第11課
自己紹介
到達目標
• 大学のクラブで学生同士の自己紹介が聞き
取れる。
• 大学のクラブで学生同士の自己紹介ができ
る。
聞く前に
背景知識
1.大学の部活やサークルに参加していますか。
2.部活やサークルで自己紹介をする時、どん
なことを言いますか。
聞く前に
Ⅰ聴解のポイント
(1)縮約形
1.~なきゃ=~なければ、~てみなきゃ=~てみなければ
例:おどってみなきゃ、そんですよ。
2.やっぱ=やっぱり 例:あれはやっぱおもしろいですね。
3.とこ=ところ
例:こんなとこです。
(2)音変化
1.母音脱落(cf.L1B予)
例:ぼくのおやじの影響です→ぼくノヤじの影響です
nooyaji
noyaji
(阿波踊りを)いちどおどりに来てください→いちドドりに来てください
doodori
dodori
2.母音の間の[h]は、はっきりしないことがあります。
例:広島弁のほうが得意です→広島弁ノオうが得意です
nohooga
noooga
3.「な」行子音は早く話されるとき、はっきりしないことがあります。鼻音化した母音のようになることもありま
す。
例:かねこです→かエ子です、ほかにはありません→ほかイはありません
4.~なので→~なンで
例:いいやつばかりなンでうれしいです。
(3)修飾節の音調
例:1.親父は、きびしくて男らしいスポーツが好きです。
2.親父はきびしくて、男らしいスポーツが好きです。
書きことばです「、」がありますから、1、2の意味のちがいがわかります。話しことばでは下線部を高く、はっ
聞く前に
(4)表現
1.~みたいな=~のような 例:合気道は僕みたいな紳士にあっている。
2.ぜひ~てください:相手を強く誘うときに使う
3.(Aさんに)~させてもらっています:「Aさんには迷惑でしょうけど、Aさんのおかげでわたし
は~しています」という気持ちを表している。
例:このクラブに入らせてもらっています。
4.~とか言われる:例をあげるときに使います。
例:ひろしのやつは弱々しくてとか言われています。
(5)「自己紹介」の談話展開
1.名前を言う: 「ええ、~です。」「ええと、~です。」
2.所属、年齢を言う: 「~学部~年です。」
3.出身地の説明: 「~の出身です。」「生まれは~県です。」
4.趣味、特技の説明: 「趣味は~です。」「わたし(ぼく)は~が好きです。」
5.しめくくり: 「ま、こんなとこです。」「以上です。」
6.あいさつ: 「どうぞよろしく(お願いします)。」
﹡友だちばかりの楽しい集まりでも、一人ずつ立って自己紹介するときは、「です」、「ます」の
形を使います。
聞いている最中
Ⅱ 内容質問
三人の自己紹介を聞いて、次の点についてメモしてください。
名前
所属(学部、学年)
出身地
趣味
クラブに入った理由
(1)佐藤さんは、今太っていますか。
(2)佐藤さんは、合気道の練習についてどう思っていますか。
(3)鈴木さんは、今何をしていますか。どうしてですか。
(4)金子さんのお父さんは、どんな人ですか。どんなスポーツ
が好きですか。
(5)金子さんは、高校の時はどんなクラブに入っていましたか。
どうしてですか。
聞いた後
Ⅰ応用練習
CDの自己紹介を参考にして、クラスで皆さんの
自己紹介をしてください。
Ⅱ関連語彙を覚えましょう
歓迎コンパ やじをとばす
補充 日本と中国(最初の部分とA)
• 次の質問に答えてください。
p52 A
p53 A
ダウンロード

第3課