年2月 豪 雪
ア.気象経過
昭和 51 年 12 月中旬から北日本は冬型の気圧配置が続き、津軽、下北地方は雪が降り続いて月
末には平年なみの積雪となった。この降雪は1月8日頃まで続き、9 日 9 時現在の積雪は 81 ㎝と
なった。その後も上空の寒気は次々と北日本付近を通り、20 日には積雪が 148 ㎝に達し、本市の
積雪としては、明治 27 年積雪観測開始以来 3 番目の記録となった。その後 30 日頃までは冬型の
気圧配置が弱まり積雪は増加しなかったが、30 日夜から再び気圧配置が強まったため毎日のよう
に雪が降り続き、2 月 4 日 9 時現在で 173 ㎝と今冬最深雪を記録した。5、6 日は一時小康状態と
なったが、6 日夜から 8 日にかけて再び降り出し、8 日 9 時現在で 185 ㎝(21 時 195 ㎝)となり、
戦後最深の積雪となった。
- 44 -
第1章 総 則
第8節 災害の記録
イ.被害、損害状況
(ア) 被
害
・死
者
1名
・重軽傷者
・住家全壊
1 世帯
・非住家全壊
・住家半壊
1 世帯
・非住家半壊
・住家一部破損
1,000 世帯(推定)
・床上浸水
3 世帯
・床下浸水
19 世帯
(イ) 被害、損害額
・道路及び公共施設の除排雪
1,332,191 千円
・民間関係の除排雪
5,053,026 千円
・公共施設被害、損害
157,679 千円
・民間関係の被害
145,903 千円
・民間関係の事業損害
43,060,418 千円
計
49,749,217 千円
49 名
10 棟
2棟
ウ.応急対策
・障害物の除去(雪おろし等)の実施
2 月 11 日午後 10 時に災害救助法が適用されたことに伴い、積雪のため住宅が倒壊する危
険があるなど、日常生活に著しい支障がある世帯のうち、自力又は自らの資力で除雪できな
い 248 世帯について、雪おろし、出入口付近の除雪等を実施した。
実施期間
2 月 11 日∼2 月 20 日
人夫延人員
532 名
人夫賃支出額
2,828,500 円
・本部設置
・本部解散
・道路の除排雪
2 月 10 日
3 月 10 日
12 月 1 日 除雪対策本部設置
※使用車両内訳(延べ台数)
委託
直営
計
(単位:台)
ロータリ
ー
タイヤド
ーザー
ブルドー
ザー
小型ブル
ドーザー
ショベル
ローダー
ダンプト
ラック
グレーダ
ー
凍結防止
剤散布車
405
361
766
327
424
751
774
6
780
906
8
914
6,582
177
6,759
11,991
3,247
15,238
0
556
556
0
74
74
計
20,985
4,853
25,838
【浪岡地区】
(1 月)
・家屋(非住家含む。
)全壊 1 戸、一部損壊 54 戸
※災害対策本部設置
平成12年12月∼13年2月 豪 雪
平成 12 年 12 月から平成 13 年 2 月にかけて、断続的に雪が降り続き、累積降雪量は 900 センチ
となり、加えて、日中の最高気温が 0 度を下回るいわゆる真冬日が 15 日間連続し、積雪深は 2 月
14 日に 153 センチに達した。
1 月 17 日に青森市は豪雪対策本部を設置し、道路の除排雪作業を強化する一方、ボランティアを
募集し、高齢者世帯等の屋根の雪おろしや通学路除雪などを懸命に実施した。
・住家被害
一部破損
・非住家被害 全壊
・非住家被害 一部破損
52 棟
6棟
9棟
- 45 -
第1章 総 則
第8節 災害の記録
・非住家被害 浸水
・公共建物被害 一部破損
・道路冠水
・その他
4棟
1棟
12 件
3件
平成16年12月∼平成17年3月
豪 雪
ア.気象経過
平成 16 年 12 月末にまとまった降雪があって以来、間断のない降雪状況が続き、平成 17 年 3
月 3 日には、最大積雪深が観測史上 4 番目となる 178cm、降雪量累計も 1,043cm を記録するとも
に、市内各地において雪処理作業による死傷者、住家・非住家の倒壊被害が発生した。
イ.被害状況
・死
者
・住家全壊
・非住家半壊
2名
1 世帯
2棟
・重軽傷者
・非住家全壊
62 名
13 棟
ウ.応急対策
・豪雪対策本部の設置(平成 17 年 3 月 3 日正午)
・陸上自衛隊第 9 師団に災害派遣を要請(平成 17 年 3 月 6 日∼8 日)
緊急処理が必要な高齢者世帯等の屋根雪処理を実施。
屋根雪処理箇所数
88 箇所
活動人員数
約 1,400 名
活動車両
約 150 両
・青森市スノーレスキュー隊の結成
市職員によるチーム(1 チーム 5 名)を編成し、緊急処理が必要な高齢者世帯及び空家の屋
根雪処理を実施。
屋根雪処理実施箇所数
54 箇所
・豪雪災害対策本部の廃止(平成 17 年 3 月 15 日 17 時)
平成17年4月6日
融雪災害
ア.気象経過
平成 17 年の豪雪を受けて、4 月に入り気温が上昇したことにより、4 月 6 日 3 時 31 分融雪注意
報が発令されるとともに、市内各地において浸水被害及び土砂崩れ等の被害が発生し、新城緑ヶ
丘団地では 4 世帯 11 名、旗の台団地では、2 世帯 13 名に対して避難勧告を行った。
イ.被害状況
・住家床下浸水
・土砂崩れ
・道路冠水
・河川被害
・ため池被害
・公共施設被害
3 世帯
116 箇所
12 箇所
8 箇所
1 箇所
2 箇所
- 46 -
第1章 総 則
第8節 災害の記録
平成23年12月∼平成24年2月
豪 雪
ア.気象経過
平成 23 年 12 月中旬から近年にない集中的な降雪と断続的な強い寒気に見舞われ、平成 24 年 2
月 19 日には最大積雪深 152 cm を記録し、累計降雪量は 761 cm となった。雪による死傷者や建
物の倒壊などが多発している状況であったため、平成 16 年度以来 7 年ぶりとなる豪雪災害対策
本部を 2 月 20 日に設置し、除排雪の徹底や災害弱者対策を講じた。
イ.被害状況
・死
者
・非住家全壊
・住家床下浸水
5名
25 件
2件
・重軽傷者
・非住家半壊
・道路冠水
105 名
10 件
18 件
ウ.応急対策
・豪雪災害対策本部の設置(平成 24 年 2 月 20 日午前 11 時 30 分)
・青森市スノーレスキュー隊の結成
市職員(延べ 388 名)によるチームを編成し、緊急処理が必要な高齢者世帯等の屋根雪処理
を実施。
屋根雪処理実施件数
67 件
・豪雪災害対策本部の廃止(平成 24 年 3 月 23 日午後 3 時 30 分)
平成25年2月 豪 雪
ア.気象経過
平成 24 年末までは平年並みの降雪であったが、1 月になり断続的に強い寒波に見舞われ、低
温・降雪の日が続き、平成 25 年 2 月 23 日には青森地方気象台における積雪深が 138cm、市が設
置した観測点では新城地区では 145cm、高田地区では 174cm、戸山地区では 144cm、浪岡地区の県
観測地点では 165cm に達し、その後においても降雪・積雪により市民生活への深刻な影響が懸念
されたことから、2 月 24 日に豪雪災害対策本部を設置し、積極的な雪対策を行った。
最深積雪 142cm
累計降雪量 697cm
イ.被害状況
・死
者
・住家全壊
・非住家全壊
・非住家浸水
4名
1件
4件
8件
・重軽傷者
・住家床下浸水
・非住家半壊
・道路冠水
ウ.応急対策
・豪雪災害対策本部の設置(平成 25 年 2 月 24 日午後 2 時)
・豪雪災害対策本部の廃止(平成 25 年 3 月 25 日午後 2 時 35 分)
※積雪の記録
順位
1
2
3
4
5
最深積雪
209 ㎝
195 ㎝
194 ㎝
178cm
166 ㎝
昭和
昭和
昭和
平成
昭和
記録年月日
20 年 2 月 21
52 年 2 月 8
61 年 2 月 6
17 年 3 月 3
35 年 2 月 19
- 47 -
日
日
日
日
日
65 名
2件
2件
61 件
第1章 総 則
第8節 災害の記録
第4.火
災
1.建物火災
昭和46年頃までは、比較的大きな火災が発生したが、近年は消防機構の広域化を始め、
消防力の充実、建築物の耐火構造の普及等により、発生件数は年々減少している。
過去における主な火災の発生状況は、次のとおりである。
火災発生年月日
状
況
等
昭和 21 年 4 月 6 日
【浪岡地区】
若松地区全焼 76 棟、損害 18,915 千円
昭和 22 年 4 月 18 日
午後 3 時 5 分、北金沢の住宅から出火し、南西の風に煽られ旭町、長島の
一部 5,638 坪、273 棟 324 戸焼失、傷者 15 名、損害 61,506,200 円
昭和 23 年 5 月 20 日
午後 2 時 50 分、浦町字橋本鹿児島組炊事場から出火し、西風により道路
横断、浦町鉄道官舎焼失 1,225 坪、49 棟 79 戸全半焼、損害 19,780,000 円
昭和 31 年 4 月 14 日
午後 11 時 30 分頃、油川字大浜の住宅から出火し、46 棟全半焼、1,726 坪、
損害 33,040,930 円
昭和 32 年 5 月 11 日
午前 10 時 22 分頃、小橋字田川の舟小屋から出火し、46 棟全半焼、1,070
坪、損害 19,740,725 円
昭和 34 年 10 月 24 日
午前 2 時 20 分頃、横内字亀井の物置付近から出火し、住宅 16 棟、住宅付
店舗 2 棟、非住家 13 棟全焼、2 棟住宅部分焼、2,618 ㎡焼失、損害 17,103
千円
昭和 36 年 4 月 30 日
午後 1 時 46 分頃、駒込字桐の沢の物置から出火し、105 棟全半焼、7,004
㎡焼失、損害 36,411,930 円
昭和 39 年 11 月 21 日
午前 0 時 12 分頃、沖館字篠田のクリーニング店二階乾燥室から出火し、
36 棟全半焼、7,895 ㎡焼失、損害 137,747 千円
昭和 41 年 5 月 18 日
午前 0 時 30 分頃、横内字亀井の住宅居間から出火し、17 棟全焼、1,516
㎡焼失、損害 8,787 千円
昭和 45 年 1 月 10 日
午前 2 時 20 分頃、橋本一丁目の木工所から出火し、4 棟全焼、2 棟部分焼、
1,414 ㎡焼失、損害 48,427 千円、死者 2 名
昭和 45 年 3 月
【浪岡地区】
大釈迦地区、全焼 4 棟
昭和 45 年 12 月 11 日
午後 8 時 55 分頃、新町二丁目清水ビル 1 階店舗内から出火し、清水ビル、
協働社ビル 2 棟全焼、丸大ビル 1 棟半焼 4,392 ㎡焼失、損害 339,900 千円
昭和 46 年 11 月 11 日
午前 0 時 45 分頃、新城字平岡の木工団地内木工所から出火し、工場等を
6 棟全半焼、2,570 ㎡焼失、損害 107,290 千円
- 48 -
第1章 総 則
第8節 災害の記録
昭和 46 年 12 月 25 日
午前 2 時 45 分頃、港町二丁目貨物自動車集配センター事務所の休憩室か
ら出火し、センター、住宅4棟が全半焼、1,270 ㎡焼失、損害 25,754 千円
昭和 48 年 4 月
【浪岡地区】
北中野地区、全焼 6 棟、半焼 1 棟
昭和 51 年 8 月 17 日
午後 4 時 28 分頃、沖館字小浜製材所工場内ののこぎり屑集積所から出火
し、製材工場 1 棟全焼、1,640 ㎡焼失、損害 116,978 千円
昭和 53 年 10 月 19 日
午前 4 時 50 分頃、羽白字池上、青森市立油川中学校の音楽室前の廊下付近
から出火し、体育館付校舎 1 棟全焼、3,830 ㎡焼失、損害 67,352 千円
昭和 57 年 7 月 2 日
午前 1 時 57 分頃、新城字平岡木工団地内の集成材工場内から出火し、工
場 2 棟全半焼、1,336 ㎡焼失、損害 177,625 千円
昭和 60 年 8 月 27 日
午前 0 時 32 分頃、雲谷字山吹の店舗付旅館1階調理場から出火し、同棟
497 ㎡全焼、り災世帯 2 世帯、宿泊客 7 名がり災、損害 14,374 千円
昭和 63 年 4 月 8 日
午後 1 時 10 分覚知、千刈二丁目、木造 2 階建倉庫から出火し、同棟を全
焼し、隣接の木造モルタル 2 階建共同住宅及び木造 2 階建事務所付作業場の
2 棟を半焼したほか、木造モルタル 2 階建共同住宅 1 棟を部分焼、敷地に駐
車中の乗用車 2 台を焼損した。
焼損面積 322 ㎡、損害額 6,952 千円
昭和 63 年 7 月 23 日
午前 4 時 27 分頃、松森字佃、青森市立佃中学校(耐火構造 3 階建)の 2
階理科準備室から出火、同準備室及び廊下を含めて 81 ㎡焼損した。なお、
土曜日で生徒は退校しており負傷者はなかった。
損害額 11,587 千円
平成元年 4 月 26 日
午前 1 時 47 分頃、松森一丁目、木造平屋建トタン葺の住宅から出火、火
元棟を含む住宅 3 棟と共同住宅 1 棟、物置の 5 棟全焼、住宅 1 棟半焼、さら
に住宅 3 棟が部分焼し、延べ 655 ㎡を焼損、28 名がり災したほか、火元建
物で居住者以外の男性 45 歳(氏名等は後に判明)が焼死した。
損害額 27,751 千円、り災世帯 16 世帯
平成 2 年 3 月 30 日
午後 8 時 10 分頃、新町一丁目、木造モルタル 2 階建トタン葺飲食店舗付
住宅の 2 階から出火、同建物を全焼したほか、北隣接の店舗付住宅へ延焼し、
同建物を合わせて 420 ㎡、2 棟を全焼し、全車出動となった。
損害額 43,165 千円、り災世帯 2 世帯
平成 2 年 5 月 21 日
午前 0 時 50 分頃、八重田字矢作、木造モルタル 2 階建トタン葺住宅 1 階
台所から出火、同棟 98 ㎡を全焼したほか、隣接住宅に延焼し、2 棟全焼、1
棟部分焼、延べ 296 ㎡を焼損、駐車していた乗用車等 2 台も焼破損した。さ
らに住宅 6 棟(うち 1 棟は空家)と物置 3 棟が窓ガラス破損したほか、備品
等一部焼損溶解し、応急消火義務者の男 62 歳が火傷(火傷程度 3 度・重症
入院)を負った。
損害額 28,935 千円、り災世帯 9 世帯
平成 3 年 1 月 31 日
午前 9 時 15 分頃、新城字山田、木造モルタル 2 階建トタン葺の住宅 1 階
台所から出火、同棟を全焼したほか、同敷地内の車庫全焼、隣接住宅に延焼
し、住宅 1 棟半焼、住宅 1 棟部分焼、焼損面積 197 ㎡、損害額 23,748 千円
- 49 -
第1章 総 則
第8節 災害の記録
平成 3 年 10 月 9 日
午後 11 時 48 分頃、篠田三丁目、木造一部 2 階建トタン葺車庫兼物置 1 階
車庫から出火、同棟を全焼、隣接の住宅 2 棟全焼、車庫 1 棟全焼、共同住宅
1 棟部分焼、住宅 2 棟部分焼、専門学校 1 棟部分焼、乗用車 1 台焼損、焼損
面積 543 ㎡、損害額 11,913 千円
平成 4 年 8 月 15 日
午後 2 時 26 分頃、三内字沢部、木造モルタル一部 2 階建トタン葺の住宅
付車庫 1 棟を全焼した他、同敷地内、木造モルタル 2 階建、トタン葺の資材
置場 1 棟を全焼、同敷地内、プレハブ 1 棟を全焼、車両 4 台全焼、2 台部分
焼、焼損面積 2,036 ㎡、損害額 51,541 千円
平成 5 年 4 月 1 日
午前 9 時 9 分頃、橋本三丁目、木造平屋建トタン葺の住宅 1 階居間から出
火、同棟 59 ㎡を全焼し、東側隣接住宅、物置及び北側隣接物置 3 棟を全焼、
西側隣接住宅 1 棟半焼、
南側隣接住宅及び東側隣接住宅 2 棟が部分焼となり、
火元建物の女 77 才が焼死した。
焼損面積 227 ㎡、損害額 7,368 千円、原因はローソク
平成 5 年 5 月 17 日
午後 1 時 57 分頃、大野字金沢、木造モルタル一部 2 階建トタン葺の住宅
1 階台所から出火、同棟 157 ㎡を全焼し、北側隣接倉庫 1 棟、東側隣接共同
住宅及び倉庫 2 棟、南側住宅及び共同住宅 2 棟が部分焼となった。
焼損面積 167 ㎡、損害額 6,345 千円、原因はガスコンロの消し忘れにより
天ぷら鍋に火が入ったもの。
(全車出動火災)
平成 5 年 5 月 19 日
午後 0 時 20 分頃、本町一丁目、木造モルタル2階建トタン葺の貸駐車場
及び遊戯場付住宅1階駐車場階段下付近から出火、同棟 355 ㎡を半焼した。
焼損面積 355 ㎡、損害額 92,457 千円、原因不明(全車出動火災)
平成 6 年 2 月 10 日
午後 1 時 18 分頃、荒川字筒井、木造一部下見板モルタル一部 2 階建トタ
ン葺住宅 1 階車庫から出火、同棟 302 ㎡を全焼し、東側及び西側隣接住宅 2
棟、西側隣接物置 1 棟が部分焼となった。
焼損面積 302 ㎡、損害額 10,469 千円、原因は薪ストーブの取灰の不始末。
平成 6 年 3 月 25 日
午前 4 時 53 分頃、本町五丁目、木造モルタル一部 2 階建トタン葺飲食店舗
2 階店舗内から出火し、同店舗を半焼した。
焼損面積 220 ㎡、損害額 40,067 千円、原因不明
平成 6 年 5 月 2 日
午後 7 時 26 分頃、大野字片岡、木造モルタル一部 2 階建トタン葺住宅 1
階台所から出火、同棟を全焼し、東側及び西側隣接住宅 2 棟が部分焼となっ
た。
焼損面積 121 ㎡、損害額 12,549 千円、原因はガスコンロの消し忘れによ
り天ぷら鍋に火が入ったもの。(全車出動火災)
平成 7 年 8 月 21 日
午後 6 時 31 分頃、新城字平岡、鉄筋コンクリート造一部 2 階建特殊浴場
2 階遊戯場から出火、同棟を部分焼した。
焼損面積 455 ㎡、損害額 85,202 千円、原因不明
平成 9 年 11 月 24 日
午前 10 時 25 分頃、旭町一丁目、木造モルタル 2 階建トタン葺住宅 2 階子
供部屋から出火し、同棟を全焼、北側隣接住宅 1 棟全焼、1 棟がぼやとなっ
た。
焼損面積 345 ㎡、損害額 42,850 千円、原因 石油ストーブ
平成 10 年 11 月 8 日
午前 0 時 38 分頃、中央一丁目、木造板張一部 2 階建空き家から出火し、
- 50 -
第1章 総 則
第8節 災害の記録
同棟を全焼し、住宅 1 棟、食料品店 1 棟全焼、住宅 1 棟半焼、2 棟がぼやと
なった。
焼損面積 1,041 ㎡、損害額 93,688 千円、原因 放火
平成 11 年 7 月 14 日
午後 2 時 6 分頃、造道一丁目、木造板張平屋建トタン葺木材乾燥場から出
火し、同棟を全焼、隣接建物 2 棟を全焼した。
焼損面積 506 ㎡、損害額 50,191 千円、原因 屋内配線
平成 13 年 1 月 25 日
午前 3 時 35 分頃、南佃二丁目、木造不燃材張 2 階建、事務所兼倉庫から
出火し、同棟を全焼、隣接工場兼事務所 1 棟半焼、レストラン 1 棟がぼやと
なった。
焼損面積 669 ㎡、損害額 36,476 千円、原因 不明
平成 13 年 3 月 31 日
午前 0 時 10 分頃、奥野三丁目、木造平屋建物置から出火し、同棟を全焼、
隣接の物置、住宅等 2 棟全焼、2 棟半焼し、焼死者 2 名が発生した。
焼損面積 566 ㎡、損害額 29,000 千円、原因 不明
平成 15 年 9 月 23 日
午後 11 時 18 分頃、港町三丁目、木造モルタル 2 階建飲食店舗から出火し、
同建物を全焼、隣接の倉庫 1 棟全焼、住宅 1 棟半焼、住宅 1 棟部分焼、住宅
5 棟がぼやとなった。
焼損面積 1,969 ㎡、損害額 1,374,587 千円(第3出動火災)
平成 18 年 10 月 16 日
午後 6 時 43 分頃、久須志三丁目、木造モルタル 2 階建住宅付工場から出
火し、同建物を全焼、隣接する住宅 1 棟半焼、共同住宅 3 棟部分焼、共同住
宅 1 棟及び社員寮 1 棟ぼや、焼損面積 660 ㎡、損害額 33,332 千円(第 3 出
動火災)
平成 19 年 1 月 8 日
午前 9 時 47 分頃、浪館前田三丁目、木造モルタル 2 階建住宅 1 階から出
火、同建物を全焼、隣接する物置 1 棟全焼、住宅 1 棟及び車庫 1 棟部分焼、
住宅 1 棟及び共同住宅 1 棟ぼや、車両 2 台焼損、焼損面積 216 ㎡、損害金
15,217 千円(第 3 出動火災)
平成 19 年 4 月 29 日
午後 2 時 22 分頃、駒込字月見野、木造モルタル一部 2 階建住宅から出火
し、同建物を全焼、隣接する倉庫 2 棟全焼、住宅 1 棟及び車庫 1 棟ぼや、焼
損面積 888 ㎡、損害金 18,974 千円(第 3 出動火災)
平成 19 年 12 月 12 日
午後 6 時 28 分頃、浅虫字蛍谷、木造モルタル 2 階建店舗併用住宅 1 階か
ら出火、同建物を全焼、隣接する店舗併用住宅 1 棟部分焼、観光バス 1 台が
焼損、焼損面積 227 ㎡、損害金 9,053 千円、
(第 3 出動火災)
平成 19 年 12 月 13 日
午前 4 時 24 分、旭町一丁目、木造一部 2 階建住宅 1 階から出火し、同建
物を全焼、隣接する住宅 1 棟及び共同住宅 1 棟半焼、住宅 3 棟部分焼、住宅
2 棟ぼや、焼損面積 309 ㎡、損害額 17,574 千円(第 3 出動火災)
平成 20 年 8 月 23 日
午後 1 時 33 分頃、浪岡大字北中野北畠、準耐火造 2 階建倉庫 1 階から出
火し、同建物を全焼、焼損面積 11,082 ㎡、損害額 1,161,158 千円(第 3 出
動火災)
平成 21 年 8 月 19 日
午後 6 時 45 分頃、横内字亀井、木造サイディング張り 2 階建住宅 1 階か
ら出火し、同建物を全焼、隣接する住宅 1 棟半焼、1 棟ぼや、焼死者 1 名(男
58 歳)
、焼損面積 374 ㎡、損害額 4,326 千円、
(第 3 出動火災)
- 51 -
第1章 総 則
第8節 災害の記録
平成 22 年 7 月 5 日
午前 1 時 20 分頃、浅虫字山下、木造 2 階建物置小屋から出火し、同建物
を全焼、隣接する住宅 1 棟全焼、住宅 1 棟寺院 1 棟及び車庫 1 棟を部分焼、
焼損面積 252 ㎡、損害金 4,493 千円(第 3 出動火災)
平成 23 年 1 月 12 日
午後 1 時 55 分頃、大野字前田、木造サイディリング張り 2 階建共同住宅
から出火し、同建物を部分焼、死者 1 名、焼損面積 59 ㎡、損害額 740 千円
(第 3 出動火災)
平成 24 年 10 月 17 日
午後 1 時 28 分頃、原別六丁目、木造モルタル 2 階建倉庫 1 階から出火し、
同建物を全焼、隣接する住宅兼事務所 1 棟、空き家 1 棟及び物置 2 棟全焼、
住宅 2 棟及び物置 1 棟部分焼、
物置 3 棟ぼや、焼損面積 993 ㎡、
損害額 21,490
千円(第 3 出動火災)
平成 24 年 11 月 20 日
午後 0 時 27 分頃、石江字平山、木造鋼板張り一部 2 階建住宅 1 階から出
火し、同建物を全焼、隣接する住宅 2 棟部分焼、焼損面積 174 ㎡、損害額
8,004 千円(第 3 出動火災)
2.林野火災
青森市の近年における主な林野火災の発生状況は、次のとおりである。
火災発生年月日
状
況
等
昭和 44 年 7 月 15 日
午後 1 時 40 分頃、瀬戸子山国有林内から出火し、国有林野 2,000a焼失、
損害額 7,274 千円
昭和 44 年 7 月
【浪岡地区】
王余魚沢 原野 7ha
昭和 45 年 5 月 30 日
午前 11 時 30 分頃、岩渡字熊沢私有林から出火し、林野 1,700a焼失、損
害額 1,375 千円
昭和 46 年 5 月 20 日
午前 11 時 30 分頃、高田朝日山私有林から出火し、林野 7,300a焼失、6
時間後に鎮火した。損害額 4,200 千円
昭和 62 年 5 月 10 日
午前 9 時 8 分頃、岩渡字熊沢 29、民有林地内から出火し、林野 2,000a焼
失、損害額 40,893 千円
平成 9 年 4 月 28 日
午前 10 時 58 分頃、戸山字赤坂、戸山団地東側砥取山山麓から出火し、林
野 2,053a焼失、損害額 22,705 千円
- 52 -
第1章 総 則
第8節 災害の記録
[参考]
年度
火災件数
延焼面積
備考
平成 15 年度
3件
約 71,000 ㎡
平成 16 年度
0件
0㎡
平成 17 年度
1件
約 48,000 ㎡
平成 18 年度
1件
約 1,000 ㎡
平成 19 年度
4件
約 214,000 ㎡
平成 20 年度
7件
約 141,000 ㎡
平成 21 年度
2件
約 194,000 ㎡
平成 22 年度
1件
約 40,000 ㎡
平成 23 年度
0件
0㎡
平成 24 年度
5件
約 285,000 ㎡
第5.地
震
青森市における近年の主な地震災害は、次のとおりである。
十勝沖地震
ア.地震の規模
昭和 43 年 5 月 16 日午前 9 時、青森地方気象台の地震計は、ややゆるやかな振動を記録し始め、
約 30 秒後に強い横揺れとなり、ついに震度 5(M7.9)を記録した。青森市において震度 5 は昭
和元年以来初めての記録である。
全国の地震観測網によって気象庁が観測した震源地は北緯 40.7 度、東経 143.7 度で、八戸市
の東方約 180 ㎞の地点、震源の深さは約 0 ㎞と推定された。
イ.被害の状況
県内全域(主として青森市、下北郡、上北郡に集中)の被害総額は約 470 億円に達し、死者 46
名、行方不明 2 名、負傷者 671 名、全壊 911 棟、半壊 4,851 棟、一部破損 47,961 棟のほか、火
災の発生、交通の途絶、電信電話の不通、水道の断水など甚大な被害を受けた。
青森市においても死傷者 59 名、住家被害 2,250 棟、非住家被害 362 箇所及び公共施設、各種
産業施設に被害が発生し、総額 34 億円にのぼる莫大な被害を出すに至った。
・死
者
・重軽傷者
・住家全壊(焼)
・住家半壊(焼)
・住家一部破損
・非住家一部破損
・公共施設関係
・市民及び各種産業関係
計
5名
54 名
5 世帯
888 世帯
1,357 世帯
362 箇所
1,307,787 千円
2,179,210 千円
3,486,997 千円
ウ.応急対策
この震災で青森市のほか 12 市町村に災害救助法が適用され、農林水産中小企業の一部には激
- 53 -
第1章 総 則
第8節 災害の記録
甚法が適用となった。特に青森市の場合は、上水道施設が壊滅的打撃を受けたため、総力をあげ
て水道復旧に当たった。市内の 4 割に給水している横内浄水場では、水源地から浄水場までの導
水管 20 箇所、沈澱池 2 箇所、ろ過池 4 箇所、配水池 2 箇所、市内までの送水管 160 箇所、市内
の配水支管 230 箇所が寸断された。このため青森市では、配水管の復旧工事に全力をあげ、自衛
隊、消防団、建設省、県、弘前市、秋田市、仙台市などの応援を得て、16 日から 22 日まで市中
央部の 26,000 世帯、約 106,000 人に対し精力的な運搬給水を行った。
【浪岡地区】
住家半壊 2 世帯、非住家 10 棟
日本海中部地震
ア.地震の規模
昭和 58 年 5 月 26 日午後零時頃、県内全域に強い地震が観測された。
震源地は秋田沖の日本海中部で、震源の深さは 14 ㎞の地点、地震の規模はM7.7 を記録したが、
青森市においても震度 4 の中震を記録した。
イ.被害の状況
この地震で日本海沿岸一帯を津波が襲ったこともあり、死者 17 名、負傷者 25 名、全壊 447 棟、
半壊 865 棟、一部破損 3,018 棟、床上浸水 62 棟、床下浸水 152 棟などの被害を受けた。
青森市においては、幸い人身事故はなかったものの道路の決壊、河川の護岸決壊、小・中学校
の外壁亀裂、水道配水管の破損などを始め、卸小売業の商品損傷や店舗の破損などの被害を受け
た。また、青森県内の鉄道が地震とともに全面ストップしたほか、東北本線も一時不通となった。
・公共施設関係
・土木被害(17 ケ所)
・農業施設被害(25 ケ所)
・漁港施設被害(10 ケ所)
・上水道施設被害(10 ケ所)
・教育施設被害(81 ケ所)
・民間被害関係
505,000 千円
79,046 千円
133,200 千円
173,800 千円
7,212 千円
111,345 千円
594,130 千円
ウ.応急対策
地震発生後、直ちに青森市地域防災計画に定める動員配備基準に従い予想される事態に対処す
べく第一配備体制をとり、災害情報の収集に努め、被害状況に応じた応急処置に当たった。
また、津波警報が発表されたため青森市では警戒態勢に入り、青森港管理事務所を通じて潮位
の把握、堤川の水位の測定、海岸地帯への消防団の配置及び万一の避難命令に対処するための広
報車の配置等の措置をとった。その後、満潮時(午後 3 時 15 分)を過ぎ徐々に潮位、堤川の水
位は減少し、体制は解除された。
【浪岡地区】
浪岡地区においては、震度 5(浪岡ダム測定)を記録し、重傷者 2 名、軽傷者 1 名、住家全壊 3
棟、半壊 16 棟、一部破損 201 棟等甚大な被害を受けた。
・り災世帯数
・り災害者数
・被害総額
510 世帯
2,015 人
2,141,200 千円
- 54 -
第1章 総 則
第8節 災害の記録
北海道南西沖地震
ア.地震の規模
平成 5 年 7 月 12 日午後 10 時 17 分、北海道南西沖を震源とするM7.8 の地震が発生し、青森市
においても震度 4(中震)を記録した。
震源地は北緯 42 度 8 分、東経 139 度 4 分で震源の深さは 35 ㎞と推定された。
イ.被害の状況
北海道奥尻島を中心に大津波、家屋の損壊・浸水、家屋の焼失、道路の損壊、船舶の被害等に
より、多数の死傷者、行方不明者が発生する甚大な被害を受けた。
青森市においては、幸い人身事故等もなく被害は軽微であった。
・医療施設被害(外壁タイル一部はく離等)
・商工関係被害(商品等の落下)
・文教関係被害(ガラス等の破損)
計
1,913 千円
12,570 千円
738 千円
15,221 千円
ウ.応急対策
地震発生後、直ちに青森市地域防災計画に定める動員配備基準に従い予想される事態に対処す
べく態勢をとり、防災関係機関、庁内関係各部(課)と連絡をとりながら情報収集に努めた。
また、津波警報が発令されたため、消防本部、消防団では津波警戒態勢に入り海面監視を行っ
たが、特に異常は認められず態勢は解除された。
三陸はるか沖地震
ア.地震の規模
平成 6 年 12 月 28 日午後9時 19 分頃、三陸はるか沖のごく浅いところを震源とするM7.5 の地
震が発生し、八戸市で震度 6、青森市、むつ市、盛岡市においても震度 5(強震)を観測したほか、
北海道から中部にかけての広い範囲で有感となった。
震源地は、北緯 40 度 27 分、東経 143 度 43 分である。
イ.被害の状況
八戸市を中心に県南では多数の死傷者、家屋の全壊・損壊、道路、港湾施設、上下水道をはじ
めライフラインに甚大な被害を受けた。
青森市においては、清掃工場の煙突破損、水路トンネル内壁部分崩壊、小中学校の外壁亀裂、
水道排水管の破損等をはじめ、卸小売業の商品落下による商品損傷や店舗等の破損などの被害を
受けた。
また、市内一部での一時停電(500 戸)と、JR東北本線が不通となり野辺地∼八戸間がバス
代行となった。
・軽傷者
・公共施設被害
・公共文教施設被害
・農林水産業施設被害
・その他公共施設被害
・民間被害関係
計
4名
331,829 千円
25,630 千円
119,588 千円
186,611 千円
236,822 千円
568,651 千円
ウ.応急対策
地震発生後、直ちに青森市地域防災計画に定める動員配備基準に従い予想される事態に対処す
- 55 -
第1章 総 則
第8節 災害の記録
べく態勢をとり、防災関係機関、庁内関係各部(課)と連絡をとりながら情報収集に努めた。
なお、甚大な被害を受けた八戸市に対し、水道部職員 9 名、給水タンク車 3 台を地震発生の翌
日、災害復旧要員として派遣した。
東日本大震災
ア.地震の規模
平成 23 年 3 月 11 日午後 2 時 46 分、三陸沖を震源とするマグニチュード 9.0 の地震が発生し、
宮城県栗原市で震度 7、宮城県・福島県・茨城県・栃木県の 4 県 37 市町村で震度 6 強を観測した
ほか、東日本を中心に北海道から九州地方にかけての広い範囲で震度 6 弱∼1 を観測した。
震源地:北緯 38 度 06.2 分 東経 142 度 51.6 分 深さ 24km
イ.被害の状況
この地震により、東北地方から関東地方にかけての太平洋沿岸で非常に高い津波を観測し、各
地で甚大な被害が発生した。
青森市では人的被害はなく、建物被害も軽微であったが、地震発生直後より市内全域で停電と
なり、全域の復旧は翌日 18 時頃であった。県内では県南を中心に多数の人的被害、建物被害が
発生した。
ウ.応急対策
地震発生後直ちに警戒配備体制を整え、災害に関する情報収集に努め、陸奥湾を対象に津波注
意報が発表されたことから、陸奥湾沿岸部の地域(31,118 世帯)に対し避難勧告を発令。津波注
意報が津波警報に切り替えられたことから、災害に対する警戒を強化するため警戒対策本部を設
置し、この間の情報収集の中で、津波による影響や停電が長期化することが予想されたことから
さらに警戒を強めるために災害対策連絡本部に切替し、市の体制を非常配備体制の 3 号配備(全
職員配備要員)により応急対策を実施した。また、避難勧告を避難指示に切替え、これらに対応
するための避難所として 26 箇所を開設、避難者は最大で 1,610 名にのぼった。
第6.津
波
青森市内は、地形的に下北半島、八甲田山系、津軽半島に囲まれた波静かな陸奥湾に面して
いることなどから、直接、震源域が海岸に面している太平洋岸や日本海岸の地域に比べ、比較
的津波の影響は少なく、これまでに大きな被害を受けていない。
第7.その他
八甲田山自衛隊員死亡事故
平成 9 年 7 月 12 日、八甲田山田代平において、陸上自衛隊のレンジャー訓練中、隊員が誤って
窪地(通称「ガス穴」
)に転落し、二酸化炭素中毒で 12 名が病院に収容され、うち 3 名が死亡する
事故が発生した。
事故後、青森県は事故の発生原因を究明し、事故再発の予防対策に資することを目的として、国
の協力を得て学識専門家による「八甲田山火山ガス調査専門委員会」を設置し、平成 10 年度から
11 年度にかけて詳細な調査・研究を行った。
この調査専門委員会の調査結果に基づき、青森市は平成 12 年度において、窪地内への火山性二
- 56 -
第1章 総 則
第8節 災害の記録
酸化炭素の滞留を防止するため、窪地及び周辺の樹木の刈り払いを行うとともに、立ち入り禁止の
ための防護柵を設置し、定期的に巡視、点検、安全管理作業を行いながら、事故の再発防止に努め
ている。
八甲田登山道付近における遭難事故
平成 22 年 6 月20日早朝、酸ヶ湯温泉から仙人岱へと通じる登山道から外れた場所において、
タケノコ取りのために入山した 7 名のグループのうち、硫化水素ガスにより、女子中学生 1 名が死
亡、男女 3 人が病院へ搬送された。
事故後、国・県・市等の関係機関による連絡会議を設け、原因調査を行うとともに、調査結果を
踏まえ、再発防止のための注意喚起看板の設置等を行っている。
不発弾処理
ア.発見日時 昭和 56 年 4 月 6 日
午前 9 時 50 分
イ.発見場所 青森市大字野内字浦島 16 番地 シェル石油㈱青森油槽所敷地内
ウ.発見爆弾 米国製 500 ポンド爆弾(250 ㎏程度)
、長さ約 1.25m、直径 30 ㎝
エ.発見時の状況
4 月 6 日シェル石油青森油槽所内において石油タンク 2 基を埋設するための地盤改良中、地下
約 3.5 メートルのところから前記爆発物を発見、パワーショベルで地上に揚げた後その周りを土
のうで固めた状態に置き、処理方法を検討することとした。
オ.処理対策
不発弾発見と同時に各関係機関を招集して、不発弾処理対策会議を開催し、今後の処理対策を
検討したが、自衛隊が爆弾処理作業を実施する際に爆発の危険性があるため、青森市では対策本
部を設置し、市民の避難対策に当たることとした。
4 月 23 日処理作業当日 8 時 30 分から市民の避難を開始し、各関係機関の作業準備完了後、予
定通り 10 時に作業が始まり、約 6 時間 30 分の長時間の作業後、無事、爆弾を処理した。
カ.主な対策事項
(ア)4 月 15 日、青森市において「野内浦島不発弾処理対策本部」を設置
(イ)不発弾の処理作業は、爆弾の移動が危険なため、現場で信管を抜き取ることとした。
(ウ)爆発の危険があるため、爆弾の周りを土のうで固め、同時に油槽から油を抜くこととした。
(エ)半径 1.2km の市民(対象世帯 690 世帯、人員 2,260 名)を避難場所(久栗坂小学校、宮田小
学校、原別小学校)にそれぞれ避難させることとした。
(オ)処理作業時間帯は、バス、車両及び鉄道、船舶の安全のため、陸上と海上の交通規制を行う
こととした。
キ.対策費(青森市分)
市民避難対策費用
5,296 千円
ク.補償問題
青森市に対して、シェル石油㈱及び三井液化ガス㈱から爆弾処理経費について補償の要望があ
ったが、責任の所在が明らかでないことから補償はできないこととしたが、昭和 56 年 11 月 30
日、シェル石油㈱代表取締役より費用償還の請求の訴状が出され、法廷で争うことになった。
しかし、昭和 59 年 12 月 27 日に至ってシェル石油㈱側は訴えを取り下げている。
- 57 -
第1章 総 則
第9節 青森市の地震環境
第9節
青森市の地震環境
第1.青森市の地震災害履歴
青森市の位置する東北日本においては、三陸などの太平洋側で規模の大きい地震が歴史的に
繰り返されてきたほか、近年では日本海側でも大きい地震が相次いで発生している。しかし、
青森市では太平洋側や日本海側の地域に比較すると、これらの地震によって甚大な被害は受け
ていない。
国土交通省では、建築物の保持すべき耐震性を求めるために、地域ごとにどれだけの大きさ
の地震には耐えられるような建物にしなければいけないかということを、地域係数という形で
示している。これは、地域ごとに大きい地震動の発生する確率から定められたものであるが、
これによると、青森市が地震によって被害を受ける危険性は、およそ国内では平均的なランク
にあるということがわかる。
青森市は、近年では、1994 年 12 月 28 日「三陸はるか沖地震」
、1968 年5月 16 日「十勝沖
地震」によって、震度5を経験している。また、過去には、1763 年の八戸沖の地震及び 1766
年の津軽内陸の地震によって、震度6を経験したのではないかと推測されている。
歴史上に伝えられている史料から過去の地震についてまとめると、青森市では、最近約 300
年の間に震度5と推定される揺れを6回、また、震度6と推定される揺れを2回ほど経験して
いる。これらから、青森市では、震度5程度の揺れはおよそ 50 年に1回、震度6程度の揺れ
は 200 年程度に1回起こる確率となる。
第2.青森市周辺の活構造
1.青森市周辺の地震環境
青森市を含む東北地方北部における比較的規模の大きい地震の発生する場所は、大きく3
つに分類することができる。一つは太平洋側、一つは日本海側、そしてもう一つは内陸であ
る。
気象庁のデータに基づく、近年における青森市周辺の地震の発生状況から、地震の震源の
深さ及び規模の分布を見るために、青森市付近の断面を東西方向の線で鉛直に開いて震源分
布を見たものが「青森市付近震源分布垂直断面図」である。
青森市付近の地震の発生分布を見ると、太平洋側においては、日本海溝で浅い地震が発生
し、そこから内陸の深部へ向かって地震の発生が集中している帯が見られる。これが太平洋
側の主な地震の発生域である。一方、日本海においては、浅い地震の集中域が見られる。こ
れが日本海側の主な地震の発生域である。両者に挟まれた内陸部には、顕著な地震発生の集
中域は見られない。
太平洋側においては、日本海溝から東北日本の陸地の下へ向かって潜り込むプレートの境
- 58 -
第1章 総 則
第9節 青森市の地震環境
界部がある。この潜り込んで行くプレートは、「太平洋プレート」と呼ばれるものであり、
年間約8cm の速さで東南東から西北西へ移動している。このプレートの運動によって、境界
部の岩盤にひずみが蓄積され、それが地震という形で開放される。このため、太平洋側では、
しばしば巨大な地震が繰り返されてきている。
なお、日本海側で発生する浅い地震については、現時点では、そのメカニズムはよく解明
されてはいないが、大平洋側と同様にプレートの境界で発生しているという説もある。大規
模な地震の発生頻度は、太平洋側と比較すると小さいものの、近年繰り返し大規模な地震を
発生させている。
また、内陸で発生する比較的規模の大きい地震は、主に活断層によるものと考えられる。
東北日本においては、潜り込んでいく太平洋プレートの運動のため、東西方向に圧縮される
力が働き、その影響で南北方向に伸びている活断層が多く分布している。これらの断層が地
震を発生させる間隔は数千年とかなり長いものであり、被害をおこすような地震が発生する
確率は太平洋側や日本海側で発生する地震に比較して極めて小さい。しかし、都市の直下あ
るいはその周辺で発生する可能性があるため、大きい被害を局所的に発生させる危険性があ
る。
【東北地方北部で発生する地震発生場所の特徴】
特性
太平洋側
発生
場所
プレート境界又はその付近
発生
間隔
地震
規模
被害
範囲
一つの震源域において、30
年程度の間隔で繰り返し地
震が発生する。青森市では
2、3年に1度の間隔で震
度4以上の揺れを受ける。
M8レベルの巨大なものま
で発生する。
広範囲に及ぶ。
津波を伴うことがある。
日本海側
内陸
プレート境界(※)
活断層
一つの震源域において、大
きい地震が発生する間隔は
百年程度∼数百年と考えら
れる。
一つの断層において、大きい地
震が発生する間隔は数千年∼
1万年程度と考えられる。
M7∼8
M7レベル
広範囲に及ぶことがある。
津波を伴うことがある。
局所的
(注) 日本海中部地震や北海道南西沖地震を発生させた日本海東縁にプレート境界があるという説があるが、
確かではない。
- 59 -
第1章 総 則
第9節 青森市の地震環境
【青森市付近震源分布垂直断面図】
(1975 年 5 月∼1995 年 4 月)
(総理府地震調査班研究推進本部地震調査委員会編、1999)
2.太平洋側の地震
東北地方の太平洋側沖合は、日本付近で最も地震活動が活発なエリアのひとつである。青
森県の沖合においては、1968 年の十勝沖地震(M7.9)や 1994 年の三陸はるか沖地震(M7.5)
が発生しており、青森市にも少なからぬ被害を及ぼした。
先述のように、この地域で起こる地震は、日本海溝において東北日本の直下に潜り込んで
くる太平洋プレートの運動によって、プレートの境界付近で起こるものであるが、その震源
域は沖合の日本海溝付近にのみ存在するものではなく、青森県域の直下までプレート境界に
沿って広がることがある。
青森市では、太平洋側で起きる地震によって2、3年に一度の頻度で震度4以上の揺れを
受けており、1968 年の十勝沖地震や 1994 年の三陸はるか沖地震では震度5の揺れを受けて
いる。
このように太平洋側は青森市において、最も被害を受ける可能性の高い地震発生域である
が、青森市域に壊滅的な被害を発生させるものではない。
なお、太平洋側で起きるこのような規模の大きい地震では、しばしば津波が発生している
が、青森市は下北半島が自然の防波堤の役割を果たしており、市内で津波の被害が生じた記
録はない。
3.日本海側の地震
日本海東縁部では、1983 年の日本海中部地震(M7.7)
、1993 年の北海道南西沖地震(M7.8)
- 60 -
第1章 総 則
第9節 青森市の地震環境
などの規模の大きい地震が発生しており、青森市においても、これらの地震によって被害が
発生している。
日本海東縁部は、1964 年の新潟地震(M7.5)を発生させた新潟沖から、1940 年の積丹半
島沖地震(M7.5)を発生させた北海道西部にかけて、規模の大きい地震が南北に並ぶように
発生することが歴史的資料によってわかっている。このため日本海東縁部は、プレート境界
又はプレート境界が発生している途中であるという説もある。
日本海東縁部で発生する規模の大きい地震は、ほとんどの場合、津波を発生させ、日本海
沿岸の地域に被害をもたらすが、青森市においては、津軽半島が自然の防波堤の役割を果た
すため、津波による被害を記録したことはない(1741 年の渡島大島噴火による大津波は、こ
のタイプの地震とは異なる)
。
日本海東縁部で発生する規模の大きい地震は、太平洋側で発生する地震に比較して発生頻
度が1桁以上小さい。また、青森市域では、このエリアで発生する地震によって生じる被害
は、太平洋側で発生する地震に比べて軽微なものとなっている。
4.内陸で発生する地震
過去に青森市に最も大きい被害をもたらした内陸型の地震は、1766 年の津軽地域の地震
(M71/4 程度)である。この地震は、浪岡地域付近から北北西へのびる津軽山地西縁断層帯と
呼ばれる活断層の活動によって生じた可能性があるとされている。活断層とは、第四紀(約
200 万年前∼現在)に活動した、あるいは活動したことが推定される断層で、今後も活動す
る可能性のあるものをいう。
このような活断層で発生する地震の頻度は極めて低い。特に、東北日本における活断層の
活動度は、数千年から1万年に一度程度の活動度である。したがって、青森市に被害を発生
させるような活断層の活動する確率は小さい。しかし、青森市直下あるいは近傍で地震が発
生した場合には、甚大な被害を発生させる可能性が高いものである。
青森市周辺には、先述の津軽山地西縁断層帯のほかに、入内断層を含む青森湾西岸断層帯
がある。青森湾西岸断層帯は、青森県(1999)によって詳細に調査が行われたが、以下にそ
の調査結果の概要を示す。
これによれば、入内断層は過去にも大きい地震を発生させたことが確認され、三内丸山遺
跡の液状化痕が入内断層の活動で発生したものであると推定すると、3,500 年前から 3,800
年前の間に規模の大きい地震を発生させている可能性がある。地震の発生間隔は 4,500∼
5,000 年である可能性が高い(ただし 7,000∼10,000 年とも考えられる。
)と推定され、これ
から考えると、このような間隔で規則的に地震発生が繰り返すものと仮定すると、次の活動
は 1,000 年以降と考えられ、極めて切迫した危険性が高いものではない。しかし、地震は規
則的に発生するものではなく、近い将来発生する可能性も考えられるため、注意を要する。
なお、入内断層は、青森市入内から沖館付近を通り、さらに陸奥湾の海底へ伸びている可
能性があることが判明したが、入内断層とともに青森湾西岸断層帯を構成する青森湾西断層
は、過去の地震履歴及び今後の地震を発生させる危険性については確認されなかった。
- 61 -
第1章 総 則
第9節 青森市の地震環境
【入内断層の活動調査結果】
項
目
調
査 結
果
備
考
断 層 の 長 さ
約 15km
(15km 以上の可能性がある。)
入内∼細越∼沖館
(∼青森湾海底)
断層の延びの方向
南北
青森湾では南南西-北北東と推
測される。
断
型
西側隆起の逆断層
横ずれ成分については不明
期
4,500∼5,000 年程度の可能性が高い。
(約 12,000∼13,000 年前の地層が堆積した
以降に3回の活動があったと考えた場合)
約 12,000∼13,000 年前の地層
が堆積した以降に2回の活動
があったと考えた場合には
7,000∼10,000 年の可能性もあ
る。
活
層
動
の
周
最 新 活 動 時 期
3,500 年前から 3,800 年前の間
平 均 変 位 速 度
上下方向
沖館周辺:1,000 年あたり 30∼40cm 程度
小館周辺:1,000 年あたり 80∼90cm 程度
細越周辺:1,000 年あたり 60cm 以上
水平方向
不 明
活動度B級
1 回 の 変 位 量
上下方向
沖館周辺:1.7m
小館周辺:3.6∼4.5m
細越周辺:2.7∼3.0m 以上
水平方向
不 明
活動間隔を 4,500∼5,000 年と
して
地震活動の規模
マグニチュード7∼7.8 程度
水平方向変位なしとして
(青森県,1999)
(注)このほか、岩木山周辺や十和田・八甲田周辺では過去に群発地震が発生したことがある。ただし、いず
れも比較的規模の大きい地震を発生させるものではない。
(資料)
○
青森市被害地震一覧
(資料・様式編/資料6)
- 62 -
第1章 総 則
第 10 節
第10節
風水害等災害の想定
風水害等災害の想定
この計画の作成にあたっては、青森市における地勢、地質、気象等の自然的条件に加え、人
口、都市化の状況、産業の集中等の社会的条件及び過去における風水害等の災害発生状況を勘
案し、発生し得る災害を想定し、これを基礎とした。
この計画の作成の基礎として想定した主な災害は、次のとおりである。
(1)台風による災害
(2)高潮による災害
(3)集中豪雨等異常降雨による災害
(4)豪雪による災害
(5)火山噴火による災害
(6)海上、航空、鉄道、道路、危険物等、大規模な火事、大規模な林野火災による事故災
害
(7)その他の異常な自然現象に伴う災害及び特殊な災害
- 63 -
第1章 総 則
第 11 節
第11節
地震・津波災害の想定
地震・津波災害の想定
第1.災害の想定
この計画の作成にあたっては、青森市における地勢、地質、気象等の自然的条件に加え、人
口、都市化の状況、産業の集中等の社会的条件並びに過去における地震・津波災害発生の状況
及び青森市地震防災アセスメントの調査結果等を勘案し、これを基礎とした。
第2.青森市地震防災アセスメントの調査結果
1.想定地震の設定
青森市に被害を及ぼす地震のタイプは、次のように大きく3つに分類される。
○
太平洋側で発生する地震
○
日本海側で発生する地震
○
青森市周辺の内陸直下で発生する地震
この中で、青森県(1997・1999)の調査結果から、次の地震について被害予測を行うこと
とした。
○
発生頻度が高く、被害も大きくなる可能性のある太平洋側で発生する地震
○
発生頻度はきわめて低いが、発生した場合には甚大な被害を及ぼすこととなる青森市
域直下にある入内断層を震源として発生する地震
なお、日本海側で発生する地震は、青森県(1997)の調査結果から、太平洋側で発生する
地震に比べて発生頻度が低く、被害も軽微なものとなっているため、太平洋側の地震に備え
ることで防災対策は補えるものとして、被害予測は行わなかった。
(1)太平洋側想定地震モデル
太平洋側で発生する地震は、日本海溝においてぶつかり合うプレートで発生する大規模
地震を想定し、その中でも最大規模と考えられるもののひとつである 1968 年の十勝沖地
震の発生場所付近で起こる地震が最も被害が大きくなると考えられる。
そこで、十勝沖地震及び 1994 年の三陸はるか沖地震の断層モデルを参考に、青森県域
で最も被害が大きくなるモデルを下記のとおり考案した。マグニチュードは最大級を想定
し 8.2 とした。
なお、青森県(1997)の調査結果から、この地震により青森港で1m程度の高さの津波
が発生すると予測されている。
- 64 -
第1章 総 則
第 11 節
地震・津波災害の想定
【太平洋側想定地震モデル】
断層線の向き
断層面の傾き
断層面の長さ
断層面の幅
断層上端の深さ
地震規模
NS
20°W
130 ㎞
110 ㎞
d=0 ㎞
M 8.2
N41.5°
断層面の傾き
断層線の向き
断層上端の深さ
断層面の長さ
断層面の幅
(2)入内断層想定地震モデル
青森県が平成9∼10 年度に実施した「青森湾西岸断層帯に関する調査」を参考にし、モ
デルの設定を行った。現在確認されている入内から沖館に至る入内断層の長さ約 15km か
ら地震規模を計算するとマグニチュード 6.8 となる。
また、「青森湾西岸断層帯に関する調査」では、入内断層はさらに青森湾内に沖館沖か
ら北北東方向へ伸びている可能性が指摘されており、断層の長さは 20km 以上になること
も考えられる。
以上から下記のモデルを考案し、地震の規模は、想定した断層の長さからマグニチュー
ド 7.2 とした。
なお、この地震により陸奥湾内に小規模(1m程度)の津波が発生すると予想される。
【入内断層想定地震モデル】
北側断層線の向き 南側断層線の向き 断層 面 の 傾 き 断層 面 の 長 さ
N13°E
N
1°W
45°W
26 ㎞
(片側 13 ㎞)
- 65 -
断層面の幅
断層上端の深さ
地震規模
13 ㎞
d=2 ㎞
M 7.2
第1章 総 則
第 11 節
北側の断層線の向き
断層上端の深さ
地震・津波災害の想定
N40.7°
南側の断層線の向き
断層面の長さ
断層面の幅
断層面の傾き
2.発生時刻等
想定地震が発生する季節、時刻については、地震火災が最も恐れられている季節及び時刻
を想定条件とし、また、風の条件については、そのときの青森地域の一般的な風の条件を当
てはめることとし、下記のとおりとした。
【想定条件】
季
節
冬
時
刻
風の条件
夕刻
(午後6時頃)
4m/秒
3.被害予測結果
太平洋側想定地震及び入内断層想定地震による被害予測は、後記のとおりである。
- 66 -
第1章 総 則
第 11 節
【震度分布・液状化危険度分布予測】
太平洋側地震ケース震度分布図
- 67 -
地震・津波災害の想定
第1章 総 則
第 11 節
入内断層地震ケース震度分布図
- 68 -
地震・津波災害の想定
第1章 総 則
第 11 節
太平洋側地震ケース液状化危険度分布図
- 69 -
地震・津波災害の想定
第1章 総 則
第 11 節
入内断層地震ケース液状化危険度分布図
- 70 -
地震・津波災害の想定
第2章
災害予防計画
災害の発生を未然に防止し、または被害の拡大を防止するために、防災施設の整備、防災に
関する教育訓練等その他災害予防対策について定める。
特に「孤立集落をつくらない」という視点に立ち、災害時において迅速な対応ができるよう
危機管理体制の強化を図るソフト対策とともに、必要なインフラ整備を行うハード対策が一体
となった取組である「防災公共」を推進する。
なお、雪害、火山災害、事故災害については、本章のほか、風水害等対策編第2章で定める
ところによる。
《災害予防計画の構成》
第1部
防災意識の高揚
市民の災害に対する知識の普及と防災意識の高揚を図るため、必要となる対策を定め
る。
第2部
救援・救護体制の整備
災害を未然に防止し、又はその拡大を防止するため、応急対策等に必要となる防災施
設及び体制等の整備について定める。
第3部
地域防災活動の促進
市民又は地域が、積極的に自主防災活動に取り組むことができる環境の整備について
定める。
第4部
自治体・民間団体・企業・地域・ボランティア等との連携
他自治体、民間団体、企業、地域、ボランティア等との協力体制の整備について定め
る。
第5部
自然の保全と災害に強い都市整備
自然の保全に留意しながら、災害を未然に防止し、又はその拡大を防止することがで
きる都市構造の防災性の向上について定める。
- 71 -
第2章 災害予防計画
第1部
防災意識の高揚
災害の未然防止又は軽減化を図るためには、青森市を始めとする防災関係機関及び市民一人
ひとりが災害に備えた事前の予防対策を講じておくとともに、災害が発生したときに迅速かつ
的確に行動できる体制を整えておくことが重要となる。また、防災関係機関等の行う防災対策
をより効果的に推進するためにも、市民の災害に対する認識と防災対策への積極的な取り組み
は不可欠となる。
このことから、青森市及び防災関係機関は、あらゆる機会と広報媒体等を活用し、災害に対
する知識の普及と防災意識の高揚を図るものとする。
- 72 -
第2章−第1部 防災意識の高揚
第1節 防災教育及び防災思想の普及
第1節
防災教育及び防災思想の普及
[担当
総務部・都市整備部・浪岡事務部・教育部・消防部]
災害による被害を最小限にくいとめるには、防災に携わる職員の資質の向上と市民一人ひと
りが日頃から各種災害に対する認識を深め、災害から自己を守るとともに、お互いに助け合う
という意識行動が必要である。
このため、防災業務担当職員に対する防災教育の徹底及び市民に対する防災知識の普及を図
るものとする。その際、災害時要援護者に十分配慮し、地域において災害時要援護者を支援す
る体制が整備されるよう努めるとともに、被災時の男女のニーズの違い等の男女双方の視点に
十分配慮するように努める。
また、地域コミュニティにおける多様な主体の関わりの中で、防災に関する教育の普及促進
を図る。
第1.防災業務担当職員に対する防災教育
青森市は、防災業務担当職員の災害時における適正な判断力を養成し、また職場内における
防災体制を確立するため、研修会、検討会及び現地調査等を通じ防災教育の徹底を図る。
なお、防災教育はおおむね次のとおりである。
(1)地震・津波、気象、風水害等の災害についての一般的知識の習得
(2)緊急地震速報を受信した場合の適切な対応に関する知識の習得
(3)災害対策基本法を中心とした法令等の知識の習得
(4)災害を体験した者との懇談会
(5)災害記録の文献紹介とその検討会
第2.市民に対する防災思想の普及
(1)青森市は、人的被害を軽減する方策は、住民の避難行動が基本となることを踏まえ、津
波警報等や避難指示等の意味と内容の説明など、啓発活動を住民に対して行うものとする。
なお、普及啓発方法及び内容は次による。
①
普及啓発方法
ア 防災の日、防災週間、津波防災の日、防災とボランティアの日、防災とボランティ
ア週間、水防週間、土砂災害防止月間、雪崩防災週間、山地災害防止キャンペーン、
火災予防運動期間など、関係行事を通じて防災思想の普及を図る。
イ 放送局、新聞社等の協力を得て、ラジオ、テレビまたは新聞で行う。
ウ 防災に関するパンフレット・ポスター等を作成・配布する。また、ホームページを
活用する。
- 73 -
第2章−第1部 防災意識の高揚
第1節 防災教育及び防災思想の普及
エ 防災に関する講演会、展覧会等を開催する。
②
普及内容
ア 簡単な気象・水象に関すること。
イ 気象予報・警報等に関すること。
ウ 災害時における心得。
エ 災害予防に関すること。
オ 災害危険箇所に関すること。
カ 基礎的な地震・津波災害に関すること。
・我が国の沿岸はどこでも津波が来襲する可能性があり、強い地震(震度4程度)を
感じたとき、または弱い地震であっても長い時間ゆっくりとした揺れを感じたとき
は、迷うことなく自主的にできるだけ高い場所に避難すること、避難にあたっては
徒歩によることを原則とすること、自ら率先して避難行動をとることが他の住民の
避難を促すことなど、避難行動に関する知識
・津波の第一波は引き波だけでなく押し波から始まることもあること、第二波、第三
波等の後続波の方が大きくなる可能性や数時間から場合によっては一日以上にわ
たり津波が継続する可能性があること、さらには強い揺れを伴わず、危険を体感し
ないままに押し寄せる、いわゆる津波地震や遠地地震の発生の可能性など、津波の
特性に関する情報
・地震・津波は自然現象であり、想定を超える可能性があること、特に地震発生直後
に発表される津波警報等の精度には一定の限界があること、浸水想定区域外でも浸
水する可能性があること、避難場所の孤立や避難場所自体の被災もあり得ることな
ど、津波に関する想定・予測の不確実性に関する知識
キ 市民のとるべき措置に関すること
㋐ 家庭においてとるべき措置内容
【平常時】
・家庭における各自の役割分担
・災害時伝言ダイヤル等による家族の安否確認方法
・家具等重量物の転倒防止
・消火器、バケツ等の消火用具の準備
・3日分程度の食料・水、携帯トイレ、トイレットペーパー等の備蓄、非常持出品
(貴重品(通帳、保険証、現金)服用している薬、携帯ラジオ、懐中電灯、乾電
池等)の準備
・避難所、避難路の確認
・避難所における心得
・家庭内における津波発生時の連絡方法や避難ルールの取り決め
【災害時】
・身の安全の確保
・テレビ、ラジオ、インターネット、市役所、消防署、警察署等からの正確な情報
の把握
- 74 -
第2章−第1部 防災意識の高揚
第1節 防災教育及び防災思想の普及
・緊急地震速報を受信した場合の適切な対応
・自動車や電話の使用の自粛
・火の使用の自粛
・灯油等やプロパンガスなどの危険物の安全確保
・初期消火活動
・被災者の救出、救援への協力
・炊き出しや救助物資の配分への協力
・災害時要援護者の安全確保への協力
・その他
㋑
職場においてとるべき措置内容
【平常時】
・職場の防災会議による役割分担
・職場の自衛消防組織の出動体制の整備
・ロッカーなど重量物の転倒防止
・消火器、バケツ等の消火用具の準備
・重要書類等の非常持出品の確認
・防災訓練への参加
【災害時】
・身の安全の確保
・テレビ、ラジオ、インターネット、市役所、消防署、警察署等からの正確な情報
の把握
・緊急地震速報を受信した場合の適切な対応
・自動車による出勤、帰宅等の自粛、危険物車両の運行の自粛
・火の使用の自粛
・危険物の安全確保
・不特定多数の者が出入りする職場における入場者の安全確保
・初期消火活動
・被災者の救出、救援への協力
・職場同士の相互協力
・その他
(2)青森市が行う青少年教育、女性教育等の学級・講座や、青少年団体、女性団体等の社会
教育関係団体が実施する研修会など、地域コミュニティにおける多様な主体の関わりの中
で、防災に関する内容を組み入れ、地域住民に対する防災思想の推進を図る。
(3)ハザードマップ等の作成
青森市は、国、県、防災関係機関等の協力を得ながら、市民の適切な避難や防災知識の
普及、防災活動に資するため、次の施策を講ずる
ア.津波によって被害が予想される地域について事前に把握し、浸水予測図等を作成す
るとともに、当該浸水予測図に基づいて避難地等を示す津波ハザードマップの整備を
行い、市民等に対し、周知を図る。
- 75 -
第2章−第1部 防災意識の高揚
第1節 防災教育及び防災思想の普及
イ.浸水想定区域、避難場所、避難路等水害に関する総合的な資料を図面表示等を含む
形で取りまとめたハザードマップ、防災マップ、風水害発生時の行動マニュアル等の
作成を行い、市民等に配布する。また、中小河川や内水による浸水に対応した洪水ハ
ザードマップの作成についても、関係機関と連携しながら作成・検討を行う。さらに、
主として災害時要援護者が利用する施設や地下街等における浸水被害を防止すると
ともに、洪水時の円滑かつ迅速な避難を確保するため、作成した洪水ハザードマップ
を災害時要援護者等が利用する施設等の管理者へ提供する。
なお、浸水高等の「高さ」をまちの中に示す場合は、過去の津波災害時の実績水位
を示すのか、予測値を示すのか、あるいは数値が海抜なのか、浸水高なのかなどにつ
いて、住民に分かりやすく示すよう留意する。
ウ.土砂災害警戒区域等の土砂災害に関する総合的な資料を、図面表示等を含む形で取
りまとめたハザードマップ、防災マップ、土砂災害発生時の行動マニュアル等を分か
りやすく作成し、市民等に配布する。
エ.山地災害危険地区等の山地災害に関する行動マニュアル、パンフレット等を作成し、
市民等に配布する。
オ.高潮による危険箇所や、避難場所、避難路等高潮災害の防止に関する総合的な資料
として図面表示等を含む形で取りまとめたハザードマップや防災マップ、高潮災害発
生時の行動マニュアル等の作成を行い、市民等に配布する。
カ.地震防災マップを作成し、市民等に配布する。
キ.地域の実情に応じ、災害体験館等防災知識の普及に資する施設の設置に努める。
第3.災害教育の伝承
青森市は、過去に起こった大災害の教訓や災害記録を確実に後世に伝えていくため、大災害
に関する調査分析結果や映像を含めた各種資料を広く収集・整理し、適切に保存するとともに、
広く一般の人々が閲覧できるよう努め、市民が災害教育を伝承する取組を支援するものとする。
第4.企業防災の促進
企業は、災害時の企業の果たす役割(生命の安全確保、二次災害の防止、事業の継続、地域
貢献・地域との共生)を踏まえ、企業防災に向けた取組に努める。
(1)事業継続計画(BCP)等の作成
企業は、各企業において災害時に重要業務を継続するための事業継続計画(BCP)を
策定・運用するよう努めるとともに、防災体制の整備、防災訓練、事業所の耐震化・耐浪
化、予想被害からの復旧計画策定、各計画の点検・見直し、燃料・電力等重要なライフラ
インの供給不足への対応、取引先とのサプライチェーンの確保等の事業継続上の取組を継
- 76 -
第2章−第1部 防災意識の高揚
第1節 防災教育及び防災思想の普及
続的に実施するなどの防災活動の推進に努めることが望ましい。
青森市は、事業継続計画(BCP)作成の取組に資する情報提供を行うなど、管内企業
の計画作成への取組を支援する。
(2)防災意識の高揚
青森市は、企業のトップから一般職員に至る職員の防災意識の高揚を図るとともに、優
良企業表彰、企業の防災に係る取組の積極的評価等により企業の防災力向上の促進を図る。
(3)防災訓練等への参加
青森市は、企業を地域コミュニティの一員としてとらえ、地域の防災訓練等への積極的
参加の呼びかけ、防災に関するアドバイスを行う。
- 77 -
第2章−第1部 防災意識の高揚
第2節 防災訓練
第2節
防災訓練
[担当
総務部・健康福祉部・都市整備部・浪岡事務部・教育部・消防部]
地震・津波、風水害等の災害発生時における応急対策を迅速かつ円滑に実施するため、防災
関係機関と住民等の間における連絡協力体制を確立するとともに、防災体制の強化と市民の防
災意識の高揚を図ることを目的として、計画的、継続的な防災訓練を実施するものとする。
第1.総合防災訓練の実施
青森市は、市民の防災意識の高揚を図るとともに、災害応急対策の迅速かつ的確な遂行を図
るため、次の災害想定を単独、あるいは組み合わせた防災訓練、またはさらに大規模地震・津
波想定を組み合わせた防災訓練を企画し、県、その他の防災関係機関、公私の団体、水防協力
団体、自主防災組織、民間企業、ボランティア団体等及び災害時要援護者を含めた住民の参加
のもとに、総合防災情報システムを活用しながら、個別防災訓練を有機的に連携させた訓練を
行うとともに、相互応援協定等に基づく広域応援等による実践的な総合防災訓練を実施する。
津波災害を想定した訓練の実施に当たっては、最大クラスの津波やその到達時間を踏まえた具
体的かつ実践的な訓練を行う。
また、訓練方法については、努めて、人・物等を動かす実働訓練、状況付与に基づいて被害
状況を収集・整理し、状況の予測や判断、活動方針の決定等を行わせる図上訓練等、実際の判
断・行動を伴う方式により実施する。
なお、訓練終了後は評価を実施し、課題、問題点を明確にし、必要に応じて各種マニュアル
や体制等の検証・改善を行うものとする。
1.風水害想定
風水害を想定した総合防災訓練は、県、市民、その他の防災関係機関等の協力を得て、毎
年適切な時期に 1 回以上、次により実施するよう努めるものとする。また、訓練の実施にあ
たっては、必要に応じハザードマップを活用して行う。
(1)青森市水防計画に基づいて実施する。
(2)実施場所は、河川危険箇所、注意箇所等洪水が予想される場所を選定して実施する。
(3)訓練内容は、おおむね次のとおりとする。
ア.発災対応型訓練
イ.災害広報訓練
ウ.通信訓練
エ.情報収集伝達訓練
オ.災害対策本部設置・運営訓練
カ.交通規制訓練
キ.避難・避難誘導訓練
- 78 -
第2章−第1部 防災意識の高揚
第2節 防災訓練
ク.水防訓練
ケ.救助・救出訓練
コ.救急・救護訓練
サ.応急復旧訓練
シ.生活関連訓練
ス.土砂災害防御訓練
セ.隣接市町村との連携訓練
ソ.避難所開設・運営訓練
タ.災害時要援護者の安全確保訓練
チ.ボランティアの受入れ・活動訓練
ツ.その他災害想定に応じて必要と認められる訓練
2.大規模林野火災想定
大規模な林野火災を想定した総合防災訓練は、県、市民、その他の防災関係機関等の協力
を得て、毎年適切な時期に 1 回以上、次により実施するよう努めるものとする。
(1)実施場所は、林野及び市街地など火災が予想される場所を選定して実施する。
(2)訓練内容は、おおむね次のとおりとする。
ア.発災対応型訓練
イ.情報収集・伝達訓練
ウ.現場指揮本部設置訓練
エ.航空偵察訓練
オ.空中消火訓練
カ.地上消火訓練
キ.避難・避難誘導訓練
ク.その他災害想定に応じて必要と認められる訓練
3.地震・津波想定
地震・津波を想定した総合防災訓練は、県、市民、その他の防災関係機関等の協力を得て、
毎年適切な時期に 1 回以上、次により実施するよう努めるものとする。
また、訓練の実施にあたっては、緊急地震速報に関する訓練を取り入れるよう努めるとと
もに、必要に応じハザードマップを活用して行う。
(1)訓練内容は、地震発生後の災害応急対策を主体として実施する。
(2)訓練内容は、おおむね次のとおりとする。
ア.発災対応型訓練
イ.災害広報訓練
ウ.通信訓練
エ.情報収集伝達訓練
オ.津波警報伝達等訓練
カ.災害対策本部設置・運営訓練
- 79 -
第2章−第1部 防災意識の高揚
第2節 防災訓練
キ.交通規制訓練
ク.避難・避難誘導訓練
ケ.消火訓練
コ.土砂災害防御訓練
サ.救助・救出訓練
シ.救急・救護訓練
ス.応急復旧訓練
セ.生活関連訓練
ソ.隣接市町村、隣接県等との連携訓練
タ.避難所開設・運営訓練
チ.災害時要援護者の安全確保訓練
ツ.ボランティアの受入れ・活動訓練
テ.その他災害想定に応じて必要と認められる訓練
第2.個別防災訓練の実施
青森市は、災害時において各機関が処理すべき事務または業務を迅速かつ円滑に行うため、
ブラインド方式の図上訓練も含め、個別防災訓練を段階的、定期的に実施する。また、複合災
害を想定した図上訓練も実施するものとする。
なお、訓練内容は、おおむね次のとおりとし、訓練終了後は評価を実施して、課題・問題点
等を明確にし、必要に応じて各種マニュアルや体制等の検証・改善を行うものとする。
(1)通信訓練
(2)情報収集伝達訓練
(3)津波警報伝達等訓練
(4)職員参集訓練
(5)災害対策本部設置・運営訓練
(6)避難・避難誘導訓練
(7)消火訓練
(8)救助・救出訓練
(9)救急・救護訓練
(10)水防訓練
(11)水門・陸こう等の閉鎖訓練
(12)避難所開設・運営訓練
(13)給水・炊き出し訓練
(14)その他各機関独自の訓練
- 80 -
第2章−第1部 防災意識の高揚
第2節 防災訓練
第3.防災訓練に関する普及啓発
個別防災訓練や総合防災訓練の実施にあたっては、市民に対して、青森市の広報紙など各
種の媒体を活用して普及啓発を行い、防災訓練への参加意識を高揚する。
また、地域の防災力を高めるため、市民自らが実施し、幅広い層が参加する防災訓練の普
及に努めるとともに、市民と一体的に取り組む訓練の実施を推進する。
- 81 -
第2章 災害予防計画
第2部
救援・救護体制の整備
青森市及び防災関係機関は、大規模な災害の発生による物的、人的な被害を克服し、又は軽
減化するため、予測される災害規模及び時系列的な災害事象を考慮した、より実効性のある救
援・救護体制を整備するものとする。
- 82 -
第2章−第2部 救援・救護体制の整備
第1節 調査研究
第1節
調査研究
[担当
総務部等]
社会・経済の進展に伴って災害要因が多様化し、災害危険性が増大している。そのなかで、
各種災害を未然に防止し、または被害を軽減するため、地域の特性を正確に把握し、国や県な
どと連携を図り、各種災害に関する基礎的調査研究、被害想定に関する調査研究、防災対策に
関する調査研究を行い、防災対策に資するものとする。
1.各種災害に関する基礎的研究
青森市の自然条件、社会条件を調査分析し、防災面からみた自然的、社会的特性、災害危
険性等を明らかにする。さらに、気象、水象、火山現象の観測を行うとともに、各種災害の
履歴を調査分析する。
また、地震観測を行うとともに青森県の地震・津波の履歴を調査分析する。
①地盤・地質等に関する調査
②液状化対策としての浅部地盤データ収集とデータベース化
③建築物・公共土木施設等の現況調査
④地震・津波の履歴調査
⑤震度情報ネットワークによる地震の観測
⑥地震観測システムによる微小地震の観測
2.被害想定に関する調査研究
防災対策を具体化するための指標の設定、市民の防災意識の高揚等のため、各種災害に関
する基礎的研究の成果を踏まえ、総合的な被害想定を行う。
(地震・津波防災対策)
①建築物被害想定
②公共土木施設被害想定
③地盤被害想定
3.防災対策に関する調査研究
被害想定に関する調査研究の成果を踏まえ、重点的に整備・強化を行う建築物、公共土木
施設、防災施設・設備等各種防災対策について調査研究し、防災対策の具体化を図る。
①地区別防災カルテの作成
②防災マップの作成
4.防災公共推進計画の策定
大規模災害時の想定被害箇所を把握し、現状の避難路や避難場所等についての総合的な課
題の洗い出しを実施したうえで、県及び市が一体となって最適な避難路・避難場所を地域ご
とに検証し、現状に即した最も効果的な避難路・避難場所を確保するため、必要な対策や優
先度について検討を行い、防災公共推進計画を策定する。
- 83 -
第2章−第2部 救援・救護体制の整備
第2節 防災業務施設・設備等の整備
第2節
防災業務施設・設備等の整備
災害の発生の防止及び被害の軽減を図るための防災業務施設、設備等の整備は、国、県、青
森市、防災関係機関等が連携をとりつつ、それぞれの分野において実施するものとする。
第1.防災拠点機能の整備
[担当
総務部]
青森市は、大規模災害時における多様な応急活動に対処するため、地域単位での防災活動拠
点体制を整備するとともに、災害対策の中枢となる災害対策本部機能の充実強化を図るものと
する。
1.災害対策本部機能の強化
(1)災害対策本部の迅速かつ的確な応急活動の実施体制を確保するため、災害対策本部に
通信設備、生活必需物資、防災資機材を整備する。
(2)災害対策本部における防災設備等の整備状況は、次のとおりである。
ア.通信設備
第3「通信施設・設備等」のとおり
イ.生活必需物資等備蓄状況
生活必需物資等備蓄状況(資料7)
ウ.防災資機材整備状況
防災資機材整備状況(資料8)
2.防災活動拠点施設の整備
(1)災害対策本部の応急対策活動を補完する施設として、各小学校を防災活動拠点施設と
位置づけ、災害時に有効に機能するよう各施設に通信施設、防災資機材及び食糧、生活
必需物資を整備する。
(2)防災活動拠点施設における防災設備等の整備状況は、次のとおりである。
ア.通信設備
第3「通信施設・設備等」のとおり
イ.生活必需物資等備蓄状況
生活必需物資等備蓄状況(資料7)
ウ.防災資機材整備状況
防災資機材整備状況(資料8)
第2.観測施設・設備等
[担当
総務部・都市整備部・浪岡事務部・消防部]
(1)青森市及び防災関係機関は、気象、地震、津波等の自然現象の観測に必要な施設、設
備の整備、点検、更新をするとともに、観測体制の維持・強化を図るものとする。
(2)また、浪岡地区は、集中豪雨時等においては、地域により雨量の差が激しく、気象台、
県の雨量・水位観測所だけでは必要な情報が得られない場合もあるため、災害危険箇所
に留意した観測所等の設置及び観測体制の強化を推進する。
(3)観測所及び観測点は、次のとおりである。
- 84 -
第2章−第2部 救援・救護体制の整備
第2節 防災業務施設・設備等の整備
ア.雨量等観測所
観測施設・設備等一覧(資料9)
イ.水位観測所
〃
ウ.雪量観測所
〃
エ.地震観測網
〃
オ.潮位観測所
〃
カ.青森市気象観測端末装置
〃
第3.通信施設・設備等
[担当
市民政策部・総務部・財務部・企業部・消防部]
(1)青森市及び防災関係機関は、防災に関する情報の収集、伝達を迅速に行うため、県防
災情報ネットワーク、衛星通信、固定電話・ファクシミリ、携帯電話、衛生携帯電話、
インターネット、電子メール等情報連絡網の整備を図るとともに、民間団体・企業、報
道機関、市民等からの情報など、多様な災害関連情報等の収集体制の整備に務める。市
は、市民への情報伝達を迅速かつ的確に行うため、市町村防災行政用無線等情報伝達網、
全国瞬時警報システム(J−ALERT)を整備する。
また、それぞれの通信施設等を防災構造化するなどの整備改善に努めるとともに、こ
れらの施設に被害が発生した場合に備え、非常用電源等の設置に努め通信連絡機能の維
持を図る。さらに、無線設備や非常用電源の保守点検の実施と、的確な操作の徹底、専
門的な知見・技術をもとに耐震性のある堅固な場所への設置等を図る。
なお、収集した情報を的確に分析整理するため、人材の育成を図るとともに、必要に
応じ専門家の意見を活用できるように努める。
(2)通信施設・設備等の整備状況は、次のとおりである。
ア.青森市防災行政用無線
無線施設・設備等一覧(資料 10)
イ.消防無線
〃
ウ.水道無線
〃
エ.交通無線
〃
オ.競輪事業用無線
〃
カ.災害時優先電話
災害時優先電話一覧(資料 11)
キ.青森市行政情報ネットワーク
端末配備状況(資料 12)
ク.災害対策用携帯電話
災害対策用携帯電話配備基準(資料 13)
ケ.県防災行政用無線
ネットワーク回線機構図(資料 14)
コ.地域振興用陸上移動通信システム無線(借上)
配備状況一覧(資料 15)
(3)町会において災害時に使用することができる有線放送施設の設置場所は、次のとおり
である。
○ 有線放送施設保有町会一覧(資料 16)
- 85 -
第2章−第2部 救援・救護体制の整備
第2節 防災業務施設・設備等の整備
第4.消防施設・設備等
[担当
消防部]
消防ポンプ自動車等の消防機械、消火栓、防火水槽等の消防水利、火災通報設備等の整備、
改善並びに性能調査の実施により、災害時等の即応体制の確立を図る。
特に、危険物災害、高層ビル火災及び林野火災等に対処するため、化学車、はしご車、消火
薬剤等の資機材の整備を図るものとする。
(1)
「消防力の整備指針」及び「消防水利の基準」に基づき、消防ポンプ自動車等の計画的
な増強、更新を図るものとする。
また、消防力強化の基礎となる消防庁舎、消防車格納庫等、さらには消防水利の設置整
備に際しては、耐震性を十分考慮するものとし、災害時における消防活動体制の整備に努
めるものとする。
(2)消防施設・設備等の整備状況は、次のとおりである。
ア.青森地域広域消防事務組合
消防施設等の現況(資料 17)
イ.青森消防団及び浪岡消防団
〃
第5.救助資機材等
[担当
消防部]
(1)人命救助に必要な救急車、救命ボート等の救助機械、担架、救命胴衣等の救助用資機
材、薬品等を整備、点検する。
(2)救助施設・設備等の整備状況は、次のとおりである。
○
救助施設・設備等の現況(資料 18)
第6.水防施設・設備等
[担当
都市整備部・浪岡事務部]
(1)青森市及び防災関係機関は、水防活動組織を確立し、重要水防箇所、危険箇所等にお
ける具体的な水防工法を検討するとともに、水防活動に必要な水防資機材及びそれらを
備蓄する水防倉庫を整備、点検する。
(2)水防倉庫の資機材の備蓄状況等は、次のとおりである。
○
水防施設・設備等整備状況(資料 19)
第7.海上災害対策施設・設備等
[担当
都市整備部]
(1)青森市及び防災関係機関は、大量排出油等の拡散防止、回収した排出油等の処理のた
- 86 -
第2章−第2部 救援・救護体制の整備
第2節 防災業務施設・設備等の整備
めの施設・設備及び排出油等の物理的、化学的処理のための資機材を整備、点検する。
(2)海上災害対策施設・設備等の整備状況は、次のとおりである。
○
油処理資機材整備状況(資料 20)
第8.給水施設・設備等
[担当
企業部]
(1)青森市は、災害時における被災者等の飲料水及び生活用水の供給並びに医療機関等へ
の給水に対処するため、次により給水施設・設備等を整備する。
ア.被災者等への給水
災害により飲料水を得ることができない被災者等に対し、被災後3日までは最小限必
要な水量として、1人1日3リットル程度の供給を基本としながら、時間的な経過に応
じて、被災者等が求める給水量の増加及び上水道の復旧を考慮し、必要となる飲料水を
確保するとともに、その供給体制を整備する。
イ.医療機関等への給水
医療機関等継続して多量の飲料水を必要とする施設への給水体制を整備する。
(2)給水施設・設備等の整備状況は、次のとおりである。
○
給水資機材保有状況(資料 21)
第9.その他施設・設備等
1.重機類
[担当
都市整備部・浪岡事務部]
(1)青森市は、災害のため被災した道路、河川等の損壊の復旧等に必要な重機類を確保で
きる体制の整備・点検を図る。また、燃料、発電機、建設機械等の応急・復旧活動時に
有用な資機材、地域内の備蓄量、供給事業者の保有量の把握及び関係機関や民間事業者
との連携に努める。
(2)重機類の保有状況は、次のとおりである。
○ 重機類保有状況(資料 22)
2.医薬品・医療資機材等
[担当
市民病院部]
青森市は、災害時における負傷者及び入院患者等が必要とする医薬品・医療資機材等の備
蓄、整備、更新を図るとともに、応援・協力体制の整備を促進する。
- 87 -
第2章−第2部 救援・救護体制の整備
第2節 防災業務施設・設備等の整備
(資料)
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
生活必需物資等備蓄状況
防災資機材整備状況
観測施設・設備等一覧
無線施設・設備等一覧
災害時優先電話一覧
青森市行政情報ネットワーク端末配備状況
災害対策用携帯電話配備基準
青森県地域情報(防災行政用無線)ネットワーク回線機構図
地域振興用陸上移動通信システム無線配備状況
有線放送施設保有町会一覧
消防施設等の現況
救助施設・設備等の現況
水防施設・設備等整備状況
油処理資機材整備状況
給水資機材保有状況
重機類保有状況
防災活動拠点施設別防災資機材等整備状況
- 88 -
(資料・様式編/資料7)
(資料・様式編/資料8)
(資料・様式編/資料9)
(資料・様式編/資料10)
(資料・様式編/資料11)
(資料・様式編/資料12)
(資料・様式編/資料13)
(資料・様式編/資料14)
(資料・様式編/資料15)
(資料・様式編/資料16)
(資料・様式編/資料17)
(資料・様式編/資料18)
(資料・様式編/資料19)
(資料・様式編/資料20)
(資料・様式編/資料21)
(資料・様式編/資料22)
(資料・様式編/資料23)
第2章−第2部 救援・救護体制の整備
第3節 防災情報ネットワーク
第3節
防災情報ネットワーク
[担当
総務部・浪岡事務部・消防部]
災害時において、迅速かつ的確な応急対策を実施するため、県、市町村、防災関係機関を接
続した防災情報ネットワーク及び総合防災情報システムを活用し、一般通信の輻輳に影響され
ない専用回線による通信網を確保する。
第1.防災情報ネットワークの活用
県独自の防災専用回線として、光イーサ回線により県、市町村、防災関係機関を接続し、以
下の機器により情報伝達を行う。
(1)専用電話
①端末局間のIP電話
②自治体衛星通信ネットワークによる衛星電話
(2)文書データ伝送用端末
①端末局間の文書データ伝送
②総合防災情報システムによる防災情報の伝送
第2.総合防災情報システムの活用
県は市町村、防災関係機関と一体となって、「防災情報の統合化」、「防災情報の高度化」、
「防災情報の共有化」を基本方針とする総合防災情報システムを活用するとともに、防災対策
について有効に機能するよう充実を図る。
青森市は、総合防災情報システムの活用を推進するため、操作担当者を2名以上定めるとと
もに、県が主催する研修会、訓練に参加し、操作能力の習得・向上に努める。
また、県と協力しながら維持管理が万全となるよう努める。
(1)防災情報の統合化
気象情報、河川情報、道路情報、環境放射線モニタリング情報等の各種個別システムに
よる防災情報を統合する。
(2)防災情報の高度化
被害情報、措置情報等を視覚的に把握しやすいものとするため、被害情報等と地図デー
タを連携させたGISを活用する。防災GISで管理する情報は次のとおりである。
①被害情報、措置情報
②避難所情報
③防災ヘリコプター運航要請情報
(3)防災情報の共有化
防災情報ネットワークにより各機関を接続し、統合化・高度化された防災情報を県、市
町村、防災関係機関で共有する。
①総合防災情報システム端末の設置
- 89 -
第2章−第2部 救援・救護体制の整備
第3節 防災情報ネットワーク
県防災消防課、関係課及び災害対策本部、市町村、防災関係機関に設置した総合防災
情報システム端末(防災情報ネットワークの文書データに伝送用端末にて操作するもの
を含む)により、防災情報を収集・伝達する。また、システムに登録された防災情報は、
各機関において情報共有する。
②市民への情報提供
インターネットを活用し、危険箇所や避難所の所在、防災啓発に関する情報等をホー
ムページ等により市民に提供する。
第3.青森市の災害対策機能等の充実
青森市は、総合防災情報システムと一体となって機能するため、組織体制等を整備するとと
もに、情報システムなどの災害対策機能の充実を図る。
(資料)
○
青森県総合防災情報システム図
(資料・様式編/資料24)
- 90 -
第2章−第2部 救援・救護体制の整備
第4節 避難対策
第4節
避難対策
[担当 ・市民政策部・総務部・市民生活部・健康福祉部・都市整備部・浪岡事務部・教育部]
災害時において住家を失った市民及び水害、土砂災害、火災等の災害危険箇所周辺の市民を
保護するとともに、災害発生時等における市民の迅速かつ円滑な避難を確保するため、避難所
及び避難路の選定、避難訓練、避難に関する広報、避難計画の策定等避難体制の整備を図るも
のとする。
また、大規模災害時の想定危険箇所を把握し、現状の避難場所及び避難路等についての総合
的な課題の洗い出しを実施し、県と一体となって最適な避難場所及び避難路を地域ごとに検証
し、現状に即した最も効果的な避難場所及び避難路を確保する。
第1.避難所の選定
青森市は、大規模災害が発生した場合に市民の生命、身体を保護するため、次により避難所
を選定する。
1.避難所の選定
(1)避難地区の設定
避難地区は、小学校区を単位とする。
(2)避難所の規模及び設置基準
小学校区内の適地を選定し、次により避難所を指定する。
なお、災害の状況により、指定避難所のみで不足する場合は、民間施設等の使用措置を
講ずる。
ア.収容避難所の配置
収容避難所は、避難者の収容施設として位置づけ、避難者1人当たりの必要面積を
おおむね2㎡以上とし、避難地区内の想定避難者数を収容できるよう配置する。た
だし、十分な施設が確保できないときは、避難者の輸送等により収容、保護できる
体制を整備するものとする。
イ.広域避難所の配置
広域避難所は、大規模地震等による周辺地区からの避難者を収容し、保護する施設
として位置づけ、おおむね 10ha 以上の公園、公共空地を指定するものとする。
ウ.一時避難所の配置
一時避難所は、地域住民の集結場所又は収容避難所及び広域避難所への中継地点と
して位置づけ、近隣公園、街区公園及びこれらに相当する施設を指定するものとす
る。
エ.福祉避難所
福祉避難所は、避難所での生活において何らかの特別な配慮を必要とする高齢者、
障がい者、妊産婦、乳幼児、病弱者等のために開設する避難所とし、福祉避難所の
- 91 -
第2章−第2部 救援・救護体制の整備
第4節 避難対策
確保に関する協定を締結し施設を指定する。
オ.津波避難ビル
津波避難ビルは、津波発生時における緊急的・一時的な避難施設であり、一時避難
施設としての使用に関する協定を締結している民間施設を指定する。
カ.その他
避難所の選定に当たっては、次の事項に留意するものとする。
(ア)避難地区の人口(昼間・夜間)に配慮する。
(イ)大規模ながけくずれ、浸水などの危険のないところとする。
(ウ)主要道路、鉄道、河川等をできるだけ横断しないところとする。
(エ)土砂災害警戒区域等からはずれているところとする。
(オ)洪水流の遡上域よりも高所にあるところとする。
(カ)青森市社会福祉協議会との協議等により災害時要援護者に配慮した避難場所を
確保するとともに、旅館等の借上げによる多様な避難場所を確保する。
(キ)災害状況に応じて、他の避難場所に移動が可能なところとする。
2.地震火災に対する避難所の選定
大規模地震に起因する火災が発生した場合、密集市街地での火災の延焼のおそれがあるこ
とから、地震火災に対する避難所の選定に当たっては、上記1に掲げる事項のほか、次の事
項に留意する。
(1)大火輻射熱等を考慮し、避難者の安全を確保できる十分な広さを有する公園、緑地、
グラウンド(校庭)
、その他公共空地を選定する。
(2)付近に大量の危険物等が貯蔵されていないところとする。
(3)災害状況に応じて、他の避難所に移動が可能なところとする。
3.津波災害に対する避難所の選定
津波災害に対する避難所の選定に当たっては、上記1に掲げる事項のほか、次の事項に留
意する。
なお、避難場所の選定に当たり、津波からの緊急避難先として使用できるよう、できるだ
け浸水の危険性が低く、かつ、避難後においても孤立せず、津波の来襲状況によってはさら
なる避難が可能となるような場所に整備するよう努めるものとする。また、もっぱら避難生
活を送る場所として整備された避難場所を津波からの緊急避難場所と間違わないよう、両者
の違いについて市民への周知徹底を図るものとする。
(1)海に通ずる堰、沢等を渡る場所でないところとする。
(2)市民が短時間で避難できる場所とする。
4.道路盛土等の活用
避難場所として利用可能な道路盛土等の活用について検討し、活用できる場合は、道路管
理者等の協力を得つつ、避難路・避難階段の整備に努める。
- 92 -
第2章−第2部 救援・救護体制の整備
第4節 避難対策
5.臨時ヘリポートの確保
避難場所が孤立するおそれが想定され、かつ救援物資等を空輸以外で輸送ができない場合
は、その周囲にヘリコプターが臨時で離着陸できる場所の確保に努める。
6.避難所の事前指定
避難所を次のとおり、事前指定する。なお、災害の状況により、指定避難所のみでは足り
ない場合、または、市区域内で適当な施設を確保できない場合は、隣接市町村等に対する避
難場所の提供の要請、または県有施設や民間施設等の使用措置を講ずる。
この際、施設管理者との使用方法等についての事前協議、輸送事業者等との事前協議など
を実施しておくものとする。
(1)収容避難所
181 箇所
(2)広域避難所
6 箇所
(3)一時避難所
68 箇所
(4)福祉避難所
34 箇所
第2.避難所の整備
避難所において貯水槽、井戸、仮設トイレ、マット、簡易ベッド、非常用電源、衛星携帯電
話等の整備のほか、男女のニーズの違い等男女双方の視点への配慮、空調、洋式トイレなど災
害時要援護者にも配慮した避難の実施に必要な施設、設備の整備に努める。さらに、避難者が
災害情報を入手しやすいように、テレビ、ラジオなどの機器の整備を図る。
第3.避難所機能の確保
(1)青森市は、災害時に収容避難所が有効に機能するよう、防災活動拠点施設に対し、通信
設備及び食糧、生活必需物資を整備する。
(2)収容避難所における防災設備等の整備状況は、次のとおりである。
ア.通信設備
第1節/第3「通信施設・設備等」のとおり
イ.生活必需物資等備蓄状況
生活必需物資等備蓄状況
(資料7)
第4.避難所早期開放体制の確立
大規模な災害発生時に避難所を速やかに開設できる体制を確立する。
第5.避難標識の整備
災害時における市民及び観光客等の一時滞在者の迅速かつ安全な避難誘導を行うため、案内
- 93 -
第2章−第2部 救援・救護体制の整備
第4節 避難対策
標識や誘導標識等の計画的な整備を進める。
第6.避難路の選定・整備
市民を避難させるときは、必要に応じて避難路を選定するものとし、避難路の選定に当たっ
ては、市街地の状況に応じて、市民が徒歩で確実かつ安全に避難場所等へ避難できるよう次の
事項に留意して避難路・避難階段を整備・確保し、その周知に努める。
なお、各地域において、津波到達時間、避難場所までの距離、避難行動要支援者の存在、避
難路の状況等を踏まえて、やむを得ず自動車により避難せざるを得ない場合は、市は避難者が
自動車で安全かつ確実に避難できる方策をあらかじめ検討するものとする。検討に当たっては、
青森警察署及び青森南警察署と十分調整しつつ、自動車避難に伴う危険性の軽減方策を立てる
とともに、自動車の避難には限界があることを認識し、限界量以下に抑制するよう各地域で合
意形成を図るものとする。
(1)避難路は、おおむね8m以上の幅員を有し、なるべく道路付近に延焼の危険がある建
物、危険物施設がないところとする。
(2)地盤が耐震的で、地下に危険な埋設物がない道路とする。
(3)避難道路は、相互に交差しないところとする。
(4)津波や浸水等の危険がない道路とする。
第7.避難路及び避難場所周辺の交通規制
青森市は、災害時における混乱を防止し避難を容易にするため、必要に応じ青森警察署、青
森南警察署、道路管理者と協力し、避難路及び避難場所周辺の駐車規制等の交通規制を実施す
る。
第8.避難訓練の実施
青森市は、市民の防災意識の高揚を図るため、定期的に避難訓練を実施する。
第9.避難に関する広報
青森市は、市民が的確な避難行動をとることができるようにするため、平素から次により広
報活動を実施する。
(1)避難所等の広報
市民に対して、避難所等に関する次の事項について、周知徹底を図る。
ア.避難所の名称
イ.避難所の所在位置
ウ.その他必要な事項
- 94 -
第2章−第2部 救援・救護体制の整備
第4節 避難対策
(2)避難のための心得の周知徹底
市民に対して、次の避難に関する心得の周知徹底を図る。
ア.避難準備の知識
イ.避難時の心得
ウ.避難後の心得
第10.避難計画の策定
青森市は、次の事項に留意して避難計画を策定する。
(1)避難勧告、または指示を行う基準及び伝達方法
(2)避難の勧告、または指示の発令対象区域(町会・町内会、または自治会等、同一の避難
行動をとるべき避難単位)、避難所の名称、所在地、対象人口及び高齢者、障害者等災
害時要援護者の状況
(3)避難所への誘導方法
(4)高齢者、障害者等災害時要援護者の適切な避難誘導体制
(5)避難所における高齢者、障害者等災害時要援護者のための施設・設備の整備
(6)避難所開設に伴う被災者救援措置に関する事項
①井戸、貯水槽等給水施設・設備、給水措置
②給食施設・設備、給食措置
③毛布、寝具等の支給措置
④被服、生活必需品の支給措置
⑤負傷者に対する応急救護設備、応急救護措置
⑥その他避難所開設に伴う通信施設、仮設トイレ、テレビ、ラジオ、マット、非常用電源
等の整備
(7)避難所の管理に関する事項
①避難所の秩序保持
②避難者に対する災害情報の伝達
③避難者に対する応急対策実施状況の周知徹底
④避難者に対する各種相談業務の実施
⑤その他必要な事項
(8)災害時における広報
(資料)
○
○
○
生活必需物資等備蓄状況
指定避難所一覧(目的別)
指定避難所一覧(地区別)
(資料・様式編/資料7)
(資料・様式編/資料86)
(資料・様式編/資料87)
- 95 -
第2章−第2部 救援・救護体制の整備
第5節 文教対策
第5節
文教対策
[担当
教育部・健康福祉部・都市整備部]
幼児・児童・生徒(以下「児童生徒等」という。)及び職員の生命、身体の安全を確保し、
学校、その他の教育機関(以下「学校等」という。
)の土地・建物、その他の工作物(以下「文
教施設」という。
)及び設備を災害から防護するために防災組織体制の整備、防災教育、文教
施設の不燃・堅ろう構造化の促進等を図るものとする。
また、地域コミュニティにおける多様な主体の関わりの中で、防災に関する教育の普及促進
を図る。
第1.防災組織体制の整備
災害発生時において、迅速かつ適切な対応を図るため、学校等では平素から災害に備えて職
員等の任務の分担及び相互の連帯等について組織体制を整備しておく。災害発生時には、危機
管理責任者(校長等)を中心に遺漏なく対応し、児童生徒等の安全を確実に確保し、速やかに
状況把握、応急手当、被害の拡大の防止・軽減を図る。
第2.防災教育の実施
学校等における防災教育は、安全教育の一環として様々な災害の発生時における危険につい
て理解し、正しい備えと適切な行動をとれるよう、関連教科や総合的な学習の時間における安
全学習、学級(ホームルーム)活動と学校行事における安全指導を中心に、児童生徒等の発達
段階を考慮し、学校の教育活動全体を通して適切に行う。
1.学校行事としての防災教育
防災意識の全校的な普及を図るため、防災専門家や災害体験者の講演会の開催、災害時の
ボランティア経験者の講話、避難訓練の実施及び県、市が行う防災訓練への参加等、体験を
とおした防災教育を実施する。
2.教科等における防災教育
社会、理科、保健、家庭科等の教科等を通して、自然災害の発生の仕組み、防災対策や災
害時の正しい行動及び災害時の危険等についての教育を行う。
また、総合的な学習の時間等において、自らの家庭、学校及び地域に関する防災マップの
作成等を題材とし、身の回りの環境を災害の観点から見直すことにより、防災を身近な問題
として認識させる。
3.職員に対する防災研修
学校での防災教育の充実を図るための指導方法、災害時における児童生徒等に対する指導
- 96 -
第2章−第2部 救援・救護体制の整備
第5節 文教対策
方法、負傷者の応急手当の方法、火災発生時の初期消火法等、災害時に特に留意する事項等
に関する研修を行い、災害時の職員のとるべき行動とその意義の周知徹底を図る。
また、指導に当たる職員は災害時を想定し、緊急時に迅速な行動がとれるようにしておく。
第3.防災上必要な計画及び訓練
危機管理責任者(学校長等)は、児童生徒等及び職員の防災に対する意識の高揚を図り、災
害発生時に迅速かつ的確な行動をとれるよう、必要な計画を策定するとともに、訓練を実施す
る。
(1)災害の種別に応じ、学校等の規模、施設・設備の配置状況、児童生徒等の発達段階を
考慮し、避難場所、避難経路、時期及び誘導、その指示、伝達の方法並びに保護者との連
絡・引渡しの方法の計画をあらかじめ定め、その周知徹底を図る。計画策定に当たっては、
関係機関との連絡を密にして、専門的立場からの指導・助言を受ける。
(2)学校等における訓練は、学校安全計画等に位置づけて実施するとともに、児童会・生徒
会等の活動とも相まって、十分な効果をあげるよう努める。
(3)訓練実施後は、訓練内容を検証するとともに、必要に応じ計画を修正する。
第4.登下校時の安全確保
児童生徒等の登下校(登降園も含む。以下同じ。)時の安全を確保するため、あらかじめ登
下校時の指導計画を学校等ごとに策定し、平素から児童生徒等及び保護者への周知徹底を図る。
1.通学路の安全確保
(1)通学路については、警察署、道路管理者、消防機関及び地元関係者との連携を図り、学
区内の危険箇所を把握したうえで適宜点検を行うとともに、児童生徒等への注意喚起と保
護者への周知徹底を図る。
(2)平常時の通学路に異常が生じる場合に備え、あらかじめ緊急時の通学路を設定する。
(3)災害時における通学路の状況を把握するための計画をあらかじめ定める。
(4)児童・生徒の個々の通学路及び誘導方法について、常に保護者と連携をとり、確認する。
(5)通学路の安全点検を定期的に実施するとともに、災害発生時に想定される危険につい
て考慮し、その対応を計画に盛り込むなど職員の共通理解を図る。
(6)幼児の登下校時には、原則として個人または小グループごとに保護者が付き添う。
2.登下校等の安全指導
(1)災害時の児童生徒等の登下校について、指導計画を綿密に確認する。
(2)通学路における危険箇所については、児童生徒等への注意と保護者への周知徹底を図る
(3)登下校時における危険を回避できるよう、児童生徒等に対して具体的な注意事項を指
導する。
- 97 -
第2章−第2部 救援・救護体制の整備
第5節 文教対策
第5.文教施設の不燃・堅ろう構造化の促進
文教施設及び設備等を災害から防護し、児童生徒等の安全を確保するため、これらの建物の
建築に当たっては、鉄筋コンクリート造、鉄骨造等による不燃・堅ろう構造化を促進する。ま
た、校地等の選定、造成に当たっては、防災上必要な措置を講ずる。
第6.文教施設・設備等の点検及び整備
文教施設及び設備等を災害から防護するため、定期的に安全点検を行い、危険箇所及び要補
修箇所の早期発見に努めるとともに、これらの改善を図る。
災害時の施設・設備等の補強等、防災活動に必要な器具等については、あらかじめ必要な量
を備蓄するとともに、定期的に点検を行い整備する。
第7.危険物の災害予防
化学薬品その他の危険物を取り扱う学校等にあっては、これらの化学薬品等を関係法令に従
い適切に取り扱うとともに、災害発生時においても安全を確保できるよう適切な災害予防措置
を講ずる。
第8.文化財の災害予防
市内には、歴史的に価値の高い文化財が数多く残されており、これらの文化財を保存し、後
世に伝えるためには万全の配慮が必要であることから、文化財の所有者又は管理者は、現況を
正確に把握し、予想される様々な災害に対して予防対策を計画し、施設の整備を図るとともに、
青森市教育委員会は文化財保護思想の普及・徹底及び現地指導の強化を推進しなければならな
い。
また、文化財の所有者又は管理者は、良好な状況の下に、文化財の維持管理に努めるものと
し、国指定のものにあっては、文化庁長官若しくは法の定めるところにより、指定または委任
を受けた県教育委員会及び青森市教育委員会の指示に、県指定のものにあっては、県教育委員
会の指示に従い管理しなければならない。
- 98 -
第2章−第2部 救援・救護体制の整備
第6節 警備対策
第6節
警備対策
[担当
総務部]
青森警察署長並びに青森南警察署長は、災害発生時における市民の生命、身体及び財産の保
護並びに公共の安全と秩序を維持するため、災害警備体制を確立し、災害警備用資機材の整備
を図るものとする。
第1.措置内容
青森警察署長並びに青森南警察署長は、災害の発生に備えて、青森市及び関係機関の協力を
得ながら次の措置を行うものとする。
1.危険箇所等の把握
災害の発生が予想される危険箇所、危険物貯蔵所、避難場所、避難路及び避難所の収容能
力等を把握する。
2.災害警備訓練
災害警備に関して警察職員に計画的な教養と災害警備訓練を実施するとともに、必要に応
じて防災機関係機関及び市民と協力して総合的な訓練を行う。
3.災害警備活動体制の確立
各種の災害時を想定し、防災関係機関、自主防犯組織、ボランティア組織等との協力体制
を図り、地域の実情を踏まえた最も効果的な災害警備体制を確立する。
4.災害警備用装備資機材等の整備
災害警備に必要な災害警備用装備資機材、交通対策用装備資機材及び通信用資機材等の整
備充実に努めるとともに、定期的な点検を実施する。
5.災害警備用物資の備蓄
関係機関との連携を緊密にして、医薬品及び食料品等の警備に必要な物資を計画的に備蓄
するとともに、点検整備をする。
6.自主防犯組織に対する協力
地域安全活動の中核となる自主防犯組織に対して、訓練の実施、資機材の整備等に協力す
る。
- 99 -
第2章−第2部 救援・救護体制の整備
第6節 警備対策
7.防災意識の高揚
日頃から市民に対して、災害時における避難措置、危険物等の保安、犯罪予防、交通規制
及びその他公共の安全と秩序の維持に関する広報活動を行い、市民の防災意識の高揚を図り、
災害時の混乱を未然に防止する。
- 100 -
第2章 災害予防計画
第3部 地域防災活動の促進
大規模な災害が発生した場合、防災関係機関の活動が遅れたり、阻害されるような事態にお
いて被害を最小限にとどめ、被害の拡大を防止するには、市民が自主的に自主防災組織等を結
成し、出火防止、初期消火、被災者の救出・救護、避難誘導等を組織的に行える体制を整備し
ておく必要がある。
- 101 -
第2章−第3部 地域防災活動の促進
第1節 自主防災組織の確立
第1節
自主防災組織の確立
[担当
総務部・浪岡事務部・消防部]
青森市は、町会及び町内会を単位とする市民による自主防災組織の結成を促進し、育成・強
化を図るとともに、関係機関との連携を通じて地域コミュニティの防災体制の充実を図るもの
とする。
第1.自主防災組織の現況
自主防災組織は年々増加しており、自主防災組織において積極的な防災活動を実施している
が、今後も自主防災組織の結成を促進するとともに、市民が地域の実情に応じた防災計画に基
づいて、平常時及び災害発生時において効果的な防災活動が行えるよう指導する。
第2.自主防災組織の育成強化
自主防災組織の結成、組織化は、当該地域の市民により自主的に行われることが望ましいが、
その結成が促進されるよう、既存の町会及び町内会に対する支援を行うほか、結成された自主
防災組織育成のための活動支援並びにその要となる優れたリーダーの育成等に努めるものと
する。その際、女性の参画の促進に努める。
(1)地域(町会及び町内会の単位)の指導者等及び広く市民に対し、自主防災組織の必要
性についての認識を高めるため、必要な資料の提供や研修会等の啓発活動を積極的に実
施する。
(2)自主防災組織を結成した町会及び町内会に対して防災資機材を支給するとともに、自
主防災組織が実施する防災訓練を積極的に支援・指導し、地域住民が一致団結して初期
消火や救出救護活動ができ、さらには障害者、高齢者等災害時要援護者の安全を確保す
るための防災活動等が効果的に行えるよう地域防災体制の確立を図る。
(3)自主防災活動を活発にするため、リーダー研修会の実施、モデル地域の紹介などを通
じ、地域のリーダーに対する防災知識の啓発を図るとともに、自主防災組織の要となる
優れたリーダーの育成、多様な世代が参加できるような環境の整備を図る。
(4)災害時においては、避難・備蓄等の機能を有する活動の拠点となり、平常時は防災知
識の普及及び防災訓練の活動の拠点となる施設並びに消火、救助、救護のための資機材
の整備を図る。
(5)自主防災組織未結成の町会及び町内会において実施する防災訓練等への支援を行い、
地域における防災意識の高揚、防災活動の活性化、自主防災組織結成の促進等を図る。
- 102 -
第2章−第3部 地域防災活動の促進
第1節 自主防災組織の確立
第3.自主防災組織の防災活動の推進
自主防災組織は、地域の実情に応じた活動計画を策定するとともに、これに基づき、平常時
及び災害時において効果的で、災害時要援護者にも配慮した防災活動を次により行う。
(1)平常時の活動
ア.情報収集伝達体制の確立
イ.防災知識の普及及び防災訓練の実施
ウ.活動地域内の防災巡視の実施
エ.火気使用設備・器具等の点検
オ.防災資機材の備蓄及び管理
カ.災害時要援護者の把握
(2)災害時の活動
ア.初期消火活動
イ.災害危険箇所等の巡視
ウ.地域内の被害状況等の情報の収集、地域住民に対する避難勧告・避難指示の伝達
エ.救出・救護の実施及び協力
オ.集団避難の実施
カ.炊き出しや救助物資の配分に対する協力
(資料)
○
○
○
自主防災組織一覧
防災資機材支給要綱
防災訓練費助成要綱
(資料・様式編/資料25)
(資料・様式編/資料26)
(資料・様式編/資料27)
- 103 -
第2章−第3部 地域防災活動の促進
第2節 民間防火組織等の結成・育成
第2節
民間防火組織等の結成・育成
[担当
消防部]
青森地域広域消防事務組合は、自衛消防組織及び民間防火組織の結成を促進し、育成してい
くものとする。また、各事業所においては、必要な組織を結成するなど、自衛消防体制の構築
を図るものとする。
第1.事業所の自衛消防組織の設置の促進
法令により消防計画等の作成及び自衛消防組織の設置が義務付けられている事業所につい
ては、自主防災体制をより強化・充実するとともに、法令により義務付けられていない事業所
についても、積極的に消防計画等の作成及び自衛消防組織の設置を促進するものとする。
第2.事業所の防災活動の推進
事業所は、災害時において果たす役割(従業員及び顧客の安全確保、経済活動の維持、地域
住民への貢献)の十分な認識の下で、自衛消防組織を設置し、次により自主防災体制の確立を
図る。
(1)平常時の活動
ア.情報収集伝達体制の確立
イ.防災知識の普及及び防災訓練の実施
ウ.火気使用設備・器具等の点検
エ.防災用資機材の備蓄及び管理
(2)災害時の活動
ア.初期消火の活動
イ.救出・救護の実施及び協力
ウ.その他
第3.民間防火組織の育成
火災による被害を最小限に食い止めるためには、初期消火が非常に重要であり、地域ぐるみ、
職場ぐるみの協力体制を必要とすることから、青森地域広域消防事務組合は、自主消防体制と
して学区、行政区等ごとの女性防火クラブ、少年消防クラブ等の結成、育成を促進し、組織単
位の訓練を実施することなどによって、災害への対応策を体得させ、家庭、職場等で活用でき
るよう指導するものとする。
(資料)
○
民間防火組織等の結成状況
(資料・様式編/資料28)
- 104 -
第2章 災害予防計画
第4部 自治体・民間団体・企業・
地域・ボランティア等との連携
大規模な災害が発生した場合には、被災した都市のみでは十分な応急復旧対策が実施できな
い場合が想定されるが、このような事態において被害の軽減化と災害からの早期復興を図るた
めには、他の自治体や民間団体、企業との応援体制の整備、あるいはボランティアや市民が相
互に連携した災害応急活動の実施体制を整備しておくことが重要となる。
このことから、青森市は、他の自治体との広域的な応援体制を整備するとともに、民間団体、
企業との間に物資や人材、応急復旧資機材等の提供に関する協力体制を整備し、また、ボラン
ティア団体や地域との連携を強化し、災害時の人材確保及び災害時要援護者支援等の応急活動
の迅速な実施体制を整備するものとする。
- 105 -
第2章−第4部 自治体・民間団体・企業・地域・ボランティア等との連携
第1節 応援体制の整備
第1節
応援体制の整備
[担当
総務部]
被災した都市のみで十分な応急復旧対策が実施できない場合には、災害対策基本法の定める
ところにより、他の自治体は被災都市の要請に基づき必要な応援を行うこととなっているが、
被害の軽減化のためには、事前に応援のために必要な事項について協定を締結し、迅速かつ円
滑な災害応援活動の実施体制を確保しておくものとする。
また、青森市が保有する資機材又は人材だけでは十分な応急対策ができない場合に備えて、
民間団体、企業との間においても協力体制を整備しておくものとする。
第1.他自治体との応援体制整備
青森市は、県内 40 市町村及び東北6都市との間で締結している応援協定の実効性を高める
ため、防災対策に必要となる情報交換及び防災訓練等を実施しているが、今後においても協定
締結自治体との連携を密にし、迅速かつ円滑な災害応急活動の実施体制の確保に努めるものと
する。
第2.民間団体・企業との応援体制整備
青森市は、大規模災害の発生に備え、応急復旧及び被災者支援等に必要となる物的、人的な
協力体制を構築するため、民間団体、企業との間に応援協定を締結しているが、今後において
も防災体制の強化を図るため、民間団体、企業等との協力体制の整備に努めるものとする。
第3.国の応援・支援体制
災害時における防災対策として、国土交通省は、被災地における被害拡大の防止や早期復
旧・復興のため、被災した自治体等への適時・適切で効果的な応援・支援を総合的に展開する
ことが極めて有効かつ重要であると考え、被災した自治体等への応援・支援をより積極的に推
進するための一環として、「災害時における自治体等への応援・支援メニュー」を全国の自治体
等に周知している。なお、国の当該応援等については、県と協議して活用するものとする。
資料
○
○
応援協定締結状況
(資料・様式編/資料42)
国土交通省による災害時における自治体等への応援・支援メニュー
(資料・様式編/資料43)
- 106 -
第2章−第4部 自治体・民間団体・企業・地域・ボランティア等との連携
第2節 災害時要援護者等安全確保対策
第2節
災害時要援護者等安全確保対策
[担当
総務部・健康福祉部・市民生活部・都市整備部・浪岡事務部]
災害に備えて、地域住民の中でも特に、避難行動に支援を必要とする災害時要援護者を保護
するため、関連施設の安全性の確保及び支援体制、避難誘導体制等の整備並びに応急仮設住宅
供給における配慮等を行うものとする。
その際、被災時の男女のニーズの違いなど、男女双方の視点に十分配慮するよう努めるもの
とする。
第1.災害時要援護者関連施設の安全性の確保
(1)災害時要援護者関連施設の管理者は、施設の防災力の強化を図るとともに、防災設備
の点検等施設の安全性の確保を図る。
(2)国、県は、災害時要援護者関連施設を土砂災害から守るため、治山事業、砂防事業、
急傾斜地崩壊対策事業、地すべり防止対策事業等の国土保全事業を推進する。
第2.災害時要援護者の支援体制の整備等
(1)青森市及び防災関係機関は、防災知識の普及、訓練等の機会を通して、市民に対し災
害時要援護者の安全確保に関する啓発、普及活動を積極的に行う。また、外国人に配慮
した多言語による防災知識の普及に努める。
(2)青森市は、町会及び町内会、自主防災組織、民生委員・児童委員、消防団関係者、管
轄警察署、避難支援者、その他関係機関等と連携し、災害が発生し、または発生するお
それがある場合に自ら避難することが困難であり、その円滑かつ迅速な避難の確保を図
るために特に支援を要する避難行動要支援者の支援に努める。
(3)青森市は、上記の取組を支援するため、関係部局や青森県で保有把握している避難行
動要支援者に係る個人情報を利用し、避難行動要支援者名簿を編成する。また、名簿に
掲載する者の範囲は以下の通りとする。
①満 75 歳以上の方だけからなる世帯の者(ただし、同じ世帯の他の方が 75 歳未満であ
っても避難行動要支援者である場合はこれに含む)
②介護保険法における要介護認定 3∼5 の者
③1 級から 3 級までの身体障がい者の者(ただし、4 級以下の者であっても避難行動に
支援を要する場合はこれに含む。
)
④知的障がい者の者
⑤精神障がい者の者
⑥難病患者の者
⑦その他、避難行動に支援を必要とする者(傷病者、乳幼児、妊産婦、外国人等)
(4)青森市は、前項の名簿を適宜更新し、避難行動要支援者の把握に努める。
- 107 -
第2章−第4部 自治体・民間団体・企業・地域・ボランティア等との連携
第2節 災害時要援護者等安全確保対策
(5)青森市から避難行動要支援者名簿の提供を受けた者及び、その情報を共有する者は、
名簿等の個人情報の保管について、その漏えい、滅失等がないよう、必要な措置を講じ
ること。また、正当な理由がなく、名簿等から知り得た避難行動要支援者に関する秘密
を漏らしてはならない。名簿等の提供及び共有を受けなくなった以降についても同様と
する。
(6)青森市は個人情報の漏えい防止を担保するため、地域支援等関係者に対し、情報管理
の徹底を求めることに努める。
第3.災害時要援護者への情報伝達・避難誘導体制等の整備等
(1)青森市及び防災関係機関並びに災害時要援護者関連施設管理者は、災害時要援護者を
適切に避難誘導し、安否確認を行うため、地域住民、自主防災組織等の協力を得ながら、
平常時より、災害時要援護者に関する情報の把握と関係者との共有に努めるとともに、
これらの者に係る避難誘導体制を整備しておく。
なお、避難支援等関係者が避難行動要支援者の避難誘導や安否確認を行う際は、日頃
から地域住民全体で話し合い、ルールを決めておくなど、自身の安全確保にも充分留意
すること。その際、避難行動要支援者には、避難支援等関係者が助けられない可能性も
あることを説明し、理解を得ておくこと。
(2)青森市及び防災関係機関並びに災害時要援護者関連施設管理者は、高齢者、障害者等
の災害時要援護者に配慮した分かりやすい情報伝達体制を整備しておく。
(3)青森市及び防災関係機関並びに災害時要援護者関連施設管理者は、被災した高齢者、
障害者等の災害時要援護者が避難後に命の危険にさらされる事態を防ぐため、防災、医
療、保健、福祉等の各専門分野が連携した支援方策の検討に努める。
第4.応急仮設住宅供給における配慮
青森市は、応急仮設住宅の供給に当たっては、特に高齢者、障害者の優先的入居及び高齢者、
障害者向け応急仮設住宅の設置等災害時要援護者に配慮した計画を定めておく。
第5. 連絡体制等の整備
災害時要援護者関連施設管理者は、避難等を円滑に行うため、施設における地震・津波情報
等防災情報の収集・連絡体制並びに施設が被災した際の迅速な防災関係機関等への通報体制の
整備を進める。
また、災害時要援護者に対する各種情報の連絡・伝達体制を充実させるため、テレビ放送に
おける手話通訳、外国語放送及び文字放送の積極的な活用を図るとともに、避難所等での文字
媒体の活用等に努める。
- 108 -
第2章−第4部 自治体・民間団体・企業・地域・ボランティア等との連携
第2節 災害時要援護者等安全確保対策
第6. 防災訓練における災害時要援護者への配慮
青森市及び防災関係機関並びに災害時要援護者関連施設管理者は、防災訓練を実施する際、
災害時要援護者に十分配慮し、地域において災害時要援護者を支援する体制が整備されるよう
努める。
- 109 -
第2章−第4部 自治体・民間団体・企業・地域・ボランティア等との連携
第3節 防災ボランティア活動対策
第3節
防災ボランティア活動対策
[担当
総務部・健康福祉部・浪岡事務部・教育部]
災害時における応急対策に必要な人員を確保するとともに、被災者の多様なニーズへ対応し、
円滑な被災者救援活動を支援するため、平常時から防災ボランティア活動の支援体制の整備を
図るものとする。
第1.関係機関の連携・協力
青森市は、県及び青森市社会福祉協議会等関係機関と平常時から相互の交流を深め、防災ボ
ランティア活動に対する連携、協力に努める。
特に、近隣市町村及び社会福祉協議会については、被災時の円滑な連携を行えるよう、平常
時からの交流に努める。
第2.防災ボランティアの育成
青森市及び青森市教育委員会は、県及び県教育委員会と協力して、日本赤十字社青森県支部
青森市地区(浪岡分区を含む。以下同じ。
)、青森市社会福祉協議会等関係機関との連携を図り、
ボランティア団体に対し、防災に関する研修、訓練等への参加を働きかけるなど防災ボランテ
ィアの育成を図る。
第3.防災ボランティアコーディネーターの養成
防災ボランティアコーディネーターは、防災ボランティアを円滑に受け入れ、効果的な活動
へ導くための重要な役目を担っており、そのため、県、青森市社会福祉協議会等関係機関は連
携して、防災ボランティアコーディネーターの養成に努める。
第4.防災訓練等への参加
県及び青森市は、県教育委員会及び青森市教育委員会と協力して、青森市社会福祉協議会、
日本赤十字社青森県支部青森市地区へ防災訓練等への参加を呼びかけるとともに、防災ボラン
ティア受入等の訓練を行うことにより、災害時の手順の確認を行う。
また、青森市、青森市社会福祉協議会及び日本赤十字社青森県支部青森市地区は、地域で活
動するその他のボランティア団体等にも参加を働きかけるとともに、防災意識の啓発を図る。
- 110 -
第2章−第4部 自治体・民間団体・企業・地域・ボランティア等との連携
第3節 防災ボランティア活動対策
第5.ボランティア団体間のネットワークの推進
青森市社会福祉協議会及び日本赤十字社青森県支部青森市地区は、平常時から県及び県教育
委員会、青森市及び青森市教育委員会と連携し、登録ボランティア団体又はボランティア活動
団体が、地域において相互に交流・協力を深めるよう、交流会や研究会等を通じて、それぞれ
の主体的活動を生かしたネットワークを築けるよう支援する。
第6.防災ボランティアの受入体制の整備
県、青森市及び防災関係機関は、災害時においてボランティアの技能が生かされ、効果的に
活動できるよう、ボランティアに対するニーズの把握、防災ボランティアセンターの設置方法、
ボランティアの受付及び調整方法、活動上の安全確保、被災者ニーズ等の情報提供方策等、平
常時から受入体制の整備を図る。
- 111 -
第2章 災害予防計画
第5部 自然の保全と災害に強い都市整備
災害に対する都市の危険性は、災害誘因のほか、地域が抱える地形、地盤又は木造密集地域
などの自然的、社会的な災害に対する特性によって高まってくることとなる。
このことから、青森市では、自然の保全に留意しながら、自然的、社会的な災害要因を改善
し、災害そのものの発生を最小限にとどめるとともに、被害の拡大を抑止することができる都
市構造そのものの防災性を高めるため、都市構造防災化対策を計画的に推進していくものとす
る。
- 112 -
第2章−第5部 自然の保全と災害に強い都市整備
第1節 防災事業
第1節
防災事業
地域の特性に配慮しつつ災害に強いまちづくりを推進するとともに、各種災害の発生防止及
び被害の軽減を図るため、次の防災事業を推進する。
第1.地域保全事業
治山事業及び治水事業については、その有機的関連性にかんがみ、水源地から河口までの水
系を一体として捉え、治水、利水の調整を図りつつ、総合的な事業の計画的推進を図るものと
する。
造林事業については、地域保全的機能を重視し、防災にも目を向け積極的な推進を図るもの
とする。
海岸保全事業については、埋立または干拓事業、港湾事業、道路事業、都市計画事業等との
関連を考慮し、整備するものとする。
農地防災事業については、治山、治水、海岸保全その他各種事業との調整を図りつつ、その
計画的促進を図るものとする。
1.治山対策事業
[担当
農林水産部]
青森市では、これまで山地治山事業、水土保全治山事業、水源地域整備事業、防災林造成
事業、保安林整備事業及び地すべり防止事業が県において実施されており、また、小規模治
山事業については、青森市において実施するなど、山地災害の未然防止を図ってきたところ
である。
しかし、青森市には、いまだに山地災害危険地区、小規模山地崩壊危険地区、海岸侵食危
険地区、なだれ危険箇所等が存在しており、危険度の高い地区については、早急な防止対策
が必要であり、かつ水源かん養機能の向上、森林による生活環境の保全、形成等を図ること
が地元住民から強く望まれている。
このため他事業との調整を図りつつ、その対策を計画的に推進するよう国、県に働きかけ
るものとする。
○
山地災害危険地区一覧
(資料 29)
○
地すべり危険箇所等一覧
(資料 30)
○
なだれ危険箇所一覧
(資料 31)
○
小規模山地崩落危険地区/ため池一覧
(資料 36)
○
海岸線(海岸保全区域)管理一覧
(資料 38)
2.砂防対策事業
[担当
都市整備部・浪岡事務部]
集中豪雨等による土石流、地すべり、急傾斜地の崩壊等による災害から市民の生命、身体
- 113 -
第2章−第5部 自然の保全と災害に強い都市整備
第1節 防災事業
及び財産を保護するための砂防事業、地すべり対策事業及び急傾斜地崩壊対策事業の計画的
推進を国、県に働きかけるものとする。
また、なだれによる災害から人命を守るため、集落の保護を目的としたなだれ対策事業の
計画的推進についても国、県に働きかけるものとする。
なお、危険箇所等については、標識を設置するとともに、危険区域内における制限行為等
について周知徹底を図るものとする。
(1)砂防事業
青森市では、これまで土石流対策として、土砂の流下調節、直接抑止のための砂防堰堤、
渓床の縦横侵食防止のための床固工、流路工の工事が実施されてきたところであるが、青
森市域には、土石流危険渓流が多くあり、かつ危険度の高い地区が多いため、その対策の
計画的推進を国、県に働きかけるものとする。
○
砂防指定地一覧
(資料 32)
○
土石流危険渓流等一覧
(資料 33)
(2)地すべり対策事業
青森市には、次のとおり地すべり危険箇所等があり、これまで地下水の排水施設、擁壁
等それぞれの地域に対応した防止施設工事が実施されてきたところであるが、今後も地す
べり対策事業の計画的推進を国、県に働きかけるものとする。
○
地すべり危険箇所等一覧
(資料 30)
(3)急傾斜地崩壊対策事業
青森市では、これまで集中豪雨等に伴う急傾斜地の崩壊による災害に対処するため、そ
の所有者等が崩壊防止工事を行うことが困難または不適当と認められるものについて、野
内浦島地区、浅虫蛍谷地区をはじめとして、危険度の高いものから順次急傾斜崩壊対策事
業が実施されてきたところである。
しかし、青森市域には、次のとおり急傾斜地崩壊危険箇所が次のとおりあり、その危険
度の高い地区も多いため、今後も急傾斜地対策事業の計画的推進を国、県に働きかけるも
のとする。
○
急傾斜地崩壊危険箇所
(資料 34)
(4)なだれ対策事業
青森市には、次のとおりなだれ危険箇所があることから、今後もなだれ対策事業の計画
的推進を国、県に働きかけるものとする。
○
なだれ危険箇所一覧
(資料 31)
3.河川防災対策事業
[担当
都市整備部・浪岡事務部]
青森市域を流下する1級河川は、岩木川水系の本郷川をはじめ、大釈迦川、十川、浪岡川
など7河川があり、これら河川は昭和 52 年度に氾濫し激甚災害をもたらしたが、浪岡川に
ついては、昭和 56 年以降改修されている。
また、2級河川にあっては、堤川、駒込川、新城川など 21 河川があり、これら河川は県
が管理するところであるが、堤川及び新城川にあっては、昭和 43 年以来広域基幹河川改修
- 114 -
第2章−第5部 自然の保全と災害に強い都市整備
第1節 防災事業
事業、その他の河川についても様々な河川改修事業が実施され、河川管理は十分なされてい
るものの、現在も未着手の原始河川に近い河川も存在している。
なお、青森市が管理する準用河川及び普通河川は次のとおりであるが、今後もこれら河川
の堤防の維持、補修、護岸等の維持に努めるとともに、河積の拡大、河道の安定等の河川改
修を要するものについては、県と連携をとりながら改修改良計画を立て、その実施に努める
ものとする。
○
河川一覧
(資料 37)
4.海岸防災対策事業
[担当
都市整備部・農林水産部]
青森市の海岸線の延長は、42,714mに及んでおり、その内 21,557mが海岸保全区域に指定
されている。青森海岸は、これまでも浸食、越波、飛沫等の要因による様々な被害を受けた
が、約 40 年間にわたり海岸保全施設等による海岸整備事業を行い、安全、利用、環境面に
おいて調和のとれた海岸づくりが行われてきた。
なお、海岸防災対策事業は、後背地水面等の関連により、建設海岸及び港湾海岸(国土交
通省所管)、漁港海岸(農林水産省水産庁所管)並びに農地海岸(農林水産省農村振興局所
管)に分かれて実施しているので、連絡調整を図るよう関係機関に働きかける。
(1)後潟漁港海岸
海岸線延長 1,187m、海岸保全区域延長 304mであり、区域のほとんどが漁港施設によ
り保全されている。
(2)奥内漁港海岸
海岸線延長 1,909m、海岸保全区域延長 1,236mであり、海岸保全施設の整備は、昭和
47 年度に完了している。
(3)久栗坂漁港海岸
海岸線延長 1,507m、海岸保全区域延長 840mであり、海岸保全施設の整備は、平成5
年度に完了している。
(4)青森漁港海岸
海岸線延長 1,327m、海岸保全区域延長 295mであり、海岸保全施設の整備は、平成 19
年度に完了している。
○
海岸線(海岸保全区域)管理一覧
(資料 38)
5.農地防災対策事業
[担当
農林水産部]
(1)湛水防除
青森市農用地等(8,787ha)の湛水防除対策として、湛水防除事業が実施され、おおむ
ね 185ha 以上の各地区における排水機等の主要施設は、ほぼ整備されている。また、ほ場
整備施行地域(4,158.0ha)の主要排水路もおおむね整備されており、未施行地域につい
ては、地区内の排水路の整備を図るべく事業計画を進めている。
(2)ため池等整備事業
- 115 -
第2章−第5部 自然の保全と災害に強い都市整備
第1節 防災事業
ア.青森市においては、従来から農業用水確保のため、ため池を利用しているが、築造
年数の古いものや、漏水するため池について、堤体の安全確保、下流地域の災害の未
然防止を図るため、その実態を把握するとともに、計画的な補強改良工事を実施する。
イ.農業用排水施設は、自然的、社会的状況の変化により、その効用が低下しているも
のもあるため、これらの施設について実態を把握し、必要なものについては、計画的
な改修工事を実施するよう県に働きかけるとともに、青森市が管理する用排水施設に
ついて計画的な改修工事を実施する。
ウ.土砂崩壊防止対策は、風水害によって土砂崩壊の危険が生じた箇所において、土留
擁壁等の対策工事を実施し、農地及び農業用施設の災害を未然に防止するよう、計画
的な改修を県に働きかける。
第2.その他の防災事業
その他の防災事業として道路、港湾等の点検、整備及び上下水道の防災性の強化を図るとと
もに、危険地域からの移転事業の促進に努めるものとする。
1.道
路
[担当
都市整備部・浪岡事務部]
青森市には、道路危険箇所があることから、市道については、点検、整備に努め、国道、
県道については、今後も道路整備事業の計画的推進を国、県に働きかけるものとする。
○
道路危険箇所一覧
(資料 35)
2.港湾等
[担当
都市整備部・農林水産部]
青森市における港湾、漁港等施設については、県の管理となっており、今後とも防災施設
等の計画的整備を県に働きかけるものとする。
3.上下水道施設
[担当
環境部・企業部]
青森市における上下水道施設については、防災対策の強化に努めるとともに防災用資機材
の整備充実を図るものとする。
4.危険地域からの移転対策事業
[担当
都市整備部・浪岡事務部]
崖地の崩壊等により、市民の生命に危険が及ぶおそれのある区域からの危険住宅の移転に
対する助成を利用し、その促進を図る。
(1)防災集団移転
たびたび災害に襲われる地域にあっては、市民の恒久的安全を確保するため、住居その
- 116 -
第2章−第5部 自然の保全と災害に強い都市整備
第1節 防災事業
ものを安全な場所に移転する防災集団移転等の事業制度を積極的に利用するものとする。
(2)崖地近接等危険住宅移転事業
がけくずれ等により危険のある住宅について、市民の生命の安全を確保するために、災
害危険区域等にある既存不適格住宅の移転を促進する。
(資料)
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
山地災害危険地区一覧
地すべり危険箇所一覧
なだれ危険箇所一覧
砂防指定地一覧
土石流危険渓流等一覧
急傾斜地崩壊危険箇所
道路危険箇所一覧
小規模山地崩落危険地区/ため池一覧
河川一覧
海岸線(海岸保全区域)管理一覧
(資料・様式編/資料29)
(資料・様式編/資料30)
(資料・様式編/資料31)
(資料・様式編/資料32)
(資料・様式編/資料33)
(資料・様式編/資料34)
(資料・様式編/資料35)
(資料・様式編/資料36)
(資料・様式編/資料37)
(資料・様式編/資料38)
- 117 -
第2章−第5部 自然の保全と災害に強い都市整備
第2節 都市災害対策
第2節
都市災害対策
都市の健全な発展と秩序ある整備を図るとともに、災害に強いまちづくりを推進するため、
地域・地区の指定、都市基盤施設の整備、防災拠点等の整備、市街地の整備、建築物の不燃化
を促進するものとする。
第1.地域地区の設定、指定
[担当
都市整備部]
1.用途地域の設定
用途混在による環境上、防災上の阻害要因を排除するため、適切な用途地域を定める。
2.防火地域、準防火地域の指定
市街地における火災を防止するため、防火地域及び準防火地域を指定し、建築物に対する
規制を強化する。
第2.都市基盤施設の整備
[担当
環境部・都市整備部・浪岡事務部・企業部]
都市の安全を確保するため、次の都市基盤施設の整備を行う。
1.道路(街路)の整備
都市交通を処理するとともに、地区の災害に対する危険性を考慮し、避難路、延焼遮断帯、
緊急輸走路、消防用道路等の都市防災上の機能を高めるため、道路の整備を行う。
また、市街地における雨水からの浸水を防止するため、側溝の新設及び改修等を行う。
2.公園緑地の整備
都市のやすらぎ空間の確保とともに、地区の災害に対する危険性を考慮し、避難場所、避
難路、延焼遮断帯の都市防災上の空間の確保のため、他の都市基盤施設との調和を図りなが
ら都市公園等の充実を図る。
3.下水道事業
都市生活環境の向上及び公共用水域の水質保全を図るとともに、市街地の浸水を防止する
ため、都市下水路及び下水道施設を効率的に整備する。
4.ライフライン共同収容施設の整備事業
ライフライン機能及び歩行空間、安全な道路交通の確保のため、電線共同溝等の整備事業
を推進するほか、特に、3次救急医療機関等の人命に関る重要施設への供給ラインの重点的
な耐震化を進める。
- 118 -
第2章−第5部 自然の保全と災害に強い都市整備
第2節 都市災害対策
第3.防災拠点施設等の整備
[担当
総務部]
安全な都市環境の実現を図るため、防災拠点施設、臨時ヘリポート等の救援活動拠点及び備
蓄倉庫、耐震性貯水槽等の災害応急対策に必要な施設の整備を推進する。
第4.市街地の整備
[担当
都市整備部]
市街地における災害の発生を未然に防止するため、都市基盤施設の整備とともに面的な市街
地整備を行い、相互に連携した重層的な都市の防災化を推進する。
1.市街地再開発事業等
土地の合理的かつ健全な高度利用と都市機能の更新を図るとともに、都市における災害の
発生を防止するため、市街地再開発事業等の推進を図る。
2.住環境整備事業
住環境の整備改善とともに、都市における災害の発生を防止するため、住環境整備事業の
推進を図る。
3.土地区画整理事業
未整備な市街地の道路、公園、河川等の公共施設を整備することにより、良好な市街地を
形成するとともに、治水対策、消火活動、避難行動、延焼防止等の都市防災機能を図るため、
土地区画整理事業の推進を図る。
第5.建築物不燃化対策
[担当
都市整備部等]
安全な都市環境を実現するため、建築物の不燃化を図る。
1.公共建築物の不燃化
庁舎、学校、病院等の公共建築物の不燃化を図る。
2.耐火建築物の建設促進
耐火建築物の建設を促進するため、融資制度の周知徹底を図る。
第6.風水害に対する建築物の安全性の確保
劇場や映画館・集会所等不特定多数の者が使用する施設並びに学校及び医療機関等の応急対
策上重要な施設については、浸水等風水害に対する安全性の確保に特に配慮するとともに、住
- 119 -
第2章−第5部 自然の保全と災害に強い都市整備
第2節 都市災害対策
宅をはじめとする建築物の風水害に対する安全性の確保を促進するため、基準の遵守の指導等
に努める。
強風による落下物の防止対策を図るとともに、防水扉及び防水板の整備など、施設を浸水被
害から守るための対策が講じられるよう、その促進に努める。
(資料)
○
用途地域等の設定状況
(資料・様式編/資料39)
- 120 -
第2章−第5部 自然の保全と災害に強い都市基盤
第3節 建築物等対策
第3節
建築物等対策
地震発生時の地震動による建築物本体の被害、窓ガラス・外装材等の損壊落下による被害、
ブロック塀・石塀等の倒壊による被害のほか、建築物の倒壊による地震火災の発生を防止し、
または被害の拡大を防止するため、公共建築物等災害予防、一般建築物等災害予防、コンピュ
ータシステム等災害予防の促進を図るものとする。
第1.公共建築物等災害予防
[担当
都市整備部等]
1.青森市有施設
地震による建築物等の倒壊等の被害から市民の生命等を保護するとともに、青森市の防災
機能を確保するため、青森市有施設のうち防災上重要な施設の耐震診断、耐震化について、
計画的な実施に努める。
2.公共的施設
不特定多数の人が出入りする劇場・百貨店、社会福祉施設等の公共的建築物の耐震性の向
上を促進するため、現行の耐震基準に適合しない建築物の所有者に対し、自主的な耐震診断
及び耐震改修の実施について適切な指導を行う。
エレベーターの地震防災対策として、地震時においても機能を維持し、支障なく安全に運
転継続できるようエレベーターの耐震安全性を確保するとともに、閉じ込めを防止するため、
安全装置等の改良を建築物の所有者、管理者に対して周知徹底する。
第2.一般建築物等災害予防
[担当
総務部・都市整備部等]
1.一般建築物の耐震性促進
青森市は県と連携して、特殊建築物等の中間検査制度の活用及び完了検査率の向上を図り、
欠陥建築物の防止と耐震性を促進する。また、民間確認検査機関を活用して、住宅の完了検
査の一層の充実を図るとともに、
昭和 56 年 5 月以前に建築された既存建築物等については、
所有者、管理者に対する耐震診断及び耐震改修等に関する指導を計画的に実施する。
2.窓ガラス、看板及び天井等の耐震性の向上
青森市は県と連携して、市街地の道路に面する建築物の窓ガラス、外装タイル、看板等工
作物の破損落下による被害を防止するため、窓ガラス等の設置状況等について調査を実施し、
必要があるものについては、点検、改修などの指導を行う。
特に、通学路及び避難場所周辺においては、改修を要する建築物の所有者、管理者に対し
て強力な改修指導を行う。
また、建築物における天井材等の落下防止対策を講ずるものとする。
- 121 -
第2章−第5部 自然の保全と災害に強い都市基盤
第3節 建築物等対策
3.ブロック塀、石塀等対策
青森市は県と連携して、道路沿い等に設置又は改修しようとするブロック塀等の所有者に
対し、建築基準に適合したものとするよう指導する。
また、通学路や避難路及び人通りの多い道路等に沿って設置されているブロック塀等につ
いては、その実態を把握するとともに、危険性のあるものについては、改修するよう所有者、
管理者に対して指導する。
4.家具等転倒防止対策
市民に対し建築物内の食器棚、書棚等、家具の地震時における転倒、移動の防止対策につ
いて広報紙等により周知徹底する。
第3.コンピュータシステム等災害予防
[担当
総務部]
コンピュータシステムの損傷は、社会経済機能に大きな支障を及ぼすため、自ら保有するコ
ンピュータシステムの保全やデータのバックアップ等の対策を推進するとともに、企業等の自
発的な災害予防の取組を促進する。
- 122 -
第2章−第5部 自然の保全と災害に強い都市整備
第4節 電力・ガス・上下水道・電気通信・放送施設対策
第4節
電力・ガス・上下水道・電気通信・放送施設対策
[担当
総務部・環境部・浪岡事務部・企業部]
災害による電力・ガス・上下水道・電気通信・放送施設の被害を未然に防止するため、耐浪
性の確保を図るとともに、系統多重化、拠点の分散、代替施設の整備等による代替性の確保な
ど、
「防災事業」及び「都市災害対策」に関連して、必要な措置を講ずるものとする。
第1.電力施設
[担当
総務部等]
電力供給事業者は、次の災害予防措置を講ずるよう努める。
1.電力施設の耐震性強化
災害時において電力供給ができるよう、次により施設・設備の耐震性の強化を図る。
(1)変電設備
①機器、設備の整備点検
②碍子型機器の耐震構造化
③保護継電装置の耐震性の強化
④土木建築物の安全性の調査、検討及び強化
(2)送配電設備
①地質に応じた基礎の採用
②支持物巡視点検の実施
③不等沈下箇所の調査及び補強の促進
④橋梁並びに建物取付部における管、材料及び構造の耐震化
2.電力設備の災害予防措置
(1)水力発電設備
過去に発生した災害等を考慮し、必要に応じて防水壁、護岸の整備、排水ポンプの設置
機器のかさ上げ等を実施する。
(2)送電設備
架空電線路については、土砂崩れ、洗掘などの起こるおそれのある箇所について擁壁等
を実施するとともに、これらの地域への設備設置は極力避ける。また、地中電線路につい
ては、ケーブルヘッド位置の適正化等を実施し、大きな地盤移動の発生が予想される地域、
軟弱地盤や液状化の可能性が大きなところはできるだけ避ける。
(3)変電設備
浸冠水の恐れのある箇所については、床面のかさ上げ、ケーブルダクトの密閉化等の対
策を講ずる。
(4)配電設備
山崩れ、地すべり、沈下等災害発生危険地域については、基礎の補強等を行うとともに、
これらの地域への設備設置は極力避ける。
- 123 -
第2章−第5部 自然の保全と災害に強い都市整備
第4節 電力・ガス・上下水道・電気通信・放送施設対策
3.防災業務施設及び設備の整備
次の施設及び設備を整備する
(1)観測、予報施設及び設備
(2)通信連絡施設及び設備
(3)水防、消防に関する施設及び設備
(4)その他災害復旧用施設及び設備
4.災害対策用資機材等の確保及び整備
(1)資機材等の確保
災害に備え、平常時から復旧用資機材、工具、消耗品等を確保する
(2)資機材等の輸送
資機材等の輸送計画を策定しておくとともに、車両、船艇等の輸送力を確保する
(3)資機材等の整備、点検
資機材等は、常にその数量を把握しておくとともに、入念な整備点検を行い、非常事態
に備える
(4)資機材等の仮置場
青森市は管理する公共用地等の提供など、電力供給事業者による非常事態下での用地確
保に協力するものとする
5.電気工作物の巡視、点検、調査等
電気工作物を常に法令に定める技術基準に適合するよう維持し、さらに事故の未然防止を
図るため、定期的な電気工作物の巡視点検(災害発生につながるおそれがあるものは特別の
巡視)及び自家用需用家を除く一般需用家の電気工作物等の調査を行い、感電事故を防止す
るほか、漏電などにより出火にいたる原因の早期発見とその改修に努める。
6.広報活動
(1)公衆感電事故防止PR
災害による断線、電柱の倒壊、折損等による公衆感電事故を未然に防止するため、住民
に対し広報活動を行う。
(2)PRの方法
ラジオ、テレビ、新聞等の報道機関を利用するほか、パンフレット、チラシ等を配布・
作成する。
(3)停電関連
病院等重要施設においては、災害による長時間停電に起因する二次災害を防止するため、
自家発電設備の設置を要請する。
- 124 -
第2章−第5部 自然の保全と災害に強い都市整備
第4節 電力・ガス・上下水道・電気通信・放送施設対策
第2.ガス施設
[担当
総務部等]
ガス供給事業者は、次の災害予防措置を講ずるよう努める。
1.ガス施設の耐震性強化
災害時においてガス供給が円滑に行われ、また、ガスによる二次災害を防止するため、次
によりガス工作物の耐震性の強化を図る。
(1)製造設備の耐震性を維持強化する
(2)導管は、溶接鋼管、ポリエチレン管または可撓性のある機械的接合を用いた鋼管、ダク
タイル鋳鉄管に随時移行する。
2.ガス施設の災害予防措置
災害時におけるガス供給の確保とガスによる二次災害防止のため、次の対策を講ずる。
(1)定期点検
ガス施設の定期点検を行い、技術基準に適合するよう維持する。
(2)緊急操作設備の強化
製造設備及びガスホルダーには、発災時にガス送出・LPG流出の緊急遮断が行えるよ
う設備を整備する。中圧導管には、ガス遮断・放散を可能とする設備を整備する。
(3)LPG容器の転倒防止装置
LPG容器の転倒防止装置の設置を徹底する。
3.応急復旧体制の整備
(1)ガス漏洩通報に対する受付体制の整備
(2)消防機関、警察機関等との専用通信設備の整備及び協力体制の整備
(3)応急復旧動員体制の整備
(4)応急復旧用資機材の整備
(5)応急復旧を迅速に行うための低圧導管の地区別ブロック化の推進
(6)保安無線通信の整備・充実
4.広報活動
(1)ガス栓の閉止等、災害が発生した場合等にガス器具に関してとるべき措置の周知
(2)ガス漏れ等の異常に気づいた場合の措置の周知
第3.上水道施設
[担当
企業部]
青森市は、次の災害予防措置を講ずる。
1.上水道施設の耐震性強化等
青森市及び津軽広域水道企業団は、災害時における断水を最小限に止めるため、次により
水道施設の耐震性の強化を図る。
- 125 -
第2章−第5部 自然の保全と災害に強い都市整備
第4節 電力・ガス・上下水道・電気通信・放送施設対策
(1)水道施設の耐震設計
水道施設の設計は、耐震設計とする。
(2)貯水、取水及び導水施設
貯水及び取水施設の耐震性の強化を図り、管路は、耐震性継手、伸縮継手、緊急遮断弁
等耐震性を考慮した構造、材質とする。
また、水源については、取水口上流等周辺の状況を把握し、地震時の原水水質の安全が
保持できるかを確認するとともに、複数水源間の連絡管の敷設、地下水等による予備水源
の確保を図る。
(3)浄水施設及び送配水施設
ア.ポンプ周りの配管、構造物との取付け管、薬品注入関係の配管設備等について耐震
化を図るとともに、塩素中和装置等を設置し、二次災害を防止する。
イ.送配水幹線については、耐震性継手、伸縮可撓管、緊急遮断弁等耐震性の高い構造、
工法を採用するほか、異なる送配水系統間の相互連絡及び連絡管の整備を行う。
配水管路は、管路の多系統化、ループ化等の整備を行う。
(4)付属施設等
施設の機能を十分に発揮させるために必要不可欠な情報伝達設備や遠隔監視制御設備、
自家発電設備等の付属施設付帯設備等についても耐震化を図る。
(5)既存施設
既存の上水道施設の耐震性診断を行い、また、既設管の漏水防止作業を実施するととも
に、破損及び老朽化の早期発見に努め、更新等の改良を行う。
(6)その他の施設
浄水場、配水池等の構造物、主要な管路等の基幹施設及び避難所、医療機関等に配水す
る管路については、優先的に耐震化を図るなど、あらかじめ定めた耐震性の強化の目標に
基づき順次計画的に耐震化を図る。
2.施設の防災性の強化
災害を未然に防ぐため、施設の新設、拡張、改良等に際し、施設の防災対策を強化する。
3.防災用施設、資機材の整備充実
水道施設の被害等による応急給水活動に備え、緊急時給水拠点となる浄水場、耐震性貯水
槽等の施設及び応急給水のための給水車、給水タンク、給水スタンド、給水袋、消毒剤、簡
易ろ過機、給水ポンプ、可搬式発電機等の資機材の整備増強を図る。
また、仮配管等の設置に備え、配管、バルブ等の水道資材の備蓄と民間資材の備蓄量及び
備蓄場所の把握をしておく。
4.非常時における協力体制の確立
被災時には、独自に対処することが困難な場合も想定されるので、他市町村、県、青森市
管工事業協同組合、青森県管工機材商業協同組合等、関係機関との連絡協力体制を確立して
おく。
- 126 -
第2章−第5部 自然の保全と災害に強い都市整備
第4節 電力・ガス・上下水道・電気通信・放送施設対策
第4.下水道施設
[担当
環境部]
青森市は、次の災害予防措置を講ずるよう努める。
1.下水道施設の耐震性強化
青森市は、災害時における市民の衛生的な生活環境を確保するため、次により下水道施設
の耐震性の強化を図る。
(1)管渠
地盤の軟弱な地区などに敷設されている下水道管渠に重点をおき、補強を行う。
また、新たに下水道管渠を敷設する場合は、基礎、地盤条件等総合的な見地から検討・
計画するものとし、地盤の悪い箇所に敷設する場合は、適切な管渠基礎工を行うとともに、
人孔と管渠の接合部に可撓性伸縮継手を使用するなどの工法で実施する。
(2)ポンプ場、終末処理場
ポンプ場及び終末処理場と下水道管渠の連絡箇所は、地振動により破損しやすいため、
老朽化した施設については補強を行うとともに、今後の設計に当たっては、耐震性を考慮
し、バランスのとれた構造計画、基礎地盤の総合的な検討を行うものとする。
2.施設、設備の整備充実
下水道施設・ポンプ施設の設置に当たっては、外部からの浸水、敷地内の排水に十分対策
を講ずるとともに、被災時に備えて予備機器の整備、受電設備の多回線化、非常用自家発電
装置等の設置に努める。
3.防災体制の確立
下水道施設の機能維持を図るため、点検計画を定め、これに基づいて施設、機器の保守点
検に努めるとともに、応急復旧用資材、車両等について体制を確立しておく。また、災害時
に対応できるよう日常の訓練に努める。
第5.電気通信設備
[担当
総務部等]
電気通信事業者は、次の災害予防措置を講ずるよう努める。
1.電気通信設備等の耐震性強化等
災害時においても通信の確保ができるよう、次により施設・設備の耐震性強化を図る。
(1)耐震対策
①局舎、鉄塔の耐震化
②局内設備の固定、補強等
(2)津波対策
- 127 -
第2章−第5部 自然の保全と災害に強い都市整備
第4節 電力・ガス・上下水道・電気通信・放送施設対策
①局舎内への浸水防護措置
②防水扉、防潮板の設置
③下水管、局内マンホール、ホラどうからの浸水防止
2.長期防災対策の推進
平素から設備自体を物理的に強固にし、災害に強い信頼性の高い通信設備を構築するた
めに、次の防災設計を実施する。
(1)豪雨、洪水、高潮、津波等のおそれがある地域の電気通信設備等について、耐震構造化
を行う。
(2)豪雨または豪雪のおそれが地域の電気通信設備等について、耐風または耐雪構造化を行
う。
(3)地震または火災に備えて、主要な電気通信設備等について、耐震及び耐火構造化を行う。
3.通信網の整備
電気通信システムの一部の被災が他に重大な影響を及ぼさないよう信頼性を図る。
(1)主要な伝送路を多ルート構成、若しくはループ構成とする。
(2)主要な中継交換機を分散設置する。
(3)大都市において、どう道(共同溝を含む)網を構築する。
(4)通信ケーブルの地中化を推進する。
(5)主要な電気通信設備等について、必要な予備電源を設置する。
(6)重要加入者については、当該加入者との協議により加入者系伝送路の信頼性を確保する
ため、2ルート化を推進する
4.防災資機材の整備
災害応急対策及び災害復旧を実施するために必要な防災資機材の整備を図るとともに、
緊急に必要と認められる資材及び物資については、事前に保管場所を指定し、備蓄する。
5.大規模災害時の通信確保対策
(1)災害時に備え、重要通信に関するデータベースを整備する。
(2)常時、そ通状況を管理し、通信リソースを効率的に運用する。
(3)災害時には、設備の状況を監視しつつ、トラフィックコントロールを行い、重要通信を
確保する。
(4)被災地域への通信の確保等のため、ボイスメールシステムの災害時における新たな活用
方法を検討するほか、被災地ネットワークの構築、安否・所在登録システムの開発等への
技術的支援に努める。
- 128 -
第2章−第5部 自然の保全と災害に強い都市整備
第4節 電力・ガス・上下水道・電気通信・放送施設対策
第6.放送設備
[担当
総務部等]
放送事業者は、次の災害予防措置を講ずるよう努める。
1.放送施設の機能確保
放送機関は、災害時における市民への情報伝達ができるよう、次によりその機能を確保す
る。
(1)送信所、スタジオの建物、構築物の耐震性の強化
(2)放送設備、特に放送主系統、受配電設備、非常用発電設備等の耐震化
(3)放送設備等重要な設備の代替または予備の設備の設置
(4)火災による二次災害防止のための消防用設備等の整備
(5)建物、構築物、放送施設等の耐震性等についての定期的な自主点検
2.放送施設の防災対策及び二重化
災害による被害の防止と災害時における放送機能の維持を図るため、アンテナ等の設置に
ついては、機械的に堅固な資材を使用するとともに、電気的性能を監視する施設の整備を推
進する。また、放送機器は、現用機、予備機の2台方式を採用し、放送対策に万全を期する。
3.非常緊急放送体制の整備
緊急時に備え、送信系統の変更等を含め、非常緊急放送体制を整備しておく。
4.防災資機材の整備
災害応急、復旧対策に必要な資機材の整備・備蓄を図る。
- 129 -
第2章−第5部 自然の保全と災害に強い都市整備
第5節 交通施設対策
第5節
交通施設対策
災害による交通施設の被害は、社会経済活動に大きな影響を及ぼすばかりでなく、災害時の
応急対策活動の障害ともなることから、ミッシングリンクの解消等ネットワークの充実、施
設・機能の代替性の確保、各交通施設間の連携の強化、津波に対する安全性の確保等に努める
ものとする。
第1.道路・橋梁防災対策
[担当
都市整備部・浪岡事務部]
国・県・青森市は、災害時において避難路・緊急輸送ルートの確保を早期にかつ確実に図る
ため、道路の交通機能を拡充するとともに、次により道路、橋梁の耐震、耐浪性の強化及び防
災施設の整備を図る。また、山間道路については、豪雨や台風による土砂崩れや落石等の災害
を防止するため、法面処理工、落石覆工等を実施する。
発災後の道路の障害物除去、応急復旧等に必要な人員、資機材等の確保について、建設業者
との協定の締結に努める。
1.道路の整備
災害時における道路機能を確保するため、所管道路について、次の調査、工事を実施する。
(1)道路法面、盛土欠落危険調査
道路隣接法面の路面への崩落が予想される箇所及び路体の崩落が予想される箇所を把
握するため、道路法面、盛土欠落危険調査を実施する。
(2)道路の防災補修工事
上記(1)の調査に基づき、道路の防災補修工事が必要な箇所について、工法決定のた
めの測量、地質調査、設計等を行い、その対策工事を実施する。
2.橋梁の整備
災害時における橋梁機能を確保するため、所管橋梁について、次の調査、工事を実施する。
(1)橋梁耐震点検調査
構造の改善補強等が必要な箇所を把握するため、橋梁耐震点検調査を実施する。
(2)橋梁の耐震補強の工事
上記(1)の調査に基づき、補修対策工事が必要とされた橋梁について、老朽橋の架替、
補強、橋座の拡幅、落橋防止装置の整備等耐震補強工事を実施する。
(3)耐震橋梁の建設
新設橋梁は、耐震構造とする。
3.横断歩道橋の整備
災害時において横断歩道橋が落下等により交通障害物となることを防止するため、所管す
- 130 -
第2章−第5部 自然の保全と災害に強い都市整備
第5節 交通施設対策
る横断歩道橋について、次の調査、工事を実施する。
(1)横断歩道橋の点検調査
建設後の維持管理、気象条件等による構造細目の変化を把握するため、本体と階段の取
付部を中心として横断歩道橋の点検調査を実施する。
(2)横断歩道橋の落下防止補強工事
上記(1)の調査に基づき、補強等の対策が必要とされた横断歩道橋について、落下防
止補強工事を実施する。
4.トンネル・地下道の整備
災害時におけるトンネル・地下道の交通機能の確保のため、所管するトンネル・地下道に
ついて、次の調査、工事を実施する。
(1)トンネル・地下道の安全点検調査
補強等対策工事の必要箇所を把握するため、トンネル・地下道の耐震点検調査を実施
する。
(2)トンネル・地下道の耐震補強工事
上記(1)の調査に基づき、補強対策工事が必要な箇所について、補強工事を実施する。
5.道路啓開用資機材の整備及び計画の作成
事故車両、倒壊物、落下物等を排除して、震災時の緊急輸送路としての機能を確保できる
ようレッカー車、クレーン車、工作車等の道路啓開用資機材を確保できる体制の整備を図る。
また、障害物除去による道路啓開、応急復旧等を迅速に行うため、道路管理者相互の連携の
下、あらかじめ道路啓開等の計画を立案するものとする。
第2.港湾・漁港防災対策
[担当
都市整備部・農林水産部]
青森市は、次の災害予防措置を講ずるよう県に対し要請する。
1.港湾改修
災害時における緊急物資の海上輸送路を確保するためのけい留施設や、台風、高潮災害時
における被害を防止するための防災施設を整備する。また、船舶の大型化、高速化に対処す
るため、大型のけい留施設を整備するとともに、泊地の拡張、航路の拡幅及び増深を図る。
2.漁港整備
荷さばき時に集中する漁船の交錯及び災害時の被害の解消のため、泊地、けい船岸を整備
する。
3.その他船舶の施設
- 131 -
第2章−第5部 自然の保全と災害に強い都市整備
第5節 交通施設対策
ヨット、モーターボート等レジャースポーツ用船艇については、客船、貨物船、漁船等と
の交錯を避けるため、拠点地区を設けて収容する。
4.機能維持・継続のための対策の検討及び協定の締結
発災後の緊急輸送及び地域産業の速やかな復旧・復興を図るため、発災時の港湾機能の維
持・継続のための対策を検討する。また、その検討に基づき、港湾の危険物の除去、航路啓
開、応急復旧等に必要な人員、資機材等の確保に関する建設業者等との協定の締結等必要な
対策を講ずる。
第3.関連調整事項
陸上における交通施設について、路線計画、構造等に防災的見地から十分な対策を講ずる
よう考慮する。
- 132 -
第2章−第5部 自然の保全と災害に強い都市整備
第6節 積雪期の地震災害対策
第6節
積雪期の地震災害対策
積雪期の地震による被害の拡大を防止するため、積雪期における交通の確保、屋根雪処理等
家屋倒壊の防止、積雪期の避難場所、避難路の確保を図るものとする。
第1.総合的な雪対策の推進
[担当
都市整備部・浪岡事務部]
積雪期の地震災害の予防対策は、除排雪体制の整備、雪につよいまちづくり等の雪害予防
対策の総合的、継続的推進により確立されるものである。
そのため、
「青森県地域防災計画(風水害等災害対策編)
」による雪害予防対策を各防災関
係機関が緊密に連携し、総合的かつ具体的な雪害予防対策の実施を推進する。
第2.交通の確保
[担当
都市整備部・浪岡事務部]
1.道路交通の確保
国・県・青森市は、災害時における応急対策に伴う輸送の増大に対処するため、除排雪体
制を確立し、日常生活道路の確保を含めた面的な道路確保対策を推進する。
(1)除排雪体制の確立
①一般国道・県道・市道及び高速自動車国道の整合性のとれた除雪体制を確立するため、
各道路管理者相互の緊密な連携の下に除排雪計画を策定する。
②除排雪区間の伸長と除排雪水準の向上を図るため、地形や積雪状況等の自然条件に適合
した除雪機械の整備を促進する。
(2)積雪寒冷地に適した道路整備の促進
①冬期交通確保のため、堆雪スペースを備えた広幅員道路やバイパスの整備を促進する。
②なだれ等による交通遮断を防止するため、スノーシェッド・なだれ防止柵等の施設の整
備を促進する。
2.鉄道交通の確保
鉄道事業者は、降積雪の状況に応じて除雪機械の運行計画を定めておくとともに、機械除
雪によりがたい箇所の除雪及び機械除雪の不足を補う人力除雪体制を整備する。
3.航空輸送による緊急物資の受取場所の確保
積雪期の地震による道路交通の一時的マヒ、孤立集落の発生等に対処するため、次により
航空輸送の確保を図る。
(1)基幹空港の除雪体制の整備
①除雪機械の整備等空港の除雪体制を整備する。
(2)緊急物資の受取り場所の確保
①孤立が予想される集落の航空輸送による緊急物資の受取り場所の確保を図る。
- 133 -
第2章−第5部 自然の保全と災害に強い都市整備
第6節 積雪期の地震災害対策
第3.家屋倒壊の防止
[担当
健康福祉部・浪岡事務部]
屋根雪荷重による地震時の家屋倒壊を防止するため、災害時要援護者など自力での屋根雪処
理が不可能な世帯に対する地域の援助体制の確立を図る。
第4.積雪期の避難所、避難路の確保
[担当
総務部・都市整備部・浪岡事務部]
市街地の生活道路の除排雪を計画的に実施するとともに、流雪溝・融雪施設等の面的整備を
促進して、おおむね次のような避難所・避難路の確保等を図る。
(1)避難所の確保
地域の人口及び地形、なだれ等の危険性、施設の耐雪性等を考慮し、避難所を指定する。
(2)避難路の確保
①積雪、堆雪に配慮した体系的街路の整備を図る。
②小型除雪車の増強による歩道除雪の推進
③機械による除排雪が困難な地域や冬期交通のあい路となる箇所における消融雪施設
等の整備
(3)避難誘導標識の設置
市民が安全に避難場所に到達することができるよう積雪の影響を考慮して避難誘導の
ための標識を設置する。
- 134 -
第2章−第5部 自然の保全と災害に強い都市整備
第7節 津波災害対策
第7節
津波災害対策
津波災害対策の検討に当たっては、
①発生頻度は極めて低いものの、発生すれば甚大な被害をもたらす最大クラスの津波
②最大クラスの津波に比べて発生頻度が高く、津波高は低いものの大きな被害をもたらす
津波
の2つのレベルの津波を想定することを基本とする。
最大クラスの津波に対しては、市民等の生命を守ることを最優先として、市民等の避難を軸
に、市民の津波防災意識の向上及び海岸保全施設等の整備、浸水を防止する機能を有する交通
インフラ等の活用、土地のかさ上げ、避難所・津波避難ビルや避難路・避難階段の整備・確保
等の警戒避難体制の整備、津波浸水想定を踏まえた土地利用・建築制限等ハード・ソフトの施
策を柔軟に組み合わせて総動員する「多重防御」による地域づくりを推進するとともに、臨海
部の産業・物流機能への被害の軽減など、地域の状況に応じた総合的な対策を講ずるものとす
る。
比較的発生頻度の高い一定程度の津波に対しては、人命保護に加え、住民財産の保護、地域
の経済活動の安定化、効率的な生産拠点の確保の観点から、海岸保全施設等の整備を進めるも
のとする。
第1.海岸保全施設等の整備
[担当
総務部・都市整備部]
津波による災害を防止し、または最小限に止めるため、国、県の協力を得て海岸堤防、防潮
堤、防波堤、防潮水門、海岸防災林等の海岸保全施設の整備を行うとともに、地震発生後の防
御機能の維持のため、耐震性の確保を図るものとする。
また、津波により海岸保全施設等が被災した場合でも、その復旧を迅速に行うことができる
ようあらかじめ対策をとるとともに、効果を十分発揮するよう適切に維持管理するものとする。
さらに、津波に対する統一的な図記号等を利用しやすい標識の設置や、周囲に高台等がない
地域では津波避難ビル等の整備・指定を推進する。
第2.津波防災の観点からのまちづくりの推進
[担当
都市整備部]
1.津波に強いまちづくり
津波による被害のおそれのある地域における土地利用について、土地利用の現状、将来の
発展性、市民生活の利便性を十分考慮し、高地移転など津波による被害をできるだけ少なく
するよう計画的に誘導する。津波からの迅速かつ確実な避難を実現するため、徒歩による避
難を原則として、地域の実情を踏まえつつ、できるだけ短時間での避難が可能となるような
まちづくりを目指すものとする。
また、施設を整備する場合、その配置及び構造について、できるだけ浸水の危険性の低い
場所に立地するよう整備するものとし、やむを得ず浸水のおそれのある場所に立地する場合
- 135 -
第2章−第5部 自然の保全と災害に強い都市整備
第7節 津波災害対策
には、建物の耐浪化、非常電源の設置場所の工夫、情報通信施設の整備や必要な物資の備蓄
など施設の防災拠点化を図るとともに、津波による浸水の危険性の低い場所への誘導につい
て配慮する。
2.公共施設等及び交通基盤施設等の整備
津波による被害のおそれのある地域において公共・公用施設を整備する場合、避難・救援
の拠点として、また、道路・鉄道等の交通施設を整備する場合は、避難路、救援路としての
機能に配慮する。
3.建築物等の安全確保
水産関連施設を整備する者及び越流等により浸水のおそれがある臨海部に建築をする者
は、施設や建築物の耐浪化に努める。
4.海岸防災林の保全
海岸防災林の保存、維持に努める。
第3.津波警報等、避難指示等の伝達体制の整備
[担当
市民政策部・総務部・市民生活部・健康福祉部・経済部・
農林水産部・都市整備部・消防部]
1.津波警報等伝達の迅速化、確実化
所定の伝達経路及び伝達手段を点検整備し、休日、夜間、休憩時等における津波警報等伝
達の確実化を図るため、要員を確保するなど防災体制を強化する。
2.避難指示等の発令基準の明確化
地域の特性を踏まえつつ、津波警報等の内容に応じた避難指示等の具体的な発令基準をあ
らかじめ定める
3.通報・通信手段の確保
様々な環境下にある、市民等及び職員に対して津波警報等が確実に伝わるよう、関係事業
者の協力を得つつ、防災行政用無線、全国瞬時警報システム(J−ALERT)、テレビ、
ラジオ(コミュニティFMを含む)、インターネット、携帯電話等(緊急速報メール機能を
含む。
)
、ワンセグ等を用いた伝達手段の多重化、多様化を図るとともに、海浜地への津波警
報伝達の浸透を図るため、サイレン、半鐘、広報車等の多様な手段を確保する。
4.伝達協力体制の確保
漁業協同組合、海水浴場の管理者、港湾工事施工者及び自主防災組織の責任者等とあらか
- 136 -
第2章−第5部 自然の保全と災害に強い都市整備
第7節 津波災害対策
じめ津波警報等の伝達に関し協議を行い、これらの者との協力体制を確保する。
5.津波警報伝達等訓練の実施
津波警報伝達等を迅速かつ確実に行うため、伝達等訓練を企画し、防災関係機関の参加の
もとに実施する。
第4.津波監視体制等の確立
[担当
総務部・農林水産部・都市整備部・消防部]
1.津波監視体制の確立
(1)国、県とともに、沖合を含むより多くの地点における津波観測データを充実し、関係
機関等で共有するとともに、公表する。
(2)発災時に消防団員等が海岸へ直接津波を見に行くこと等を防止するため、沿岸域にお
いて津波来襲状況を把握する津波監視システムの整備を図る。
(3)過去の津波災害の状況及び海岸の形状等から津波による被害が想定される地域を設定
する。
(4)津波警報が発表されたときはもとより、震度4以上の強い地震を感じたとき、または
弱い地震であっても長い時間ゆっくりとした揺れを感じたときは、津波の来襲に備え、
直ちに海岸から離れた高台等の安全地域からの目視、監視用カメラ、検潮器等の津波
観測機器を用いて海面監視を開始するよう監視人、監視場所を定めるとともに、漁業
協同組合、海水浴場の管理者等の協力を得て、海面監視情報の通報、伝達体制を確立
する。
第5.津波警戒の周知徹底
[担当
市民政策部・総務部・市民生活部・経済部・
農林水産部・都市整備部・教育部・消防部]
青森市及び防災関係機関は、チラシ、看板等あらゆる手段・機会を利用し、市民等に対し津
波警戒に関する次の事項の周知徹底を図る。
特に、海水浴シーズン、観光シーズンにおいては、津波に対する心得や当該地域の津波の危
険性等についての啓発を実施する。
1.市民、観光客、海水浴客、釣り客等への周知事項
(1)震度4以上の強い地震を感じたとき、または弱い地震であっても長い時間ゆっくりと
した揺れを感じたときは、直ちに海岸から離れ、急いで安全な場所に避難する。
(2)正しい情報をラジオ、テレビ、インターネット、広報車などを通じて入手する。
(3)地震を感じなくても、津波警報が発表されたときは直ちに海岸から離れ、急いで安全
な場所に避難する。
- 137 -
第2章−第5部 自然の保全と災害に強い都市整備
第7節 津波災害対策
(4)津波注意報でも、海岸保全施設の海側には入らない。
(5)津波は繰り返し襲ってくるので、警報、注意報解除まで気を緩めない。
2.船舶への周知事項
(1)震度4以上の強い地震を感じたとき、または弱い地震であっても長い時間ゆっくりと
した揺れを感じたときは、直ちに港外の水深の深い広い海域へ退避する。
(2)正しい情報をラジオ、テレビ、無線などを通じて入手する。
(3)地震を感じなくても、津波警報、注意報が発表されたときは、すぐ港外退避する。
(4)港外退避できない小型船は、高い所に引き上げて固縛するなど最善の措置をとる。
(5)津波は繰り返し襲ってくるので、警報、注意報解除まで気を緩めない。
(6)港外退避や小型船の引き上げ等は、時間的余裕がある場合のみ行う。
第6.津波避難計画の策定
次の事項に留意して津波避難計画を策定しておく。
(1)津波浸水等予測図
(2)津波避難対象地域の指定等
(3)初動体制(職員の参集等)の整備
(4)津波警報、津波情報等の収集・伝達方法等の整備
(5)避難勧告・指示の発令時期及び発令基準
(6)津波防災対策の啓発・教育
(7)津波避難訓練
(8)その他、津波避難対策のための措置
- 138 -
第2章−第5部 自然の保全と災害に強い都市整備
第8節 水害予防対策
第8節
水害予防対策
[担当
都市整備部・浪岡事務部]
水害(地震・津波の起因による水害を含む)を防止し、または被害の拡大を防止するため、
各種防災事業の総合的かつ計画的実施、河川の維持管理、気象・水象・地象等の観測体制の整
備、市民への情報伝達体制の整備、避難体制の整備、水防資機材の整備及び水防体制の整備等
を図るものとする。
第1.各種防災事業の総合的かつ計画的な実施
各種防災事業の実施に当たっては、他事業との調整を図る。
(1)治山対策事業
(2)砂防対策事業
(3)河川防災対策事業
(4)海岸防災対策事業
(5)農地防災対策事業
(6)都市防災対策事業
(7)危険地域からの集団移転促進事業
第2.河川の維持管理
治水施設の計画的整備を推進するとともに、その適正な管理を図るものとする。なお、河川
等の現況及び整備計画については、第1節「防災事業」による。
(1)河川巡視の実施
河川巡視員並びに河川、海岸及び砂防管理関係者が常時河川巡視を行い、出水期におけ
る危険箇所の発見及び河川の不法使用等の取り締まり、河川の維持管理を図る。
(2)河川管理施設の管理
ダム、堰、水門、堤防、護岸、床止め、その他災害を防止し、または被害を軽減する施
設の維持管理を徹底するため、次の措置を講ずる。
①構造の安全確保
河川管理施設は、水位、流量、地形、地質、河川の状況及び自重、水圧等予想される荷
重を考慮し、安全を確保するため各施設の耐震性を向上させるなどの強化措置を講ずる。
②維持管理
次の河川管理施設の操作規則を定め、その維持管理の徹底を図る。
(ア)洪水を調整する施設
(イ)洪水を分量させる施設
(ウ)治水上特に重要な内水排除施設または高潮等の防止若しくは流水調節施設
③河川の維持規則
- 139 -
第2章−第5部 自然の保全と災害に強い都市整備
第8節 水害予防対策
河川の流水、流量、深浅等河川に影響を及ぼす次の行為を規制し、河川の維持管理の徹
底を図る。
(ア)流水及び河川区域内の土地の占用
(イ)河川区域内の土石の採取、または掘削、工作物の構築等
(ウ)河川における竹木等の流送
第3.気象、水象等の観測体制の整備
災害時はもとより、常時河川及び海岸の状況を把握し、緊急時に備えるため、必要な箇所に
雨量、水位、流量、風、潮位、波浪の観測施設を設置して観測を行う。
また、河川水位等の予測のため、最新の資料・技術等を活用した予測システムの開発・実用
化を図る。
第4.情報収集、連絡体制の整備
災害時における情報収集及び防災関係機関相互の情報伝達を迅速かつ的確に実施するため、
防災無線網、ファクシミリ等を整備するとともに、情報通信網の多ルート化を図る。
また、関係機関等の協力を得て、雨量、水位等風水害に関する情報をより効率的に活用する
ための内容の拡充を図り、関係行政機関はもとより、報道機関を通じた一般への提供体制の整
備を図るとともに、リアルタイムで整理、提供する広域的な情報共有ネットワークの構築に努
める。
第5.市民への情報伝達体制の整備
災害に関する気象警報・注意報及び気象情報等、避難の勧告及び指示等を迅速かつ的確に伝
達するため、情報伝達体制を確立し、防災行政無線等の整備を図る。
また、市民から防災関係機関への災害情報の連絡通信体制を確立する。
第6.水防資機材の整備
水防資機材の整備については、第2部/第2節「防災業務施設・設備等の整備」による。
第7.水防計画の作成
次の事項に留意し水防計画を作成する。
(1)水防活動組織の確立
(2)河川施設の管理
(3)水防施設及び水防資機材の整備
- 140 -
第2章−第5部 自然の保全と災害に強い都市整備
第8節 水害予防対策
(4)気象、水象の観測及び通報等の活用
(5)重要水防箇所等
(6)その他水害を予防するための措置
第8.浸水想定区域等
(1)青森市は、国土交通大臣及び県知事による浸水想定区域の指定があったときは、本計画
において当該浸水想定区域ごとに、洪水予報等の伝達方式、避難所、その他洪水時の円滑
かつ迅速な避難の確保を図るために必要な事項について定める。
(2)青森市は、浸水想定区域に地下街または高齢者、障害者、乳幼児、その他特に防災上の
配慮を要する者等の災害時要援護者が利用する施設があるときは、本計画においてこれら
の名称及び所在地を定め、当該施設の利用者の洪水時の円滑かつ迅速な避難の確保が図ら
れるよう洪水予報の伝達方法を定める。
(3)青森市は、青森市地域防災計画において定められた伝達方式、避難所その他洪水時の円
滑かつ迅速な避難の確保を図るため必要な事項について、平時から市民に周知させるため、
これらの事項を記載した洪水ハザードマップ等の印刷物の配布その他の必要な措置を講
じる。
第9.高潮防災対策の推進
青森市は、国、県と協力して高潮災害のおそれのある区域について必要に応じて、各沿岸地
域の自然特性、社会経済特性等の現状を把握するための基礎調査を行い、高潮による浸水が想
定される区域を明らかにし、施設整備、警戒避難体制等が有機的に連携した高潮防潮防災対策
を推進するよう努める。
- 141 -
第2章−第5部 自然の保全と災害に強い都市整備
第9節 風害予防対策
第9節
風害予防対策
風害を防止し、または被害の拡大を防止するため、市民への情報伝達体制等の整備、防災知
識の普及、道路交通の安全確保、建築物等の災害予防並びに電力施設及び電気通信設備災害予
防対策の強化を図るものとする。
第1.市民への情報伝達体制等の整備
[担当
市民政策部・総務部]
(1)青森市は、強風時においても災害に関係する気象予報・警報等を迅速かつ的確に市民
に伝達できるよう、防災行政用無線等の整備を図り情報伝達体制を確立する。
(2)青森市は、停電または通信途絶等による社会不安除去のため、電力・電気通信等の事
業を行う防災関係機関の協力を得て、復旧状況、復旧見通し等の情報を直接または報道
機関を通じて適切に市民に提供できる体制の強化に努める。
第2.防災知識の普及
[担当
総務部・農林水産部]
青森市及び防災関係機関は、第1部/第1節「防災教育及び防災思想の普及」によるほか、
機会あるごとに風害に関する防災知識の普及を図る。
なお、主な普及内容は次のとおりとする。
(1)強風時の生命、身体の安全の確保に関すること
(2)農作物等の防風対策に関すること
(3)被害を受けた農作物等に対する応急措置に関すること
(4)竜巻注意情報に関すること
第3.道路交通の安全確保
[担当
都市整備部・浪岡事務部]
道路管理者及び青森警察署長並びに青森南警察署長は、強風や飛来物により信号機等が被害
を受けた場合でも道路交通の安全が確保できる体制を確立しておく。
第4.建造物等災害予防
[担当
各部]
(1)学校、医療機関等の応急対策上重要な施設及び不特定多数の者が使用する施設の防災
性の確保を図る。
(2)住宅等建築物の防災性を確保するため、県と連携し建築基準法等の厳守を指導する。
(3)強風による落下物の防止対策を図る。
(4)コンピュータシステムの保全やデータのバックアップ対策を推進するとともに、企業
等の自発的な取組を促進する。
- 142 -
第2章−第5部 自然の保全と災害に強い都市整備
第 10 節
第10節
土砂災害予防対策
土砂災害予防対策
[担当
都市整備部・浪岡事務部]
集中豪雨等による土砂災害及び地震災害に起因する土砂災害を未然に防止し、または被害の
拡大を防止するため、各種防災事業の総合的かつ計画的実施、危険箇所の把握、土砂災害警戒
情報の発表、危険区域内における行為制限の周知徹底、土砂災害防止に配慮した土地利用の誘
導、土砂災害緊急調査の実施及び土砂災害緊急情報の提供、市民への情報伝達体制の整備及び
避難体制の整備を図るものとする。
第1.各種防災事業の総合的かつ計画的な実施
各種防災事業の実施に当たっては、他事業との調整を図る。
(1)治山対策事業
(2)砂防対策事業
(3)農地防災対策事業
第2.土砂災害危険箇所の把握及び市民等への周知徹底
土砂災害危険箇所を本計画に掲載するとともに、土砂災害ハザードマップによって市民に周
知徹底し、土砂災害全般に対する知識、危険箇所の性質、土地の保全義務、異常現象その他注
意事項等を啓発するため、次の措置を講ずる。
(1)国土交通省及び県が主催する例年6月の「土砂災害防止月間」において、県が配付する
パンフレット等の積極的な活用を図る。
(2)随時、関係機関に協力を要請し、地区ごとに土砂災害に関する講習会等を開催する。
(3)青森市教育委員会と連携をとり、危険箇所の多い地区の児童生徒等を対象とした土砂災
害防止教育を推進する。
(4)土砂災害に関する防災訓練の実施に努める。
第3.土砂災害警戒情報の伝達及び避難勧告等の発令基準
青森県と青森地方気象台は、大雨による土砂災害のおそれが高まったときに市長が避難勧告
等を発令する際の判断や市民の自主避難の参考となる事を目的として土砂災害警戒情報を共
同で発表する。また、県は、その補足情報として土砂災害の危険度を県のホームページ等で提
供する。
青森市は、土砂災害警戒情報の発表を受けたときは、本計画に基づき土砂災害警戒情報に係
る必要事項を関係機関及び市民その他関係ある団体等へ伝達するよう努める。また、土砂災害
警戒情報の趣旨等の理解を促進し、市民の自主避難の判断等にも利用できるよう、日頃から広
報紙等へ掲載するなど、市民への周知に努める。
市長は、大雨警報や土砂災害警戒情報が発表された場合または台風等による豪雨や暴風の襲
- 143 -
第2章−第5部 自然の保全と災害に強い都市整備
第 10 節
土砂災害予防対策
来が予測される場合においては、大雨時の避難そのものにも危険が伴うことなどを念頭におき
ながら、県が提供する補足情報を参考とし、渓流・斜面の状況、気象状況及び次の基準等を含
めて総合的に判断した上で、余裕のある避難行動に配慮して速やかに避難勧告等を発令する。
種
別
基
準
避難準備情報
2 時間後に土砂災害監視基準を超過することが予測されるとき
避 難 勧 告
1時間後に土砂災害監視基準を超過することが予測されるとき
避 難 指 示
現在、土砂災害監視基準を超過しているとき
第4.土砂災害緊急調査及び土砂災害緊急情報
国は河道閉塞による湛水を発生原因とする土石流または河道閉塞による湛水といった重大
な土砂災害の急迫した危険が認められる状況において、県は地すべりを発生原因とする重大な
土砂災害の急迫した危険が認められる状況において、それぞれ当該土砂災害が想定される土地
の区域及び時期を明らかにするための調査を行い、市が適切に市民の避難勧告等の判断を行え
るように土砂災害が想定される土地の区域及び時期に関する情報を提供するものとする。
第5.防災関係機関における情報収集、伝達体制の整備
災害時における情報収集及び防災関係機関相互の情報伝達を迅速かつ的確に実施するため、
防災無線網、ファクシミリ、防災情報提供装置等を整備するとともに、これらの情報通信網の
多ルート化を図る。
また、関係機関の協力を得て、土砂災害に関する情報をより効率的に活用するための内容の
拡充を図り、関係行政機関はもとより、報道機関を通じた市民及び関係機関への情報提供体制
の整備や、リアルタイムで情報を整理、提供する広域的な情報共有ネットワークの構築に努め
る。
さらに、土砂災害に関する異常な自然現象を察知した場合には、市民と連携し、その情報を
相互に伝達する体制の整備に努めるとともに、降雨、水位等の実況情報伝達体制の整備促進を
図るものとする。
第6.市民への情報伝達体制等の整備
災害に関する気象予報・警報、土砂災害警戒情報、避難の勧告及び指示等を迅速かつ的確に
伝達するための情報伝達体制を確立するとともに、防災行政用無線等の整備を図る。特に、土
砂災害危険箇所周辺の市民に対しては、情報が毎戸に確実に伝達されるよう配慮する。
- 144 -
第2章−第5部 自然の保全と災害に強い都市整備
第 10 節
土砂災害予防対策
第7.危険区域内における行為制限の周知徹底
危険区域内の居住者等に対しては、災害を誘発するおそれのある次のような行為を行わない
よう、青森県地域県民局地域農林水産部、青森県地域県民局地域整備部と連携を密にし、指導
の徹底を図る。
(1)水を放流し、または停滞させる行為、その他水の浸透を助長する行為
(2)ため池、用排水路その他災害防止施設以外の施設または工作物の設置改造
(3)のり切、切土、掘削または盛土
(4)立木の伐採、損傷
(5)木材の滑下または地引による搬出
(6)土石の採取又は集積、樹根の採掘
(7)上記のほか、災害を助長し、誘発する行為
第8.避難体制の整備
危険箇所周辺の市民が迅速かつ円滑に避難できるよう、第2章第2部第4節「避難対策」に
準ずるほか、土石流(山津波)危険渓流等の土砂災害警戒区域における次のような異常(前兆)
現象の市民の日常観察、並びに覚知した場合の青森市への速やかな通報、青森市から県及び防
災関係機関への通報並びに土砂災害警戒情報等を利用した警戒・避難準備等の避難体制の整備
を図るものとする。
(1)土石流(山津波)危険渓流
ア.立木の裂ける音や巨礫の流れる音が聞こえるとき
イ.渓流の流水が急激に濁りだしたり、流木などがまざっているとき
ウ.降雨が続いているにもかかわらず渓流の水位が急激に減少しはじめるとき(上流で
崩壊した土砂により流れが止められている可能性がある。
)
エ.降雨量が減少しているにもかかわらず渓流の水位が低下しないとき
オ.渓流付近の斜面が崩れ出したり、落石などが起こり始めそうなとき
(2)地すべり危険箇所
ア.池や井戸の水が急に減水したり、濁ったりしたとき
イ.土砂の移動速度が次第に速くなってきたとき
(3)急傾斜地崩壊(崖崩れ)危険箇所
ア.斜面から急に水が湧き出したとき
イ.小石がパラパラ落ち始めたとき
(4)山腹崩壊・崩壊土砂・小規模山地崩壊危険地
ア.立木の倒れる音がするとき
イ.山腹に亀裂が生じたとき
ウ.山腹傾斜から、転石が落ちはじめたとき
- 145 -
第2章−第5部 自然の保全と災害に強い都市整備
第 10 節
土砂災害予防対策
エ.沢水が急激に増水し、流木や転石が混じりはじめたとき
第9.土砂災害防止に配慮した土地利用の誘導
青森市は、国及び県が行う次の事業の円滑な実施について働きかける。
(1)土砂災害危険箇所及び周辺の状況に応じた「急傾斜地の崩壊による災害の防止に関す
る法律」、
「地すべり等防止法」
、
「砂防法」、
「森林法」に基づく区域指定の促進及びこれ
に基づく土地利用の制限
(2)土砂災害の危険の著しい区域における「建築基準法」に基づく災害危険区域の指定の
促進
(3)宅地造成に伴い地盤災害が生ずるおそれの著しい市街地又は市街地となろうとする土
地の区域における「宅地造成等規制法」に基づく宅地造成工事規制区域の指定の促進
(4)都市計画法その他の土地利用計画、土地利用規制等に関する諸制度の運用及び各種公
共事業における上記(1)
、
(2)、
(3)の法指定諸制度との整合性の確保
(5)民間開発事業者に対する上記の各種土砂災害に関する制度の周知徹底及び土砂災害防
止に対する配慮についての指導徹底
(6)災害危険区域及び県条例で建築等を制限している区域にある既存不適格住宅の移転の
促進
第10.土砂災害防止法による施策
青森市は、土砂災害防止法に基づき、土砂災害警戒区域における市民の安全確保のための
対策を講じる。
(1)青森市は、県による土砂災害警戒区域の指定を受けたときは、警戒区域ごとに予報・警
報・土砂災害警戒情報等の伝達、避難、救助その他必要な警戒避難体制に関する事項を本
計画に定めるとともに、情報伝達方法、避難地に関する事項、その他警戒区域における円
滑な警戒避難が行われるために必要な事項について、市民に周知するよう努める。
(2)土砂災害警戒区域内に主として高齢者等の災害時要援護者が利用する施設がある場合に
は、当該施設の利用者の円滑な警戒避難が行われるよう土砂災害警戒情報等土砂災害に関
する情報等の伝達方法を定める。
(3)市長は、本計画に基づき、土砂災害警戒情報等土砂災害に関する情報の伝達方法、避難
地に関する事項その他土砂災害警戒区域における円滑な警戒避難を確保するうえで必要
な事項を市民に周知するため、これらの事項を記載したハザードマップ等の印刷物の配布
その他の必要な措置を講じる。
(資料)
○ 指定避難所一覧/目的別
(資料・様式編/資料86)
○ 指定避難所一覧/地区別
(資料・様式編/資料87)
- 146 -
第2章−第5部 自然の保全と災害に強い都市整備
第 11 節
第11節
火災予防対策
火災予防対策
[担当
消防部・農林水産部・教育部]
火災の発生及び地震発生時の火災の同時多発等による被害を未然に防止し、市民の生命、身
体及び財産を火災から保護するため、建築物の防火対策の推進、防火思想の普及及び消防体制
の充実強化等を図るものとする。
第1.建築物の防火対策の推進
(1)建築物の不燃化
公共建築物は原則として耐火建築とし、その他の建築物についても不燃及び耐火建築の
推進を指導する。
(2)防火管理体制の確立
消防機関は、劇場、病院、百貨店、ホテル等の防火対象物に対し、防火管理者の選任、
届出、消防計画の作成、消火・通報・避難訓練の実施、消防用設備等の設置及び防炎性を
有する物品の使用を指導するとともに、自主的な防火管理体制を確立させる。
(3)消防用設備等の設置促進及び維持管理の徹底
消防機関は、火災による人命の安全を確保するため、防火対象物における消火・通報・
避難等に関する消防用設備等の適正な設置を促進し、これを常時有効な状態に維持するよ
う指導を徹底する
(4)予防査察指導の強化
消防機関は、火災発生を未然に防止するため、防火対象物、危険物製造所等に対し、計
画的かつ継続的に予防査察を実施するとともに、消防法令に違反しているものに対しては
改善の指導を行い、悪質なものには改善命令、告発等の措置を行い、火災予防を徹底する。
また、一般家庭に対しても、火災予防運動期間等を利用し、住宅防火診断等を実施して、
市民に火災予防条例等の周知徹底を図る。
第2.防火思想の普及
(1)一般家庭に対する指導
①消防機関は、出火危険箇所の発見と火気を使用する設備・器具の正しい取扱いについて
指導するとともに、住宅用火災警報器の設置を推進するほか、初期消火の徹底を図るた
め、消火器具の設置及び取扱い等について指導するものとする。
また、地震による火災防止対策として、対震自動消火装置付ストーブの使用促進等を強
力に指導するとともに、パンフレット、刊行物等により火災防止、初期消火の重要性を
認識させ、防火思想の普及徹底を図る。
②消防機関は、火災予防運動を実施し、火災予防等の諸行事を通じて広く市民に対し防火
思想の普及徹底を図る。
- 147 -
第2章−第5部 自然の保全と災害に強い都市整備
第 11 節
火災予防対策
(2)学校及び教育研究機関の実験室、薬局等に対す指導
学校及び教育研究機関の実験室、薬局等における薬品類は、地震動による落下等により
発火、爆発の危険性を有していることから、当該機関における危険物容器の転落防止につ
いて指導する。
(3)民間防火組織の育成
①火災予防の知識を習得させ出火防止を図るとともに、地域住民の防火防災意識の高揚を
図るため、女性防火クラブを育成指導する。
②児童生徒に対し、防火に関する知識を習得させ、学校及び家庭における出火防止を図る
ため、少年消防クラブを育成指導する。
③幼年者に対し、正しい火の取扱いや防火に関する知識を習得させるため、幼年消防クラ
ブを育成指導する。
第3消防体制の充実・強化
(1)消防計画の作成
消防機関は、具体的に実施すべき業務の内容等を詳細に明示した消防計画を作成し、消
防体制の計画的、総合的な充実強化を図る。
(2)消防力の整備、充実
消防機関は、
「消防力の整備指針」及び「消防水利の基準」により、消防機械器具及び
消防水利施設等の整備・充実を図る。なお、大規模災害に対処するため、木造家屋密集地
等優先順位を考慮して消防水利の整備促進を図るほか、海水・河川水等の活用、水泳プー
ル、ため池等の消防水利としての活用等を考慮し、状況の把握に努める。
また、地域社会の安全を確保し、とりわけ大規模災害時に的確な防災活動を遂行するた
めに必要な消防団員の確保に努めるとともに、入団促進活動、イメージアップ活動、地域
交流活動及び文化教養研修活動を実施するなど、その活動の活性化を図る。
(3)消防団の充実強化
地域防災力の充実強化に向け、
「消防団を中核とした地域防災力の充実強化に関する法
律」に基づき、消防団の充実強化等に関する基本的施策として、必要な措置を講ずる。
第4.異常気象下における火災予防措置の徹底
消防機関は、火災予防上危険があると認められる気象通報があったときは、次の措置を講じ、
市民の火災に対する注意を喚起するものとする。
- 148 -
第2章−第5部 自然の保全と災害に強い都市整備
第 11 節
火災予防対策
1.火災警報の発令
発令基準は、風水害等対策編/第1章/第 3 節「気象予報・警報等の発表及び伝達」によ
る。
2.火の使用制限行為の周知徹底
火災警報発令下においては、市民に対し、次の事項を遵守するよう周知徹底させるものと
する。
(1)山林、原野等において、火入れまたは喫煙をしないこと
(2)煙火を消費しないこと
(3)屋外において火遊びまたはたき火をしないこと
(4)屋外においては、引火性または爆発性の物品、その他の可燃物の付近で喫煙をしない
こと
(5)残火(たばこの吸いがらを含む。
)、取灰または火粉を始末すること
(6)屋内において裸火を使用するときは、窓、出入口を閉じて行うこと
第5.文化財に対する火災予防対策
青森市教育委員会は、関係機関の協力を得て、文化財の所有者または管理者若しくは管理
団体に対して、火災予防対策の強化を指導、助言するものとする。
- 149 -
第2章−第5部 自然の保全と災害に強い都市整備
第 12 節
第12節
危険物施設等対策
危険物施設等対策
[担当
消防部・都市整備部]
青森地域広域消防事務組合は、危険物施設、高圧ガス施設、火薬類施設、毒物・劇物施設、
放射線使用施設での地震・津波災害を防止するため、これらの施設における規制、保安指導、
保安教育等の実施、自主保安体制の確立等を図るものとする。
第1.現
況
青森市地域内の危険物施設等は、次のとおりである。
(1)危険物施設
危険物施設等一覧(資料 40)
(2)高圧ガス施設
〃
(3)火薬類施設
〃
(4)毒物・劇物施設
〃
(5)放射線使用施設
〃
第2.危険物施設
1.規
制
消防法等の耐震基準に基づき危険物施設の所有者等に対して次の規制を行う
(1)危険物施設の位置、構造及び設備
(2)危険物保安監督者、危険物保安統括管理者、危険物施設保安員の選任
(3)予防規程の作成
(4)その他法令で定められた事項
2.保安指導
既存施設における耐震性について、立入検査等により危険物施設の所有者等に対して次の
保安指導を行う。
(1)危険物施設の位置、構造及び設備の維持管理
(2)危険物の貯蔵、取扱い、運搬、積載等の方法
(3)危険物施設の所有者、管理者、占有者または危険物保安監督者等が非常時にとるべき措
置
(4)災害による危険物施設等への影響に対する安全措置
3.保安教育等
事業所の所有者、管理者、占有者または危険物保安監督者は、危険物取扱者等に対し保安
管理の意識向上を図るため、消防機関等と連携し、講習会、研修会等の保安教育を実施する。
- 150 -
第2章−第5部 自然の保全と災害に強い都市整備
第 12 節
危険物施設等対策
4.自主保安体制の整備
事業者は、地震時における火災、爆発及び漏洩等の災害の発生を防止するため、法令で定
める技術基準を遵守するとともに、次の事項に配慮し、自主保安体制を確立する。
(1)防災組織の確立(人員配置・業務分担)
(2)保安のための検査、定期点検
(3)防災設備の維持管理、整備及び点検
(4)緊急時の関係機関に対する通報及び防災活動
(5)防災訓練の実施
5.事業所の協力体制の確立
危険物を取り扱っている事業所が一定地域に集中している地域にあっては、相互援助等自
主的な防災活動を行うため、各事業所は相互に連携し総合的な防災体制を確立する。
第3.高圧ガス施設
1.規
制
県は高圧ガス保安法及び液化ガスの保安の確保及び取引の適正化に関する法律に基づき、高
圧ガス施設の所有者等に対して次の規制を行う。
(1)高圧ガス施設の位置、構造及び設備
(2)高圧ガス製造保安統括者、高圧ガス製造技術管理者、高圧ガス製造保安係員、高圧ガス
製造保安主任者、高圧ガス製造保安企画推進員、高圧ガス製造保安責任者、高圧ガス販売
主任者、特定高圧ガス取扱主任者、液化ガス業務主任者等の選任
(3)危害予防規程の作成
(4)その他法令で定められた事項
2.保安指導
県及び高圧ガス関係団体は、既存施設における耐震化について保安検査等により高圧ガス
施設の所有者等に対して次の保安指導を行う。
(1)高圧ガス施設の位置、構造及び設備の維持管理
(2)高圧ガスの製造、販売、貯蔵、移動、その他の取扱い及び消費並びに容器の製造及び取
扱い
(3)高圧ガス施設の管理者、高圧ガス製造保安統括者等が非常時にとるべき措置
(4)災害による高圧ガス施設等への影響に対する安全措置
3.保安教育等
(1)事業所は、法令の定めるところにより、保安教育計画を定め、従業員に対して保安教育
を実施する
(2)県及び高圧ガス関係団体は、各種の保安講習等を実施する
(3)県及び高圧ガス関係団体は、保安活動促進週間を設定し、関係者の防災意識の高揚を図
- 151 -
第2章−第5部 自然の保全と災害に強い都市整備
第 12 節
危険物施設等対策
る。
4.自主保安体制の確立
事業者は、地震時における火災、爆発等の災害の発生を防止するため、法令で定める技術
基準を遵守するとともに、次の事項に配慮し、自主保安体制を確立する。
(1)防災組織の確立(人員配置・業務分担)
(2)定期自主検査
(3)防災設備の維持管理、整備及び点検
(4)緊急時の関係機関に対する通報及び防災活動
(5)防災訓練の実施
第4.火薬類施設
1.規
制
県は、火薬類取締法の周知徹底を図り、火薬類施設の所有者等に対して次の規制を行う。
(1)火薬類施設の位置、構造及び設備
(2)火薬類製造保安責任者、火薬類製造副保安責任者、火薬類取扱保安責任者、火薬類取扱
副保安責任者の選任
(3)危害予防規程の作成
(4)その他法令で定められた事項
2.保安指導
県は、保安検査等により火薬類施設の所有者等に対して次の保安指導を行う。
(1)火薬類施設の位置、構造及び設備の維持管理
(2)火薬類の販売、貯蔵、運搬、消費、その他の取扱いの方法
(3)火薬類施設の管理者、火薬類製造保安責任者等が非常時にとるべき措置
(4)災害による火薬類施設等への影響に対する安全措置
3.保安教育等
(1)事業所は、法令の定めるところにより、保安教育計画を定め、従業員に対して保安教育
を実施する。
(2)県は、研修会等を開催するとともに、危害予防週間を設定し、関係者の防災意識の高揚
を図る。
4.自主保安体制の確立
事業者は、地震時における火災、爆発等の災害の発生を防止するため、法令で定める技術
基準を遵守するとともに、次の事項に配慮し、自主保安体制を確立する。
(1)防災組織の確立(人員配置・業務分担)
(2)定期自主検査
- 152 -
第2章−第5部 自然の保全と災害に強い都市整備
第 12 節
危険物施設等対策
(3)防災設備の維持管理、整備及び点検
(4)緊急時の関係機関に対する通報及び防災活動
(5)防災訓練の実施
第5.毒物・劇物施設
1.規
制
市は、毒物及び劇物取締法に基づき、毒物・劇物の販売業者に対して次の規制を行う。
(1)毒物・劇物の販売業の登録
(2)毒物劇物取扱責任者の選任及び登録
(3)毒物・劇物の飛散、流出等の防止措置
(4)その他法令で定められた事項
県は、毒物及び劇物取締法に基づき、毒物・劇物の製造業、輸入業者に対して次の規制を
行う。
(1)毒物・劇物の製造業、輸入業の登録
(2)毒物劇物取扱責任者の選任
(3)毒物・劇物の飛散、流出等の防止措置
(4)その他法令で定められた事項
2.保安指導
市は、立入検査等により毒物・劇物の販売業者に対して次の保安指導を行う。
(1)毒物・劇物の運搬、貯蔵その他の取扱いの方法。
(2)毒物・劇物の営業者、毒物劇物取扱責任者等が非常時にとるべき措置。
(3)災害による毒物・劇物営業所等への影響に対する安全措置。
県は、立入検査等により毒物・劇物の製造業、輸入業者に対して次の保安指導を行う。
(1)毒物・劇物の運搬、貯蔵その他の取扱いの方法。
(2)毒物・劇物の営業者、毒物劇物取扱責任者等が非常時にとるべき措置。
(3)災害による毒物・劇物営業所等への影響に対する安全措置。
3.保安教育等
営業者等は保安管理の向上を図るため、従業員に対して保安教育を実施する。
4.自主保安体制の確立
営業者は、二次災害等の発生を防止するため、法令で定める技術基準を遵守するとともに、
次の事項に配慮し、自主保安体制を確立する。
(1)防災組織の確立(人員配置・業務分担)
(2)防災設備の維持管理、整備及び点検
(3)緊急時の関係機関に対する通報及び防災活動
(4)防災訓練の実施
- 153 -
第2章−第5部 自然の保全と災害に強い都市整備
第 12 節
危険物施設等対策
第6.放射線使用施設
放射線使用施設の管理者は、法令で定める技術基準を遵守する。県及び放射線使用施設の管
理者とともに、地震時における放射性物質による事故を未然に防止するため、施設の防災対策、
防災業務従事者に対する教育及び訓練、防護資機材の整備等災害予防措置を行う。
- 154 -
青 森 市 地 域 防 災 計 画
【総則・災害予防計画編】
(平成 19 年 3 月 28 日作成)
(平成 26 年 2 月修正)
発 行
事務局
青森市防災会議
青森市総務部危機管理課
〒030‐8555
青森県青森市中央一丁目 22‐5
電 話
017‐734‐5059
F A X
017‐734‐5061
E-mail
[email protected]
ダウンロード

青森市地域防災計画