教科『情報』で情報を理解する
宮城県泉館山高等学校
教諭 上杉 茂樹
教科『情報』の役割
情報技術
探索
表現
情報収集
情報発信
吟味
創造
Internet
カバーする範囲は幅広く
 情報科学系
ネットワーク技術・インターネット技術・プログラミン
グ・統計・暗号技術 etc
 社会科学系
メディアリテラシー・著作権法・心理学 etc
 ビジネス系
プレゼンテーション・ワープロ・表計算 etc
教科『情報』を取り巻く問題点
 「コンピュータの使い方を教える科目」という誤解
 コンピュータを自由に使うことは必要
 情報の収集から発信までトータルに学ぶ
 「小・中・高・大」で同じ情報教育がなされていると
いう悪口
 発達段階に応じた教育内容
 「情報なんか教えなくても良い」という偏見
 コンピュータがヒトの能力を加速する。
 「応用」教科として、基礎教科とは異なるアプローチ
おもしろい雑誌を見つけました。
 経済誌
 記事の正確さが命
 高校生のアンケート結果から
宮城県内38高校を評価
 内部の生徒のナマの声を集計
アンケート集計1(泉館山高校)
アンケート集計2(M高校)
アンケート集計3(N高校)
たねあかし
教訓
 統計処理された情報を、そのまま信用するわけに
はいかない。
 経済誌といえども、正確なデータに基づいた考察
をしているわけではない。
「疑う目」をどのようにして育てる
か。
本当の発言は??
 『私は日韓併合の歴史を100%
正当化するつもりだ』
 映像を見てみます。
TBS ザ サンデーモーニング 2003/11/03 放送
http://yucarimint.hp.infoseek.co.jp/ishihara/
データ
 「救う会東京」 の集会での基調講演
 北朝鮮による拉致問題の解決を訴える集会
 2003年10月28日
 『日韓併合を100%正当化するつもりはないが』と発言
 朝日新聞社がテープ起こし
 31日の記者会見の様子を東京都庁でも公開中
http://www.iiv.ne.jp/news/bb/ishihara/2003103
111_high.asx
http://yucarimint.hp.infoseek.co.jp/ishihara/
「つもりはない」→「つもりだ」
 TBSが編集の過程で操作
 聞き取りにくい言葉をテロップに
 語尾をフェードアウト
 テロップの語尾を「つもりだ」と貼り付け
意味が正反対に
教訓
 正しい情報が流れてくるとは限らない
石原
発言
TBS
TBS
編集
編集
つもりはない
TBS
放送
つもりだ
信じる
 既知の知識との整合
 権威による裏付け






マスコミ(テレビ・新聞 etc)
大学教授・教員etc.
研究機関(大学・研究所etc.)
公的機関(行政・博物館etc.)
(自称)専門家(評論家・解説者etc.)
大企業
 「思いこみ」
 「自分にとって」好都合
考える
 「おやっ」と思う。




不自然な流れになっていないか。
常識的な判断と合致するか。
既知の知識と矛盾しないか。
「すべて」と「ある」を混同していないか。
 立場を考える。
 そのことにより利益を得るのは誰か
考える2
 裏付けをとる。





情報を収集する。
情報の出所を確認する。
多方面から情報を集める。
一次情報とそれ以外を区別する。
正確な情報と不正確(想像・感想etc)な情報を分ける。
 情報を判断する。
 不都合な情報を確認する。
 「一般常識」との整合性をチェックする。
 「すべて」と「ある」を区別する。
行動に生かす。
 情報の真偽を確かめよ。
 真偽の割合を把握する。
 軽率に行動しない。
 周囲の状況を理解せよ。
 周囲の理解状況を把握せよ。
 批判者を理解せよ。
まとめ
 『情報』に飛びつかない。




多様な情報を集める習慣をつける。
『疑う眼』を養え。
「信用度」を測れ。
情報の評価ができるまで情報との距離を保つ。
 問題
 情報の裏をとる方法が難しい場合がある。
 基礎学力が基本。
授業設計上の問題点
 テーマ設定




一見正しそうに見える。
よく読むと、その疑わしさが理解できる。
よく読むだけで、正しくないとすぐわかる題材は不適切。
生徒の調査範囲で一定の結論に到達できる。
 調査方法の想定




インターネットだけで調査可能か、図書館が有効か
その他の調査方法が想定できるか。
そもそも高校生には調査不可能な話題も少なくない。
調査機関のキャパシティを想定する。
授業実施上の問題点
 問題点の共通認識
 問題点までは丁寧に解説する。
 平易なテーマであれば、生徒に調べさせることもできる。
 調査にかかる時間の想定
 調査に2時間~ endless
 調査完了からレポート作成まで3時間。
 この時間をどこに確保するか。
評価上の問題点
 正解がない。
 必要な資料がそろっていること、自分の意見が書かれ
ていることを評価対象にする方法はある。
 インターネットからの情報収集に頼ったレポートの
評価の問題
 『引用』の指導
まとめ
 『夏休みの課題』に好都合




たっぷり時間をかけて情報収集。
多角的な批判と評価
既存の知識との整合性の確認
ゆっくり時間をかけたレポート作成
 うまくはまると、生徒の『本の読み方』が変わる。
ダウンロード

発表資料 - So-net