Doctor's Supplement from Dr. Y.Komatsu
長期に渡り安全に使用できる健康補助食品
New SRD-P001
Nature De’Pain for Animals
の(SRD-P001の改良処方)特徴
New SRD-P001
Nature De’Pain for Animals
主成分
主成分:
・乾燥ゆず(種子・果皮粉末)
・ ヤナギエキス
・ ピクノジェノール
改良処方の訴求点:
疼痛管理を期待できる
機能性食品のさらなる最適な
バランスで処方
Doctor's Supplement from Dr. Y.Komatsu
New SRD-P001 Nature De’Pain for Animals
の特徴
クアトロブロックの魅力
君・臣・佐・使(最適なバランスで処方)
短期間で消炎・鎮痛効果が現れ、
副作用はほとんどなし
(長期間連続摂取可能)
SRD-P001 Nature De’Pain for Animals
による
効果評価
目的:イヌの関節疾患に対するP-001の
有効性を検証する
 対象動物および疾患:
関節に疾患を有するイヌ
 評価法: 関節疾患の『痛み』に対する効果
をVASを用いて評価する

SRD-P001 Nature De’Pain for Animals
材料と方法
被験物質: SRD-P001 Nature De’Pain for Animals
 投与方法: 朝・晩 1日2回 経口投与
 投与量:
100mg/kg
 投与期間: 4週間
 評価: 投与前と投与後、1,2,3,4、週間後にVASで評価した。
 評価は担当獣医師と飼い主段によって実施

SRD-P001 Nature De’Pain for Animals
各関節疾患に対するSRD-P001の
疼痛緩和効果
80
70
60
変形性脊椎症
膝蓋骨脱臼症
肩関節症
打撲
股関節異形成症
変形性関節症
椎間板脊髄炎
脱臼
50
40
30
20
10
0
0日
7日
14日
21日
28日
SRD-P001 Nature New De’Pain for Animals
SRD経口投与後のラット血漿superoxide anion 消去能の時間推移
SRD-P001 によるDPPHラジカル消去能 ,in vitro
抗酸化活性
SRD-P001 Nature De’Pain for Animals
結
論
1.対象した変形性脊椎症、変形性関節症、膝蓋骨脱臼等の
疼痛緩和に有効性が示された。
2.ESRを用いた抗酸化活性の測定により、抗炎症作用機序
の一つと考えられるsuperanion,hydroxide radicalな
どの消去活性が示された。
3.4週間の経口投与で軟便を示した1例が観察された以外に
特に重篤な副反応の発現は無く、また、血清生化学的検査
値に異常は認められなかった事から長期に渡り安全に利用
できる健康補助食品であると考えられた。
Doctor‘s Supplement from Dr. Y.Komatsu
改良処方 New SRD-P001
Nature De’Pain
for Animals
NEW SRD-P001は主に炎症に関与する
酵素、CoxIが抑制されるように設計。さらに
は、NSAIDsの持つ消化管障害の副作用発
現が見られず、効果が一層明確に発現される
様に漢方の処方を工夫した構成と致しました。
これまでの、イヌ、ネコでの使用経験から、優
れた鎮痛消炎効果の発現を観察しており、当
初の目的を解決する「充分必要な条件を満た
す環境」が整った処方となっております。
有限会社 サン自然薬研究所
獣医師
小松靖弘
ダウンロード

関節疼痛の緩和を目的とした ハーブ製品SDR