RI2580地区
2015年7月開催
国際ロータリー第2580地区
地区ロータリー財団セミナー
未来の夢計画新補助金制度
財団補助金について
1
--- 2013-14年度から全世界で始動 ---
未来の夢計画
研究グ
ループ
交換
国際親
善奨学
金
ロータリ
ーボラン
ティアプ
ログラム
技術研
修奨学
金
大学教員
のための
ロータリ
ー補助金
マッチン
グ・グラ
ント
平和およ
び紛争解
決のプロ
グラム
3-H補助金
プログラ
ム
ポリオプ
ラス
未来の夢計画で簡素化
補助金
ポリオ
プラス
ロータリー
平和
センター
2
未来の夢計画
ロータリー財団が2017年に創立100年を迎えることを踏まえ、
財団が奉仕の第二世紀に移行するための計画
<ロータリー財団の使命>
ロータリアンが、人々の健康状態を改善し、教育への支援
を高め、貧困を救済することを通じて、世界理解、親善、平
和を達成できるようにすること
<ロータリー財団の標語>
「世界でよいことをしよう」
2007年4月規定審議会で〈使命と標語〉を承認
3
未来の夢計画の目的
• 財団の使命に沿って、プログラムと運営を簡素化すること
• ロータリアンにとって関連性のある世界の優先的ニーズに取
り組むことによって、最大の成果が期待できるロータリアンの
奉仕活動に焦点を絞ること
• 世界的目標と地元の目標の両方を果たすためのプログラムを
提供すること
• 意思決定権をさらに地区に移行することによって、地区レベル
とクラブレベルで、ロータリー財団が自分たちのものであると
いう自覚を高めること
• ロータリー財団の活動に対する理解を深め、ロータリーの公
共イメージを高めること
2008年6月:RI理事会が承認
4
未来の夢計画の実施計画
2013-14年度からの全世界で実施
 新補助金制度の導入
①地区補助金 ②グローバル補助金
※パッケージ・グラントは2014年10月をもって終了いたしましたので、
新補助金制度は地区補助金とグローバル補助金の2種のみとなり
ました。
 長期的な協同関係
重点分野を専門とする団体との長期的な協同関係
 資金の支給方法
支給手続の簡素化が目的
5
RI2580地区
知って納得 DDF
徹底解説!
6
ご存知ですか? シェアシステムの仕組み
2580地区ロータリアンからの寄付
年次基金
3
年
後
半
額
恒久基金
翌
年、
収
益
の
半
額
シェアシステムによって2580地区が
使用する権利を得る分、
つまりDDF(地区財団活動資金)です。
その他の寄付
(ポリオ等)
指定された使途へ
7
2015-16年度DDFを計算してみよう!
2012-13年度年次基金への寄付の半額
約17万4千ドル
2014-15年度恒久基金への寄付の運用益の半額
2015年秋頃判明(約3万ドルの見込み)
シェアシステムにより2015-16年度に新たに
2580地区に配分されるDDFは
約20万ドルの見込み
[豆知識]
DDFはDistrict Designated Fundの頭文字をとったものです。
Designateは「指定された」「指名された」といった意味の単語です。
ガバナーノミニーデジグネートのデジグネートと同じです。
8
つまり、ご寄付が多ければ、DDFも多くなります。
ご寄付が少なければ、DDFも少なくなります。
米山記念奨学会やロータリー希望の風奨学金へも
ご寄付をなさるので、負担が大きいかと存じますが、
引き続き、ロータリー財団へも
ご理解とご支援を心よりお願い申し上げます。
9
DDF徹底解説!~現金はどこにある?
2015年7月1日時点のDDF総額は213,306ドルですが、
地区が現金をドルで持っている訳ではありません。
現金は、ロータリー財団本部が保管しています。
地区は「DDFを動かす権利」を213,306ドル分持ってい
ると理解してください。権利を行使する時には、ロータリ
ー財団本部に申請をします。
「7月1日になると、自動的にDDFが地区口座に入金さ
れる」と思っていらっしゃる方がいるようですが、それは
間違いです。
10
DDF徹底解説!~手段
具体的には、以下の4つの方法でDDFを使います。
①DDFを寄贈する
②地区補助金として使う
③グローバル補助金として使う
④なにもしない(DDFを貯める)
11
DDF徹底解説!~2014-15年度実績
2014-15年度の結果を振り返りましょう。
①DDFを寄贈する: 65,100ドル
( ポリオ・プラス基金へ40,100ドル分のDDFを、
ロータリー平和センターへ25,000ドル分のDDFを寄贈。)
②地区補助金として使う: 99,157ドル
(プロジェクト20件、奨学生1名)
③グローバル補助金として使う: 40,000ドル
(プロジェクト0件、2014年出発奨学生1名、2015年出発奨学生1名)
12
DDF徹底解説!~2015-16年度計画
今年度(2015-16年度)の計画を見てみましょう。
①DDFを寄贈する: 25,000ドル
(ロータリー平和センターへ25,000ドル分のDDFを寄贈予定)
②地区補助金として使う: 103,095ドル
(プロジェクト24件、奨学生2名)
③グローバル補助金として使う: 60,000ドル
(プロジェクト1件、2015年出発奨学生2名)
※資料Aをご参照ください。
13
募集に関して
かみやま しょうじ
上山昭治ガバナー年度
(次年度2016年7月1日~2017年6月30日)に
実行するプロジェクトが対象です。
申請期間は、
2015年7月1日から2015年9月30日まで
といたします。
14
地区補助金
15
地区補助金
• クラブと地区が、特定の関心に応じて地元や海外
の緊要なニーズに取り組むことを可能にするもので
す。地区にまとめて支給されるこの補助金は、以前
の地区補助金をモデルとしています。
• 地区は、地区財団活動資金(DDF)の最高50%まで
を地区の裁量によりこれらの補助金に充てることが
できます。 未来の夢計画導入以前の旧制度の地
区補助金は地区財団活動資金(DDF)の最高20%
までの利用でしたので、地区の裁量が大きくなりま
した。
16
地区補助金(新地区補助金)の一般的条件
1.
地区補助金は地区が重要と考える人道的、教育的活動を支援するもの
です
2.
地区補助金プロジェクトはロータリー財団の使命に沿ったものでなけれ
ばなりません
<ロータリー財団の使命>
ロータリアンが人々の健康状態を改善し、教育への支援を
高め、貧困を救済することを通じて、世界理解・親善・平和を達成できる
ようにすること
3. 地区補助金プロジェクトは、ロータリアンの直接参加を含むことが必須
グローバル補助金奨学生以外は、地区補助金奨学生として支援
4. 『ロータリー財団 地区補助金とグローバル補助金 授与と受諾の条件』
に従うことが必要です
5. 地区の年度ごとの地区補助金支援基準に合致していることが必要です
6. 地区の補助金管理セミナーに出席することが必要です
↑
7月 9日(水)如水会館:在京セミナー
7月17日(金)パシフィックホテル沖縄:沖縄セミナー
17
2016-17年度の地区補助金支援基準(計画)
1.
地区補助金は、奨学金とプロジェクトに配分する。
2.
地区補助金プロジェクトは、地区内のロータリークラブが主体となって実行する。
3.
ロータリアンの子弟を支援することはできない。
4.
プロジェクトへの補助金支援額は40万円を上限かつプロジェクト総費用予定額の最大80%ま
でとする。
5.
地区補助金プロジェクトは各年度内(6月まで)に完了するものが対象
6.
同一クラブからの地区補助金プロジェクトは1件を上限とする
7.
同一プロジェクトへの支援は連続した年度で行わない
8.
応募の多い場合は、同一プロジェクトへの支援は隔年であっても行わない場合もある
9.
応募の多い場合は、同一クラブへの支援は連続した年度で行わない
10.
財団本部承認前のプロジェクト開始および支出は認められない
11.
奨学金は、地区ロータリー財団委員会が募集や選考を行う。(派遣学生と受入学生のホストク
ラブとカウンセラーは、地区内ロータリークラブへお引き受けいただきたく随時お願い申し上げ
ます。)
18
2016-17年度の申請に関して
資料Bをご参照の上、
立案と申請準備をお願い申し上げます。
・留意点
・申請書(見本)
・スケジュール
19
2015-16年度実施予定のプロジェクト ご紹介①
卓話から支援へ
東京紀尾井町RC
「難病や障害のある子供と家族を支援する」
プロジェクト
きっかけ:卓話
社会奉仕活動の検討過程で、厚生労働省の広報
資料により「小児慢性特定疾患対策」の研究事業
を知り、専門家に卓話を依頼。
現状を確認し、 「難病の子供と家族」を支援する
ことに決定。
20
支援先の選定方法:
子供の難病対策を長期的にかつ安定的に実践し、
その実績が評価されている組織であることを基準
に選定。
その結果1988年2月から全国的な規模で難病
の子供達をサポートし、その活動が高く評価され
て朝日社会福祉賞、厚生労働大臣賞、内閣総理
大臣賞を受賞している認定NPO法人「難病の子
供全国ネットワーク」に支援することを決定。
21
支援先から得た情報:
・難病や障害を持つ子供たちは、一般の宿泊施
設を利用することが難しいという現状がある。(設
備が不十分だったり、一般客から好奇の目にさら
されたりすることがある。)
・NPO法人難病のこども支援全国ネットワークで
は、山梨県にロッジを所有し、難病を持つ子供と
その家族に提供している。
・体温調節が出来ない子供や苦手な子供は、寒
いと痙攣をおこしやすくなることがある。
22
具体的なプロジェクト内容:
山梨県にあるロッジへ、薪ストーブを寄贈すること
に決定。2015年9月から取り付け工事に着手し、
10月から使用できるようにする。
-補助金委員会からのアドバイス-
「どんな活動をしたら良いか分からない」「どうや
って支援先を探したら良いか分からない」というク
ラブは、東京紀尾井町RCのように、卓話をきっか
けに検討してみてはいかがでしょうか?
23
2015-16年度実施予定のプロジェクト ご紹介②
会員のつながりから支援へ
那覇西RC
「聴覚障害児への支援事業」プロジェクト
きっかけ:会員の紹介
会員が知人から先天性の聴覚障害児の状況を
聞き、「聴覚障害児を持つ親の会」の代表者を紹
介もらう。障害を乗り越えていく活動に感銘を受
け、クラブでの支援を検討。
24
支援先から得た情報:
・聴覚障害児は早期発見、早期教育が重要。
・音の存在に始まり、物に名前があることを覚え、
言語の獲得へと繋げていく。
・言語獲得をする上で大切なことが「体験」や「経
験」。
25
具体的なプロジェクト内容:
アウトドア活動をするために必要となる、発電機
や機材を寄贈し、カヌー体験やサマーキャンプな
どの活動の際には会員がボランティアとして参加
することに決定。
-補助金委員会からのアドバイス-
皆様のクラブにも、情報を持っている会員はいら
っしゃるはずです。プロジェクト立案の際には、会
員各位から積極的に情報収集をしてみてはいか
がでしょうか?
26
プロジェクト立案
「植樹プロジェクト」を例に考えてみましょう。
補助金プロジェクトとして適格であるか否かは
①緊要なニーズがあるか
②ロータリー財団の使命に沿っているか
という基準で判断いたします。
27
プロジェクト立案 ㊤良い例 ㊦悪い例
自治体も対策を講
じているが効果が
出ていない。
クラブの所在地域
は、空き巣の発生
率が都内でもワー
スト1である。
住民が空き巣と鉢
合わせし暴行を受
ける被害が出た。
地域に防犯対策の
要望が高まってい
る。
地区補助金を申請
したことがないク
ラブは70クラブ中
26クラブだけだと
聞いた。
ガバナー補佐から
も積極的に申請を
するよう要請され
たので申請しなけ
ればならない。
少数派になりたく
ないので補助金を
申請しなくて
は・・。
担当委員長に任命
されたが、他に協
力的な会員がいな
いので困った。
「人通りの少ない
路地裏で花を育て
るなど、街を美化
する取り組みを進
めたところ空き巣
被害が1/4に減っ
た」という杉並区
を視察。
花問屋の会員に頼
み、花を安く仕入
れて、地域の商店
街に植栽しよう。
花なら害にならな
いし、商店街には
会員の店舗もある
し一石二鳥だ。
自治体と地域の小
学校とクラブが協
力して、植栽プロ
ジェクトを立案。
空き巣犯罪の軽減
により地域の平和
を目指す。
クラブによる植栽
プロジェクトを立
案。
28
ニーズがないとプロジェクトの効果が下がる?!
[ロータリアンの関与を比
較]
[どこに植栽するか決める
場面を比較]
「空き巣被害が多発して
いる住宅街エリアにしよ
う。道路が細いところの
優先順位を高く設定しよ
う。」と目的に合う場所
を選定することができる。
[どこに植栽するか
決める場面を比較]
「ロータリーの広報
になるように人通り
の多い駅前商店街に
しよう。」など曖昧
な理由付けで決定す
るしかない。
協力団体の担当者と計画
を練る。
防犯手段の事前調査や植
栽をメンバーと一緒に行
う。
植栽後に小学生を対象と
した防犯対策のセミナー
をやるなどプロジェクト
が広がる可能性を秘めて
いる。
[活動成果の測定を比較]
空き巣被害の増減を調
査・測定。
会員みんなで植栽を
する。
慰労懇親食事会を行
う。
成果次第で活動を継続す
るか、別のアプローチを
取るか検討することがで
きる。
→成果が上がればやりが
いにつながります。
協力団体から別のニーズ
やアイデアを与えられる
可能性がある。
協力団体と結果共有。
平和をテーマに次は国際
奉仕活動を立案しようと
いう気分が高まる可能性
もある。
→地域社会とのつながり
が生まれます。
[ロータリアンの関
与を比較]
花問屋の会員が花を
仕入れる。
[広がりを比較]
[活動成果の測定を
比較]
目的意識が曖昧なの
で、成果の測定基準
も曖昧。こじつけに
なりやすい。
[広がりを比較]
なんとなく終わった、
もしくは担当者だけ
が大変な思いをして
終わったのでは、次
につながりません。
地域に広がりません。
29
お願い
ニーズを把握しているかどうかで
プロジェクトの成果や広がりに差が出ると
地区補助金委員会では考えています。
貴クラブの地域にある、自治体や学校、高齢者支援施設、
児童養護施設、ハンディキャップを持つ方のための支援団体、
ボーイスカウト、児童館、公園・・
どんなところにもヒントはあるはずです。
DDFは皆様の寄付が原資です。
有意義に使いたいと強く願います。
30
試験地区として2010-11年度から新補助金制度の利用を開始し、
約5年が経ちました。
今までに54クラブが地区補助金プロジェクトを実施くださいました。
傾向としては、過年度からの継続事業で、地区補助金を申請する
クラブが多いようです。
初回は承認されますが、特定の受益者に対する継続的な支援は
『授与と受諾の条件』にて制約されているため、2回目以降は承認
されることが難しくなります。
よって、各クラブが継続事業以外の新規プロジェクトを立案しない
と、申請件数が徐々に減り、数年後には地区補助金が活用され
なくなってしまうことが懸念されます。
31
新規プロジェクト・支援先選定のヒント
・卓話にきてもらった団体やNPO法人への支援を検討する
・社会福祉協議会へ相談する
(連絡先はインターネットで調べることができます)
・市区町村へ相談する
・クラブテリトリー内の各種福祉施設を調査する
・インターネットでキーワード検索する
(例:「新宿 養護施設」や「江東区 家庭支援センター」など、
エリアと施設名をセットで検索すると貴クラブのテリトリー内にある
施設が見つかる可能性が高まります。)
32
グローバル補助金
33
グローバル補助金
• 財団からの大きな支援の下、より長期的な視点から
持続可能な活動に参加する機会を提供するものです。
この補助金は、長期的な重点分野における資金規模
の大きいプロジェクトあるいは奨学金に資金を提供し
ます。
• 重点分野とは、ロータリアンにより特定された世界の
優先的なニーズであり、持続的かつ測定可能な影響
を与えるために、財団が資源を集中して注ぐ分野で、
ポリオ・プラスやロータリー平和フェローシップ並びに
パッケージ・グラントへの寄贈を含めて地区財団活動
資金(DDF)の最低50%以上が利用できます。
34
6つの重点分野
<親善と平和>
1.平和と紛争予防/解決
<教育>
2.基本的教育と識字率向上
<貧困の緩和>
3.経済と地域社会の発展
<健康>
4.疾病予防と治療
5.水と衛生設備
6.母子の健康
※重点分野は9年ごとに見直されることになっています
35
グローバル補助金の一般的条件
1.6つの重点分野に該当するプロジェクトあるいは奨学生を支援
2.最低30,000ドル(財団本部(WF)からの支援総額が最低15,000
ドル)以上の比較的大規模のプロジェクトあるいは奨学金に
限定
3.成果の持続可能性と測定可能性のあることが必要
4.海外の地区あるいはクラブと共同申請の国際プロジェクトある
いは奨学生のみが対象(奨学生の場合、留学先のホストクラ
ブとの共同申請となるため、申請前に留学先のホストクラブ並
びにカウンセラーの選定が必要)
5.『ロータリー財団 地区補助金とグローバル補助金 授与と受
諾の条件』に従うことが必要
6.地区の補助金管理セミナーに出席することが必要
7.『クラブの覚書』に会長と会長エレクトが署名して、地区の指定
する期限まで地区に提出することが必要
36
グローバル補助金を申請するための必須条件まとめ
① 2カ国のクラブが協力すること
• 活動が実施される国と、それ以外の国の、2カ国のロータリークラブによ
る国際的な協同活動であること
② 6つの重点分野のいずれかに該当すること
• 平和と紛争予防/紛争解決
• 疾病予防と治療
• 水と衛生
• 母子の健康
• 基本的教育と識字率向上
• 経済と地域社会の発展
③ 活動予算が最低3万米ドルであること
①~③の条件を全て満たさないと、グローバル補助金には申請できません。
37
問題: グローバル補助金に申請できるでしょうか?
A
台湾のクラブと
共同で実施する
B
台湾のクラブと
共同で実施する
水インフラ整備
プロジェクト
水インフラ整備
プロジェクト
プロジェクト
プロジェクト
総額は1万ドル
総額は3万ドル
「A」はグローバル補助金に申請できません。「プロジェクト総額が3ドル以上である」
という条件を満たしていないためです。
なお、グローバル補助金には申請できませんが、地区補助金には申請することが
できます。
「B」はグローバル補助金に申請することができます。
38
2015-16年度のグローバル補助金等支援基準
1.2016-17年度配分DDFの50%以上と2015-16年度末までの繰越DDF残高の一
部を2016-17年度グローバル補助金等に利用。
2. 6つの重点分野に関連する地区派遣海外留学生(6つの重点分野に関連する
専攻課程を持つ海外のロータリーのある地区の大学院での4年までの修学に
限定)へグローバル補助金奨学金として優先的に配分
3.クラブ提唱グローバル補助金プロジェクトにDDFを支援
4.クラブ提唱グローバル補助金プロジェクト1件当たりのDDF支援額は50,000ドル
を上限
5.同一クラブからのグローバル補助金プロジェクトは1件を上限
6.同一クラブへの支援は連続した年度で行わない(震災復興支援を除く)。
7.他地区提唱のグローバル補助金プロジェクトに共同スポンサーとして参加を検
討
8.当地区提唱のグローバル補助金プロジェクトを検討
※ 申請希望するクラブはガバナー事務所へご相談ください。
39
ロータリー財団補助金奨学生の募集に関して
2016-17年度ロータリー財団地区補助金奨学生と
グローバル補助金奨学生は、
地区ウェブサイトにて公募しております。
応募希望者から問い合わせがあった場合には
国際ロータリー第2580地区のウェブサイト内
「奨学生・留学生の募集」ページを
ご覧いただくようご案内ください。
40
ダウンロード

財団補助金について - 国際ロータリー第2580地区