「ひので」EIS*によって観測された、
フレアに付随する強いブルーシフト
現象について
*EIS: 極端紫外線撮像分光装置
浅井 歩(国立天文台 : まもなく休業)
共著者
原 弘久1、渡邊 鉄哉1、神尾 精1、今田 晋亮1、
松崎 恵一2、成影 典之2、英米「ひので」EISチーム
1: 国立天文台、2: ISAS/JAXA
2007年3月30日
日本天文学会2007年春季年会 M47a
フレアの概要
• X3.4フレア
• Start: 02:14、Peak: 02:40UT
• 長時間持続イベント(LDEフレア)
• 活動領域: NOAA 10930
• EISは01:12 – 05:41 UTまで活
動領域をラスタースキャン
GOES
ライトカーブ
SOHO/EITによる極紫外線画像
EISラスタースキャン
EIS: 極端紫外線撮像分光装置
ひので/EIS
• 広範囲ラスタースキャ
ンを稼働中(01:12 –
05:41UT)にフレア発生
(02:14 UTスタート)

ラスター画像: FeXV
(284A)

各スリット位置での
スペクトル
左: 短波長側
強いブルーシフト
• フレアの立ち上がり
に2種類ブルーシフ
ト現象(BS)を発見
• Northern BS:
– 02:22 – 02:26UT
– 全てのラインで明る
い
• Southern BS:
– 02:22 – 02:24UT
– 高温のラインで顕著
に見られる
– faint
左: 短波長側
Southern BS
• Southern BS:
t
02:22:11
02:24:18
– 非常にfaintな現象
200km/s レッドシフト?
100”
• スリットに沿う方向:
~500 km/s
• ブルーシフト成分:
0 ~ >250 km/s
• フロントエッジが斜
めに走っている
• どんどんフロント
エッジが立ってくる
Fe XVのライン
EIS Southern BSの構造
フレアの発生位置
短波長側
長波長側
C
B
A
C
B
A
250
0
250
• スリットに沿った方向だけでなく、我々に
向かいながら移動する噴出物
• フレアの発生位置から膨張しながら高速
で移動する噴出物であると考えられる
EIS Southern BSの構造
フレアの発生位置
短波長側
長波長側
C
B
A
C
B
A
250
0
250
• スリットに沿った方向だけでなく、我々に
向かいながら移動する噴出物
• フレアの発生位置から膨張しながら高速
で移動する噴出物であると考えられる
Northern BS
• Northern BS:
– 全てのラインで明
るい
– 南側へ~45km/sの
速度で移動
Fe XV (284A)
静穏成分
BS成分
300km/s
Fe XV raster image
Northern BS
• Northern BS:
– 全てのラインで明
るい
– 南側へ~45km/sの
速度で移動
可能性1: Ejection
– XRTで観測されて
いる現象と比較
可能性2:
Evaporation flow
– SOTなどで観測さ
れているフレアリ
ボンとの位置関係
を調査
SOT: 可視光・磁場望遠鏡、XRT: X線望遠鏡
Fe XV raster image
ひので/XRT
• Thin-Beフィルタ
• フレアの初期にループ状
の構造が南東に向け噴
出(X-ray waveか!?: 成影
さんのポスターM21b)
• 明るい噴出物がそれに
続き南西に噴出(坂尾さん
の講演M41a)
Southern BS: ひので/XRTとの比較
• EIS/southern BS
はXRTで見られる
ループ状の噴出
現象と位置が一
致する(v~ 700
km/s)
• 非常に高速のプラ
ズモイド噴出?
もしくは
• XRT waveか(??)
XRT Thin-Be filter
Northern BS: ひので/SOTとの比較
• SOTで一致するフ
レアリボンはない
evaporation flow
ではない
SOT CaII H-line
Northern BS: ひので/XRTとの比較
• SOTで一致するフ
レアリボンはない
evaporation flow
ではない
• XRTで見られるプ
ラズモイド現象と
位置が一致する
プラズモイド噴出
XRT Thin-Be filter
まとめ
2006年12月13日のフレアに付随して、ひので/EISにより観測され
た強いブルーシフト現象(BS)について調べた
• Southern BS:
– 500 km/s along slit, >250 km/s in spec. (~600 km/s)
– 膨張しながら噴出する様子がとらえられた
– XRTで観測された噴出物(?)もしくは衝撃波(??)に付随
• Northern BS:
– 50 km/s along slit, 300 km/s in spec. (~300 km/s)
– フレアリボンとは一致しない
– XRTで観測されたプラズモイド噴出現象に付随
EIS: 極端紫外線撮像分光装置、SOT: 可視光・磁場望遠鏡、XRT: X線望遠鏡
ダウンロード

PPT file