PPSan
ダミーサーバ
ダミークライアントで
パケット送受信テストを効率化!!
ダミーサーバ機能
クライアントアプリケーションを作成
する場合に、サーバアプリケーショ
ンが存在しない。
•サーバアプリケーションの代わり
にPPSanを使用してパケットを送
受信することができます。
ダミークライアント機能
•クライアントアプリケーションを作
成する場合に、対向するサーバア
プリケーションがない。
•クライアントアプリケーションの代
わりにPPSanを使用してパケットを
送受信することができます。
効果1
現状
PPsanを使うと、、、
•対向のアプリケーションが出来上がる
前にソフトを作成するため、実パケット
の送受信テストがなかなかできない。
•TCP UDP のダミーサーバ、ダミーク
ライアントとして動作することで送受信
テストをすることができます。
•十分なパケット送受信テストが出来な
いまま実機テストを始めてしまい、実機
での障害発生率が高くなってしまう。
•パケットのパターン作成や送受信のや
り直しが容易なので、細かなテストを行
うことができます。
•実機では柔軟にテストパケットを作成
することが難しい。
•実機で作成できないようなパケットや
シナリオを容易かつ柔軟に作成するこ
とができる。
効果2
現状
PPsanを使うと、、、
•構造体やデータ内容の仕様書を
読みながら、送信サイズやデータ
の内容を調べながら毎回送信パ
ケットを作成している。
•送信パラメータを変更するたびに、
バイト位置を調べたりテキストを書
き換えたりしなければいけない。
•パケットの仕様ができた段階で定
義ファイルを書いてしまえば、ウィ
ンドウを選択するだけで、自動的に
パケットパラメータが作成される。
•定義ファイルはパケットサイズが
理解できれば誰でも記述すること
ができる。
他にもこんな効果が、、
•
テストツールを作成するための工数が必要なくなります。
•
PPSanで実行したテスト内容はそのままログファイルとして保存することが可能なため、テスト実
行記録を残しやすくなります。
•
PPSanの使用方法・設定方法は非常に簡単なので、15分~30分程度で使用することができる
ようになるため、システム仕様が分かれば誰でもテストに参加することができます。
•
パケットキャプチャソフトなどで取得した16進数のダンプリストをそのままシナリオとして再現する
ことができます。
ダウンロード

PPSan