Title
末稍神経再生におけるシュワン細胞の役割についての実験的研究
Author(s)
橋本, 二美男
Citation
金沢大学十全医学会雑誌, 97(5): 956-973
Issue Date
1988-10-20
Type
Departmental Bulletin Paper
Text version
publisher
URL
http://hdl.handle.net/2297/8067
Right
*KURAに登録されているコンテンツの著作権は,執筆者,出版社(学協会)などが有します。
*KURAに登録されているコンテンツの利用については,著作権法に規定されている私的使用や引用などの範囲内で行ってください。
*著作権法に規定されている私的使用や引用などの範囲を超える利用を行う場合には,著作権者の許諾を得てください。ただし,著作権者
から著作権等管理事業者(学術著作権協会,日本著作出版権管理システムなど)に権利委託されているコンテンツの利用手続については
,各著作権等管理事業者に確認してください。
http://dspace.lib.kanazawa-u.ac.jp/dspace/
第9 7 巻
金沢 大 学十 全 医学 会 雑 誌
956
に お
末梢神 経 再 生
役割
に
ける シ
金沢 大 学 医学 部 整 形 外 科 学 講座 く主任 こ 野 村
二 美
本
橋
956
9 73 く1 9 88 I
州
の
実 験 的研 究
て の
つ い
細胞
ワ ン
ュ
第5 号
進教 掛
男
く昭 和6 3 年1 0 月 1 日 受 付I
末 棉 神経 自 家 移植 に
お い
て 再 生軸 索 に 対 す る シ
坐 骨 神経 を 3
わた
っ
家兎の
群 く凍 結 移 榔 削
に
c m
て切断 し
凍結
,
ワ ン細胞 の
ュ
解凍 し て シ
.
役割 に
電気生理学 的に ま た微小血管造影 を行っ て検討 した
2 週 馴こは 4
m
m
2 過日で 2
3
m
,
移植 片 内 に 毛 細 血 管 を 伴 っ て 進 入 し
m
3 週 目 で 移 植 片全 長 の 2 分 の 1
,
.
た
部進 入 し て し た
一
行が再開 して い た
過
で は 通過 が 速 く
シ
,
る こ と が 証明 さ れ
K
e
y
W
シ
,
,
C N A P
,
,
g r aft
o z e n
re
g e n e r a ti o n
,
以上の
.
所見 よ り
a ut o
,
S
c
,
h
p e rip h e r al
w a n
異種移植が 考え ら れ る
,
ュ
14 週
シ
,
t
アン 細胞は
再生 軸索 は
新鮮移植群
e rv e
,
1
m
m
ワン
進
週 目よ り血
新 鮮移 植 群 で は1 2 過
,
ュ
,
9
細 胞 の 存 在 す る 移植 片
が 入 り込 む まで 通過が 遅れ
て い る こ と が 証明さ れ た
っ
n
変性移植群 で は
,
ワ ン細胞
ュ
p red e g e
n
e
r
at e
−
d
a u
t o g r aft
,
c e ll
n
片を移植 し
.
,
再生軸索は
死滅 した 移植片で は両端 よ り シ
fr
同種
た
っ
ュ
3 週 目 に は移 植 片 を 通 過 し た 軸
,
新鮮移植群
.
ワ ン細胞 の存在が 軸索誘導に 役立
ュ
ワ
凍結移植群 で シ
,
シ
3 週 目 に は 軸 索 の 先 端 が 末梢 縫 合 部 を 越 え て
の 出現 時 期 は 凍 結移 植 群 で は 1 6 週
10 過 で あ
.
果た す 役割を
ン細胞の
過 日 で 移 植 片全 長 を 通 過 し て い た
4
て 血 行 再 開が み ら れ た
っ
−
,
ュ
微 小 血 管 造 影 で は 凍 結 移 植 群 は 2 週 目 で 毛細 血 管 が 移 植 片 内 に 4
ワ ン細胞が
ュ
o rd s
神経 移 植 に は 自 家
一
M 波
.
変性 移 植 群 で は1 4 週
.
.
4 週目で移植片全長 に わ た
,
,
結果は
変 性移 植 群 で は 再生 軸 索 は 2 週 目 で 移 植 片 の 2 分 の 1 ま で 達 し
.
索は末楷 へ
入 し
.
シ
4 過 日に は移植片全長 に 認め られ
,
で は 2 週目で移植片全長の 3 分の 2 ま で再生軸索が 達 し
い
て は種 々 の 議論 が あ る
新 鮮 神 経 自 家 移 植 群 く新 鮮 移 植 群上 2 週 間 前 に あ ら か じ め 切 断 し て 変 性 さ せ て
,
ワ ン 細 胞 の 増 加 し た 変 性 神 経 自 家 移 植群 く変性 移 植 群ぅ の 3 群 を 作成 し
組織学 軋
い
つ
胞 の 死滅 し た 凍 結 神 経 自 家 移 植
ワ ン細
ュ
.
残存す る 基底膜 内を再生 軸索が 通過する
と か ら 再 生 神 経線 推 は そ の 通 路 と し て シ
ワ ン細胞
同 種 及 び異 種 移 植 で は 免 疫 反 応 が 存 在 す る た め 新鮮 な
こ
神経 は用 い られ ず
そ の も の で はな く そ の 基底膜 が 必 要 で あ る と 述
,
験的 に 使用 して い る
はす
べ
免疫 反 応 を 抑 制 し た 保 存神 経 を 実
.
て 死滅 し て お り
そ の 場 合 保 存 神 経 片 の 細 胞成 分
,
神経 片は再生 軸索 を通過 さ せ
る通路 と して の役割 をも つ だ け で よ い と し て い るが
そ の 成績 は 不 良 で あ る
シ
る
ワ ン細胞が
お
,
生存 し て
い
,
軸 索 誘 導組 織 と い わ れ る
るた めであると考えて
い
ワ ン細胞 の
意見の
一
.
方 Id
,
A bb
e
ら は 凍 結 し て 細 胞 成 分 を 殺 し た 自 家 神経
2j
移 植群
r e v i a ti o n s ニ
移 植群
,
.
C N A P
−
,
C O m
新 鮮神経自家移 植群
二
p O u n d
n er v e
凍 結移植 群
,
重 要性 を否 定 して
お
けるシ
致をみて
い
ュ
ない
ワ ン
い
る
こ の
.
,
成し
a c ti o n
,
,
.
役割 を調 べ る た め動物実験 に
植片
べ
よう に 末
細胞 の 役 割 に は 現 在 な
そ こ で 著 者 は 自 家神 経 移 植 に お け る シ
て
ュ
ワ ン細胞の
細胞成分 の な
い
凍 結移
切 断 後 変 性 さ せ て 細 胞 成 分 を 増 加 さ せ た 変性 移
植片お よ び コ
1I
一
ュ
輪神 経 の 再 生 に
我 々 は 新鮮 自 家移 植 の 優 秀 性
.
は 免 疫反 応 が な い ば か り か
ュ
シ
ュ
ン
ト
ロ
ル
ー
と し て 新 鮮 移 植 片の 3 群 を 作
再 生 軸 索 の 伸 長 に 閲 し 形態 学 的 な ら び に 電気 生
p o t e n ti a 1 3 H
凍結神 経 自家移植 群
−
E
こ
,
H
e m a
to
x
y li n e O S i n i
変性移 植群
−
,
新鮮
変性 神経自家
末梢 神 経 再 生 に お け る シ
理 学 的検 索 を 行
た
っ
.
対象 お よ び方 法
工
ワ ン細胞 の
ュ
マ
フ ィ ン包埋
の縦 断切 片を 作製 し染 色 し
た
.
2
gノk g
m
トパ ル ビタ
ベ ン
ル
ー
耳 介静 脈 内麻 酔 下 に
の
ナトリ ウム 0
.
経の 脛骨
ロ
糸で脛骨神経
中枢
ン
はす
て無菌的 に 行
べ
に出来る
い
移 植 片 を 王d
し
こ
.
れに よ
する た め
る
た
っ
2I
の 方法
e
2
.
a c ell ul a r
g
re sh
挙上 し た
,
場で縫合 し
3
.
切 断部 位 よ り 1
,
り返 し
鴫
,
細胞は ほぼ 死滅
ワ ン
を作成 した こ と に な
n e rv e
変性 移 植 群 くp r e d e g
れ る 部位 よ り 中枢 約 4
後
6 時 間 冷却 し
m
H g の加圧で腹部大動脈よ り
q
約3 8 C
,
500
へ
l 注入 した
m
液 で 固定 し た
次いでセ
.
.
連 続 縦 断 切 片 を 作製 し
爪床 が 異
.
マ
イ ジ ン 包埋 の後 10 叫
ロ
r a ft
g
en e ra
,
c m
t
l
中枢 側 縫 合 部 よ り 1
,
くユ
ニ
の
た
.
n e rv e
した
r a ft
J
g
東 京フ を 用 い
,
刺激 波形 は 持 続 時 間 0 1
.
の所で切 断 した
確認 し
2 週間
.
m
.
し 周 波数 は 1 H
の 変性 し た
坐骨神経の
,
近位 で電極の先 に引
c m
っ
か ける
周囲と は完全 に 絶縁
,
前脛骨筋
,
筋 腹 中 央部 に 数 回 刺 入 し て 誘 発 筋 電 図M 波 を 記 録 し
行っ た
c m
脾骨神経 お よ び 前
,
導 出電 極 は 1 針 同 心 型 針電 極 を 用 い
.
耳介 静脈
.
,
se c
の矩形波で
最 大 上 刺 激 を加 え
の
z
,
繰 り返
平均 加 算 8 回
,
M 波の 記録に 先立
っ
て 緑 綬 自発 電 位 の 有 無 を
針先が 筋肉内に入
っ
て い
続 い て 中枢 側 縫 合 部 よ り 末 楷 5
る こ と を確か め た
で
c m
激電 極 と 記 録 電 極 間 距離 を 6
末楷 を そ の ま ま 移 植 片 の 中枢
,
細胞 は増加し
,
ワ ン
作成 し た
こ
と に なる
Il
1
.
.
,
末梢 と縫合 した
C ell ul a r
n e r v e
g
ー
組織学的検索方法
固定
■
,
縫 合後
コ
,
の
1 週
,
,
2 遇
,
3 週
し黒褐色 に 染色さ れ
H
e m
,
4
録 した
た
字形 に 成型 した ガ ラ ス 棒 に
こ
とな
o u nd
.
ロ
イ ジ ン 包埋 し
.
,
二
10
蟻 酸ア ル
−1 5 ノ
ノ
m
の
再生軸索は茶褐色な い
そ の 他 の 組 織 は 淡 責色 を 呈 し 明
,
の
s e c
−
e O Si n
くH 即
一
染 色 法
二
て行
多く
,
っ
C N A Pl
.
,
.
従 っ て 測 定 は 順 向性 で あ り
矩形波で 5 H
.
z
,
刺
を記
,
持
開催 の 2 倍 か ら 3
平均加 算は32 回 か ら64 回 行
っ
た
.
た
.
家兎 を 用
,
各週
,
の
っ
,
1
2 過 日 以 降 は 隔週 毎 に
測定 した家兎の 数は 9 週目
10 週目以 降は 4 羽 か ら 9 羽 に
い て の
っ
た
挙上 に よ
つ
な お 変 性移 植 群 は 途 中 で 死 亡 す る こ と が
20 過日 は 3 羽 し か 測定で き なか
回 ま で行
離
o t e n ti al
,
神経 活 動 電 位
して
.
っ
た
.
ま た同
一
観察は 2 週 間以 上 の間隔 をあ け最高 6
.
実験 に 先立 ち
y li n
p
観 察 は 6 週 目 よ り 毎週 行 い
い
と
c m
導 出電 極 は 誘発 筋 電 図 で 用 い た 電 極 を そ の ま
20過日 ま で 行
.
at o x
a c ti o n
n e rv e
まで は2 羽 か ら4 羽
.
染 色後 セ
瞭 に 区別 さ れ る
p
倍 の電圧 で 刺激 した
連続縦 断切 片 標 本 を作 製 し た
2 I
を
o m
ま の 位置 で使用 した
う 蟻 酸 鍍 銀 軸 索 染 色 法 く野 村 変 法 3り
ル
r a ft
くc
.
く 固 定液 に 浸 し た
コ
移植
.
神経 の 両 端 を 固 定縫 著 し て 神 経 の 長 さ を 変 え る
1
.
続 時間 0 1 m
6 週日 に 摘出 し
,
中枢 と
観察方法
坐 骨神 経 を 移 植
過
切除 し
c m
.
排骨 神経 が
,
膝 常勤 脈 を 越 え た 所 に 別 の J 字 形 刺激電 極 を 置 き
ュ
.
刺激 電極 はJ 字形 の 双 極 電極
.
クメディ カル社
ー
腰骨神経 と排骨神経が 分
際 左 坐 骨 神経 は 3
片内 の シ
の
m
近位か ら下 腿遠
c m
位 1 ノ3 ま で 皮 切 を 加 え 坐 骨 神経
脛骨筋 を露出さ せ た
よ う に し て 神 経 幹 を 直接 刺激 し
渡っ て完全
に
c m
ed
内麻 酔 下 で
,
坐 骨 神経 を 移 植 片 と し て 取 り 出 し て 左 側 の 坐 骨 神経 に
この
リン
光 学 顕微 鏡 下 に 観察 し た
,
移植 し た
.
20 %
の 家 兎 全体 を 約
こ
.
流出
.
2 %ゼ ラチ ン
の
坐 骨 神 経 を摘 出 し1 0 % ホ ル
,
.
m
腹 部 大 静脈 よ り 溶 血 操作 を 行 っ た
,
中枢 側 縫 合部 よ り 1
.
末槍 で 長 さ 3
c m
しつ つ
3 群 に つ い て 各 々2 0 羽 の 家 兎 を 使 用 し た
れ を5
こ
ュ
r a ft
g
右側の 坐 骨神経 を露出 し
か
た
墨 汁加 生 理 食 塩 水 を 3 0 0
l
そ し て 中枢 側 で 切 断 し 直 ち に そ の
.
っ
リ ン 加 生 理 食 塩 水 くヘ パ リ ン
液が透明化 し たの ちに
r aft
末梢で も同様の 操作 を行 っ た
,
以下
.
9 0 C で 5 分 間凍 結
−
坐 骨神 経 を 移 植 片 部 分 を 含 め て 5
に剥離
4 週目 の家兎に つ い て行
.
パ
5
0
に準 じ て
n e rv e
新 鮮 移 植 群 Cf
た
.
て移植片内の シ
っ
っ
手 術 操作
縫合 は頗微鏡下
,
,
ヘ
5 0 単位ノm り を 約 1 0 0
へ
パ ラ
,
.
変 す る 時 を も っ て 注 入 を 中止 し た
.
て固定 し
っ
6 遇目 に つ い て行
,
2 針に て
,
た
っ
リンに よ
3. 電 気 生 理 学 的検 索 法
n e rv e
れ を元 の 坐 骨神経 に移植 し た
こ
.
な
こ
0 ナ
−
2 遇
,
0
注入
m
4 週日
,
約38 C に 加 温 し た
.
室温 で 5 分 間 か け て 解 凍 し
,
た
神経移植は 9
,
神経 の 切 断
,
凍 結 移 植 群 くf r o z e n
.
5
.
坐 骨神
.
だ け 伴 走 血 管 を 損傷 し な い よ う に し た
3 群に 分 け て実験 を行
1
い
俳 骨 神経 を 各 々 3 針
.
末稗 と も 神 経 上 膜 縫合 を お
,
0
−
肺 骨 神経 の 分岐 部か ら 中枢 ま で の 長 さ 3
.
を切 断 し て 移 植 片 と し て 用
イ
4
外 側広筋 と
の
頭 筋 間 よ り 侵 入 し 坐 骨 神経 を 展 開 し た
大腿 二
c m
左大腿
,
.
6 メ
−
微小血管造影法
.
移植 後 1 遇
.
.
し4
本法 は 2 過 日
■
2 5 −3 O k g の 白 色 成 熟 家 兎1 8 0 羽 を 用 い て 実 験 を
行っ た
9 57
M ill o n i g の 変 法緩 衝 ホ ル
実験 動 物 お よ び 手 術 方 法
.
役割
っ
,
数 回 に 及 ぶ 坐 骨神 経
,
駆骨神経の 剥
て 神経 に 損 傷 が 加 わ り 測 定 に 影 響 を 与
橋
958
Fig 1
.
L
.
n e rv
d
e
o n
g
gi
t
e g e n e r a ti o n
lo
n
gi
S t ai n
w
th
g
.
e
X
,
Fig 2
a fe
.
u d i n al
t
di
u
r a fti n
g
n al
of
o f th e
p
l e ft sid e
s e c ti o n
O
.
本
th
n
th
e
fib
n e rv e
e
s e c ti o n s
is
th
e
p
r o xi m
al
of
e
i
e r s
ro xi m
th
s
s e e n
al
su
t
sit e
u r e
s ut u re
li n
Th
e
l eft
th
e
.
sid e
of
e
o n e
e ek
w
r et r O
,
sid e
n e rv e
.
of
S il
af t e r
r ad e
g
th
v e r
fr
m
o ze n
all e ri a n
f oll
e
i
−
W
o w
r eg n a
p
in g
t ed
4仇
M id p o rti o n
fib e r s w it h
r a ft
.
S il
v e r
i
.
th
s m
all
m
of
p
e
f
ro z en
di
n e rv e
a m
et er s
r eg n at ed
st ain
g
,
X
r a ft
3
w
e ek s
r e g e n e r a ti n
a r e
l OO
.
a ft e r
g th
ro u
t
gh
r a n s
th
e
pl
a n
t a ti
a x o n
o n
O nl y
d e b ri s o f
−
末 梢 神経 再 生
えて
5
い
羽
,
る 可能 性 が あ り こ れ を 調
に お け
るシ
る目的 で 正 常な 家兎
べ
電極 は 3 群
の
じN A P
,
を測定 した
刺激 電極
.
測定 と同 じ位置に 来る よう
に
1II
.
移植 3 週 目
て
m
士S
e a n
D
いり
多群 間の 平 均 値 の 比 較 に は 分 散 分 析 後 D
.
多重 比 較 法 を 用
た
い
p く0
.
.
05
を有 意 と し た
u n c a n
吸収が 進ん で い る
の
移植 4 週目
,
工
.
1
1
.
,
こ
い
中 枢 断端 付 近 の 軸 索 は 逆 行 性 変 性 を
移植片に
.
霧状
,
い て み
つ
額 粒状 の
一
移植 2 過 日
い
し
膨化
に
,
い
る
分断し
.
.
中枢
Fig 3
.
m
L
.
n er v e
St u m
X 40
移 植片 に 進入 し
,
3
,
p
.
o n
g
gi
t
u d i n al
r af ti n
S, a n
て い
連珠状 の
る
d
g
M
.
s o m
e
s e c ti o n
a n
y
r e
a x o n s
of
g
th
e
e n e r a ti n
ar e
g
r o w
p
g
中枢 側縫 合 那 で は 断端 よ り 細 い 再 生
二
い
る
わ ず か に 再 生軸 索 が 縫 合 部 を 越
.
移植片内は変性軸索が膨化
ー
移植2 週目
加し
しか
.
末 棉側 縫 合 部 よ り 末 梢 に 進 入 し て
,
え て 移植 片 に 進 入 し て い る の が 観 察 さ れ る く図 3 う
ま で しか 進 入 せ ず残 りの 大
m
.
再生軸索は さ ら に 密と な り移 植片 を
新鮮 移植 群
軸 索 が 分枝 し て
中枢 側 縫 合 那 で は 断端 か ら 多 数 の 細
移植 片 へ は 2
再生線碓が走
て
っ
.
2J
末
,
る
状 に連 な り ワ
二
移 植 片 全長 に わ た
.
二
移植 1 週 目
る
.
再生線維が 分枝 し
,
い
る と 軸索 は 細 か く分 断さ
様 な像 を呈 して
棉の 縫 合 部 近 く で は わ ず か
変性 像 を 認 め る
中枢 断 端 よ り 進 入 し た 再 生 軸 索 の 数
長軸方向 に 走行し
再 生 軸 索 は 細 く 分枝 し て 縫 合 部 へ 仲 良 し て
る く図 2 仁
い
少 数 の も の は 末 梢 側縫 合 部 に 達 し て い る
,
移植 6 週 目
軸 索 鍍 銀 染 色 所見
く図 1 う
,
行し
う 凍 結移植群
示し
れ
績
組織学的所 見
移植 1 週 日
ま で達 し て
1
.
こ
は増加 して い る
成
移植 片 の 中枢 側 で は 軸
,
顆粒状の 残漬物の 中を再生軸
,
ま た 移 植 片 の 末 梢側 縫 合 部 に 近 づ く と 変性 し た 軸 索 の
示 し
で
顆 粒 状 の 残直 物 が 吸 収 さ
中枢 側縫 合 部 に は さ ら に 多 数 の 再 生
こ
索が移植片全長の 2 分 の
べ
い
.
索の 破壊吸 収が進 行し
.
統計学的 検定
得ら れ た計測値 は す
た
95 9
緑綬 が 移 植 片 に 進 入 し て い る
.
0
な お 測定 聖 は 室 温2 4 c に 保 つ よ う に し た
細胞の 役割
ン
れ ず そ の ま ま で ある
導出
,
設置 した
ワ
部分 は 1 週 目と 同じ く細か
9 神経 を 使 用 し て 最高 4 回 ま で 2 週 間 お き に 誘
発筋電図M 波
ュ
r o xi m
a
x
ラ
変性 に 陥
ー
て
っ
い
る
移植片内の
変 性 軸 索 は 破 壊 吸 収が 進 み
al
sit e
o n s
in g in t o
su
t
u r e
o ut
a r e
th
e
.
移植 片 に 進 入 す る 再 生 軸 索 の 数 は 増
二
そ の 先 端 は 移植 片 の 3 分 の 2 ま で 達 し て
,
g
r a ft
o n e
r o w l n
g
.
.
分 断 さ れ て そ の 残漆 が 点
,
Sil v
er
e ek
w
fr
g
i
−
m
p
o m
re
g
f
th
a x o n s
e
n at e d
re sh
st a
in
る
.
そ の 残漬 は顆
,
a ft e r
い
,
橋
96 0
M id p o r ti
all d i a
Fi g 4
wi t h
.
.
S il v
s m
Fig 5
t a ti o
.
X
i
er
−
.
n
lOO
.
.
m
p
r e
g
o n
of
m
et e rs
n a t ed
M id p o r ti o
A sli g h t
th
st ain
of
n
f
e
a m
r esh
ar e
th
,
e
o u nt
r e
X
p
g
本
n e r v e
en e r at
l OO
g
r af t
in g
a x
w e ek s
2
r o u
th
gh
e
af t e r
a x
o n
su rg er
d eb ris
y
.
T h
e
th
e
of
fib
g
e r s
r a ft
.
.
r ed eg e n e r at ed
of
th
o n
d
e b ri s
n e rv e
is
g
r a ft
s c a tt e r e d
o n e
.
S il v
k
w e e
er
i
−
m
a ft e r
p
t
pl
r a n s
r eg n at ed
a n
s t ai n
−
,
末 梢 神経 再 生 に お け る シ
粒状
て
い
,
連珠状 と多彩 で
る く図 4 ユ
移植3 週目
中枢 側 で は 再 生 軸 索 と 混 在 し
,
中 枢 断端 よ り 移 植 片 に 進 入 す る 再 生
二
細径 の 軸 索 で あ る
,
に
しか しそ の 数は 少な く
.
,
密
る の が観察さ
い
顆粒状 の 残溶と して 認め られ る の み で あ る
縫合部 お よ び そ の 末 梢 で も 再 生 線 維 が 増加 し て い る
移植
縫合部 を 越 え て
内は 変 性 し た 髄 鞘 や 軸 索 が す で に
粒状 の 残 漆 は 少 な く な っ
移植 2 過 日
増加 し
て
い
る
,
二
シ
ワ ン
ュ
な り 吸収さ れ
か
る く図 5 I
て い
植片内に
,
顆
とな
中枢 側 よ り 進 入 す る 再 生線 推 の 数 は
1
た
まで達し
てシ
っ
ub e
t
てい る
っ
あ る く図1 0 I
再 生線 推 の 先端 は 移 植 片 の 2 分 の
またシ
.
.
の
再 生軸 索 は さ ら に 増 加 し
こ
部に 達 す る 線維 も あ る が 細 径 で 数 も 少 な い
Fig 6
−
t
.
ed
Sit e
L
o n
gi
.
S il v
e r
u d i n al
t
g
r a f ti n
i
m
n e rv e
.
p
r e
g
g
密に束形
,
ると シ
す で に 末棉 側 縫 合
.
.
M
n at ed
a n
21
y
st a
of
th
e
di st a l
r e g e n e r a ti n
in
,
X
lOO
.
g
su
t
a x
u re
o n s
m
m
,
ワ ン細胞索が
ュ
ワ ン
sit e
4
a ss
い て
掌る と移
w
ee
k
r o u
密に 形成さ れ てい る
,
増生 し
.
s
a ft e r
th
e
p
r ed e
d i s t al
g
.
に
わ
多数の
血 管の 中 に赤
,
移植後 6 週日 に な
.
gh
,
も同様の 所 見で
細 胞 索 が さ ら に 密 に 形成 さ れ
th
大
進 入部
移植片内 に は全長
,
新鮮移植群
p
進入 し
さ ら に 末棉に
末 梢 側縫 合 部 に お
移植後4 過日
.
生はさらに著しい
.
s e c ti o n
.
ュ
さ ら一箪長 軸 方 向 に
ワ ン細胞索の
ュ
血 球を含 ん で い るの が 認め られ る
移植 3 過 日
9 に 模式的
残 漆物 は 吸 収 さ れ な い ま ま 無構 造
毛 細 血 管 が 移 植 片 内 外 に 進入
.
成 を な し て 移植 片 に 進 入 し て い る
.
は ほ と ん ど細胞 や 毛細 血管 は 認め ら れ ず
e n d o n e u ri al
.
.
細胞 索 が 移 植 片 に 4
小 の 空胞 が 認 め ら れ る
.
移植片
.
8
中 枢 側縫 合 部 は 断端 よ り 増 生 し た 細
,
位 に は毛 細血管 も認め ら れ る
部 は 移植 片 に 進 入 し て い る
一
,
所見
−
配列 した
中枢 断端 か ら 再 生 し た 軸 索 は 中枢 側
こ
H E
.
胞 群 に よ り 架橋 さ れ 連 続 し て い る
3 う 変性移植群
週目
顆 粒状
,
移 植後 2 週 日
末梢 側
.
に
い 凍 結 移植 群
移 植 片 内 の 変 性軸 索 は 再 生 紬 索 の 周 囲 に わ ず か
1
示す
2
束 形成 を し
−な が ら 移植 片 に 進 入 し て
.
に
,
る く図 6 L
い
.
以 上 の 軸 索鍍 銀 染 色 の 所見 は 図 7
,
.
6 週目 こ 再生軸索 は さ ら に 増加 し
,
残漆と し て 観察 され る
の
移植片内の 顆粒状 に 変性 した軸索
.
は吸収 が進 ん で い る
れる
6 週 目 二 経 時 的 に 再 生 軸索 は 増 加 し
,
移 植 片 の 変 性軸 索 は 再 生 軸 索 の 周 囲 に わ ず か
長 軸 方 向 に 走 行 し て 末 棉 側縫 合
部 を越 え る も の も み ら れ る
に
移植 4 週日
9 61
末梢 側縫 合 部 は 多数 の 線 継 が 通 過 し て
.
線推 は さ ら に 増 加 し
移檀 4 過 日
細 胞 の 役割
ワ ン
ュ
e n e r a
−
s ut u r e
,
血 管の 増
橋
962
移櫨後 2 週目
陥
っ
はシ
中枢 側 で は 逆 行 性
,
た 部位 は 空胞 状 変 化 が 見 ら れ る
ュ
ワ ン
く図1 11
細胞索 が 移植片
に
移 植 片 は 全長 に わ た
.
索 が認 め られ
向か
ワ
っ
同様 に
シ
ュ
形成さ れ
31
,
ワ ン 細胞 索 と連 絡 し
シ
く
,
ワ ン
ュ
移
.
全長 に わ た
,
新 鮮 移 植 群 と 同程 度 の 所 見 で あ る
目 に な る と 空 胞 状 変化 は 楕 円 形
移植後 2 週目
4
.
生が全 く見 ら れ ず
e
ek
る
4 過日
血管が進 入 して い る
.
6 週
,
ra
る
移植後 4 過 日
z e n
末梢側
,
両 縫 合 部近 く で 神経 束 内 血 管 は
er v e
n
毒毒 袈
−
重奏
寒ナ
− ニてミ
.
ー
一
三
汁
一
佃
.
.
乙 り
.
吋
.
.
.
亨ご
一
つ
1
叫
こ こてJ
J
ノ
て■さ.ニー
.
1
J.芋 二T J..ニJ
.
.
ニ鍔
l
.
ミ
■
.
−
ごJ
.
貞.l
イr ご
ノ
.
抑
l
与ト
抑
■
.
.
霊丁
1
.
湘
き乙.主tこユノ r ざ
ワ
こてバ
,
ら.
一
亡
シナニ.. ■.ごて 叫
グ
ー
i
tJ
r
.
.
.
t
1
t
..
,
r ■
−
r
暮
■
.
ン 〆
.
ニー
一
て 芦二■ ニ
叫
t
■
.
.
■
圭
1
り
事
−
−
ナt
ラ
れ
ー
ー
ー
ー
.
−
.
.
リ
−
.
.
.
丁 てご一
丁
,
暮
叫
■
ビ
−
1. t, こ.
1
.
一
.
■
ニし
ごメニュ リ ー
.
二■
.
.
−
■
■
へ
−
こ
妄
一
−
叫
一
小
l
■−
−
ー
ノ
ー
■ト
1
.
■ t
.
.
t
こ i て冨,コ
.
■
.
■t
■
−
.
t
一
吊
t
.
−
−
−
−
r
一
一
一
−
.
■
−
−
Y
−
一
一一
一
一
.一
一
一
.
■ト
■
.
■ 巾
ー
t
−
−
■..
叫
l
ユr
.
一
一
−
−
.
−
小
.
−
−
.
−
ト■■
.
−
■
■
さ
−
一 丁
−
−
1 t
t
t
一 七
っく
−
ノ
ー
−
一
■−
−
■
.
■
−
.
.
.
−
.
L
t
−
一
一
.
−
−
.
−
■
一
−
.
−
ノ
叫
■t
−
.
−
.
一
J
1
4
ニ ニ ニこ ここつ
6
ノ
Fi g 7
th r o
D i a g r a m m a ti c r e p r e s e n t a t i o n o f f r o
a
h alf l e n g t h o f t h e g r af t 3 w
di s t a l s u t u r e sit e 4 w e e k s a ft e r g r a fti n g
.
.
u
gh
.
z e n
n e rv e
e ek s
a ft e r
g
r a ft
g
.
T h
r a f ti n
g
e
a x
a n
o n s
d
th
−
−
−
1
.
.
■t
−
−
−
−
.
.
,
−
壷
.
.
.
t ■
ム
暮
J
.
l
−
.
.
−
.
.
一
了.
ニーこ.l. ふ
.
こ 冨
T こ
1
.
l
.
.
ー
.
ニt ■
,
..
二さてJ
.
.
iこ,l
.
耶
,.i
.
.
1.
拙
.
−
J
.
■
ル
.
.
.
ン持
.
ミニ一
,こ
.
−−−
.
,
,
■一
J
,
.
J
丁エツここ八 ミちて 二呈l
ご一二一
.
.
I
−.
,
一
.
,
ン ニミ1
刷
l,−.t.l
甘
.
ノ
ニミ丁小 よ
.
.
一1
ご上ニー.
..
ノニ1
一
し
叫
ンキこ i
てこ1ワj ニ.
冊
瑚
.
主
1
一
干て ごてててJ や i て
,
.
.
一
.
.
丁 −
一
冊
.
ノ
3
で
re
g
r o u
e n e r at e
gh
は神経
.
移植
部 直 線 的 に 走行
一
r a ft
g
.
−.
.
掴
二
−
1
ぎこサニづこミニて
−
.
l
.
■
つ
.
でここ了こ
ーー
抽
.
ユ
佃
,ー
.
−
−
ノー−
ニ
軌
ン
頼
.
こ.
.
,
.
.
.
−
トT lンナ でニーJ ノシニーてち
一.
三三小 ニー
ナt i
冊
.
三二■
てT
抽
t
こ.こ.■
1
しミキ.1
咄
ユニいごj フさ 甘
叫
で
2
い
ー
.
雨縫 合 部 の 中枢
こ
幹内外の 血管は 2 週 日よ り さ ら に 増加 して い る
.
ノ
移 植 片 中央 部 周 囲 で は 血 管 の 増
.
fti n g
I
蛇行 し な
縫合部か ら移植片に 3
,
s
F ro
,
部 分 の 神 経 束 内血 管
こ の
.
怒張
,
末梢 側 縫 合 部 に 近 づ く と 再 び 移 植 片 内 に 神 経束 内
.
片の
a ft e r
g
い
血 液 の 供給が な い こ と を示 してい
,
ま た拡 張 した
る く図1 21
い
進 入 して い る
m
m
.
移 植 部 よ り 中枢 側 で は 神 経 幹 内 外
こ
は樹枝状 に 徐 々 に 数 を増 し
て
っ
移植片 に向
,
移植 片 へ の 進 入 は わ ずか
,
の 血管 は 1 週目 よ り さ ら に数 を増 し
.
微 小 血 管 造影 所 見
W
しか し
.
縫 合 部 付 近 に と ど ま っ て い る く図1 3う
で
紡錘形の核 を 有す る
,
細 胞群 の 増 加 と と も に 減 少 し て
.
て 伸 びて い る
っ
細胞索が 密 に
空胞 状変 化 も 著 し
.
毛 細 血 管 が 移 植 片 の 内外 に 認 め ら れ る
工I
か
が ら縫合部 に 進 入 し て
細胞索 を形成 し て い る
ュ
末梢側で も
.
中枢 側 断端 よ り 増 生 し た 細 胞 群 は 移
シ
神経束内血管
.
は 縫 合 部 付 近 で や や 不規 則 な 走 行 と な り
変 性移 植 群
植 片 内の
移 植 片周 囲 の
,
拡張 した毛
.
ま た移植片周囲の血 管増生が 盛ん で あ る
移植後 2 週 計
末梢両縫 合郡の 周
.
大 部 分 に は ま だ 血管 は 再 生 し て い な い
ワ ン
ュ
移 植 片 の 中枢
こ
細胞
ワ ン
ュ
増加 と空胞状変化が 著 し い
ワ ン細胞の
凍結移植群
.
囲に は微細 血管 が軽度再 生 して い るが
細 血 管 の 増 生 も 移 植 片 内外 に 認 め ら れ る
植 後 4 過 日 に な る と 移植 片 内 は シ
1
移植後 1 過日
て増 加 し て い る
て既 に シ
っ
変性 に
ー
中枢 側 縫 合 部 で
.
空 腹状 変 化 を 伴 っ て い る
,
ラ
ー
th
e
−
末 棺 神経 再 生 に
して
い
るも の も 認め ら れ る
経 束 内血 管 と 互
い
.
移植 片 郡 は 全 長
く図1 4 う
2
.
新 鮮 移 植 群 と 同様 に 両縫 合 部 お よ
二
両縫 合部 の 中 枢
こ
い
る
移植 片全 長 に わ た
末 杓側 で は 血 管
,
てい る
っ
,
て走行 し てい る
移植後2 週目
末棉
な
e e
gr
ft e
a
k
移植片の周囲 の 血 管 は
,
さ ら に 増生 して い る
,
.
ま た そ の 数 も 1 過日 よ
.
行く に し た が
へ
管や 太
二
F
h
r e s
e rv e
n
r
竺竺竺翌 雷 電 芦
..
.
.
.
1
.
−
.
t
一
一
.
.
一
一
−
−
−
.一
一
山
一 一
一
州
ー
ー
.
r
ーー
.
.
一
ノ
.
ー
−
.
d
■
.
..
−
.
−
一
一
−
.
−
一
へ
.
−■
− .−.
一一
−
妄こ こここ ニフ
ー
r a ft
g
職
毒 表賢
l
.
−
−
一
d
.
一
−
−
r
■
一
− − −
−
..
代
−
.
一
一
−
芸
一
.
−
一
−
−
−
−
−
− . −
.
.
一
−
J t
t トー.
−
一
.
一
J
r
−−
−
■
t
一
.
.
.
t
.
t
一
−
t
.
ノ
く1
一
−
ご
て こ こ こご コこ こ
ご こニニ
書ュ 三芸
き姜
三 コL 三 L
−
t
.
一
..
−
一
一
.
一
■
和
L
て二三二ご 三 三二三三三
コ
.
.
−
.
.
.
l
−
−
■暮
一
2
■
.
一
一
一
−
てこ
−
■h
.
ノ
−
ー
一
−
−
−
■
.
−
t
−
b
一
.−
−
−
−
.
一.
一
−
t −
.
一
.−
.
.
−
−
一
−
ニ
ー
■ l
−
−
こ
t
へ
■
.
r
.
ここニ ここ
ノ
3
1
−
4
.......
言こ
6
..−
こ
二二 J
ゴ
こ
忍 ご
ーー
ー
..
ー
.
.
−
−−. 一
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
− .
.
.
.
.
− .
.
.
一
_
.
.
r
,
さ1
Fi g 8
.
T
a x o n s
D ia g r
p
as s
a m
th
m
r o u
ti c
a
gh
th
−
r e s e n t a ti o n
re
p
e
d i st a l
s ut u re
d d
L
of
sit e
fr
3
e sh
w
n e r v e
e ek s
g
aft er
r a ft
g
.
Th
r a f ti n
g
e
.
r e
g
e n e r a ti n
−
一
.
一
一
.
h
て細 く
移植片内の 神経束内
,
血管 は規則正 しく直線的 に 走行し て い る
fti n g
っ
移 植片 周 囲 の 樹 枝 状 に 分 枝 し た 血
神 経 束 周 囲血 管 に 対 し
い
s
r
神経束内
移植 片 の 大
,
.
移植 後 4 週 目
吻合も 見
,
口径の 太
て も1 る く図1 6う
っ
移植片 の 神経束
ま た 神 経 束 内血 管 の 走行 は 直 線 的 で 数 も 2 過
a
両縫合部
二
り 増 え て い る が 移 植 片 中央 部
,
,
.
部 分 で 直線 的 に 走 行 し て い る
.
周 囲血 管 の 増 生 は 豊 富 で 移 植 片 内 へ の 分枝
W
縫合部 をす ぎて移植片中
.
血 管 は縫 合 部 付 近 で 樹枝 状 に 分 枝 す る が
神経束
.
縫合部周囲お よ び そ の 中枢
.
蛇行 も 強くな る
,
怒張 して 口 径 を増 し
内血 管 も 数 を増 し 直 線 的 に 走 行 し て い る
では血 管は増 生し 口 径 も増 して い る
末 棉よ り の 直線 的な 走行 が 次 第に 乱
,
さも 減少 して く る
.
特 に 豊 富 で 不規 則 な 走行 を 呈 し 錯 綜 し て い る
二
,
多く は直線的 に
.
分枝
ま た 移植 片全 長
.
縫 合 郡 付近 の 神経 束
.
央部 に な る に し た が っ て 長軸方向に 走行 し
移植 片の 神 経 束 周 囲 血 管 の 増 生 は
こ
移植 後 4 週 目
れ
そ し て 数は ま だ 少な い が す で に
.
っ
内血 管 は 中枢
縫合部 は樹
.
屈曲 しなが ら移
比 較 的 規 則 正 し く 配 列 し て い る く図1 5う
移植 後 2 週 目
わ た り 血 行 の 再 開が み ら れ る
に
蛇 行 し て 縫 合 部 に 向か
植片に 進入 して
.
.
変性移植群
.
移植後 1 週目
新鮮移植群
,
963
び そ の 周 囲 の 血 管 増生 は 盛 ん で あ る
枝状 に 分 枝 し た 神経 束 内血 管 が 蛇 行
られる
3
て 血管 が 再 生 し て い る
っ
役割
目 よ り増加 し て い る
と向か
へ
.
移植 後 1 週 目
が 屈曲
わた
に
ワ ン細胞 の
ュ
また 神経束周囲血管 は神
.
吻 合 し て 移植 片中 央部
い に
けるシ
お
g
−
−
ご丁ニ
.
964
HI
くp く 0 0 5l
電気 生 理 学 的 所 見
.
降は 0 64
正 常 家 兎 5 羽 9 神 経 を 用 い て 誘 発 筋電 図 M 波 お よ び
を 測定 し た
C N A P
−
2 17
v
m
V
m
.
振幅は初回は 11
の
2 回 目 以降 は 1 3 78 士2 4 4
.
.
,
1 2 89 士 6 5 7
.
,
M 波
.
.
くm
V
m
士S
e a n
V
m
D1
.
1 2 0 0 士5
.
,
あ
で
.
た
っ
.
士0
.
3
,
31
0 39
se c
ベ
く ら
,
m s e c
m
.
4 回目 は差が な か
.
潜時は初 回 2
.
2 回目以 降は 2 99 士0 46
m s e c
.
.
.
3 4 8 士0 5 2
m
.
.
,
4 回目 ま で す
0 05ト 従
た
っ
e a n
士S
D 1
.
て 有意 に 遅 延 し て
べ
初回 と
に
た
操作 に よ っ て減少 しな
期 と とも に 評価の 対象と した
.
.
く
m
e a n
0 5 5 士0 2 4
.
,
D う で2
.
.
W
k
e e
ft e
g
V
m
.
士S
.
V
m
V
m
.
0 7 6 士0
.
,
50
.
てい た
っ
P
r
ra
柑 ng
e d e g e n e r at e d
r
−
−
t
一
,
−
一.
−
一
妄 書書 芸声二
r
.
.
−
..
..
t
−
以 上 で 多相 性 の 波形 をM
凍 結 移 植 群 で は1 6 週 目 で 7 例 全
.
れ を 出現 時 期 と し た
こ
新 鮮 移植 群 で
.
−
−
.
一.
−
−
一−
−
は1 1 週 目 で あ
で
た く図1 7う 従
っ
−
■
−
−
.
−
.
,
−
一
.
−
−
.
J
一
−
.
−
L
.
..
−
一
■
−
−
−
−
−
.
−
一
−
一
...
一
.
−
r
−
−
−
−.
.
■
−
−
■
■
,
.
一
−
−
−
−
−
ー
ー
−
−
−
■−.
−
一
−
.
.
−
.
−
−
−
い
−
一
.
.
.
.
■
−
一
−
,
−
一
2
い
−
■
事
り
−
−
一
−
−
ー
ー
■.
t
へ
一
■
−−
一
一
.
−
■−
.
.
J
.
−
t
■■.
ー
−
疇.
t
ト
J
事
−
■
J
−
ノ
■■t
−
一
−
−
,
−
−
一
t
t
.
−
−
t ■
■
−
つ
巧
..
4
6
Fi g 9
.
.
Dia g r
e n e r a ti n
re
g
W
ell
a s
fr
a m
g
e sh
m
a x
a
ti c
r e
o n s
p
n e rv e
g
a s s
r a ft
p
r es e n
th
.
r o u
t a ti
gh
o n
th
e
of
di st a l
p
red e
g
s ut u re
e n er a
t
ed
sit e
3
w
n e r v e
e ek s
a ft e r
g
.
−
■
■−
■
.
一
一
蓑 萱蔓
−
−
−
.
−
一
.
■
−
−
一
一
−
d
1
−
−
■
.
.
.
,
.
.
..
3
ま たM 波
て 凍 結 移植
っ
.
r a ft
g
.
−
■....−
−
変 性 移 植 群 く4 羽
,
e
n e r v
−
一
正常
測 定 し た 家 兎 の 全 例 に M 波 が 出現 し た
.
新 鮮 移 植 群 く4 羽 中 2 羽う
,
−
一
上戸
ー
■
一
−.
,
M 波 の 判定
.
s
a
.
以上 より
て 多相 性 を 示 し
べ
性 移植 群 で は ほ ぼ 同 じ か 2 過 程 度遅 れ て
3 回目 は有意 に 減少 して い た
,
51 士0 08
.
.
群 は新鮮移植群 よ り お よ そ 4 週 M 波の 出現が遅 く
V
m
0
,
た
っ
変 性 移植 群 で は1 4 週 目 で あ っ た
,
中 2 羽う
2 回目以 降
,
m s e c
2 回 目以
,
の 出 現 が 最 も 早 い の は 凍 結移 植 群 で は1 4 週 目 く5 羽 中
1 羽1
−
s e c
.
て は 振 幅 が 3 0 0 ノノ V
っ
は1 2 過 日
.
C N A P の 振 幅 は 初 回 1 0 9 士0 4 4
は 0 6 1 士0 23
当た
例に M 波 を認め
と が 確 認 さ れ た た め 出現 時
い こ
.
m
波に つ い て
週 を 出現時期と し た
て は 2 回 目に 有意善が み られ たが 測定
振幅に つ い
.
3 相の 波形と は異な
,
波 陽性 と し た
くp く
有意の変化が あ る た め 評価 す る の は不 適 当と 判 断 し
.
誘 発 筋電 図 M
.
家兎 の 2
た
い
1
−
で
.
0 55 士0 08
,
M 波 の 波形 は測定期間中す
3
3 00 士
,
m s e c
1
て 初 回 と 有 意差 は な か
べ
れ を評価の 対 象と した
く
1
.
M 波 の 潜時は 多数回 の 検 査 で 測定値 に
て
っ
くm
s e c
こ
2
1
.
1
−
は 潜 時 が 多 数 回 検 査 で も 測定 値 に 変 化 が な く
.
初
回 と 2 回 目 で は 有 意 に 振 幅 の 増 大 を 認 め た が くp
0 0引
す
C N A P
39
.
■
で
m s e c
.
士0
.
22 士
.
士0
潜時は 初回 0 56
.
.
r a ft
g
.
r a fti n
T h
g
e
a s
ト
た
−
,
変
末 棉 神経 再 生 に お け る シ
Fig 10
.
P
■
P
a s sa
p
r o xi m
Fig 11
.
.
P
Th ere a
i n e o si n
.
ro xi m
of
e
g
al
p
w
s ut u r e
r o xi m
r e
al
S ch
l
al
su
n u
,
X
40
t
H
.
b
er
th
a nd
of
f
e
ro z e n
o th e r
at o x
e m
si t e
u r e
m
.
of
c e11 s
sit e
a rg e
st a i n
o r ti o n
a n
y li
n
th
e
of
c ell s
e O Si n
e
p
X
,
ab
at
n e rv e
r o xi m
r a ft
g
s e e n
s t ai n
fre sh
i n th
is
細胞の 役割
ワ ン
n e rv e
c e ll s
−
ュ
al
40
g
2
eek s
w
o ut
9 65
4
m
m
a ft e r
su rg e ry
di st al f r o m t h e
.
ra
.
st u
ft 2
m
p
e ek s
w
a nd
g
af t e r
r a ft
−
H
s u rg e ry
e m
at o x
yl
.
−
9 66
振幅に
21
m
V
4 97
m
V
1
.
.
つ
,
1
い
4 過で 1 83
V
m
.
20 過 で は 6 04
.
,
16 過 で 2 1 0
v
m
v
1
,
m
.
,
6週 で 3 00
V
18
た
っ
V
m
−
であ
V
m
1
適 で 1 18 m V
,
.
20週 で は 2
凍 結 移植 群 は 新 鮮 移植 群 に 比
っ
8
m
V
で
20 週に お
,
あ
い
1
た
っ
価 した
頂点
.
有意
て
.
Th
e r e
St a
h
F i g 13
fr o m
,
M id p o r ti o n
is ch a n g e
X lOO
of
of
th
e
red e
p
v a c u
ol a ti
g
い
,
in
th
e
っ
た
坐 骨神経 か ら得 られ た誘
,
伝導速度お よ び 出現時期を測 私
,
潜 時 は 波形 の 多 分 裂傾 向 が 強 く
つ
一
M ic
th
r e v a s c
ul
ro a n
gi
o
g
r a m
o n e
m
al
se
a ri z at i o n
is
n ot
e
p
ro x
i
g
m
en
w
t
s e e n
e ek
距 離 く6
は電極間の
n e r v e
g
r a ft
e n d o n e u ri al
a r
in
a ft e r
f ro
e
vi sib l e
p
t h e g r a ft
.
劇
ノ
つ
の
評
波
最 初 の 陽 性電 位 の
,
ま た は 活 動 電位 の 立 ち 上 が り ま で を 計 測 し た
2
t
w
ub es
.
う とし
c m
af t e r
H
at o x
e m
つ
s u rg e ry
y li
n
,
e O Si n
−
z e n
a ssln
n e rv e
g
th
g
r o u
r af ti n
gh
g
th
e
.
l n t ri n si
s ut u r e
c
v e s s el s
sit e
,
b
.
伝導速度は港
伝 導速 度 に
e ek s
.
,
.
.
■
て
晴 と 伝 導距 離 よ り 算 出 し た
e n e r at ed
o n
.
伝導距離
.
.
つ
形が 判然と しな い も の が 多い た め
28
.
に
発電位 か ら薄暗
80
−
20週で は
,
て 有意 の 差 は み ら れ な か
べ
じN AP
.
家兎 の 肺 骨神経 を刺激 し
一
た くp く 0 0 5 ト 変性 移 植 群 は 新 鮮
Fig 12
.
べ1
06
−
2
で
た
い
14 過で
.
.
8過
凍 結移 植 群 で は 1 6 週 で 平 均
.
に 振幅が低値で あ
V
m
1 8 遇 で 5 53
,
1
.
で順調 に 増大し て
■
m
V
m
.
,
V
m
変 性移 植 群 で は 1 2 遇 で 平 均 0 5 3
5 23
移植 群 と 比
て み る と 新 鮮移 植 群 で は 1 2 過 で 平 均
u
t
い て
は 新鮮
末梢 神 経 再 生
Fig 14
.
is
Fig 1 5
.
M i
−
se e n
.
a
M ic
cr o a n
t th
g
r o a n
lO
g
r a m
mi d p o 血
e
gl
r e v a s c ul a ri z a ti o n
O
g
r a m
is
se e n
4
e ek s
w
o n
of
o n e
a
t th
th
e
ける シ
に お
a ft e r
g
w
e ek
e
m
r a ft
id p
f
ュ
ワ ン細
ro z e n
n er v e
胞の 役割
g
r a ft
in g
967
.
R
e v a s c u l a ri z a ti o n
.
aft e r
o r ti o n
f r e sh
of
th
e
n e rv e
g
r a ft
.
g
r af ti n
g
L
A d
e
q
u at e
本
橋
968
丁
感ノ 慮 .
苧
t
二
T
盛
塵義
弼鱒酔摩損琵苛軋紳
済 轟捏
戦
一
義車重垂 寧 撃幸車 重章
撃重
寧車 癖車軸
F i g 16
.
d
a n
T
.
bl e l
a
k in d
M i c r o a n gi
sr n all v e s s el
P
.
of
s
r o
o
n e rv e
of
n e r Y e
r af t
c o m
o u n
p
A
.
re
g
e n er at ed
e
r a ft
al u e s
CO
r af ti n
g
si t e
g
T h
.
l
e
a rg e
−
i
af t e r
C
pl a
m
t a ti
n
of
o n
l
o nd u
3
o ci t
霊
7ニご
y
4 0 8 0 士 5 02
18 00 士 2 45
1 4 5 士0 2 3
42 32 士 5 95
4 2 5 0 土 21 5 1
1 2 0 士0 2 3
5 2 1 8 士1 0 2 4
d
re s se
P
a r ed
g
r a f ti n
fre sh
m p a ri s
n er v e
o n
.
.
.
.
5つ
二
ニ
7つ
くn
ニ
4つ
くn
ニ
6つ
−
串
キ
1
.
m
.
くn
くn
三
三
言
三
ミ
ミ
重
宝
三
三
言
三
ミ
三
喜
三
重
三
三
写
蔓喜
三
重
冨
i三
笠三
至
芸
三
三
三
重
三
三
三
三
言
三
吉
ミ
喜
三
三
ミ
三
望
至
芸
i言
喜望
ミ
ミ
三
重
三
三
三
吉三
芸
a s
w
g
e a n
c o n
士 S D くnJ
d u c ti o n
w e e k
ch
m
it h
at
e a
.
.
−
■
.
くn
5 4 2 3 士 1 0 98
1 15 士0 23
22 6 7 士1 1 1 2
p
■
.
.
無
−
.
.
e x
.
−
.
9つ
ニ
章
.
38 06 士 6 90
.
.
CO
,
.
.
1 49 土 0 17
.
05
.
.
−
.
a r e
.
.
.
.
くn
59 12 士 6 31
.
1 6 4 士0 3 7
.
20
p く0
.
.
三
三
書
芸
−
n er V e
in
n ti al
1 04 士 0 10
18 86 士 6 75
18
P
,
p ot e
n e rv e
s ut u r e
三冨
笠
1 9 6 0 士1 0 38
20
+
d i st al
a c ti o n
.
16
r a ft
V
n er v e
.
14
g
g
e n e r at ed
g
a nd
謳t t 能懸
n e r Y e
d
d
e
r ed e
60 67 士15 50
r o z e n
g
th
p
r a ft
群
g
20
F
in
at e nt
a ft e r
重
量
築
き
喜
き
重
責
ミ
蔓 教主
吉
蔓
告善
r esb
g
p
e ek s
w
r af t s
g
琵
F
a r e
s
e rt i e s
p
2
r a m
g
ニ
3つ
.
v el o ci t y
by
of
c o m p o
A N O V A f oll o
u nd
w ed
n e r v e
by
D
a c ti o n
p
o
,
u n c a n
s
m
t
e n ti al
ult i pl e
末梢 神経 再 生
移植群 で は 9 週 目 の 2 9 O
l
m
.
ら2 0 週 目 の 5 9 1
か
s
し1
経 時的 に 増 大 し て
た が新鮮移植群 に 比
示し
く表 1 J
各 々 平 均的 7
,
.
m
ノ
s
5
,
m
べ
遅い
ノ
s
出現時期 を決定す る に 際 し
い 陽性 電 位頂 点
波形 と
,
l
s
変 性 移植 群 も
,
低 値傾 向 を
有 意 に 差 の あ る 過 も み ら れ た が 2 0 週 で は 有 意差
.
はなく
し
い
凍結移植群
,
m
.
まで 約2 倍 に 伸び て
た
に お
,
程度で あ っ た
振 幅は最 も大き
ける シ
ワ ン
ュ
細胞の 役割
群 で は10 週目で あ
9 69
た
っ
また 最も早
.
群 で は 1 0 週 目 く4 羽 中 1 郷
羽中1 羽L
た
従っ
.
出 現 は 凍結 移 植
い
新鮮 移 植 群 で 7 週目 く4
,
変性 移 植 群 で 8 週 日 く4 羽 中 1 羽J で あ っ
出現 時 期 は 新鮮 移 植 群 に 比
て
約3 退 か ら 5 過遅れ
凍結移植群 は
べ
変 性移 植 群 で は 約 1 過 の 遅 れ が
,
み ら れ た く図1 8う
.
と 最も 大 き い 陰性 電位 の 頂 点 ま で と
a rt if a ct
満の 振 幅 は C N A P
−
移植群 で は1 4 週 臥
考
を 混 同 す る の を 防 ぐ た め 5 FL V 未
な し と 判定 し た
.
出現時期 は凍結
新 鮮 移植 群 で は 9 過 日
変性移植
,
生体内
に おい て
察
末 棉神 経 が 再 生 し
遠 隔 の 目 的終 末
,
達 す る た めに は再 生軸 索 を誘 導す る た め
に
シ
ュ
細 胞 索 す な わ ち B ii n g n
ワ ン
b
e r
a nd
生きた
の
の 存在 が 重 要
■
■
■
A
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
■
■
■
■
■
■
■
■
■
■
■
0
■
■
■
■
■
0
■
■
■
■
■
■
■
A
0
0
■
■
■
+ ■
0
■
■
■
■
■
■
■
■
■
■
■
■
■
■
■
■
■
■
■
■
■
■
■
■
■
■
■
■
■
■
■
■
■
■
■
■
■
■
■
■
■
■
■
■
■
■
■
■
■
■
■ ■
0
0
■
0
0
0
■
0
0
0
つ
■
■
■
0
B
0
0
0
0
0
0
0
0
C
0
0
0
■
0
0
■
0
0
0
0
■
■
■
0
0
0
0
■
■
■
0
0
0
■
0
0
0
■
0
0
0
0
0
0
■
■
■
■
■
0
■
■
■
0
B
C−
0
0
■+ ■
■
■
0
■
■
■
■
■
■
0
0
0
■
■
■
■
■
■
0
0
0
■
■
■
■
■
■
■
■
■
0
0
0
■
■
■
■
■
0
0
C
0
■
■
■
■
■
■
■
0
0
■
■
■
■
■
0
0
0
0
診
砂
命
令
砂
砂
0
0
0
0
■
■
■
■
■
■
■
0
0
0
0
■
■
■
■
■
■
0
0
■
■
■
t
■
■
■
■
■
7
8
9
10
tl
12
14
t6
柑
6
7
8
9
14
16
18
e e
ks
C
20
aft e r
g r a fti n g
Fig 1 8
,
.
−
−
,
,
a ft e r
r e
g
e n e r a ti o n
p
e ri o d s
i n di
c at ed
R
.
10
Ot en
ti a l
g
raft
くA J f r o z e n
g
e n e r at ed
C i r cl e s
wi t h
aft er
i
,
re
n e r v e
r e se n
p
t
d et e ct able
p
o t e n ti a l s
p
e ri o d s
,
indic
tI
a ft e
of
e c o v e ry
P
−
S p e c ti v el
y
,
W e e ks
.
.
■
■
0
F ig 1 7
R e c o v e r y o f M W a V e a f t e r i m pl a n t a ti o n
Of f r e s h
n e rv e
g r af t くA I f r o z e n n e rv e g r af t
くB J a n d p r ed e g e n e r a t e d n e r v e g r af t t CJ O p e n
a n d cl o s e d
ci r cl e s r e p r e s e n t i n d i v id u a l r a b b it s
W ith o u t
o r
wi t h
d et e ct able
M W aVeS
re
o w
■
■
0
■
−
b el
■
0
W
.
0
0
O
0
■
■
■
■
0
c o m
pl a
m
e
t
ed
r aft
c o m
w
r a ft
くCJ
n e rv e
of
f
a nd
u
p
o u n
,
.
d
a n
.
a ft e r
0
a c ti o n
re sh
くB I
d
2
g
d
O p en
al r a b b it s
i n d i v id
b el o
2
aftin
o u n
p
g
r e S p e C ti v el y
a
1
r
n t a ti o n
n e rv
g
g
r
■
wi th
g
e
r ed e
−
cl o s e d
o u
t
o r
a c ti o n
n e rv e
re
n e rv
p
e n e r a ti o n
9 70
で ある と W
4,
ei s s
H
,
e nt o w
内でシ
s c a r
D
,
凍結移 植 片 で は 2
c m
再生軸索 を 導 く と
か
っ
た と報 告し た
こ
諸富
シ
ュ
.
M
さらに
.
8I
r o w n
a r m
g,
o r
,
と異 な り
末 棉 神経 移 植
,
る必要は な く
い
が必ずしも生きて
r e c i pi e n
お い て は 移植 片自 身 の 細 胞
に
2,
ら
e
が凍結
と強調 し てい る
よ う な 結 論 を述
べ
て
い
る
ュ
ワ ン
っ
てお り
移植 片を電顕
ワ ン細
ュ
胞 の 基 底膜 が 再生
再 生 線維 は そ の 通 路 と し て
,
容易 に なる と す る観点か ら
たとい う
っ
また
.
1 11
もある
変性神経内の
,
ワ ン細胞の
ュ
い
る と す る報告
シ
ュ
活性の 最
が あれ ば反 対 に 軸 索 の 伸 長 に は 有
l 訂用
意の 羞は な い と 強調す る報告
川 潤
お ける シ
に
られる
ュ
ワ ン細胞
が あり
変性 移植 片
,
の 役割 に つ い て は 未 だ 混 乱 が み
植 群の 3 群の移植実験 を行い
過す る際 シ
ュ
新鮮移植群
,
再生 軸索 が 移 植 片 を 通
,
必要か 否か
ワ ン細胞が
索 の 伸 長速 度 に 影響 を 及 ぼ す
再生軸索の 伸長に つ い
変性移
,
あ る い は 再 生軸
,
否 か を検 討 し た
か
てみ る と
3
m
m
で あり
分の 1 ま で達 し
,
3 週目 で 急激 に 伸 長 し 移 植 片 の 2
,
4 週 目 で 移 植 片 全長 を 通 過 し た
新
.
鮮 移植 群 で は す で に 2 週 目 で 移植 片 の 3 分 の 2 ま で 再
生軸索は進入 し
も み られ た
,
3 週 目 で は 末 楷 縫 合 部 を越 え る 軸 索
明 らか に 凍結移植群で は 2 過日ま
.
軸索の 伸長の遅れ が 著し い
H
.
−
で
再生
E 染色所見と 重ね 合わ
せ て み る と 2 週 目 の 凍 結移 植 群 の 細 胞 群 の 位 置 と 再 生
軸 索の そ れ は ほ ぼ 同 じ で あ っ た
郎 よ り進入 した シ
進 入す るが
,
ュ
ワ ン
.
に
細胞 は 4
再生軸索も 2
植 片 の そ れ よ り 末 棉部 の
.
旬
シ
は 再 生軸 索 は 存 在 し な い
ュ
.
3
m
す な わ ち 中枢 側 縫 合
m
m
ワ ン細
G ul a ti
ほ ど移 植 片 内
m
ま で入 り込 み
,
は 4
c m
の
ワ ン細胞
ュ
もの である
c m
か
c m
ま り 基 底膜 構 造 の み を 有す る
つ
,
ワ
ュ
工6I
と
致
一
索が軸 索を誘導 す る こ と を示 唆する
般 に 神 経 移植 の 実 験 で は 少 な く と も 3
一
.
以 上 の 移植 片 を 用 い な け れ ば そ の 実 験 は 信 用 で き
は僅 か の 距離 で は移植片が ど の よ う な条
これ
.
らである
移
変性
同種 や 異種神 経 移植 の 実験 で 多い 0 5
.
.
程度の 移植片や チ
ブな どの 挿入
ー
ュ
ある い は凍
,
結 神経 移 植 な ど に よ り 電 頗 的 そ の 他 の 方 法 で 再 生軸 索
が ど こ に 存 在 し た と す る 実 験 は 実験 と し て の 価 値 し か
な く 了臨 床 的 に は 神 経 の 大 き な 欠損 を補 う た め 神経 移
植 を行う の で あ っ て
再 生 軸索 が 何
,
末器官 ま で 達 し う る か
が問題 で あ る
従
.
と し て実験 を行
c m
種 神経 移 植 実 験
抑制 し
に
ュ
終
,
細胞が必要
1 8
た
1
当教室の増 山 も 4
.
c m
の
異
お い て 移植 さ れ る 動 物 の 免 疫 反 応 を
再生軸索が 移植片内の 生き て
,
ワ ン
著者 は 移植 神経 の 長 さ を 3
て
っ
っ
それ に は シ
,
伸 び るか
c m
い
る異種 の シ
細 胞 に 誘 導 さ れ て い る こ と を証 明 し た
ュ
.
なお 変性移植群 は新鮮移植群よ り 再生 軸索の 伸長は
や や遅 く
2 週目 で 移植片 の 2 分の 1
,
側縫合 部を通過
す る場 合
多い
121 切
.
して い
た
,
ュ
ワ ン細胞の
増殖
活性 は
,
新鮮 移植 よ り 有 利 で あ る と い う 研究 が
し か し この こ と に 閲 し
,
逆 に 新鮮移植片より
1
有利 と は言 えな い と す る 報告も 多く
神経移植 で
3 週 目 で 末檎
,
神 経 を 切 断 し 2 週 後 に 移植
.
移植 片 内 で は シ
,
高ま る と さ れ
は変性軸索の
残溶の
4
個
,
H
all
l 切
は 変性
除 去 は 急 速 で あ る が引
き続 い て の 再生軸索 の 成長 は新鮮神経移植 で み られる
よ り遅 い と述
べ
ており
移植 片 の 血 行 再 開 に
へ
胞の 存在 しな い 所
1 6,
シ
,
ワ ン
.
週 目 ま で は ほ と ん ど移 植 片 内 に 進 入 し て お ら ずわ ず か
,
し
凍結移植群で は 2
,
凍結移植片
,
事 実は 生き た シ
この
.
移植片 は再生軸索 を支 え ら れ な い 与す る 意見
か
.
そ こ で 本 実験 で は 凍結 移 植 群
2
で あり
,
件で も あ る い は移植 し な く と も再生 をみ る こ と がある
変 性 神 経 を 移植 す る 実 験
,
てお り
っ
1 乃
ない
.
そ の 結 果変 性 移植 片 は 新 鮮 移植 片 よ り 優 れ て
.
軸 索 が 末 梢側 縫 合 部 を 通 過 し得 た の は こ
細 胞 は 長 い 距 離 を 伸 長 す る 再 生軸 索 に と っ て は 重 要
で
も 高 い 時 期 に こ れ を 移植 す る と 再 生 軸 索 の 誘 導 が 更 に
も 多い
進入 は移植片全長に わ
ン
.
す なわ ち シ
,
著 者 の 移 植 片 で は 4 週目 に
,
ワ ン細胞 の
ュ
観察 す る と
,
あらか じめ神経 を切断 し
,
らの
方
一
.
シ
た め で あ る と 考 え られ る
ュ
細 胞 そ の も の で は な く 基底 膜 に 囲 ま れ た 空間
細 胞 の 増 殖期
か
た こ と か ら再
っ
ろ ま で しか伸長
こ
た
生 軸 索 は 通 過 し得 た と の 報 告
方
細胞の 存在す ると
たとい う
っ
は両断端
筋 肉 を凍 結 し て 基 底 膜 構 造 を 残 存 さ せ た 移植 片 で も 再
ワ ン
.
の
を必要と して い る こ とが 明ら か に な
一
ワ ン
ュ
み
そ し て2 4 過 日 で も 移 植 片 の
ワ ン 細 胞 を死
凍結 に よ っ ても 残存す る シ
軸 索 の 足場 と な
し なか
最近で
.
中枢側 か ら の
,
自家移植 す る実験 か ら次の
解凍 を 繰 り 返 し シ
,
滅 さ せ た 移 植 片 を作 製 し
シ
,
の凍 結 移植 片で は 末 棺か ら の
胞が 進入 す る
ワ ン細
ュ
.
の 進 入 は 期待 で き ず
末梢側断端 に は再生軸索が み ら れ な か
生軸索 は シ
の再生軸索を 正 し い 方向 に 誘 導す る 導管 と
t
し て の 役 割 を 果 た せ ば よ いJ
は 工d
移 植 片自 身 は
シ
ワ ン細胞
て 軸 索 が 通過 し た の
っ
ま で し か 充 分 に は再 生し な
に
ワ ン細胞索が
ュ
変性移植片で は全長に わ た
,
ら は
y B
e n n
は 同種 あ る い は 異 種 神 経 移植 に お い て r 他 の 臓 器
瑚
ら
乃
a
う 考 え方に 反対 し てい る
い
移植片と 凍結移植 片 を 中枢 側 の み 縫合 し た 実験 を行
ら 多く の 研究者が
l 掩I
野村
.
.
れ に 対 し
こ
5,
d e1
ed
い
指摘 して い る
n e u ral
W
.
,
つ
本実験結果 も 同様 で あ っ た
い て
,
新 鮮 移 植 片や 変 性移植
片 で は 1 週 目 で す で に 神経 束 内血 管 が 再 開 し て い た
W
ei s s
盈 T
a
yl
2 0,
o r
に
一
.
よ れ ば移 植 片 は 5 日 間 血 行 が な
けれ ば壊死 に 陥 り結合織 に 置換さ れ
,
再 生軸 索の 伸長
末梢神経再生に
は阻 止 さ れ る と い う
お
シ
,
ワ ン
ュ
細胞 を 移 植 片 内 で 生 き た ま ま 移植 し た と 判 断 で き る
対 し凍 結 移 植 片 で は 新 生血 管 は 2 過 日 で も 移 植
片両端 部 に わ ず か に 進 入 す る 程度
く壊死フ 状態 を 示 し
凍結 移植 片 に
索の 関 係 に
っ
た
て血行が 再
っ
ワ ン細
ュ
てみ ると 2 週 目の 移植 片内
4 過日
,
っ
て 血行 が 再 開 し た 時 に は シ
ン細 胞 索 も 移 植 片 の
す
べ
管と
ワ ン細
て で み られ た
胞索の 進入 が平行 し
こ の
.
胞
の 血 管進
へ
移植 片 全長 に わ た
ュ
p
o t e n ti a l
c o m
ワ
ュ
ように血
る所見は シ
て い
ュ
d
o u n
p
C N A P
の 出 現 時期 に
−
目で
い
い
つ
て
.
新鮮 移 植 群 で は 9 週
,
変 性 移 植 群 で は1 0 週 目 で 出 現 し た の に 対 し
,
て 斉藤
6 ノJ
祖,
凍
,
神経 括 動電 位 の 導 出 に つ
.
は イ ヌ の 純 知 覚 神経 を 用 い て 測 定 し
,
以 上 の 神経 線 維 が 存 在 し て は じ め て 導 出 可 能
m
あ る こ とが 判明 した と報告 し て い る
で
a cti o n
n e rv e
は M 波と 同じく 神経再生を 早期 に 他覚 的 に
検 査 す る 方 法 と し て 用 い ら れ て い る 釘I
C N A P
の 導出は
−
従
.
て
っ
定 の大き さ以上 の 直径の 再生軸 索
一
が通過 して い る こ と を 示 す もの で あり
,
凍 結 移 植群 で
は 新 鮮 移 植 群 よ り遅 れ て 通 過 し た も の と 推 定 で き る
が血 行な しで は 生き られ ない と い う 事実と共
ワ ン 細胞
排 骨 神経 な ど を 直 接刺 激 し て 得 ら
,
結 移 植 群 は1 4 週 目 で あ っ た
.
入 部位 と 細 胞 群 の 進 入 部 位 は 両端 部 に 限 ら れ
シ
坐骨 神 経 や 脛 骨
9 71
れ た 活 動電 位 す な わ ち
ど 移植 片 は 無 血
け る血 行再開の 遅延 と シ
お
い
つ
で殆
移 植 片 全長 に わ た
,
開し た の は 4 過 日 で あ
に
.
細胞 の 役 割
ワ ン
ュ
従 っ て こ れ ら の 移植片で は移植
.
後早 期よ り血 行 が 再 開 し て い る と 考 え ら れ
これ に
けるシ
以 上 よ り 組 織学 的検 索 で は 凍 結移 植 群 の
シ
ュ
.
ワ ン細
一
に
再 生軸 索 も
,
シ
と を 示 し てし1 る
シ
凍 結移植 片 で は血 行再 開 の遅 延が
.
細胞 索 の 進 入
ワ ン
ュ
な し に は生存 で き な い こ
ワ ン細胞
ュ
に
も悪影響 を及 ぼ し
さらに は
,
再生軸 索 の 伸長 を 遅 延 さ せ た も の と 考 え ら れ る
神経 再 生 の
胞の 存在 しな い
られず
機能的検査法と して の 電気生理 学的検索
d
o n e u ri al
ub e
t
シ
は再生軸 索が み
に
ワ ン細胞索が
ュ
進入 し
引 き 続 い て 再 生 軸 索 が 通 過 す る と い う 時 間 的 経過 を と
るため
.
e n
血管 の進入 と と も に
,
初 めか ら シ
,
ワ ン細胞の
ュ
生 き て い る 新鮮 移植
群 や 変 性 移 植 群 に 比 べ 凍 結 移 植群 の 再 生 速 度 が 遅 れ て
は 有用 で あ り 了 筋 電 図 学 的 所 見 は 神 経 再 生 の 早 期 徴 候
い
た
と そ の 予 後 を 知 る 上 で 最 も 信頼 で き る も の と さ れ て い
い
て も 凍 結 移植 群 は 新 鮮 移 植 群 に 比 べ 回復 時 期 の 遅 延
る2 1 1
を認め た
.
誘発 筋電 図 M 波 に つ
い
て
活動電位 は多相性で そ の
,
出 現 は 新鮮 移 植 群 と 変性 移植 群 が 各 々 1 2 週 目
であ
ま た 機 能 的 回 復 を 調 べ る電 気生 理 学 的検 索 に お
.
っ
たの に 対し
れがみ られ た
に 時 間的
ズ
,
多相 性 の M 波 は
.
て生 き た シ
っ
期 に 発生 す る と さ れ て
い
単
,
髄 輪 形 成 の 未 完成 な 時
,
る2 ,
時期 に
こ の
,
14週目
結
筋 単位 中 の 興 奮
一
細胞の存在 は再生軸
ワ ン
ュ
索 の 誘導 に 重 要 な 役 割 を も つ と 判 断で き る
凍結 移 植 群 で は 1 6 週 目 と 著 し い 遅
が 生 じて 発生 し
レ
,
よ
.
お い て
再 生軸 索 の 伸 長 に
論
シ
ワ ン
ュ
細胞が 必要か を調査す る
目的 で 家 兎 の 坐 骨 神経 を 用 い て 3
の 移植 片 を 作 成
c m
組織
し
,
シ
ュ
ワ ン
細胞 の 死滅 し た凍 結移植群
学的 に は 繊細 な 再 生 軸 索 が 終 板 内 で 未 熟 な 細 網 を 形 成
群
,
シ
ュ
ワ ン
細胞 の 増 殖 し た 変 性 移植 群 の 3 群 に
.
公1
し てい る こ と が報告 され てい る
っ
.
ま り 多相 性 の M
波 は髄 鞘 の 未熟 な 再 生 軸 索 が 終 坂 内 に 達 し は じ め た 時
期に出現し
4
,
.
従
っ
波の 出 現 の 遅 延 は
に 新鮮 移植 群 よ
,
て
凍結移植群に お
け る 多相 性 の M
未熟な再生軸索が 終板 に 達す る の
り 4 週 目程 度 遅
い
こ
とが 類推さ れ る
誘発 筋電 図 M 波 の 最 大 振 幅 値 の 平 均 は
乳 変性 移植 群 で は1 2 週 目 の
6 04
■
m
V
,
行
髄鞘形 成が 完成す る ま で発 生 し続 け ると
,
され て い る2
5 23
.
m
V
1
.
21
m
V
,
新 鮮移植
ら2 0 過 日 で は
か
と急激に 増大 し て い る の に 対 し
凍結 移植 群 で は2 0 週 目 で も 2 0 6
.
m
V
で
.
あ
た
っ
.
2
,
凍結移植群 で は 再 生軸索 は 移植後 2 過日 で は
3
m
週 目 で 全 長 を 通過 し た
4
,
性 移植 群 で は 2 過 日 で 移 植 片 の 2 ノ3
軸索は進入 し
,
,
2
の1 6 週 目 に
に お し1
相当す る 低値 で あ る
て は再生軸索の 誘導
度の 低 い
.
本 実験
に
した
凍結 移 植 群 の 最 大 振 幅値 の 平 均 が 新 鮮 移 植 群
こ
と が 類推 さ れ る
,
.
こ
とか ら
,
凍結移植群
伸長の 遅れ や 再生軸索密
3
.
新鮮移植群
,
変
1 ノ2 ま で 再 生
っ
て
通過 し てい
変性 移植 群 は 移植 片 内の
,
m
しか シ
m
っ
の
シ
ュ
ワ ン
凍結移植群で は 2 過日 で も移
,
細 胞索 が 進 入 せ ず
ワ ン
ュ
,
移
て細胞群が み ら れ る に は 4 週 間を要
.
.
移植 片 の 血 行 は 新 鮮 移 植群
過日 で す で に 再 開 して い た
へ
,
3 週 目 に は全 長 に わ た
細胞 は生 存 し て い た が
植片全長 に わ た
お しユ て
3 過 日で移植
,
新 鮮 移 植群
.
.
植片 内に 約 4
数 と 相関 す る と す る 説 鋤 も 報 告 さ れ て い る
.
ま で しか 移植片に 進入 せ ず
m
度 と 正 の 相 関関 係 に あ る と す る 説2 5 や
再 生線 維 の 総
電気 生 理 学 的検 索 を
,
.
片 の 1 ノ2
た
つ い
検討 し以 下の 結論 を え た
幅値 と 組 織 学 的所 見 と の 関 係 は 再 生 軸 索 の 大 径 軸 索 密
,
徴小血管造影
新鮮移植
て
っ
1
,
最大振
組織学的検象
て
,
.
血 管 進 入 は 2 週 目 で は約 4
全長に
及 ん
で い
た
.
以上 よ り
,
変 性 移植 群 で は 1
凍結 移 植 群 で は 移 植 片内
,
m
m
であり
,
4 週目で
凍 結 移植 鮮で は 血 行 と
972
共に
シ
て い る所 ま で 伸長で き る
電 気 生 理 学 的検 索
で
は 誘 発 筋 電 図 M 波 の 出現 は
ワ ン細胞 の
ュ
凍 結 移植 群 で は1 6 週 目 で 新鮮 移植 群
3
べ
1 11
っ
.
4 週
句
2
,
3 退避 れ て い た
旬
臨床整形外科
再 生 軸 索 は 中枢 断
,
入
碑よりシ
4
が 移植 片 に 入 り
ワ ン細胞
ュ
.
b
変 性 移 植群 と 比
,
出 現時 期 は 凍結 移 植 群 が 1 4 週 目 で
.
新 鮮 移 植群 の 9 週 目
5 退避れ て い た
5
た
っ
a r
.
4
.
th
ること
い
e
35
.
以上 よ り
末棉 神 経 の 再 生 に お
,
再 生 軸索 の 誘 導
て シ
い
A
と が示 唆さ れ た
of
p
16 7
,
ai r
d
a n
,
1 5I
S
u n
d
2 nd
ed
a
u r
F
u s cl e
e rip
p
h
e r al
J
,
.
R
,
u sh w
o rt h
l i n t e rf
in
pt
C O n C e
64
G
,
.
a s ci c u ト
e n e r at e
g
.
e ri p h e r al
p
6 9 8 7 01 く1 9 7 71
−
,
c al
a ut o
g
o u n
g
.
o b s e r v a ti o n s
r a ft s
B
.
r
J
.
S
.
o n
u rg
.
,
.
K
.
in
re
e
,
b y
n e rv e s
,
.
M
ニ
.
r
6 5 , 3 5 4 3 6 3 く1 9 861
,
H i st ol o gi
ニ
.
g
J
.
fo
−
.
n e W
.
R
,
a t e ri al
Di nle y
,
J S
.
W
d
a n
76
.
r
,
e r s
,
n at
.
こ
g
1 7 3 く1 9 4 7I
−
S
A
.
.
ey n e s
m
D e l a y e d くd
B
es
K
c
r a ft
g
e u r o s u rg
R
.
ol m
e r a ti o n
伸長に お い て 重要な働 き を し て い る
,
r e
141
細胞 は
ワ ン
ュ
H
N
こ
.
8
.
n e W
r a f ti n
g
W
.
.
,
A
,
J
J
.
r ep air
n er v e
旬
n
−
ニ a
s o n
n e r v e
1 3I
変性 移 植 群 は 新鮮 移 植 群 よ り も 優 れ て
.
はなか
こ
変 性 移 植群
,
週目 と比 べ
の10
Dick
1 1 9 1 3 0 く1 9 7 11
,
,
n a
ai r
p
鹿 C ol wi
定 で 伝 導速 度 は 凍 結移 植 群 は 新鮮 移 植 群 よ り 遅 延 す る
傾 向が み ら れ た
i
m
r e
1 2I
.
c e tt
a w
la
n e rv e
また C N A P の測
,
F
a s al
6
,
鹿 Y
.
ti o
n e rv a
−
1 4 3 1 6 6 く1 9 41J
J
,
of
n
Z
.
Th
こ
.
r a ft e d
g
d
e
eg e n
n er v e s
−
J
.
.
−
.
.
辞
謝
稿 を終わ る に 臨 み
終 始御 懇 篤 な 御指 導 と 御 校 閲 を 賜 り ま
し た 恩 師 野 村進 教 授 に 衷心は り 深 甚 な る 謝 意 を 表 し ま す ま
た 実験 遂 行 に あ た り御 協 力頂 い た 湯 上 博 文 郡 技 官 教 室 諸 兄
b
,
u r
h
g
el l a n
d
.
S t
,
1978
,
N
.
,
p 6 0 3 6 36
,
a nd
er v es
Ch
.
.
u r c h i11
N
e r v e
n
g st
L i vi
I nj u ri e s
o n e
.
E di n
,
−
.
.
1 6I
G ul a t i
A
,
K
.
E
ニ
.
v al u a ti o n
of
a c ell ul a r
a nd
,
しま す
に感謝致
c ell ul a r
n er v e
献
文
進 こ 神経移植と 再生
野村
り
く草 間敏 夫
院
東京 1975
,
Id
C
e,
.
鹿 O tt o d
.
T
,
oh
S
,
W
f a ct
h
e r
11
,
J
E
.
脳
.
I
w
.
Y
,
a n n
R
k
o
t
o
a
ell b
c
e s
R
,
N i t a t o ri
,
■
al l a
a s
i
m
n a
.
p
G
vi t r o
Z
.
A
こ
.
e
68
.
,
J
.
o f th
e
t
s
o u
tg
.
g
i s ol a t ed
m
r e
.
ti o
e n e ra
g
t
n a
,
77
.
in
n
c u
4 9 6 2 く1 9 4 2I
進 こ 末 楷神 経 再 生 の 基 礎 的 問 題
.
N
W a
e rv e n
F
,
Z
.
7 91 8 0 6 く
1 9 3 31
ニ
.
G
.
R
e
g
e s a m
e n e r a ti o n
N
.
e u r ol
.
d
e r
P
s y c hi a t
p
e ri p
.
h
e ri s c
14 7
,
fib
N
D
,
e u r ol
M
n e rv es
J
oi n
叫
t
S
P
.
i
th
n
b y
g
ir
.
L
o r,
ra
,
.
,
諸 革武 文
,
re
55
g
I
ニ
.
m
p
of
o rt a n c e
e n e r a ti o n
of
n e rv
e
.
A
rch
.
.
R
e
g
h
e n er a
ti o
o m
r a ft s
o
g
3 83 39 4 く
1 96 4I
n
.
of
p
e ri p
J
B
o n e
.
h
e r al
r a ft i n
g
g
.
J
.
B
.
J oi n t
o n e
,
M
.
1
,
e u r op at
o u se
h ol
.
e
g
i
n
r a ft s
g
M
−
8 2 ト83 4 く
198 引
,
R
ニ
.
ti
n
投与下 に お け る 新鮮 異種神経移
日 手 会誌
S
.
−
e ru m
P
,
鹿 T
.
f
n er v e
en e
bl
d
e rs
a n
u cti o n
g
e n e r a ti n
2 2I
S
2 nd
ed
e n e r a ti o n
th
A p pl
e
.
N
c ell u l a r
e ri p h e r al
p
.
in
e u r obiol
.
a nd
n e rv
12
,
O uS
27 46
−
,
u e
ra
J
.
yl
o r,
A
e n
t
a n
a
g
m
c ell
.
s
c o m
.
C
.
Th
ニ
.
d it s
p
vi a bilit y
e
P h y si ol
.
of
o d ifi c a ti o n
m
.
27
,
by
8 7 10 3
−
,
F
,
v el o cit
E
.
a nd
y
fib
n er v e
g
鹿
.
W h i tt
m
e r s
y
J
.
.
ri d g
e
th i c
eli n
P h y si ol
.
e
D
,
k
n e ss
,
105
.
二
C
o n
in
.
−
r e
1 5 2 17 4
.
,
u n
.
d
e rl a n
pl O 8
,
d
132
.
,
S
.
Ch
,
こ
N
er v es
u r c h ill
a n
d
L i v i n g st
浩 三筋電 図の 手引き
堀
,
東京
1
,
981
村上 白土
こ
,
I nj u rie s
er v e
o n e
第1 版
,
Edinb
u rg
.
,
2 3 2 2 5 8 く1 9 6 31
53 54 頁
−
,
,
南
.
骨格筋 に 於 ける 神経終 末 の 変性及 び
再生 と筋 の 刺激伝導能並 び に れ ん 縮
a nd
N
.
2 3I
瑚
−
,
−
e
免 疫 抑 制 剤 R a b b it A
二
a ut o
d
山堂
1 71 2 1 5 く1 9 4 6ナ
,
こ
S
1978
n e u r al
.
di a t e d
46 A
−
.
D
,
e
s y c hi a t
a r m
u r
ro w n
.
r obla st s
9I
.
y B
e n n
1 9 8 31
1 1 7 1 23 く
,
e rv
194 軋
く
−
−
8I
e ri p h e r al
p
.
2 8 3 5 く1 9 6 即
e rLt O
S
e
ei s s
yl
2 11
,
災 害医
.
W
e th
N
r at
く1 9 4 即
−
−
,
,
.
N
68
,
Of
al r
p
.
2 0I
r o w l n
.
こ
.
re
4 4 7 4 6 1 く1 9 6 31
茂
H al 1
.
J
.
in
−
yt
o c
e
th
o n
m
1 9 8 6J
く
−
e n
.
,
Th y
H
,
増 山
S y St e m
−
A
.
41 57 く
1 9 7 0I
,
e ri m
3 9 3 44 8 く
1 9 3 4I
,
x o n al
ex u s e s
p
c o u rs e
o ol
2
,
45 B
リ
r a f ts
g
e u r o su rg
o n
a c e11 u l a r
ー
e x
d
−
1 9ナ
2 8 8 , 61 7 5 く1 9 8 3ン
,
g
N
.
ed
植 の研 究
,
d
a n
−
神経外傷
.
n
g th
x
pl
n e rV e
H
e n
K
,
rain
B
.
r m lnln
.
野村
り
a
S ch
三
.
こ
.
e d d ell ,
W
a n e o tl S
6I
P
d et e
fib
m
進 二 神 経縫 合 部 よ り 末 梢 の 再 生線 推 増 加 に
ei s s ,
or s
n er v e
5I
a
y
関 す る 実 験 的研 究
4I
u r
S
1 8I
.
e ra
野村
3I
学
S
医学 書
,
−
r e g e n e r a ti o n
n e rv e
t
,
,
2I
T
365 386 頁
.
,
J
.
1 7I
神経 の 変 化 と再 生
,
中 沢恒 幸 編う 第 1 版
,
n er v e
.
.
中 部 整災 託 6
,
,
.
.
平 沢 泰介 二 末 棉神 経 同 種 移 植 の 現 況
■
2 5I
光嶋
軌
.
波 利 井 清 紀 二 血 管 柄 付 神 経 移 植の 研究
末 梢神 経 再 生 に お け る シ
第4 報癖痕内
一
気生 理 学 的 検 索
26I
均
山田
治雄
辻
,
移植 した神経 の 軸索再生 に 関す る 電
へ
日 形 会誌
−
.
玉 置哲也
,
27I
M
.
小 林健
,
,
関 す る 研 究 く第 2 報1
に
n e
x
e ri
p
e d i ci n e
K
e
G
.
m
H
e
,
a c k e tt
w o
a
d
r
E
,
s
w
鹿 M
.
a
o z e n
Sch
w a n
y
th
e
ity
rs
t
u
P
,
R
.
R
a n
s
S
ch
w
p
r
pl a
d eg
mi
t a ti o
n
cro a
gi o g
n
S ch w a n n
W
ks
e e
o
a x
th
l a te r
tw o
−
h ad
t
e
a
,
t hi r d
K
,
r af t
g
o
a n
a
f th
o
D ep
,
za
e ri
p
,
r eg i o
g r a ft s 2
by
e
al r e a
d
th
o
p
er a
ti
e n
ti
al
w e
d
C O
y
re
of
n
n
w
ta i
C O n Cl u
in g
e e
n
o n
e
g
e
ie d
n
th e
o n
th e
r eg e n er
ee
w ee
ks
d in
E
re
r e
c
it h
w
s
v
h
o
e
i a bl e
v
ed
f
r o
ati o
n
.
m
ks
d i
e ral
J
by
s
N
.
e v ok ed
e u r o su rg
神経 切 断縫 合 後 の
二
e n ti
t
o
p
r e
a fte r
k
o
ed
o rd ed
ed
e
t
o
p
ti a l s
en
31, 128 136
−
.
,
al
実験 的研 究
の
s e n s o ry
n e rv e
日 大 医誌
.
卸
,
th i s
,
h w a n n
c
t
n
.
n s
ra
−
ti r
n
u
er
g
g
e
r
w
J
u
p
r e
M
z e n
d
C e ll i n
P
O r th o p e d i c
of
e
d
e
S
.
e n e ra
g
o c
ed
t
S
.
t
ri p h
e
g e ry
956
,
r af t
o
g
a n
n
al
N
S ch
o ol
e r
r
u
97
,
a u
th
e
w
e re
o
bs e r
v
e
r eg e
,
fi r stl y
h a lf
re
a
t
r eg e n e ra
c e ll s
n n
t
h
at
a
a
,
t
S
n
d
ti
n
g
ha
n
ch
eg
S ch
w ee
d in
,
9 73
−
e r
v e
of
t 1 9 8 8J
r e g e n e r a ti o n
,
r a f ts
g
3
In
.
th
2
w ee
d
th r o u
th e
e n ti r e
o th
d 14
w
ti
e n
14
d
th e
lO
p
as
g r a f ts
c ell s
p
s
w
w
e
d
k
2
,
of
n
er a
t
g r a fti n g
e
w ee
l
a
a v e
s
e
e n
u rg e ry
ks
w
o
re
m
l a c ki n g
o ss e ss ed
v
t
e
h
m
p
a
Sch
b ili t y
t
re
gi o n
R
eg e n e r at
.
y
r a ft s
g
m
w e
o u r
in
S
n
O
p o
r e
u
n
n
d eg
e r a te
a
to
ro
n
e
n
u
gh
s
u
p p
d
th
o
.
rt
d
t
he
w as
k
a ft e
r
a c ti o n
r af t s ,
g
c e 11 s
n
e
er v
al
d i st a l
Of
w ee
fr o ze
th
w
d
n
I
ts
m
hi c h
W
n
ks
e
a n
,
e v a s c u l a r i z a ti o n
n
2
e ek s
w
th e
r egl
gm e
,
by
2
n
F
a XO
see n
d
i ng
.
,
o
a n
a fte r s u r g e r y
m
−
th e
e
d
I n th e p r o x i
.
ks
se
pi dly
i a b le
th
o
ith
w
i th
ra
R
く31
ニ
e
o r
i th
w
w
ze n
re g i o
m
4
d
c
ks
d g r af t s
.
r a te
fr o
su rg er
w ere
k s
d
n
m
−
ee
e
r a fts
a ll o
n
e e
f
fts
ra
g
g
m m
−
w ee
o xi m a1
r
p
by 4
e e
b
g r a f ts
d e ge
e
n er v e
e r al
p h y s i o l o g l C all y
aft e r
s
e
h
h
ip h
e r
u s ed
e r e
n e rv
th e
3
,
w
r
n
n
4
y
2
t
r
a1
e e
d p r edeg
k s af t e
e e
a n
o xi m
a ft e r
w
I
n
p
ze
w
h ad
see
gh
くM
al
a x o n s
a n n
a n
r es
w er e
e
g r af ts
f r e sh
t
o
ks
f
.
b
e
l e n g th
C m
−
si t
3
o
p r o xi m a1 4
re
pr
a x o ns
g
u
r
e l e c tr o
,
c e11
th e
t
s u
f
in p
c e 11
n e r ve
th a t
ts
e n
w
c
く21
g i
w a n n
th e
of
ks
m
in
se e n
e n ti r e
e r a ti n
at
w
s
e tr a t e
p
n
e rv e
gi o n
f b
o
16
th
d y
n
d
a n
,
g
at
pe
a c ti o n
r a fts
n
p
ti
くり
二
s
r a f ti n
th e
r ti o n
th e
o ut
a f ts
cl e
s
id p o
m
u
g
d i s t al
e
o
S ch
e
s ci a
hi st o l o g i c all y
w e re
o
f th
o
to
n
of
e
b bit
r a
r
di e d
t
ol
r
in g g r
w
of
r ol e
e
e
oE
s
p ri o
g
stu
e r e
f ts b y 3
y
n
is t e d
gh
u
i
w
th
e
t
f o ll o
d ed
fr es h
st u
.
t
r a c
e n
n
te
o n e
s ur
m
S ch w a
J
−
in
m
p ill ar i e s
th
g
c o
C a p ill a r i es
e
S
m e
n e r v e
m
th e
to
th
c a
n
e x a
s eg
th a
e
th r o
ti
n
.
th e
th
w
in
e x
o
d
a fts
by
d
a te
r
n
g r a f ts
a n
,
a
r
a m
x
t
d in
t h e f r e s h g r a f ts
w
.
ks
in g
d
e
斉藤次 彦
e
a rt
920
w a
ph
et e r
hic h
w
d h ad
n
e
e
T h
.
gh
ge
d i vid
e e z
to
a
,
m
ed
ti
C e n
−
raft s
pa
t a ti
a n
3
r v
re s ult s
e
n
bse
o
y
9
Th
ere
ks
e
ro u
h ad
fr o z e n
a n
w
g
acc o m
pl
Si t
t
w e
th
S u t u re
o
r e e
e
e rf o r m
p
T h
g e n e r a te d t h r o u g h th e
re
e
as
p hi c a11 y
a
g
.
c e 11
n
b y fr
p a ss e d t h r o u g h
h ad
p
e rv
2
r a n s
O nS
X
n
g
n
.
k i11 e d
s u rg e r
si
as
o n
w
T h ey
c e ll s
ft e r
p
ti
.
r
r
a
s
n
af t e r
fo
te
d y
st u
ed
at
eg e n e r
e n era
n
c e11 s
a n n
ed
t
r es e n
r eg e n e r a
n e r v e
tr
p
e
y
ph y
r a
ニ
.
A b st
T h
o
.
a c ti o n
ol e
H a s h i m o to
iv e
n
a
o n
io
m
u
U
a
fr
こ
R
.
S t u di e s
a
z
i nj u ri e
n e rv e
2 99 3 1 1 く
1 9 7 11
F
n
of
el e c t r o m
973
−
t al
n
K a
,
y
−
d
2 8I
整形 外
.
.
ti o n
n er a
e
g
D
,
v al u a t i o n
く1 9 6 9I
高野
一
−
E
e
E
a n
−
野 口 哲夫
,
1366 1368 く
1 9 8 0I
,
Eli
R
9 15 く
1 9 84 I
,
陽 雄 こ 末 棺 神経 部 分損 傷 に お け る 電 気 生 理
学 的識別 と 臨 床 応 用
軋 31
4
,
細胞の 役割
ワ ン
ュ
r a E ts
g
g
e
12
at
It
a x
.
r a f ts
w as
o
n
al
,
ダウンロード

Page 1 Page 2 956 金沢大学十全医学会雑誌 第97巻 第5号 956