送受信班進行状況
(~8/22)
冨永将大・川崎浩平・井山佳美
全体像
AHL
求められること
5 hours…
①AHL合成量(合成速度)
を下げる
②感受性
を下げる
③発現量
を下げる
全体像
①AHL合成量、合成速度を下げる
→luxIの発現量を小さくする(RBSを替える)
②感受性を下げる
→シグナル分子を替える
②出力量を下げる
→luxRの発現量を小さくする(RBSを替える)
送信システム作成の流れ
AHL
luxI(OHHL)
LasI(OdDHL)
RhlI(BHL)
cinI
PNAS November 25, 2003 vol. 100 suppl. 2 14549–14554
Fig2. Structures of different autoinducers.
送信システム作成の流れ
LasI(C0178)
CinI(C0176)
RhlI(C0170)
LasI+LVA(C0078)
CinI+LVA(C0076)
RhlI+LVA(C0070)
+
PCR
B0034
+
plac(J04500)
ptet (J13002)
or
+RBS(B0034)
+RBS(B0034)
+
ptet(R0040)
AHL合成装置
今週の成果
BioBrick パーツの準備(AHL合成酵素)
Bba_
パーツ概要
プラスミド
2008
2007
2006
C0178
LasI
pSB1A2
‐
○
○
C0170
RhlI
pSB1A2
‐
○
○
C0076
CinI + LVA
pSB2K3
×
×
×
C0078
LasI + LVA
pSB2K3
×
×
×
C0070
RhlI + LVA
pSB2K3
×
●
●
I9020
RBS+RhlI
pSB1A2
‐
△
△
I9030
RBS+CinI
pSB1A2
‐
△
△
S03154
RBS+LasI
pSB1A2
‐
△
△
「○」…ミニプレインサートチェックOK、「●」…PCRインサートチェックOK
「△」…保留、「×」…DNA得られず、「‐」…未実施
今週の成果
BioBrick パーツ(プロモータ+RBS)
Bba_
パーツ概要
プラスミド
2008
2007
2006
J04500
pLac+RBS
pSB1AK3
△
△
△
J13002
Ptet+RBS
pSB1A2
△
△
△
「○」…ミニプレインサートチェックOK、「●」…PCRインサートチェックOK
「△」…保留、「×」…DNA得られず、「‐」…未実施
2006年
iGEMで、バ
ンドの位置が
おかしいこと
が確認され
ている
今後の予定
Cross-talkの確認
Sender(luxI)(BBa_S03623)
AHL合成装置(luxI以外)
+
ptet
or
plac
B0034
lasI
RhlI
ptet
?
B0034 luxI+LVA
Receiver(BBa_T9002)
ptet
luxR
plux
GFP
今後の予定
Cross-talkの確認
Spot
Sender
Receiver
①AHL合成量、合成速度を下げる
→luxIの発現量を小さくする(RBSを替える)
②感受性を下げる
→シグナル分子を替える
②出力量を下げる
→luxRの発現量を小さくする(RBSを替える)
今後の予定
AHL合成量を下げる
①
ptet
②
[AHL]
Sender(BBa_S03623)
③
B0034 luxI+LVA
時間
①B0033(weaker)
②B0032(medium)
③B0031(weak)
PCR
今後の予定
luxR合成量を下げる
Sender(BBa_S03623)
ptet
B0034
[LuxR]
①
②
③
luxR
時間
①B0033(weaker)
②B0032(medium)
③B0031(weak)
PCR
TraI
AHL
luxI
RhlI
LasI
cinI
PNAS November 25, 2003 vol. 100 suppl. 2 14549–14554
Fig2. Structures of different autoinducers.
ダウンロード

AHL