在宅療養の推進
~訪問看護の活用を~
(株)ケアーズ
白十字訪問看護ステーション
統括所長 秋山 正子
急性期医療が重介護状態を
作り出している?
• 高齢者の入院による廃用性症行群の発症
• 救急(在宅で遭遇する高齢者の救急)
発熱 脱水 誤嚥 急性腹症
転倒 骨折 便秘 意識障害
などなど
運ばれたあとの状態はどうなっているか?
胃瘻のベルトコンベアに乗せられてしまってい
ないか?
在宅医療・在宅療養
• 「住み慣れた自分の家で療養したい」
• 「できれば最期までの日々は、思い出深い我
が家で自分らしく過ごしたい」を叶える
↓
在宅療養(本人・家族)
(住まい)
医療
介護
医師・歯科医師
看護師など
ケアマネ
ヘルパーなど
訪問看護サービスを受けるまでの流れ
<対象者>
医療保険で
サービスを
受ける
訪
問
看
護
の
利
用
を
検
討
医療保険
の加入者
受
け
て
い
な
い
介護保険で
サービスを
受ける
要
介
護
認
定
受
け
て
い
る
病的な妊娠・
出産や乳幼児
を要介
申介護
請護保
す認険
る定の
介
護
保
険
の
要 認定
介
護
認
定
(
ケ介
にア護
相マ支
談ネ援
すジ専
るャ門
ー員
)
のし か
交訪 か
付問 り
を看 つ
受護 け
け指 医
る示 に
書相
談
要支援・要介
護に該当しな
い方
非該当
支援 1
支援 2
介護 1
介護 2
介護 3
介護 4
介護 5
介護保険で
給付を
受けていても
がん末期や
急性増悪期
介護予防訪問看護
サービスを受ける
訪問看護をはじめ、居宅
サービスによって、出来
るかぎり自宅等で過ごせ
るようにし、必要によって
施設サービスを受ける
居
に宅
組サ
みー
入ビ
れス
る計
画
訪か
交問か
付看り
を護つ
受指け
け示医
る書か
のら
訪
問
看
護
ス
テ
ー
シ
ョ
ン
と
契
約
訪
問
看
護
計
画
に
基
づ
き
訪
問
看
護
を
開
始
訪問看護の相談機能
• 医療の関与が必要か迷うときの相談先に
なっている(療養相談・ケアマネ支援)
• 地域のかかりつけ医に繋ぐ役割を担っている
• 退院前に訪問し、退院後の在宅生活を組み
立てるときの医療ニーズへの対応を、在宅側
から提案し、より具体的なチームの役割分担
や、医師への情報提供などを行う
医療過疎地域での連携
• 緊急時の対応
• 医師不在時の初期対応の判断
• 医師の対応を予測した処置の事前準備
• 簡単な怪我などの対応
• 簡単な血液検査・尿検査の実施
• 都市部でも医療過疎状態になる事もある!
日本の訪問看護師の養成
• 現状では臨床経験を積んだ看護師を訪問看
護ステーションで雇用し、OJTを行なっている。
• 研修基礎のコースは各都道府県看護協会が
受託設置し、受講させる場合が多い。
• 新卒の看護師を研修して自事業所に配置す
る所も出てきた。
• 訪問看護認定看護師やCNSも地域で活躍し
てきている。
介護保険10年で見えてきたこと
• 訪問看護の利用者は25万人に増えたこと
• 全国に5500の訪問看護ステーションが出来
たこと
• がん末期の方は40歳から介護保険を使いな
がら、在宅で過ごせるように訪問看護が入れ
る事になった
• 訪問看護師の数が足りない
• 小規模のために経営が行き詰まる
在宅看護からの情報発信
• 訪問看護を使ってくれる人が少ない
• 訪問看護のなり手が無い
• 急性期臨床看護の現場に在宅の様子が伝
わっていない
• 患者・家族は病気になったら病院へ、死ぬ時
は家では無理と考えている
↓
• 在宅側からの情報発信・啓蒙活動が必要
訪問看護の「可視化」
• 訪問看護は見えにくい
ケアマネジャー・利用者・家族
• 急性期病院の中の看護師にも見え難い
• 訪問看護を利用した方の実体験を語ってもら
おう → シンポジウムの開催
• 西東京での開催、新宿での取り組み
• 静岡での開催
ダウンロード

在宅療養の推進~訪問看護の活用を