Q1、アスベスト(石綿)とは何ですか?(図1)
アスベストとは天然に産出する繊維状の鉱物
です。溶岩が冷えて固まるときに、ある特殊
な条件のもとで細長い繊維状に結晶化して
生成します。耐熱性・保温性・耐久性・耐薬
品性・耐腐食性・電気絶縁性に優れており安
価(経済性)です。そのため、艦船・機関車・
水道管・製鉄・化学工場の断熱・自動車のブ
レーキライニング・建材など多用途に使用さ
れてきました。今日ではその約90%が建材
として利用されています。
石綿とは
図1
• 石綿とはアスベストとも言われ天然に産出する繊維
状の鉱物
• 耐熱性・保温性・耐久性・耐薬品性・電気絶縁性に
優れており安価
• 艦船、機関車、水道管、製鉄・化学工場の断熱、自
動車のブレーキライニング、建材など多用途に使用
• 今日ではその約90%が屋根用化粧スレート・サイ
ディング・壁材・内装材などの建材として利用
• 石綿肺・肺がん・中皮腫などの健康被害を発生させ
る危険有害物質であることから1971年には特定化
学物質に指定され、1975年には石綿の吹きつけ塗
装が禁止
Q2、アスベストにはどんな種類がありますか?
(図2~3)
アスベスト(石綿)という語は固有の鉱物名で
はなく一群の鉱物の総称です。もとになる岩
石によって、蛇紋石系のクリソタイル(白石綿・
温石綿)、角閃石系のクロシドライト(青石綿)、
アモサイト(茶石綿・褐石綿)など計6種類に分
類されます。角閃石系のものは顕微鏡で見る
と直線状の繊維です。蛇紋石よりも角閃石系
のほうが発がん性が強いとされています。
図2
図3
Q3、過去にどのくらいの輸入量があったので
すか?
図4にあるように、1930年に輸入が始まり、
戦争で輸入中断。1950年以降は年々増加
し1960年代に年間10万トンを超え、1970年
~1980年代にかけて30万トン程度が輸入さ
れています。1990年代に入り輸入量は減っ
ていきましたが、輸入禁止となったのは
2004年10月以降です。
図4
潜伏期
多
潜伏期 発
予
想
ダウンロード

石綿Q&A物質(パワーポイントファイル)