集計計算に用いる独立項目
教科書P.35
これまでのCOMPUTE文
M-密度は明細行の項目名でした。(例題2)
【入力領域】
県コード
県名
COMPUTE M-密度
【明細行】
M-県コード M-県名
面積
=
人口
人口
M-面積
*
M-人口
1000 /
M-密度
面積
集計でのCOMPUTE文
• 間違いの例
• COMPUTE G-Kinkei
= G-Kinkei +
KINGAKU
• 理由
• 合計行の金額合計の定義は編集記号を用いている
• 10
G-Kinkei
Pic \\\,\\\,\\9.
• 編集記号で定義されたデータ項目で演算はできない
集計で用いる独立項目
• 作業領域
• 01 KINKEI Pic 9(08).
• 記号9で定義した項目なら演算に使うことができる
• 合計行
• 10 G-KINKEI Pic \\\,\\\,\\9.
• G-KINKEI は演算には使えないが、出力時に用いる
集計のCOMPUTE文
• COMPUTE
KINKEI
• 全て 記号9
=
KINKEI + KINGAKU
で定義されたデータ項目を用いる
• 01 KINGAKU PIC 9(07).
• 01 KINKEI
PIC 9(08).
集計結果の出力
集計用のKINKEIに記憶された値を、合計行のG-KINKEIに転
記する。
MOVE
WRITE
KINKEI
TO
ITIRAN-REC
G-KINKEI
FROM
GOKEI-GYO
AFTER
合計行のG-KINKEIに値が転送され、その行を出力する
1
ダウンロード

集計用の独立項目の説明