三重大学
みえ防災コーディネーター講座
巨大地震のリスクと
避難所運営
2014年5月11日(日)
神戸大学 特命准教授
紅谷昇平
1
ご使用にあたっての注意点
• 本資料は、2014年5月11日に開催されたみえ防災コーディネー
ター連絡会・総会における基調講演資料から、講演で説明した
部分、引用等に問題のない部分を中心にピックアップしたもの
です。
• みえ防災コーディネーターの皆様は、地域での講演会等にお
いて、各自の責任にて、ご自由にご利用ください。
• スライドの内容についての個別のお問い合わせには、私の方
では基本的に対応できませんので、ご了承ください。
• 当日、紙で配布した「避難所運営ハンドブック」は、もうすぐ人と
防災未来センターのホームページにて、pdfファイルを公開予
定です。ダウンロードして、自由にご利用ください。
(神戸大学・紅谷昇平)
2
Ⅰ.はじめに
3
南海トラフ巨大地震について
●近い将来、確実に南海地震は発生し、太平洋沿岸
部では津波により大きな被害が発生する。
(ただし規模については、一昨年から公表されている
最大想定となる確率は高くない。)
●南海トラフ地震は、東日本大震災よりも、内陸側で発
生する。そのため、揺れは大きく・長くなり、揺れによ
る被害も大きくなる。
●スーパー広域災害である南海地震では、自衛隊など
外部応援が不足し、支援が来ない。物資不足が長期
化する可能性がある。
●その時は、各家庭内にある物資等を最大活用して、
生活していくしかない。
4
全国地震動予測地図改定
(2013年12月)
今後30年以内に、震度
6弱以上の地震が発生
する確率
5
巨大震災リスクの比較
阪 神 ・ 淡 路 東 日 本 大 首都直下地 東 南 海 ・ 南 上町断層地
大震災
震災
震(想定)
海地震(想 震
定)※3
(想定)
死 者 数
※1
避 難 者
数
圏 域 人
口※2
6,437名
19,578名
約11,000名 約12,500名 約42,000名
約30万名
約50万名
約460万名
約420万名
約360万人
約280万名 約290万名
約850万名
約730万名
約890万名
※1:阪神・淡路大震災、東日本大震災は行方不明者を含む。東日本大震災は、2011年11月
15日消防庁資料より。
※2:圏域人口は同一基準の比較ではない。被害の甚大なエリアとして、阪神・淡路大震災は
明石市から尼崎市の沿岸市区と宝塚市・伊丹市、東日本大震災は青森県から茨城県までの
太平洋沿岸市区町村、首都直下地震は東京都23区、東南海・南海地震は静岡県から高知県
までの沿岸部市区町村、上町断層地震は大阪府の合計値である。
※3:2012年3月、8月に発表された「最大想定」ではなく、発生する可能性が高いと考えられる
従来の想定の値を用いている。
6
Ⅱ.巨大地震の人的被害
7
地震から命を守る3つのステップ
①地震直後
②直後~
3日後
③3日後~
・壊れた建物や、倒れてくる家具の
下敷きにならない。(予防対策)
・火事や、津波から避難する
・倒れた建物から救助される
・一定水準の避難生活をすごす
(関連死を避ける)
・避難者の特性に合わせた支援を
受ける
8
阪神・淡路大震災での死因
①地震直後
• 建物倒壊や家具転倒が、
8割以上を占めている
●住宅の耐震性が、生死
を分ける。
●特に、構造の弱い、古
い住宅を改修すること
が大切。
(日本の住宅の4分の1
は、地震に弱い住宅)
9
東日本大震災における死因
(暫定値)
②直後~
3日後
• 津波がくるまで30分から1時間の時間があり、
その間に、避難できれば助かった。
(三重県南部では5~10分で到達する)
• 死者のうち90%以上が津波による溺死。
• 死者のうち3分の2が高齢者。
(避難が遅れがちな高齢者に被害が集中)
• 障がい者の死亡率は、一般人の2倍。
• 犠牲者の約2割は、要援護者の支援中。
10
障がい者の死亡率比較
死亡率
0.00%
全住民
障害者全体
身体障害者
視覚障害者
聴覚障害者
肢体不自由
知的障害者
精神障害者
1.00%
2.00%
3.00%
1.03%
2.06%
2.30%
1.97%
2.00%
2.00%
0.96%
1.44%
11
犠牲者の被災当時の状況について「災害時要
援護者と一緒にいたかどうか」
(岩手日報 2013年3月10日記事より作成)
13.9% 16.1%
本人が要援護者
要援護者がいた
18.9%
51.2%
要援護者はいな
かった
分からない
中越地震の場合
③3日後~
・ 本震発生後2時間で3回の震度6の余震が発
生し、余震をおそれた被災者が、自動車や避
難所で避難した。
• 新潟中越地震では、地震による建物の被害
で死んだ人よりも、その後の過酷な避難生活
や、ストレス等による関連死の割合が高くなっ
た。
(直接死16名、関連死52名)
• ストレスによる心臓への負担の増大、エコノ
ミークラス症候群、雇用の喪失等の悩みによ
る自殺、など。
13
③3日後~
中越沖地震(2007年)での食中毒、
熱中症等への対応
• 弁当の配布ではなく、炊き出しの方が、衛生環境をコ
ントロールしやすい。
• ドライアイスや氷で冷やす保冷庫により、食品の冷蔵
保管を可能にした。
• 手洗い、消毒、うがいの励行。賞味期限の徹底。
• スポーツドリンク等の配布による水分補給。
• 結果として、関連死の比率は低かった。
●「災害はこういうものだ」という思い込みは危険。
●いろいろな危険があることを知る。
14
③3日後~
東日本大震災の震災関連死
→約9割が高齢者
震災関連死数
66歳以上比率
3500
100%
90%
80%
70%
60%
50%
40%
30%
20%
10%
0%
3000
2500
2000
1500
1000
500
0
全国
岩手県 宮城県 福島県
復興庁資料より作成
Ⅲ.過去の災害での避難所運営
16
家で生活できるのか?
• 建物は大丈夫でも、電気、ガス、水道がない
ので、懐中電灯や備蓄食糧・備蓄水、カセット
コンロなどが無ければ、家で生活できない。
• 簡易トイレもあると良い。無ければ、新聞紙と
ゴミビニール袋があれば、それを便器に入れ
て使えば、数日程度なら何とかなる。
• 家で生活するのが困難であれば、小学校、公
民館などの避難所に行く。夜は家で寝て、昼
間、情報や必要な物資、食糧、水だけもらい
にいくことも可能である。
17
津波・火災が危険
自宅が全壊
<緊急避難>
公園、学校のグランド、高台
の駐車場、など
直後~数日
<応急避難>
避難所(学校、公民館等)、
自動車、親戚・知人宅、など
余震が怖い
電気、ガス、水道が
使えない
1日~数ヶ月
<自宅避難>
自宅で生活するが、
食糧等は避難所で
受け取る
2週間~半年
<応急居住>
仮設住宅、賃貸住宅、など
1年~5年
<恒久居住>
自宅再建、公営住宅、など
18
避難所とは
• 一般に「災害から生命・身体を守るための危険回避
の場所」、「災害により自宅を失った人が、一時的
(数日~数週間程度)に居住する場所」という意味。
• 阪神・大震災のような大規模な地震災害では、住宅
被害だけではなく、ライフライン(水道、下水道、ガ
ス、電気など)が使えないという理由で、避難所へ避
難してきた人も数多かった。
19
避難所の運営
ボランティア・
NPO、NGO
外部自治体からの
応援職員
被災自治体職員
避難所
避難者
在宅避難者
施設職員
地域コミュニティ
20
阪神・淡路大震災の事例
21
生活の状況(トイレ)
地震の数週間後には、多くの避難所に仮設トイレが設
置された。以下のような対策が取られた例もあった。
仮設トイレのタイプ
■既存のトイレの活用
河川やプールの水で汚物を流
す
便器に新聞紙等を敷き、ゴミ袋
に入れる。
■マンホール利用
下水のマンホールのふたを取
り、目隠しを立てて、仮設トイレ
として活用する。
■穴掘り方式
グランドに穴を掘って、そこに
汚物をためる。
■手作りの仮設トイレ
大型のゴミ箱やドラム缶等を
使って、回収処理を可能にした
仮設トイレを製作する。
22
生活の状況
(洗濯)
・洗濯機は、個人の持ち物を
寄付してもらったり、ボラン
ティア団体等から寄付しても
らったり、という例があった。
・災害後は洗濯物を干す場所
にも困ることになった。
・小学校などの教室にロープ
をかけて干したり、グランドに
干したり、また一部の避難所
では、乾燥機なども設置され
た。
23
生活の状況
(子供 )
避難所となった学校でも、廊下の
片隅に「避難所文庫」という名前
で、本が集められていた例があっ
た。
テント村でも、震災後数ヶ月が経つ
と、余ったテントが子どもの遊び場や
勉強場所として利用されるようになっ
た。
学校が避難所となったため、
あるいは学校の一部が倒壊
してしまったため、近くの公園
に仮設校舎を建てて、授業に
活用された。
24
24
生活の状況(情報 )
炊き出しやイベントの案内、
行政等による支援関連情報
などは、大きな避難所の掲示
板などに掲示された。
町の中にも、こういった情報
を掲示するスペースが必要で
ある。
災害後は、NTTによる無料電話
が開設され、避難者が家族などに
連絡をとるために利用された。
しかし、この無料電話が長電話に
使われる場合もあった。
25
生活の状況(調理・台所 )
例えばグランドの片隅での、カセットコンロを並べた「共同
炊事場」、「炊き出しスペース」の設置。
避難している部屋の前の廊下に、カセットコンロ等の設置
26
新潟県中越沖地震の事例
27
運営方法
• 学校では、基本的には体育館のみを避難所として
使用。学校機能に極力影響が出ないようにしてい
る。
• 学校職員ではなく、市職員を中心に運営し、そこに
県や市の応援職員(専門家、一般)やボランティアが
関わっている。
(地域やボランティアによる運営がみられたのは、限
定的である。)
• 学校とコミュニティセンターとでは、運営方法が異
なっている。
• 地域の顔役が、積極的に地元の避難所運営に関与
28
する姿勢を見せることが大切である。
衛生・健康対策
食中毒対策、熱中症対策が重要となった。
健康相談
・他自治体から派遣の保健士が避難所内外で活
動。
・避難者を「トリアージ」し、福祉避難所を紹介
食べ残しの ・自衛隊による炊き出し中心。
管理
・避難所内の炊き出し分は、残りを回収して管理。
・地域への配布分は、口頭にて伝達。
生活ルール ・手洗い、消毒、うがいを徹底。賞味期限の厳守。
・おやつの制限。(肥満になる被災者の発生。)
水分補給
・高齢者を中心にスポーツドリンク等を配布。
食材管理
・保冷庫が届くが、7月下旬以降。
29
気温対策
網戸をつくり、夜は網戸と扇風機でしのぎ、昼間は空調
が効いた部屋をつくり、そこで過ごしていた事例は多い。
外気導入
日光遮断
・田園部では虫害があるため、網戸が必要。
(急遽、網戸を設置した事例あり。)
・被災後、カーテンやネットを設置。
氷柱
・県の「シロクマ作戦」により全避難所に配布。
・扇風機と一緒に使うことが効果的であった。
扇風機
・地震翌日から、県により配布。
エアコン
・米軍エアコンは効果が少ない。企業提供の冷房
車は、体育館全体を冷やす効果があった。
・1部屋でも空調が効いた部屋があれば、暑い昼
間は、そこで過ごすことが出来る
・ガス冷房は、復旧に時間がかかる
30
地元組織による避難所運営の教訓
• 開設、運営は、地域組織が中心になる方が、迅速で、実情に
あった対応が可能。
• 日頃の地域活動、防災訓練が、地域の災害対策会議の開催に
つながり、被災者情報の集約や支援情報の伝達ができた。
• マンパワーとして、地域ボランティアが有効である。
• 外部ボランティアは、地域のメンバーと協力しながら活動するの
が効果的である。
• コミュニティセンターや地域組織が大鍋や調理器具、発電機、テ
ント等を有していた。
• 被災直後は、町内会の情報をコミュニティセンターに伝える設備
が無かった。また、避難所のバックヤードとして、パソコン、fax、
電話等の設備や保健士・運営職員の部屋が必要である
• 日頃から、住民に「避難所」について理解してもらうことが重要。
31
柏崎市のコミュニティを参考とした地域参画型の避難所運営の仕組み
平時の取り組み
■災害に対応可能な施設・設備の
整備
・最低限の備蓄、発電機、炊出し
用具、投光器、テント、等
・電話機、FAX、無線機、PC
・一定規模の施設、網戸、空調設備
■地域での活動
・住民、地域組織との密な関係
・災害に備えた計画、体制の
準備
・避難所運営ルールの周知
災害後
■地域の災害対策本部
・町内会連合会長
・町内会長
・コミュニティ協議会長
・避難所運営本部代表
強い
連携
体制
■コミュニティセンター避難所運営本部
・コミュニティセンター長、職員
・行政職員(同じ職員でローテーション)
地域ボランティア
外部ボランティア
他自治体の応援保健士
情報収集、地域ボラン
ティアの依頼・調整
町内会
住民有志
運営に参加
協力して、地域で活動
32
東日本大震災の事例
33
1.東日本大震災での課題
■津波避難から避難所への移動に時間がかかった
• 津波避難場所が孤立し、そこでの備蓄が不足していた。
• 避難場所から避難所への移動が困難であった。
• 職場、学校がそのまま避難所となった。
(学校、企業の避難所化への備えが不足、家族との安否確認
の難航)
■民間施設が避難所利用された。また在宅避難者が
多く発生した
•
•
•
•
避難所となる公的施設が被災し、使える避難所が不足した。
ライフラインの復旧が長期化した。
仮設住宅の建設場所が不足した。
それらの結果として、民間施設の避難所利用が長期化した。
34
(民有地、民間住宅、旅館、ホテルの避難所利用)
■物資、サービスが不足した
• 燃料不足によって物流がとまり、物資、食料が不足した。
(LPガスの活用、発電用A重油・トラック用軽油の備蓄が必要)
• 津波避難者を暖めるための衣服、暖房が不足した。
• 社会機能の喪失によって、避難所、仮設住宅での生活が困難
となった。(買物、通院のための移動手段の喪失、等)
• 通信手段が不足し、連絡がとれなかった。
■災害弱者等に十分な対応が出来なかった
• 被災した高齢者福祉施設等の入居者を、一般の避難所で受け
入れることになった。
• 巡回の医師が代わった場合、同じ説明をする必要があった。
(一部の避難所では、「自助カルテ」を作成し、病状や常備薬の
管理に役立てた)
• ペットを持ち込まれる避難者と、そうでない避難者とで問題が発
生した。
35
■二次避難(遠隔地避難)が必要となった
• 被災自治体以外への広域避難(疎開)や二次避難が必要と
なった。
• 避難所の広域分散化による課題が発生した。
(まちづくり活動への障害(集まり、話し合うことが困難)、避難者
への情報提供、避難先での定住化)
■その他
• 合併市町村において、避難所対応の遅れ、対応格差が発生。
• 避難所との連絡手段が当初確保できなかった。
• 地元の物資ニーズがあがってから、物資が届くまでに時間が
かかり、行政支援が現場ニーズに追いつかなかった。
• 要請した物資の種類・数量と、届いた物資が異なる場合が多
かった。
• 避難所に関する多数の問い合わせが、行政対応の課題となっ
た。(内部での避難所情報共有が課題となった)
36
2.東日本大震災で良かった点
■地域住民での助け合いが機能した
• 被災地域と非・被災地域とで、炊き出しや物資提
供、被災者受入などの助け合いがみられた。
• 様々な形での、被災者自身による避難所運営が行
われた。
(自治会、市の臨時雇用職員として運営、等)
• 流通備蓄の放出など、地元企業による協力が様々
な形で行われた。
37
■一定期間が経過した後は、外部応援が機能した
• 外部からの自治体職員、ボランティア・NGOによる
避難所への支援がみられた。
• 広域避難に対して、遠隔自治体や民間団体による
積極的な受入、仲介が行われた。
• 自衛隊とNGO、ボランティアの連携による避難者へ
の支援(炊き出し等)があった。
■その他
• 避難所運営活動による雇用創出がみられた。
• 民間賃貸住宅や旅館の活用により、避難者の生活
環境が改善された。
38
沿岸部との連携
緊急搬送
浸
水
域
海
避
難
ヘリポート、
物資拠点
津波避
難場所
(直後の
避難所)
津波避
難場所
(直後の
避難所)
徒歩圏
支援
避難
内陸部の地域
、ホテル、公共
施設
(二次的な避難
者受入、炊き出
し支援、等)
支援
39
Ⅳ.今後の教訓
40
今後への教訓
■直後に必要な物資等の備蓄
• 「津波避難場所」への最低限の備蓄物資の整備。直後
は、体温を維持する対策(着替え、タオルなど)が必要
だった。
• 避難所には、日用品、薬剤、食糧など、当初1週間、地
域で生き抜くため体制が必要(個人備蓄、地域備蓄)
■安否情報、名簿情報の集約、共有
• 名簿の作成、移動手段の確保。
• 外部との通信・連絡手段の確保。
■要援護者対応
• 要援護者の選定、域外の医療施設への搬送、整った環
境に移す避難者のトリアージ。(健康管理)
41
■避難所運営体制づくり
• 在宅避難者対策を含めた、地域の避難所・避難者対応
の事前のルール化。 (自分たちの対策が出来ていた
地域は、他の被災地域を助けることが出来た)
• 民間施設の避難所指定、テント活用による空地の避難
所利用の推進。
• 沿岸部の浸水エリアと、内陸部との連携体制
■長期的な活動維持への備え
• 内陸部の他市町村への移送(二次避難)の検討。
• 仮設住宅の建設予定地の確保。学校の統合。
• 支援は長期間、継続する必要がある。そのうちに、内陸
部と沿岸部との意識のギャップが生じてくる
(支援は、沿岸部に集中するが、内陸部も被災地、被
災者であるが、忘れられている。)
42
日頃から準備しておくこと
• 地域の避難所の確認、訓練の実施。
• 網戸、空調、マット、カーテン、机など、平時か
ら準備をしておく。
• 活用可能な地域の資源を把握しておく。(テン
ト、救助活動用資機材、机、など)
• カギの所有者やリーダーは、必ず複数置く。
• 救護、医療体制の準備。
(医師会、地元開業医との関係づくり)
• 医療講習等の受講。
43
<地域で準備すべき施設・設備の例>
• 備蓄倉庫(食料、医薬品、救助道具、担架、
飲料水、カセットコンロ、テント、等)
• 貯水施設(プール、雨水タンク、耐震性貯水
槽、井戸、等)
• 仮設トイレ、マット、仮設間仕切り
• 非常用通信設備
• 非常用照明設備、非常用発電装置
• 車椅子、障害者用トイレ、介護用品、等
• 空調設備(できれば、ガスより電気)
• 施設の耐震化
44
地震直後にやるべきこと
• 避難所の開設
• 施設の安全の確認(建物被害、火災、津波)
• 施設側の受け入れ準備
(マット準備、机等の移動、など)
• 名簿の作成
• 行政への連絡
• 救援・救助体制の構築。
(地域の開業医等との連携)
45
地域での要援護者の支援体制づくり
公的機関
市町村(保健所、消防署、等)
専門機関
医療施設・
医師会
福祉施設
民生委員
消防団
社会福祉協議会
地域組織
自主防災組織
町内会
PTA
(「避難所運営ガイドブック」(人と防災未来センター)より)
全体
調整
災害時
要援護者
・
一般
避難者
避難所の空間計画①
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
受付・本部の整備
物資保管庫、配給場所の設置。
避難場所は、町会等を考慮して決定。
災害弱者向けのスペースの確保。
遺体安置場所、仮設トイレの確保。(エリアを分離)
子どもの遊び場、勉強部屋。
共同炊事場、洗濯場、物干し場
プライバシーへの配慮(ついたて、着替え場所)
コミュニケーション、憩いの場を忘れない。
ゾーンを、張り紙、立て札等で明確にする。
47
避難所の空間計画②
• 入り口付近への情報掲示板、ビラ置き台、受付
• 仮設電話、携帯電話用充電器
• ゴミ置き場は、分別収集にも配慮。
(目が届くところの方が、ルールが守られる)
• ペット置き場は、離れた場所へ。
• 救護室、調理室は、出来れば施設の設備を活用
• 物資の配布所
48
女性トイレ
物干し
場
洗濯場
女性更衣
室
避難所 救護室
運営委
員会事
務局
配布
窓口
(受付)
休憩所
給水所
喫煙場
所
物資倉庫
男性更衣
室
男性トイレ
居住スペース
要援護者
スペース
情報掲示板
調理用テント
(「避難所運営ガイドブック」(人と防災未来センター)より)
子供、育児用ス
ペース
ペット用スペース
49
避難所生活のルール
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
班、グループの決定(1週間後)
飲酒、喫煙の禁止、場所の制限。
部外者の立ち入り禁止
生活時間帯(食事、消灯、お風呂、等)
物資、食事、おやつの配給
火気(カセットコンロ、ストーブ、等)の取り扱い
共用部分の掃除、炊き出し、夜間巡回、受付
定期的な会合の開催
ペットの取り扱い。
トラブルの解決方法(校長先生、町内会長等が仲裁
役)
• ボランティアへの仕事依頼の方法
50
避難所における女性、子供への配慮
• 着替えのためのスペースの確保。
• 洗濯や物干し場所への目隠し、女性用の場所
の確保。
• 女性職員を、避難所運営のために配置し、女
性のニーズや意見をくみ取る。
• トイレを男女で分離する。
• 子供の遊び場、勉強場所、遊び相手を確保す
る。
• おもちゃ、おやつ、生理用品、紙おむつなど、特
有のニーズに対応した日用品を提供する。
51
終わり
52
ダウンロード

配付資料_web提供用 (1371136)