マッチンググラント申請に当たって
地区国際奉仕委員会
豊中ロータリークラブ
辻 正次
2012-2013年度 第1回クラブ国際奉仕委員長会議
平成24年8月4日
1
世界社会奉仕活動の種類
① 複数のクラブが資金を出し合い、補助金なしで
行う。
② クラブが独自の資金で行う。
③ 複数のクラブが資金を出し合い、補助金を使って
行う。
④ クラブが独自の資金と補助金とで行う。
2
ロータリー財団の補助金
① マッチンググラントとDDF
② 地区補助金(DSG)
3
世界社会奉仕の目標
世界社会奉仕により、
• ロータリー・クラブは地元社会の枠を超えたプロジェクト
に取り組むことができる
• 他国のロータリアンとの絆が一層深まる
• 国際理解を推進することができる
• 国際親善が築かれる
• 全世界的な問題に取り組むことが
できる
• 世界に違いをもたらすことができる
4
世界社会奉仕活動の要件
1) 人道主義的であること。
2) 2カ国以上のロータリアンが参加している事。
3) 1カ国はプロジェクト実施国であること。
4) 受益社会全体のためになること。
5
マッチンググラント
① 2カ国以上のロータリークラブが参加
② 1回限りの人道的奉仕プロジェクト
③ 2種類のマッチンググラント
マッチンググラント:$5,000~25,000
競争制マッチンググラント:$25,001~200,000
6
マッチンググラントの手続き
① プロジェクトの計画
② 申請
(受理番号の通知)
③ 決定
(支払手続き等の通知)
④ 実施
(補助金支給、実施、最終報告)
7
クラブの役割
● ホストクラブ
プロジェクトの立案
ニーズの掘り起こし
プロジェクト資金管理
プロジェクトの検証
※
● 国際パートナー
現地視察
経済支援
お互いの信頼関係・緊密な連絡
8
補助金の資金源は国際財団活動資金WF
●
●
●
●
現金寄付には、米貨1ドルにつき米貨0.5
ドルの補助金を提供。
DDFからの寄付には、米貨1ドルにつき同
額の補助金を提供。
寄付総額の少なくとも50%はプロジェクト
実施国以外の国から拠出が必要。
実施国は少なくとも100ドルを寄付する事が義務
9
プロジェクト資金計算例
クラブ名
XXXRC
拠出金
2,000
補助金
1,000
2660地区DDF
5,000
5,000
100
50
7,100
6,050
XXXRC
小計
合計
13,150
10
マッチンググラント非対象プロジェクト
①
②
③
④
⑤
土地・建物
給与・人件費
ロータリー標識
管理費・雑費
高等教育
11
マッチンググラント周期
申請書提出期限
:
7/1~3/31
承認期間
:
8/1~5/15
12
マッチンググラントの流れ
MG申請書作成
DDF申請~承認
:
:
2~3週間
約1週間
TRFに申請書提出~承認 : 4週間
必要書類提出~支払 : 4~6週間
ファイナルレポート提出~承認 1~2週間
13
ファイナル レポート
① 双方のロータリアンがどのように積極的に
プロジェクトに参加したか。
② プロジェクトから恩恵を受けた人の数。
③ プロジェクトに参加したロータリアンの数。
④ 長期的影響が期待されるか。
14
ファイナル レポート (必要事項)
① プロジェクト及び竣工式の写真
② 領収書のコピー
③ 入出金確認の為の銀行帳のコピー
15
注意事項
① $10,000以下のプロジェクトはMGが出
来ない。
今年度でMGが最後なのでDDFは最大
10,000ドル まで申請が可能です。
② 補助金が$5,000に満たない場合は補
助金は出ない。
③ 支払を受けたプロジェクトが12ヶ月以内
に実施されない場合、補助金は取り消さ
れます。
16
申請書作成のコツ
プロジェクト概要 (p. 1)
プロジェクト、およびそれが取り上げる問題やニーズについて説明
してください(対象となる受益者、地域社会にプロジェクトがどのよう
に恩恵を与えるか、など)。プロジェクトを完了するために必要な推
定時間を入力してください。
本補助金の資金がすべて使用された後に、プロジェクトの恩恵
を受けた地域社会がいかにしてこのプロジェクトを維持していく
のかを説明してください。
実施国と援助国の協同提唱者によるプロジェクト実施中の具
体的な活動について説明してください。
17
マッチンググラント 終了後に向けた取組
FVPのグローバルグラント
新地区補助金
18
ダウンロード

国際奉仕と世界社会奉仕活動 - 国際ロータリー第2660地区