平成20年度小・中学校教育課程研究協議会
数 学 科 (中)
福島県教育委員会
改訂の趣旨(数学科)
○ 発達や学年の段階に応じた反復(スパイラル)による
指導を充実。(小・中学校で指導内容を一部重複させる
など)
○ 国際的な通用性、内容の系統性の確保や小・中学校
の学習の円滑な接続等の観点から、必要な指導内容を
充実。(「資料の活用」を新設し、統計に関する指導を充
実など)
○ 既習の数学を基にして数や図形の性質を見いだす活
動などの「数学的活動」を指導内容として規定。
学習内容の改善・充実
A 数と式
1 文字を用いて一般的に考えることの必要
性やよさ
2 身の回りの数量やその関係を数や文字を
用いた式で表現
3 式を手順にしたがって能率的に処理
4 式の意味を積極的に読み取り自分なりに説明
学習内容の改善・充実
B 図 形
1 身の回りにあるものを図形としてとらえて、その性
質や関係などを明らかにする
2 筋道を立て説明したり
3 新たな性質や関係を読み取ったりする
学習内容の改善・充実
C 関 数
身の回りで起こることを関数としてとらえ,表,式,
グラフなどを用いて変化や対応の様子を調べて
1 その特徴を説明したり
2 新たな関係や特徴を読み取って
3 それを具体的な場面で解釈したりする
学習内容の改善・充実
D 資料の活用
○ 資料に基づいて集団の傾向や特徴をとらえ,
それをもとに判断することを重視
数学科の目標
数学的活動を通して,数量や図形などに関する基礎的
な概念や原理・法則についての理解を深め,数学的な
表現や処理の仕方を習得し,事象を数理的に考察し表
現する能力を高めるとともに,数学的活動の楽しさや数
学のよさを実感し,それらを活用して考えたり判断したり
しようとする態度を育てる。
学年の目標及び内容
目
標
領
中学校数学科の目標
具体化
域
A 数と式
学年の目標
目標達成
内
B 図形
相互に関連
容
C 関数
D 資料の活用
指導計画作成上の留意点
① 各学年で指導する内容
② 学び直しの機会を設定
③ 道徳の時間などとの関連
各学年にわたる内容の取り扱いと
指導上の留意点
①
用語・記号
②
コンピュータや情報通信ネットワークなどの活用
数学的活動の指導に当たっての
配慮事項
① 数学的活動を楽しみ,数学を学習することの意義や必要性
を実感すること
② 見通しをもって数学的活動に取り組み,振り返ること
③ 数学的活動の成果を共有すること
課題学習とその位置付け
課題学習とは,生徒の数学的活動への取組を促し思考力,判断
力,表現力等の育成を図るため,各領域の内容を総合したり日
常の事象や他教科等での学習に関連付けたりするなどして見い
だした課題を解決する学習であり,この実施に当たっては各学
年で指導計画に適切に位置付けるものとする。
移行措置について
【平成20年度】
[現 行]
【平成21・22・23年度】
【平成24年度以降】
[移行期間]
[新課程]
ダウンロード

Document