(第13週)
第6章 閉鎖経済における短期のマクロ経済理論
前回のおさらい(p.66-69):
◆ IS曲線:財(・サービス)市場の均衡
・ IS曲線の傾きとその変化
・ IS曲線のシフト
◆ LM曲線:貨幣市場の均衡
・ LM曲線の傾きとその変化
・ LM曲線のシフト
◆ 財市場と貨幣市場の同時均衡
1
IS曲線の形状
◆ IS-LMモデルのグラフ
縦軸に利子率(i),横軸に産出量(Y)をとる
◆ IS曲線は右下がりとなる
i(利子率)
[IS曲線]
I (i)  G  S (Y )  T
Y(産出量)
2
◆ IS曲線の傾きを決める要因
● 投資の利子弾力性
● 限界貯蓄性向(⇔限界消費性向)
◆ IS曲線のシフト要因
● 政府支出Gの変化
● 租税Tの変化
3
6-1-2 ① LM曲線の導出
◆ 縦軸に利子率(i),横軸に産出量(Y)をとる
◆ LM曲線は右上がりとなる
i(利子率)
M
 L1 (Y )  L2 (i )
P
[LM曲線]
Y(産出量)
4
◆ LM曲線の傾きを決める要因
● 貨幣需要の利子弾力性
※ 低金利における「流動性のわな」で水平
● 貨幣需要の所得弾力性
◆ LM曲線のシフト要因
● 名目貨幣供給の変化
(※ 物価水準の変化はここで考察しません)
5
6-1-3① 財市場と貨幣市場の同時均衡
◆ IS-LMモデルを用いると、(短期の閉鎖経済にお
いて)財市場と貨幣市場が同時に均衡する状態を
分析することができる
i(利子率)
[IS曲線]
[LM曲線]
i
Y(産出量)
Y
6
6-1-3② 過少雇用均衡とは何か
◆ IS-LMモデルが想定する経済状況:
[財の供給能力>有効需要]
・ 財市場は均衡
→ 所得 Y が決定
・ 貨幣市場も均衡 → 利子率 i が決定
・ 生産要素(労働)市場は不均衡
→ 賃金が硬直的、非自発的失業が発生
賃金
労働供給
労働需要
労働
7
(補足) 過少雇用均衡は解消できるか
・ 企業にとって、賃金を引き下げるよりも雇用を調整
する方が合理的な状況にある
(賃金を改訂するコストや情報の不完全性などの存在)
※ 合成の誤謬(p.22)
・ このような場合、政府が有効需要を拡大する政策を
実施して、経済を完全雇用に近づける余地がある
(政府の失敗や、将来時点における財政リスクの問題
があるが、ここではひとまず省略する)
8
6-2 IS-LM分析の準備:経済政策のイメージ
・ 同時均衡点を右に移動させるような曲線のシフトを
実現できれば、経済は完全雇用(Y*)に近づく
i
IS曲線の右上方向
へのシフト
i
LM曲線の右下方向
へのシフト
Y
YF
Y
9
◆ 45°線分析とどこが違うのか?
・ 財政政策の分析の利子率への影響
貨幣市場の均衡を同時に実現しなければならない
ため、政府支出Gの変化にともなって利子率 i がど
う変化するかが分析できる
※ 乗数効果が小さくなることが判明
・ 金融政策の効果について分析可能
貨幣市場で起きた利子率の変化が、投資の変化を
通じて均衡所得を変化させることを確認できる
10
6-2 経済政策の効果(p.70)
6-2-1/2 ① 政府部門と財政支出拡大
・ 財政支出のための財源は公債の市中消化
・ 財政支出拡大で次式のGが増加
1  c1 
 c0  I 0  G 
i  
Y  

I1
 I1 


11
6-2-1① 政府支出拡大:グラフによる理解
・ 政府支出(G)が増加
→ I S曲線が右(上)方向にシフト(→ I S’)
・ 新しい均衡では、国民所得が増加すると同時に、
利子率も上昇している(債券価格は下落)
i
IS’
LM
IS
i’
i
Y
Y’
Y
12
② 財政支出拡大とクラウディング・アウト
◆ 財政支出拡大政策により国民所得が増加し、貨幣市
場で超過需要が発生(債券の超過供給)
→ 利子率が上昇(LM曲線に沿った動き)
→ 利子率上昇が民間投資を抑制(クラウド・アウト)
財市場で産出量が減少(IS曲線に沿った動き)
i
IS
LM線が水平であれば
点Aから点A’へ行くが、
LM線が右上がりなの
で点A”に移動
IS’
A”
A’
A
Y
LM
Y”
Y’
クラウディング・
アウトが発生
Y
13
数値例(A) 貨幣市場を含まない場合
Y C  I G
C  10  0.75Y
I  17 .5
G  10
• このモデルで、当初の均衡所得は150.
• 完全雇用国民所得を250とする。
• 乗数が1/(1-0.75)=4 だから、完全雇用
を達成するには、政府支出をあと
(250-150)/4=25 だけ追加すればよい。
14
モデルの拡張:(B)貨幣市場の導入
Y C  I G
C  10  0.75Y
I  20  50  i
M
 2Y  3600  i
P
M
 120
P
モデルを解くと、Y=150 , i=0.05(5%)
となり、初期状態は(A)のモデルと同じ。
(このとき I  20  50  0.05  17.5 )
15
(B)のモデルでGを25増加させると・・・
IS曲線
LM曲線
Y  (10  0.75Y )  (20  50  i)  35
120  2Y  3600  i
Y  240 , i  0.1
となって、完全雇用250は達成されない。
これは利子率が5%上昇し、民間投資が
50×0.05×4=10だけ減少したためである。
16
6-2-3 金融政策/6-3 金融政策の有効性
① 名目貨幣供給Mの増加(→ M’)
→ 利子率低下/LM曲線が右下方向にシフト
i
i
IS
LM
LM’
L(Y  Y )
M
P
M'
P
貨幣量
Y
Y’
Y
17
② 利子非弾力的な投資と金融政策
◆ 投資の利子弾力性が小さい場合、IS曲線の傾き
は急になる(6-1-1②確認)
◆ 投資の利子弾力性がゼロの場合、金融政策は完
全に無効
i
IS
LM
利子率が低下しても
投資が増加しないた
め、産出量は変化し
ない
LM’
Y
Y
18
③ 流動性のわな(liquidity trap)と金融政策
◆ 貨幣需要の利子弾力性が無限大
→ LM曲線は水平(6-1-2②確認)
◆ 流動性のわなの状態では金融政策が無効
i
IS
LM
LM’
利子率が低下
しない
Y
Y
19
応用問題:先のモデル(B)で、Gを25増加させた
とき、完全雇用所得250を実現するために中央銀
行が実質貨幣量をあとどれだけ増加させればよ
いか、求めなさい。
(解答)貨幣量の増加分を⊿mで表す。
Y  (10  0.75Y )  (20  50  i)  35
120  m  2Y  3600  i
Y  250
m  200
20
再来週の期末テストについて
◆ 本日配布した解答用紙を使用
◆ 講義で解説した全範囲
(テキスト1,2,3,6章)から出題
◆ 出題形式についてはほぼ例年通りなので
過去問を参考に準備しておくこと
◆ 100点満点、小テスト得点(の一部)を加算
◆ 筆記具と解答用紙以外は使用禁止
21
2012年度 経済学講義
ひとまず終了
ご静聴ありがとうございました
来週は勉強会です
(過去問の解説をします)
22
ダウンロード

MS ppt版