JAXA宇宙科学研究本部
第14回月例講演会
世界のX線天文衛星と
データアーカイブス
宇宙科学情報解析センター
海老沢 研
データアーカイブスとは?
世界中の誰でも無料で利用し、それから得られた成果を
発表できる衛星データベース
データは半永久的に保存される
天文衛星を上げるのは…
データを取得するため
データを取得するのは…
それを使って研究するため
衛星データとそれを使って研究できる環境を半永久的に
管理しておくのはアタリマエのこと!
衛星の寿命は有限だがデータアーカイブスは無限
しかし過去には衛星データアーカイブスは軽視されていた
現在では各X線天文衛星が
アーカイブスセンターを持っている
1962
私の歩んできた道
1987
Chandraデータセンター(アメリカ)
http://cxc.harvard.edu
Data Archives and Transmission System
(宇宙研) http://darts.isas.jaxa.jp
2005
1992
INTEGRALデータセンター(スイス) 2004
http://isdc.unige.ch
BeppoSAXデータセンター(イタリア)
http://bepposax.gsfc.nasa.gov/bepposax/
2001
HEASARC(アメリカ)
http://heasarc.gsfc.nasa.gov
XMM-Newtonデータセンター(スペイン)
http://xmm.vilspa.esa.es
今日の話の内容
• 1962年から2005年まで
– X線天文学の歴史
• 誕生から最先端まで
– X線天文データアーカイブスの歴史
– 私のやってきた研究(1987年以降)
• 将来に向けて
1962年
• 大気が宇宙からのX線を吸収する
– そのお陰で地球上に生命が存在している…
– 大気圏外に出ないと宇宙からのX線は観測できない
– 人類誕生以来1962年までX線を出す天体の存在は知ら
れていなかった
• 1962年6月18日
– ジャコーニら(2002年ノーベル物理学賞受賞)が放射線
検出装置を搭載したロケットを打ち上げ
– 月による太陽からのX線反射の観測が目的
– 全天で一番明るいX線源Sco X-1を偶然発見
– X線天文学の誕生
1960年代
• ロケットと気球によるX線観測の時代
• すだれコリメーターの発明(小田稔)
– X線源の位置が正確に決まるようになった
– X線星の正体が徐々に明らかになっていった
– 白色矮星、中性子星、ブラックホールに物が落ちるときの重力エネル
ギーがX線に変換される
• ScoX-1は中性子星
• Cyg X-1はブラックホール
• 宇宙開発の進歩
–
–
–
–
1957年、最初の人工衛星スプートニク打ち上げ
1958年、アメリカのエクスプローラ1号
各国から人工衛星が次々と打ち上げられる(おおすみ1970年)
スペースからの宇宙観測の黎明期
1970年Uhuru(アメリカ)打ち上げ
– すだれコリメーターを搭載して全天観測
– 339個のX線天体を発見
– 本格的なX線天文学の幕開け
ほとんどが銀河系(天の川)内の中性子星かブラックホール
銀河、活動的銀河中心核、銀河団からのX線の発見
1970年代
• 多くのX線天文衛星が打ち上げられた
– Copernicus, Ariel-5, ANS, SAS-3,OSO-7,OSO-8,Cos-b,HEAO1
• Uhuruが発見した天体をさらに詳細に研究
• 「はくちょう」(1979年)
– 日本で最初のX線天文衛星
– すだれコリメーターによるX線バースターの観測
– 明るいX線源しか観測できなかった
• Einstein Observatory(アメリカ、1979年)
–
–
–
–
–
X線鏡を積んだ初めての結像衛星
飛躍的に感度が向上
カタログデータ、イメージのCD-ROMを作って無料で世界中に配布
本格的なデータアーカイブスの誕生
現在でもそのデータが使える
1970年代までのX線天文学の研究手法
• 天文学と言うよりも「実験物理学」
• 検出器を作ったチームがデータを保有していた
– 検出器の開発が大きなウェイト
– 検出器を知らないと解析が出来ない
• 「ゲストオブザーバー」は存在しない
• 特殊なデータフォーマット
• 未熟なコンピューターとソフトウェア
– データアーカイブスは存在しえなかった
1980年代
• 「てんま」(1983年)
– エネルギー分解能にすぐれた観測
– データアーカイブスは存在しない
• EXOSAT(ESA,1983年)
– 観測時間を広く開放(ヨーロッパに限る)
• 公募制の採用
– 「ゲストオブザーバー 」の誕生
• 衛星や検出器の開発に参加せず、データ解析を行って論文を書く
– すぐれたアーカイブスシステム
• HEASARCの基盤
– 汎用性のあるソフトウェアの開発
• 一部は改良を重ね今でも使われている
1980年代後半
• アメリカ、ヨーロッパのX線天文学は冬の時代
• Mir-Kvant(ソ連、1987年)
– ソ連以外の研究者が使うことはほとんど不可能
• 「ぎんが」(1987年)
–
–
–
–
–
大面積の比例計数管
高い感度、早い時間分解能
精度の高い機器較正
日本の衛星では初めてプロポーザル制を採用
アメリカ、ヨーロッパに観測時間を開放
• 450本以上の投稿論文が出版
– 2000年以降アーカイブスが完成
• まだまだ論文が出つつある
ぎんがアーカイブス
• 1991年に寿命を終えた後、データが忘れ去られる危機
– 日本のX線チームは、あすか、Astro-E1に専念
– Unixの普及、大型計算機は使われなくなってきた
• 2000年よりアーカイブス開発を開始
– Astro-E1失敗により時間ができた
– NASAのグラントを得た
• 宇宙研からの正式なサポートはなし
• 元ぎんがチームメンバーがボランティアとして開発
– メインフレーム計算機からUnixに移植
• データフォーマットをFITSに変更
• ソフトウェアの移植
– 2005年4月に完了
– 以前は宇宙研のメインフレームでしかできなかったデータ解析
が世界中の誰にでもできる
– まだ論文になっていない貴重なデータがたくさんある
複数の衛星を使った研究
• 「ぎんが」、ROSAT(1990年)、CGRO(1991
年)の頃からポピュラーになってきた
• 複数の衛星を使って広い波長域をカバーする
• データをシェアすることのメリットの認識
• しかし「他所の」衛星データを使うのは簡単では
なかった
ぎんが
ROSAT
エネルギースペクトルの精密なモデル化
ぎんが
CGRO
1990年代
• ROSAT(ドイツ、1990年)
– Einstein衛星よりも高感度
– 初期にはデータフォーマットの混乱
• 複数のフォーマットが並立していた
– 今では優れたデータアーカイブスができている
• CGRO(アメリカ、1991年)
– 最初の本格的なガンマ線天文台
– 大体のデータはアーカイブス化されている
1990年代
• あすか(1993年)
– Advanced Satellite for Cosmology and Astrophysics
(ASCA)
– 最初の日米共同X線ミッション
– 日本の衛星にアメリカ製のミラーとCCDを搭載
– データアーカイブス、ユーザーサポートはアメリカが担当
• ASCAゲストオブザーバーファシリティー(私の就職先[1992年])
• 「非常に」使いやすい解析システム、アーカイブスの開発
– FITSフォーマットを採用した最初の衛星
• その後の衛星は、ほぼASCAのフォーマットを踏襲
– データの占有権をはっきりと規定
• アメリカのデータは1年、日本のデータは1年半後にアーカイブスにいれ
て公開
– 1400本以上の投稿論文が出版されている
あすかアーカイブス成功の背景:
FITS (Flexible Image Transportation System)の普及
• 1980年代後半より可視光の分野で使われ始めた
• 異なる天文台で同じフォーマットを使い、データの入出力の標準
化を図る
– 大成功。他の分野では例を見ない?
– 天文データは標準化しやすい
• 画像は二次元データ
• X線イベントは、時刻、位置、エネルギーの情報だけ
– データの利用に金銭的利害が絡まない
• どんなコンピューターでも読み書きできる
– 汎用ツールの開発が容易
• 光学天文学で始まり、他の波長にも普及
• X線天文学では1990年代に普及
– 全面的に採用したのは「あすか」が初めて
– 実質的に「あすか」がX線天文用FITSフォーマットを規定した
あすかアーカイブス成功の背景:
HEASARCの設立(1990年)
• High Energy Astrophysics Science Archive
Research Center@NASA/GSFC
• 世界中の高エネルギー天文衛星データのアーカイブス
センター
• X線天文学データのFITSフォーマットの標準化
– イベントデータ
– キャリブレーションデータ
• FITSファイルにアクセスするためのライブラリの開発
– cfitsio – デファクトスタンダード
• 汎用データ解析ツールの開発
– ftools, xanadu
– 同じソフトウェアが複数の衛星に使える
「あすか」以降の衛星のデータ公開ポリシー
•
初期データは衛星、検出器チームに帰属
 一定期間の後にアーカイブス化されて公開
•
オープンタイムは世界に公開
 年に一回Announce of Opportunities (AO)のアナウンス
 ゲストオブザーバーは厳しい競争を経て観測時間を得る
 データは一定期間(通常は一年)の後にアーカイブス化される
•
•
Target Of Opportunity(TOO)データは直ちに公開
衛星によっては、ほぼすべてのデータが最初から公開
 Swift衛星のガンマ線バーストデータなど
1990年代後半
• XTE(1995年、アメリカ)
–
–
–
–
「ぎんが」以上に大面積の比例計数管
機動力に富む観測、オープンなポリシー
全天モニターデータはただちに公開
TOOデータもただちに公開
• BeppoSAX(1996年、イタリア、オランダ)
– 複数の検出器で広いエネルギー範囲(0.1-300keV)をカ
バー
– HEASARCの資産をフルに活用
– HEASARCの枠組みでデータとソフトウェアを公開
2000年代
• X線天文衛星とアーカイブスの黄金期
– Chandra(アメリカ、1999年)
• 史上最高(今後10年以上?)の位置分解能(~0.6秒角)と感度
– XMM-Newton(ESA,1999年)
• Chandraをはるかにしのぐ有効面積
– INTEGRAL(ESA,2002年)
• 20keV以上でのイメージング
– HETE2(アメリカ、2001年)
• ガンマ線バーストミッション
– Swift(アメリカ、2004年)
• ガンマ線バーストミッション、すべてのデータはただちに公開
– すざく(2005年)
•
•
•
•
•
史上初のX線マイクロカロリメーター搭載
鉄輝線領域で過去最高のエネルギー分解能を実現(するはずだった)
Heをすべて失い観測不可能に(世界中の天文学者が泣いている!)
20keV~300 keVで過去最高の感度
低エネルギー側でChandra, XMMをしのぐエネルギー分解能
アーカイブスを使った研究の例
• XMM-Newtonアーカイブスを使ったUltraluminous X-ray Source M82 X-1の研究
• 「中くらいのブラックホールは存在するか?」
約30太陽質量のブラックホール
の周りの降着円盤モデルフィット
将来に向けて
• フリーソフトウェア
– アーカイブスを使った天文研究の発展はフリーソフトのおか
げ
– Linux (オペレーションシステム),Apache(Webサー
バー),gnu 等
– 今後ますますフリーソフトウェアは増えていくだろう
– ソフトウェアのベンダはライセンスでなく知恵を売るようになる
• アーカイバルデータ
– 天文衛星データベースはアタリマエの存在になりつつある
– データ量が膨大。世界中の研究者を合わせても解析しきれな
い!
– 優先期間は短縮の方向に向かう?
– 研究者はデータを取得することでなく、大量のデータを使いこ
なすスキルが必要になってくる
将来に向けて
• 宇宙科学と国際社会
– ESAの目的のひとつ:非軍事に限った宇宙開発を国際協力によって行
う
– 宇宙の軍事利用をやりにくくする。相互信頼醸成
– 衛星やハードウェアの国際共同開発は簡単ではない
• 科学衛星データアーカイブスの役割
– データの共有、交換は技術的に簡単
– 金銭的、政治的な利害や倫理的価値判断が絡まないからこそ、天文衛
星データの公開ができる
• 地上観測データ、原子核データ、生命科学データはそうもいかない
– できる国が衛星を上げてデータアーカイブスを作り、広く公開する。世
界中の研究者は必要に応じてデータを得て研究を行う。
• 願わくは、宇宙の研究が世界をひとつに結びつけ、この世界
から少しでも争いを減らす力になるように…
ダウンロード

世界のX線天文衛星とデータアーカイブス - C-SODA