2001.07.27環境心理尺度ファイルWG資料
環境心理評価尺度の品質とは?
小島隆矢(建築研究所)
• 環境心理分野の特色の1つ
→評価構造・測定法・提示法に
対するこだわり
• 社会心理学との芸風(?)の違い
評価構造へのこだわりの歴史
• SD法→因子分析→因子構造
(標準化と単純化のため)
• 久野:不満のガットマン尺度
(系列ごとに進行していく不満)
• 讃井:階層構造モデル
• 小島:個別尺度法のモデル
(自分の語彙に使う次元を選択)
社会心理学では…
• 信頼性・妥当性に関するこだわり
• 妥当性:基準関連妥当性
「他の信頼できる方法で測定した結果
(基準)と似ているか?」
→よく似た尺度があちこちで作られる
• 「クロンバッハのα係数」信仰
→似たような項目が並ぶことになる
クロンバッハのαとは?
• k個の項目を「平行テスト」とみなす
• 平行テスト:同じ概念を繰り返し測定。
k個の項目の測定値
=測定したい概念(真値)
+互いに独立な誤差
• α=(k/(k-1))
*(1-分散の合計/合計の分散)
• 合計点の信頼性の最尤推定値
近年の社会心理尺度
• SEM(共分散構造分析)の台頭
• 潜在変数を使えば
相関係数の希薄化を修正できる
• 概念1個につき3項目くらいでOK
• 尺度を作らなくても
因果構造を検討して論文が書ける
• α係数信仰からGFI信仰へ
環境心理評価項目では…
• 下位項目、上位項目、総合評価と
3段階程度の設問構成が多い
#要求品質展開に基づくCS調査に類似
ただしCS調査では上位項目は調べず、
下位項目の合計点を使うことが多い
• 個々の項目も尊重される
• 信頼性や妥当性にはうるさくない
(各自、好きな方法で主張?)
論点1:階層構造を活かす
• 「美味しい」と「太りそう」が同一因子。
共通因子を解釈すると糖分。
「潜んでないじゃん!物理量じゃん!」
(アイスの官能評価にて。by真柳さん)
• 実は、モノの評価は
潜在因子モデルになじまない部分がある
• 物理量(原因)→評価(結果)
↑
要求
グラフィカルモデリングの活用
x1 x2 x3 ・・・
e
i
i
x
e
j
j
説明できない
残差間の
相関係数
=
x
≒
他の変数を
説明変数とした
重回帰分析で
rij/123・・・
偏相関を
可能な限り
0とおいた
モデルを設定
偏相関係数
他の変数によ
らない
直接的な因果
を表すモデル
標本相関係数行列
x1 x2 x3
x1 1
x2 0.7 1
x3 0.4 0.6 1
標本偏相関係数行列
x1 x2 x3
逆行列 x1
x2 0.63 +α
x3 0.04 0.49 -
0.7×0.6に近い
母相関係数行列
x1 x2 x3
x1 1
x2 0.7 1
x3 0.42 0.6 1
逆行列
+α
相関が他の変数で説明可能
0に近い
母偏相関係数行列
x1 x2 x3
x1 x2 0.62 x3 0.00 0.47 偏相関が0
独立グラフ
x1 ー x2 ー x3
・条件付き独立関係を表す
・線のない変数は
どの変数で層別しても
独立(相関=0)
因果グラフ
x1 → x2 → x3
x1 ← x2 ← x3
x1 ← x2 → x3
間接的な因果関係
・・・ 疑似相関
問題点:独立グラフ≠因果グラフ
• 結果が原因に影響する?
理科系科目
合計
入試の得点
文化系科目
合計点が同じくらいの人だけ集め
てくれば
理科系科目の成績と
文化系科目の成績は負の相関
「グラフィカル連鎖モデリング」が有効
連鎖独立グラフ:
グループ内は独立グラフ、グループ間は因果グラフ
z1
x1
x2
x3
1)原因系のみで
モデリング
y1
z2
y2
z3
3) x〜z群でモデリング
ただしx〜y群内の
偏相関は0としない
2)x〜y群でモデリング
ただしx群内の偏相関は0としない
連鎖独立グラフのモデリング
原因系
のみで
ここは
切らない
中間特性
を入れて
結果系を
入れて
*自由度、逸脱度ごと貼り合わせる
階層構造モデルの理想型(?)
様
々
な
相
関
が
あ
る
周りの様子や人目が気にならない
声、電話、OA等の音が気にならない
個人スペースが広くて使いやすい
OA機器が充実・使いやすい
収納が充分・資料が整理しやすい
照明が適切
室内をスムーズに動きまわれる
作業・打合せスペースが充実
自席で周りの人と会話しやすい
人の様子がすぐわかる
他人の目・耳を気にせず会話できる
サボっていても人目が気にならない
休憩コーナーでくつろげる
気持ちのよい窓がある
植栽や絵画などが気に入っている
個人スペースで
自分の仕事に
集中できる
効率よく
仕事を進められ
便利である
総
合
評
コミュニケーション
がスムーズにできる
・上位項目(要求)間に線はない
適当な
気分転換ができる
・下位項目から総合評価へ
直接の矢印がない
価
階層構造モデルの理想型(?)
• 上位項目間の線
→下位項目で上位項目(要求)間
の関連が説明されているか
→下位項目の見落としはないか
• 下位→総合への直接パス
→因果関係が上位項目を介した関
係として説明されているか
→上位項目の見落としはないか
実施時、上位項目も聞くか?
下位項目総合点でよいか?
下位項目総合点の割には
上位項目の評価が高い(低い)
↓
そのときに固有の下位項目が
作用しているのではないか?
(発見できる、影響力評価できる)
*上位項目を聞いておくメリットあり
論点2:SD法(印象面)と満足度(機能面)
個別の満足
(下位項目)
観点別総合評価
(上位項目)
住み良い
愛着
地域特性
印象面の評価
(形容語尺度)
好ましい
• 概略、こんな感じになるようです。
(なかば検証されつつある仮説)
論点3:満足度、重要度、…
• 聞き方の問題(評価の観点)
• 重要だとする人の方が
満足度の分散が大きい例(POEM-H)
• 重要度と満足度の分散に
一定の関係がない例(地域不満
度)
• 満たされないと困る場合に重要度
大としている(執務環境)
グラフィカル対数線形モデリングにより
POEM-Hデータを検討中
事実(ある)、
意識(重要度)、
評価(不満度)を
おさえれば、
項目によらず
要改善、我慢などを
一般化して語れる
どれか1つなら
不満度か?
まとめ
我々なりの考え方により
尺度の品質を論じたいものです。
ダウンロード

小島隆矢 「環境心理尺度の品質とは? 」