※コメント: システム開発型(開発事例報告が主な場合)
タイトル
所属
名前
この開発研究(発表)の概要
•
•
•
•
•
•
この開発研究において解決しようとする課題
(方法)
(結果)
(簡単な)評価を行った場合、その概要
現時点の到達点と(残)課題
議論して欲しいポイント
背景
• システム開発に至る背景
• 開発内容の新規性
• 課題の解決にはどのような学術的あるいは
実用的意味、または社会的影響があるか
目的
• 何のために当該システムを開発するのか
– 大きな目的?
• 稼働によって期待する効果は何か
– 上記の目的を実現するための具体的達成目標?
方法
• 開発目的を達成するための開発内容
– (あれば)開発に際しての前提条件や制約条件
– (可能な限り)具体的達成目標に呼応して表現
• システム構築のポイント
– キーとなる「複合技術・運用」を「開発・導入」する
必然性や妥当性
結果
• 開発・導入の結果
– 稼動状況や運用状況等
考察
• 結果に対する現時点での解釈や評価
– 簡易評価を行った場合は、評価方法と結果、そ
れに対する考察
結語
• 開発目的はどこまで達成できたか
– (可能な限り)具体的目標に即して記載
• 現時点の残課題は何か。
• 上記を、今後どのように改善・解決しようとし
ているか。
ダウンロード

(開発事例報告が主の場合)用