世界遺産のこれから
1DS04174R 萱田森人
1DS04190R チョ 暁樺
1DS04193K 中尾一敬
1DS04201S 松本芳郎
指導教員 藤原惠洋
1
調査の手順
• 世界遺産の歴史・各遺産との比較を通して、
現在の世界遺産という枠組みの中の問題点
を考える。そしてその問題点を解決していくこ
とによって未来、今後の世界遺産のあり方を
考察していく。
2
世界遺産の歴史ー1
• 1907年:
ハーグ陸戦条約
• 1914~18年:
第一次世界大戦
• 1939~45年:
第二次世界大戦
• 1950~53年:
朝鮮戦争
• 1954年:
ハーグ条約
• 1969~79年:
デタントの時代
3
世界遺産の歴史ー2
• 1972年: 第17回ユネスコ総会で世界遺産条約が成立
• 1973年: アメリカが第一番に批准、締結
• 1975年: 20ヶ国が条約締結し、正式発効
• 1978年: イエローストーンなど12件の遺産が第1号
世界遺産リスト登録を果たした
• 1985年: 中国は世界遺産条約を批准した (87番目)
• 1992年: 日本は世界遺産条約を批准した (124番目)
4
世界遺産の現状ー1
1位 イタリア
2位 スペイン
3位 ドイツ
中国
40件
38件
31件
31件
・
・
・
15位 日本
13件
(2006年7月現在)
5
世界遺産の現状ー2
自然遺産
文化遺産
複合遺産
• 危機遺産: 自然災害、戦争などによる崩壊
• 負の遺産: 悲劇を刻み込まれたモニュメント
• 無形遺産: 儀式、工芸技術など
世界遺産登録はあくまでもスタートに過ぎない
忘れてはならぬ人類の記憶
有形から無形へ
6
日本の世界遺産
古都京都の文化財
白神山地
知床
古都奈良の文化財
白川郷・五箇山
日光の社寺
原爆ドーム
法隆寺地域の仏教建造物
厳島神社
琉球王国のグスク
屋久島
姫路城
文化遺産10件
紀伊山地の霊場
自然遺産3件
(「石見銀山遺跡とその文化的景観」は文化遺産として推薦済み)
7
2006年5月現在
世界遺産候補に見る可能性と問題点
• 価値の格差 → 富士山
• 遺産の保存 → 軍艦島
• 精神的文化の内在 → 肥後の石橋
8
富士山(価値の格差)
•
静岡県と山梨県にまたがる活火山。
•
単に美しいだけの大自然ではなく、宗教から芸術
表現にいたるまで、日本人の精神文化を語る際に
決して欠くことのできない重要な存在。
•
「万葉集」、「竹取物語」、
「富嶽三十六景」、横山大観、
太宰治の「富嶽百景」など多く
の芸術作品に描かれてきた。
9
国際的な価値と
国内における価値の違い
日本において富士山は精神的柱となるもの。
白神山地や紀伊山地は登録されているが
富士山はされていない。
富士山は世界遺産としては不十分。
10
軍艦島(端島)
• 「軍艦島」とは、長崎市南西にある石炭採掘が行わ
れた海底炭鉱で、「端島」という島の俗名。
• 最盛期には5,000人を越える人口を数えた。
• 1916年に日本初の鉄筋コンクリート高層アパート
が建設された。
• エネルギー政策の波に
のまれ、1974年に閉山。
11
価値の保存
• 観光地とするなら、安全のために整備が必要。
しかし、整備をした時点で本物ではなくなる。
• どこまで保存するか、どこまでを経年変化として
そのままにしておくか。また、その保存方法。
• 軍艦島の本当の価値を
保つにはどうすればいい
のか。
12
肥後の石橋
• 全国のアーチ式石橋の半数近くが肥後に
残っている。
• 阿蘇山の大噴火による
火山石が石橋の材料に最適。
13
肥後の石橋(通潤橋)
通潤橋は、毎年飢餓に苦しむ農民を見かね、
財政の乏しい藩に変わり、私財をなげ うって
惣庄屋が建設に貢献した。
通潤橋の真の価値は、苦しむ農民を救済する
ために造られたことにあり、またそのために
必要最低限の構造しか持たないことにある。
14
新基準の提案
世界遺産には権力を象徴するものが多く、
人類のあるべき将来を示唆してくれるものが少ない。
7.地球環境および人類の将来にとって、極めて
すぐれた 影響を与える精神文化を内在するもの
世界遺産とは権力で築かれた遺産を称えるだけの
ものでなく、「人類の生きるべき方向を指し示す」もの
でもあるべきだ。
15
世界遺産と日本の未登録遺産
(1)
• イエローストーン国立公園
– アメリカ合衆国の国立公園、また世界最古の国立公
園でもある。
– 湧出量世界一位の巨大温泉地帯生態系であり、手付
かずの状態で残されている。
– 自然遺産として登録されている。
• 別府温泉(未登録)
– 大分県にある、温泉地帯である。湧出量は世界二位である
が、泉質、泉源の数の豊富さでは世界一位。
– 温泉、地獄巡りなどで有名。
16
世界遺産と日本の未登録遺産
(1)
• イエローストーンの世界遺産登録理由
– 地球の歴史上の主要な段階を示す顕著な見
本である。
– 生物の進化と発達において生態学的に重要
である。
– すばらしい自然現象、または自然美を有す。
– 重要かつ意義深い自然生息地を含む。
17
世界遺産と日本の未登録遺産
(1)
• 別府温泉
– 温泉が人々の生活に深く結びつき、世界一の温泉都
市を築いている。
手付かずのままなら、自然遺産として検討できた
かもしれない。
世界一の温泉都市として、文化遺産の分野では可
能性はある。
18
補足(2)
• ヴェルギナの古代遺跡
– ギリシャ共和国の中央マケドニア地方に属する町。
– ギリシャの考古学者マノリス・アンドロニコスによりマケドニア王ピ
リッポス2世の墓と主張される。
• 吉野ヶ里遺跡
– 弥生時代の環濠集落跡。
– 古代 の 文化の貴重な手がかり。
19
補足(2)
• ヴェルギナ古代遺跡の世界遺産登録理
由
– 人類の創造的天才の傑作を表現するもの
– 現存する、または、消滅した文化的伝統、また
は、文明の唯一の、または少なくとも稀な証拠
となるもの。
20
補足(2)
• ヴェルギナと吉野ヶ里遺跡を比較して
– 両者ともに歴史的、文化的に貴重な発掘が行
われている。
– 規模の大きな墓(古墳)の存在
吉野ヶ里遺跡もこれからの活動によっては可能性がある
21
世界遺産の「まとめ」
• 欧米諸国との格差の問題。
• 普遍的価値という言葉の不確かさ。
• 遺産を保存するという行為。
• 国同士の関係。
22
欧米との格差
25
20
15
登録数
10
5
0
欧米
アフリカ
アラブ
アジア・太平洋
南米・カリブ
1997年に新たに登録された遺産数
23
「普遍的」価値
ユネスコの条文の中で普遍的価値という
言葉が数多く登場する。
果たして普遍的価値というのはどういう意
味なのか?
・普遍的・・・極めて多くの物事にあてはまるさま 。
24
遺産保存の現状
当該国
遺産の保存
成立
UNESCO
25
遺産を保存するという試み
周りの環境の中に遺産が存在して初めて遺産の
価値が生まれる。
自然や人間から切り離されて存在していたり、強
引な修復などが施されると、それはもはや世界
遺産ではなくなってしまう。
Ex. 軍艦島、保存が著しく困難な物。
26
遺産保存の例
モスタル旧市街の古橋地区
27
国同士の関係
破壊されたバーミヤンの仏像
28
これからの世界遺産
• 専門家の育成
• 肥後の石橋に見られるような精神的価値
の重要さの認識の必要
• 世界遺産=観光
という現在の枠組みからの脱却。
29
参考資料
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
世界遺産(D・オドルリ他)
社団法人日本ユネスコ協会連盟‐世界遺産活動
軍艦島を世界遺産にする会Hp
全国 世界遺産計画
富士山の世界遺産 富士ニュース
世界遺産の夢を語ろう
肥後の石橋
西日本新聞
世界遺産資料館
Wikipedia
30
ダウンロード

世界遺産のこれから