卒業後も就職活動を継続中の新規学卒者の方へ
新卒者体験雇用事業のご案内
~1か月から3か月の体験雇用で
就職の選択肢を広げましょう!~
新卒者体験雇用事業とは?
卒業後も就職活動を継続中の新規学卒者の方を対象に、1か月から3か月
の体験的な雇用を通じて、希望職種の選択肢を広げていただくとともに、仕事
をする中でその職種や職場の理解を深め、その後に正社員に移行することを
ねらいとするものです。
体験雇用事業の対象となる方
平成22年3月卒業で卒業後も就職活動を継続中の学生・生徒等
※ 中学校、高校、高専、大学(大学院、短大を含む)、専修学校等の新規学卒者が対象です。
※ ハローワークに求職登録を行う必要があります。ハローワークで、体験雇用を行うことにより、就職可
能性が高まると認められた方に、体験雇用を紹介します。
※ 体験雇用を開始する日現在の満年齢が40歳未満の方が対象です。
※ 卒業日については、平成22年3月を原則としていますが、平成21年10月から平成22年9月末まで
に卒業する方も対象になります。
体験雇用事業の流れ
事業主
ハローワーク
新
規
学
卒
者
①求職登録
②体験雇用を受け
入れる事業所に
職業紹介
体
験
雇
用
開
始
体
験
雇
用
終
了
有期(1か月から3か月)
の雇用契約
正
規
雇
用
へ
正規雇用契約
(期間の定めのない雇用)
別の就職先を探す場合
※ 体験雇用の対象となる求人をハローワークに提出し、体験雇用を受け入れた事業主には、体験雇
用終了後に奨励金(最大16万円)が支給されます。
体験雇用の内容
1. 体験雇用の期間は?
◇ 体験期間は、1か月から3か月です。
◇ 体験雇用の開始日は、卒業日の翌日以降です。
2. 体験雇用期間中の身分は?
◇ 体験雇用期間中は有期雇用契約を締結します。
◇ 体験雇用期間中も「労働者」ですので、労働基準法等の労働関係法令が
適用され、事業主から賃金が支払われます。
3. 体験雇用期間中の労働時間、賃金は?
◇ 体験雇用期間中の労働時間は、原則として、事業所の通常の労働者の
労働時間と同程度です。
◇ 体験雇用を開始する時に、労働時間や賃金などについて、事業所が作
成する「体験雇用実施計画書」により決定されます。事業所の担当者とよ
く相談して内容を確認のうえ、同意欄に署名(又は記名押印)してください。
※ 中学生・高校生の場合は、保護者等の同意も必要です。
4. 体験雇用を終了すれば必ず正規雇用される?
◇ 「体験雇用実施計画書」に、事業所の担当者と相談のうえ「正規雇用に
移行するための要件」を定めていただきます。
これを満たせば正規雇用に移行することとなりますが、事業所の求める
要件に達しなかった場合など、正規雇用に移行できない場合もあります。
◇
5. 事業所からハローワークに「体験雇用結果報告書兼新卒者体験雇用奨
体験雇用が終了したら?
励金支給申請書」が提出されます。正規雇用に移行した後の労働条件な
どが記載されておりますので、内容をよく確認し、同意欄に署名(又は記
名押印)してください。
※ 中学生・高校生の場合は保護者等の同意も必要です。
詳しくは都道府県労働局又はハローワークにお問い合わせください。
厚生労働省・都道府県労働局・ハローワーク
ダウンロード

フリーター等の常用雇用を支援します (若年者雇用促進特別奨励金のご