自動車リサイクル
1
2
3
4
5
6
自動車リサイクル法について
リサイクル料金
リサイクル券
リサイクルされた自動車
日産自動車の取り組み
リサイクル社会
1)自動車リサイクルについて

使用済自動車は引取業者に引
き取ってもらい、フロン類回収業
者でフロン類、解体業者でエア
バック類、破砕業者でASR(シュ
レッターダスト)が取り除かれる。
使用済自動車
資金管理法人
引取業者

フロン類、エアバック類、ASRは
自動車メーカー・輸入業者が引
き取って、リサイクルや破壊され
埋め立てられる。
フロン類回収業者
解体業者
破砕業者
2)リサイクル料金


リサイクル料金は自動車を所有している人が負担し、フロン
類、エアバック類、ASRの処理に使われる。
リサイクル料金は車の車種によって違い、フロン類の充てん
量、エアバッグ類の個数、シュレッダーダストの発生見込量、
取り外しやすさなどによって決まる。また、料金は2004年7
月以降に自動車メーカーや輸入業者が公表している。
3)リサイクル券


リサイクル券とはリサイク
ル料金を支払ったときに、
ディーラーもしくは整備事
業者から発行される券で支
払ったかどうかを証明する
ための券である。
2005年2月1日以降は車
検・登録する際に国土交通
省(運輸支局)によって、リ
サイクル料金が支払われ
ているか確認されるのであ
る。
4)リサイクルされた自動車
廃車になった自動車は解体業者や破砕業者を通じ
て、鉄などの金属類は取り外される。取り外された
金属類の部品はリサイクルされ、中古部品などに活
用される。
 自動車の総重量の約80%がリサイクルされ、残り
の約20%がASRとして埋め立てられる。


2005年以降ではASRのリサイクルにも取り組んで
いる。2015年以降は自動車全体の約95%がリサ
イクルされるように目指している。
5)日産自動車の取り組み

日産マーチはリサイクル・リユースのために
工夫されている。

リサイクルしやすい構造や材料を使い、マー
チのリサイクル可能率は95%以上を達成し
たのである。
6)リサイクル社会

現在、シュレッダーダストなどのリサイクルは難しいけれども、
自動車メーカー・輸入業者がシュレッダーダストなどのリサイ
クルに力を入れ、リサイクル技術が向上すれば他の分野で
も活用されるようになる。

自動車の修理のときに、中古部品をできる限り使えば廃車と
なる自動車が減る。

将来、リサイクル技術が今以上に向上すれば、社
会全体がいろいろな分野でリサイクルに取り組むよ
うになる。
ダウンロード

自動車リサイクル