バリアフリーのための心理学
2010
(1)社会参加とはどういうこと?
望月昭 [email protected]
HP: 望月昭のホームページ
ブログ:対人援助学のすすめ
1
バリアフリー (Wikipedia!)
• バリアフリー(Barrier free)とは、広義の対
象者としては障害者を含む高齢者等の社
会生活弱者、狭義の対象者としては障害
者が社会生活に参加する上で生活の支障
となる物理的な障害(障碍)や精神的な障
壁を取り除くための施策、若しくは具体的
に障害を取り除いた状態をいう。一般的に
は障害者が利用する上での障壁が取り除
かれた状態として広く使われている。
2
「社会生活に参加する」とは
• ノーマリゼーション
• 行動の成立
• 他立的自律
• 「できる」を成立させるための
支援
3
ノーマライゼーションの思想(方向性)
社会が、障害を持つ人を、生まれながらの権利と
してそして個人差のままに受け入れることを要請
する・・・
(Nirje, in Shaddock & Zigler, 1991)
行動的に翻訳すると・・・・・・・
個体的(反応形態的)差異によらず、
社会の中で
行動(正の強化で維持される)の
成立を保証する
4
行動が成立するとは?
• 本人が好んで行いたいことが実際に可能
=「できる」状態
そうでない場合もある:
「いやいや行う」
5
「できる」とは、単独で行動が
成立することか?
• 「社会参加」とは援助なしで参加できることか。
バリアからフリーということは、
単独で行動ができるということか?
「自立」と「自律」
6
「行動の成立」のありかた
単独遂行
援助つき遂行
自己決定
自立的自律
他立的自律
他者指示
自立的他律
他立的他律
7
他立的他律から他立的自律へ
Lim Hyunjong・坂明恵・丹生卓也・中鹿直樹・
望月昭(2009)
「重複障害児における電動車椅子の操作ス
キル獲得によるQOLの向上に関する考察」.
日本対人援助学会第1回大会
発表ポスターセッションWEB論文.15.
http://humanservices.jp/pdf/15imu.pdf
目的:進行性の障害のある生徒に、電動車椅
子での移動によるridingの楽しみを実現したい8
記録者
課題提示者
ぬ
い
ぐ
る
み
参加者
訓練者
机
図 1-1.前進と停止の訓練のセッティング。ぬいぐるみを取りに行く課題を設定した。
記録者
机
ぬ
い
ぐ
る
み
障
害
物
課題提示者
参加者
訓練者
図 2-1.障害物を置いてぬいぐるみを取りに行く課題のセッティング。
9
表1.訓練1の課題分析ステップ
ステップ
課題
1 ジョイスティックをつかむ。
2 ジョイスティックを倒す。
3 ぬいぐるみの前に行く。
4 ジョイスティックを戻す。
5 ジョイスティックを離す。
6 ぬいぐるみをとる。
7 ジョイスティックをつかむ。
8 ジョイスティックを倒す。
9 課題提示者の前に行く。
10 ジョイスティックを戻す。
11 ジョイスティックを離す。
12 ぬいぐるみを渡す。
10
成果報告会でのエピソード
「この子が、ひとりで電動車椅子を使えるように
なったら、どこへ行ってしまうか。そんな危ない
ことの指導を依頼した覚えはない」
「え!!」
自立=自律 ではない。
援助つきの自律(他立的自律)によるQOL
の拡大(楽しみの拡がり)を。
必要なのは緊急停止用のキルスイッチ
11
「できる」を成立させるための支援
12
13
確認
• われわれが社会生活をする上で、
自立している、という場合、単独で
できているか?
14
バリアフリー概念の問題
●多数派と異なる反応形態を持つ個人が、
1)多数派と同じ資源へのアクセスを求めることと想
定するのは正しいか?
2)単にアクセスできればよいのか?
15
こういう援助はどうだ
ろう?
http://www.kobe16
np.co.jp/kobenews/sougou/031206ke2880.html
ユニバーサルデザイン(Wiki)
• ユニバーサルデザイン(Universal Design、UD
と略記することもある)とは、文化・言語・国籍
の違い、老若男女といった差異、障害・能力の
如何を問わずに利用することができる施設・製
品・情報の設計をいう。
17
まとめ
• バリアフリーの概念や実践が目標とする
「社会参加」とはどういうことか?
• 「他立的自律」とは何を意味しているか?
• 「できる」を実現する支援にはどういうもの
が考えられるか?
• バリアフリーとユニバーサルデザインの違
いは?
18
ダウンロード

他立的自律