ISS/きぼうの状況について
1.新ISS組立てシーケンス
2.MAXIのシャトル打上げについて
2006年3月23日
MAXIミッションチーム 川崎一義
1
2
3
4
5
6(7)
7(8)
8(10)
9(11)
10(6)
11(9)
12(15)
13(12)
ISS新組立てシーケンスのまとめ
► 1J/A
► 1J
► 2J/A
→
FLT#8
FLT#9
FLT#12
2007年8月以降
2007年10月以降
2008年4月以降
2J/Aについては、2008年9月以降と想定。
(参考)
HTV技術実証機
HTV運用1号機
2009年冬(TBD)
2010年冬(TBD)
MAXIのシャトルへの搭載について
・搭載方法
 ELM-ES(船外実験パレット)に搭載。
 PAM-PUインターフェース
・打上手段変更による設計上のインパクト



重量増加(476→537kg)
打上環境条件の変更
安全性要求の追加
ELM-ES
Space Shuttle
H-IIB Transfer Vehicle (HTV)
H-IIB Rocket
FRGF
PIU
GSC-Z
LHPRS
GSC-H
YMAXI
XMAXI
ZMAXI
PAM-PU
ISSシステム
ELM-ES
きぼう船外実験
プラットフォーム
ドッキング機構
MAXI構造設計の変更
アルミハニカムパネル → アルミグリッドパネルへ変更
(スケジュールリスク/開発リスクを最小にするため。)
FRGF PANEL
BULKHEAD
GSC-Z PANEL
-Y PANEL
GSC-H PANEL
INNER-FRAME
PIU PANEL
+Y PANEL
BASE PANEL
打上環境条件の変更
リフトオフ時の準静的加速度(G)
HTV
シャトル
XMAXI
3.81G →
3.86G
YMAXI
3.41G →
3.56G
ZMAXI
6.40G →
6.95G
アボートランディング時の準静的加速度(シャトル)
XMAXI
YMAXI
ZMAXI
音響レベル
O.A.
6.17G
5.50G
4.59G
HTV
シャトル
140.5dB → 138.0dB
シャトル
(見直し結果)
旧(HTV)
安全性要求の追加
• アボートランディング
• 着陸荷重
• 着陸後カーゴベイ内温度上昇
• 可燃性材料のチェック
• 安全審査
シャトルへのインテグレーション
► ケネディスペースセンターでのELM-ESイン
テグレーション : 打上げ約5ヶ月前~




MAXI輸送後単体点検
ELM-ESとの電気的I/F確認
ELM-ESへの搭載及び電気的I/F確認
ELM-ES最終点検(他ペイロードを含む。ヒータラ
イン、通信制御系、質量特性計測)
 シャトルへの引渡し(L-2ヶ月)、搭載
留意事項
► 打上時のカーゴベイ内コンタミネーション
► 搭載機器(GSC,SSC,LHPRS,VSC,・・・)への打
上環境条件の再確認(8月頃の音響試験による)
► シャトルからJEM-EFへの移設時の保温対策(PIU
カバー、GSC等)
► JEM-EFからの軌道上コンタミネーション環境は悪
くなる。
ダウンロード

スペースシャトルで上げる技術的問題