南北問題
国際的経済格差は何が問題なのか
グローバリゼーションと経済格差
• グローバリゼーションは自由な経済活動と民
主主義を求めているが、結果はどうか。
• 先進国と最貧国の格差は拡大
• 何故格差は拡大するのか
• 格差は是正すべきか、またその手段は
世界のLDC分布
LDCとは
• 後発開発途上国(LDC:Least Developed
Countries)とは、国連開発政策委員会(CDP:
United Nations Committee for Development
Policy)が認定した基準に基づき、国連経済社会理
事会の審議を経て、国連総会の決議により認定さ
れた途上国の中でも特に開発の遅れた国々のこと
です。現在、世界には50ヶ国がLDCと認定されてい
ます(アフリカ地域:34ヶ国、アジア地域:10ヶ国、大
洋州地域:5ヶ国、中南米地域:1ヶ国)(以下の資料
は世界銀行のHPより)
子どもの栄養不良
世界銀行の目標1
初等学校の修了
世界銀行の目標2
浄化水源
世界銀行の目標7
アフリカ地域のファクトシート
ヨーロッパ・中央アジアファクトシート
以上のことからわかること
• 貧富の差は経済的な格差だけではない。
• 自然環境、衛生状態・教育など社会環境も
• 経済的な困難な地域は、政治的にも困難。
「格差」は問題なのか?
• 「新自由主義」によるグローバリゼーションは
「競争」が経済を発展させるという立場
↓
結果として格差を拡大するのが普通の競争
(議論してみよう。)
社会の発展に関する理論
• 近代化論 → 新自由主義
• マルクス主義 → その発展としての従属論
• (1)日本は1970年代まで唯一の例外だった。
何故日本だけアジア・アフリカで近代化し
たのか。
(2)NIESは何故近代化できたのか。
(3)ブラジルの近代化は完成するか
開発独裁の問題
• 日本もNIESも開発独裁という時期を経てい
る。 → 資本主義にはある時期の「独裁」政
治が不可欠であるという理論。
• 先進資本主義は独裁を経ていないのか。
• 多くの独裁国家は近代化できないままである。
(アフリカ諸国)
貧困の象徴である「餓死」はすべて独裁国
家で起きている。
近代化理論と新自由主義
• ロストウによる経済成長の5段階
–
–
–
–
–
伝統社会の段階(the traditional society)
条件整備の段階 (the precondition for take-off)
離陸の段階 (the take-off)
成熟への 推進(the drive to maturity)
高度大衆消費時代(the age of high mass consumption)
http://www.ngu.ac.jp/white/~consami/link/eh/ehs/
a13.html
マルクスの発展段階論
• 原始共産制
• 奴隷制 → アジア的専制
↓
• 封建制
• 資本主義
• 社会主義
生産力の発展と本源的蓄積を経て資本主義
資本主義は富と貧困が偏在・拡大する。
無統制な経済を社会的に制御する必要
近代化論とマルクス主義
• 共通点 経済の発展段階説
産業革命や市民革命等が基礎条件
経済的条件: 技術水準、蓄積、労働力
交通網、
政治的条件: 市民、ある程度の民主主義
安定した中央政府
• 相違点 社会主義の想定
政治的社会的立場
国内的には富の再配分がある程度進んだが、国際的には格
差化が進行している。
従属論(1)
• 低開発が浮上できないのは、中心-周辺という世
界経済の構造にあるという主張。(南アメリカを中心
とするマルクス主義経済学の立場)(以下フランク
『世界資本主義と低開発』による。)
• 「(過去の研究は)重商主義資本主義体制の世界的
規模にわたる拡張と発展を通じて形成されてきた中
枢国と、その経済的植民地との間にある経済関係
やその他の関係を無視している。」
従属論(2)
• 第一テーゼ
経済発展は資本主義の諸段階を連続的に追って進
むのであって、今日の低開発諸国は、今日の先進
諸国がずっと以前に通過した一歴史段階にあるの
だという(説がある)。しかし、歴史に少しでも通暁す
るならば、低開発とは原始的な段階でも伝統的なも
のではないこと、そして低開発諸国の過去や現在は、
現代先進諸国の過去とはいささかも似ていないとい
うことは明らかである。
従属論(3)
• 第二テーゼ
現代における一国の低開発は、ひとえにその
国の経済、政治、社会、文化の諸特質あるい
は構造の反映ないし産物と理解すべきだとい
う(説があるが)、しかし、現代の低開発派大
部分、過去も現在も続いている低開発的衛生
諸国と先進的中枢諸国の間の経済をはじめ
とする諸関係の歴史的所産にほかならない。
従属論(4)
• 第三テーゼ
低開発諸国の発展、そしてその諸国内で特に
遅れた地域の発展は、国際的資本主義中枢
国や低開発諸国自身の都市的中枢部分から
資本、諸制度、価値体系等々が波及すること
で生成刺激される(という説があるが)、低開
発諸国の経済発展はこうした波及関係から
独立してはじめて可能となる。
従属論(5)
• 第四テーゼ
低開発諸国は二重社会、二重経済である相
互に独立していると捉える理論があるが、そ
のふたつは見かけ以上に経済社会的相互依
存関係がある。
ふたつの立場の対応策
• 新自由主義: 内外からの投資・民間主導の
経済政策の導入
• 従属論: 資本主義的経済からの脱却?
問題 援助をどう考えるか
何故援助するのか。
経済的取り込み←→国際的格差の減少
援助のパターン
• 国家中心 政府が政府機関に対して援助を
行なう。被援助国家政府は援助国政府の条
件に応じて、資金を使用することが多い。
日本のODAは多くがこのパターン
• 民間組織を通じて援助する。
オランダの援助方式
ダウンロード

南北問題