平成18年度診療報酬改定について
日本医師会
1
平成18年度診療報酬改定の経緯
<中医協での基本的考え方>
◎ 『平成18年度診療報酬改定の基本方針』(社会保障審議会
医療保険部会・医療部会)に沿って
◎4つの視点からの検討
(1)患者から見て分かりやすく、患者の生活の質(QOL)
を高める医療を実現する
(2)質の高い医療を効率的に提供するために医療機能の分
化・連携を推進する
(3)わが国の医療の中で今後重点的に対応していくべきと思
われる領域の評価の在り方について検討する
(4)医療費の配分の中で効率化余地のあると思われる領域の
評価の在り方について検討する
2
具体的改定内容
(主なもの)
※
スライド各ページの(p.○)は、
該当する「改定診療報酬点数表参考資料」の点数告示、
留意事項通知、施設基準(告示・通知)等のページを示す
3
全体大項目
1.医療費の内容の分かる領収証の交付の義務化
2.処方せん様式の変更
3.入院診療計画実施、院内感染防止対策実施、
医療安全管理体制整備、褥瘡対策実施が入院基
本料の算定要件となる
※
別冊「Q&A」参照
4
全体大項目
1.医療費の内容の分かる領収証の交付の義務化
※
6か月間の経過措置
(p.511~514)
◎療養担当規則の改正
「保険医療機関は患者から費用の支払いを受ける時は、正当な理由がない
限り、個別の費用ごとに区分して記載した領収証を無償で交付しなければ
ならない。」
◎各部単位で金額の内訳が分かるもの
初・再診料、入院料等、医学管理等、在宅医療、検査、画像診断、投薬、
注射、リハビリテーション、精神科専門療法、処置、手術、麻酔、
放射線治療、食事療養、その他
◎さらに詳細な医療費の内容の分かる明細書の発行
※
患者から求めがあった時は、発行に努める(努力規定)
社会的に妥当な金額の徴収可
指導料を管理料に名称変更
「指導管理等」⇒「医学管理等」
5
《領収証様式1》
患者番号
領
氏
収
証
名
請 求 期 間 (入院の場合)
平成 年 月 日 ~ 平成 年 月 日
様
受診料
入・外
領収書No.
初・再診料
入院料等
点
注
発 行 日
平成 年 月 日
射
費 用 区 分
医学管理等
在宅医療
点
点
リハビリテーション 精神科専門療法
負担割合
検
査
点
処
置
本・家
画像診断
点
手
区 分
術
麻
投
薬
点
点
放射線治療
点
点
酔
保 険
点
点
点
点
点
食事療養
点
選定療養等
その他
保 険
合 計
保険外
適 用
(内訳)
(内訳)
負担額
保険(食事)
保険外負担
円
円
円
円
円
円
領収額
合 計
(p.514)
東京都○○区○○ ○-○-○
○○○医院
領収印
6
《内科無床診療所の一例》
領
氏
収
証
名
発
平成
様
初・再診料
医学管理等
点
保 険
投
薬
注
点
(p.514)
在宅医療
検
行
年
査
日
月
日
画像診断
点
点
点
点
点
点
点
点
射
合計点数
点
領収額
円
東京都文京区本駒込○-○-○
○○○医院
領収印
7
《領収証様式や交付についての解釈》※ 別冊「Q&A」参照
【様 式】
1)「点数表の各部単位で金額の内訳の分かるもの」
⇒
点数、金額のいずれかで表記する
2)個々の医療機関で算定することがない項目 (例:入院料等、食事療養等)
⇒ 様式から除外してもよい
【交 付】
1)患者が「領収証は不要である」旨の意思表示をした場合
⇒
交付は不要 ※ 文書にて署名を記した表示を残すことが望ましい
2)患者が医療費控除のために年末にまとめて交付することを希望
⇒
合計金額を記した領収証を交付すれば、その都度の交付は不要
※ 文書にて署名を記した表示を残すことが望ましい
3)領収証に予め「領収証は再発行しない」旨を明記してもよい
(不正利用の防止のため)
8
全体大項目
2.処方せん様式の変更
※ 別冊「Q&A」参照
(p.565)
◎「備考」欄に「後発医薬品への変更可」の「保険医署名」欄を設定
① 医師が「すべての先発医薬品を後発医薬品に変更しても可」と判断
⇒ 「保険医署名」欄に署名 or 姓名を記載し、押印する
② 医師が「一部の先発医薬品については後発医薬品に変更することは
不可」と判断
⇒ 「処方」欄の先発医薬品名の後に「後発医薬品への変更不可」と記
載
③ 医師が「すべての先発医薬品について後発医薬品に変更することは
不可」と判断
⇒ 「保険医署名」欄等への記載不要 or 従来の様式を用いる
※ 従来の処方せん様式も使用可能(そのまま or 取り繕う)
※ 調剤薬局から情報提供が行われる
9
処
方
せ
ん
(この処方せんは、どの保険薬局でも有効です。)
公費負担者番号
保 険 者 番 号
公費負担医療
の受給者番号
被保険者証・被保険
者手帳の記号・番号
保険医療機関の
所在地及び名称
氏 名
患
生年月日
者
区 分
・
明
大
昭
平
年
月
日
被保険者
交付年月日
平成
年
月
男・女
電 話 番 号
被扶養者
保 険 医 氏 名
日
処 方 せ ん の
使 用 期 間
印
平成 年 月
特に記載のある場合を除き、交付の日を
日含めて4日以内に保険薬局に提出すること。
様
式
第
二
号
(
第
二
十
三
条
関
係
)
処
(p.565)
方
備
後発医薬品への変更可
考
保険医署名
調剤済年月日
保険薬局の所在
地 及 び 名 称
保険薬剤師氏名
平成
年
月
日
公費負担者番号
印
公費負担医療の
受 給 者 番 号
備 1.「処方」欄には、薬名、分量、用法及び用量を記載すること。
考 2.この用紙は、日本工業規格 A 列5番とすること。
3.療養の給付、老人医療及び公費負担医療に関する費用の請求に関する省令(昭和51年厚生省令第36号)第1条の公費負担医療については、
「保険医療機関」とあるのは「公費負担医療の担当医療機関」と、「保険医氏名」とあるのは「公費負担医療の担当医氏名」と読み替える
ものとすること。
10
全体大項目
3.入院診療計画実施、院内感染防止対策実施、
医療安全管理体制整備、褥瘡対策実施が入院基
本料の算定要件となる ※ 別冊「Q&A」参照 (p.4、41、444、459)
◎ 従来「減算」であった入院診療計画未実施(350点/入院)、院
内感染防止対策未実施(5点/日)、医療安全管理体制未整備(5点/
日)、褥瘡対策未実施(5点/日)を廃止
⇒ 入院基本料の算定要件とする
※ 未実施・未整備の場合、入院基本料そのものが算定できない
※ 有床診療所も対象となるので体制・対策の整備が必要
11
基本診療料
1.初・再診料および外来診療料の見直し
紹介患者加算の廃止
同一医療機関・同一日の複数診療科受診時の評価
2.電子化加算の新設
12
基本診療料
1.初・再診料および外来診療料の見直し
(1)病診格差の是正、紹介率の廃止
(p.1~3)
1)初診料 病院の場合 :255点 ⇒ 270点(+15点)
診療所の場合:274点 ⇒ 270点(△4点)
病院紹介患者加算 ⇒ 廃止
診療所紹介患者加算 ⇒ 廃止
2)再診料 病院の場合 :58点 ⇒ 57点(△1点)
診療所の場合:73点 ⇒ 71点(△2点)
継続管理加算:5点 ⇒ 廃止
3)外来診療料:72点 ⇒ 70点(△2点)
※ ヘモグロビンA1Cを包括から除外し出来高算定へ
13
基本診療料
1.初・再診料および外来診療料の見直し
(2)診療所(再掲) (p.1)
1)初診料:274点 ⇒ 270点(△4点)
※ 同一医療機関で同一日に複数の診療科を受診した場合
⇒ 2つ目の診療科の初診に限り135点を算定できる。
紹介患者加算:50点 ⇒ 廃止
2)再診料: 73点 ⇒
71点(△2点)
継続管理加算: 5点 ⇒ 廃止
14
基本診療料
1.初・再診料および外来診療料の見直し
(3)病院(再掲)(p.1~2)
1)初診料:255点 ⇒ 270点(+15点)
※ 同一医療機関で同一日に複数の診療科を受診した場合
⇒ 2つ目の診療科の初診に限り135点を算定できる。
紹介患者加算1:400点
(p.32)
紹介患者加算2:300点
紹介患者加算3:250点
廃止
紹介患者加算4:150点
紹介患者加算5: 75点
紹介患者加算6: 40点
2)再診料(一般病床200床未満):58点 ⇒ 57点(△1点)
継続管理加算:5点 ⇒ 廃止
3)外来診療料(一般病床200床以上):72点 ⇒ 70点(△2点)
※ ヘモグロビンA1Cを包括から除外
15
基本診療料
2.電子化加算の新設
※
医療のIT化推進を時限的に評価(平成22年度まで)
◎電子化加算:3点(初診料の加算)
※
(p.1)
必要的に具備すべき要件をすべて満たし、かつ、
選択的に具備すべき要件のいずれか1つを実施している場合に算定
16
[必要的に具備すべき要件] (p.444、459)
① レセプト電算化システムを導入していること
② 個別の費用ごとに区分して記載した領収証(医科診療報酬点数表又
は歯科点数報酬診療表の各部単位で金額の内訳の分かるもの)を無償
で交付していること
③ 試行的オンラインシステムを活用したレセプトのオンライン請求を
行っていること(400床以上の病院に限る)(※ 平成19年度以降)
17
[選択的に具備すべき要件](いずれか1つを実施) (p.444、459)
① レセプトの電算化(電子媒体による請求) (400床未満の保険医療機関
に限る)
② 試行的オンラインシステムを活用したレセプトのオンライン請求を行
っていること(400床以上の病院に限る) (※ 平成18年度中のみ)
③ 患者から求めがあった時に、詳細な医療費の内容の分かる明細書(個
別の診療報酬点数の算定項目の分かるもの)を発行できる体制を整え
ていること
④ バーコードタグ、電子タグ等による医療安全対策を実施していること
⑤ インターネットを活用した電子予約を行っていること
⑥ 診療情報提供について電子的に行っていること
⑦ 電子紹介状を行っていること
⑧ 検査、処方、注射等に係るオーダリングシステムが整備されているこ
と
⑨ 電子カルテによる病歴管理を行っていること
⑩ 医用画像管理システムによる放射線診断業務を行っていること
⑪ 遠隔医療支援システムを活用した離島・僻地および在宅診療を行って
いること
18
入院料等
1.入院診療計画実施、院内感染防止対策実施、
医療安全管理体制整備、褥瘡対策実施が入院基
本料の算定要件となる(再掲)
2.看護職員等の配置に係る情報提供の推進
3.有床診療所における入院医療の評価の見直し
4.紹介率を要件とする入院基本料等加算の廃止
5.急性期入院医療の実態に即した看護配置の適
切な評価
6.患者の状態像に応じた慢性期入院医療の評価
7.特殊疾患療養病棟等の見直し
19
入院料等
8.複合病棟の廃止
9.新たな加算の設定
10.地域加算の見直し
11.臨床研修病院に係る評価の見直し
12.新たな特定入院料の設定
13.標欠による減額措置の簡素化
20
入院料等
2.看護職員等の配置に係る情報提供の推進
(p.444、460)
※ 入院患者に療養環境に係る情報を正しく伝える観点
1)入院基本料等について、
「それぞれの勤務帯で実際に働いている看護職員等の入院患
者数に対する割合」により表記する
(例)
(現
行)
(改
定)
「看護職員配置2:1」
「看護職員の実質配置10:1」
・入院患者2人に対し看護職員1人を
雇用していることを意味している
・平均して入院患者10人に対し看護
職員1人が実際に常時働いていること
を意味している
2)日勤帯、準夜帯、深夜帯の各々で、看護職員1人が何人の
入院患者を実際に受け持っているか病棟内に掲示
21
入院料等
3.有床診療所における入院医療の評価の見直し
※ 急性期入院医療に係る評価 (p.12、47、447、462)
1)有床診療所入院基本料1(看護職員5人以上)
イ 7日以内
:810点
ロ 8日~14日以内 :660点
ハ 15日~30日以内:490点
ニ 31日~
:450点
2)有床診療所入院基本料2(看護職員1人以上5人未満)
イ 7日以内
:640点
ロ 8日~14日以内 :480点
ハ 15日~30日以内:320点
ニ 31日~
:280点
※ 看護職員(看護師、准看護師)なしは算定不可となる(経過措置あり) (p.458)
3)医師等配置加算:40点 ⇒ 100点(+60点)
22
入院料等
4.紹介率を要件とする入院基本料等加算の廃止
※ 急性期入院医療に係る評価
◎廃止項目
1)紹介外来加算・紹介外来特別加算:100点、140点
2)急性期入院加算
:155点
3)急性期特定入院加算
:200点
4)地域医療支援病院入院診療加算2:900点
◎手当て (p.9、14、15、20、21)
1)特定機能病院:入院基本料の14日以内加算の引上げ
2)地域医療支援病院:地域医療支援病院入院診療加算の引上げ:
490点 ⇒ 1,000点
3)救急医療加算:入院初日のみ ⇒ 算定できる時間帯を夜間または休日
以外にも拡大し、7日まで延長
4)救命救急入院料・特定集中治療室管理料の引上げ
5)急性期入院医療の評価を行う
23
入院料等
5.急性期入院医療の実態に即した看護配置の適切な評
価 (p.4~、444~)
1)一般病棟、専門病棟、障害者施設等、結核病棟、精神病棟、特定機能
病院(一般病棟、結核病棟、精神病棟)について、現行の区分を簡素化し、
急性期医療に特化した体系を再構成
看護職員の実質配置
現行の看護職員配置
区分A
7:1
区分B
10:1
2:1に相当
区分C
13:1
2.6:1に相当
区分D
15:1
3:1に相当
区分E
18:1
3.6:1に相当
区分F
20:1
4:1に相当
※ 区分E、F:結核病棟、精神病棟のみ
1.4:1に相当
24
入院料等
5.急性期入院医療の実態に即した看護配置の適切な
評価
2)夜間勤務等看護加算の廃止 → 看護職員配置の評価全体で評価する
3)看護補助加算を現行の5区分の体系を3区分に簡素化 (p.17、448)
(改定)
(現行)
配置
基準
算定できる入院基本料の区
分
区
分
4:1
基本料5
1
2
5:1
基本料5
2
3
6:1
基本料3、4、5
3
6:1
基本料D、E、F
4
10:1
基本料2、3、4、5
4
10:1
基本料C、D、E、F
5
15:1
基本料2、3、4、5
5
15:1
基本料C、D、E、F
区
分
配置
基準
1
算定できる入院基本料の区
分
4) 入院期間に応じた加算は、結核病棟・精神病棟について、入院初期を高く
評価する ※ 病棟区分別の点数(次頁参照)
25
[改正後の病棟区分別の点数・基準一覧]
種別
A対7
1.4:1
B対10
2:1相当
C対13
2.6:1相当
D対15
3:1相当
E対18
3.6:1相当
F対20
4:1相当
特別1
特別2
基準
点数
実質配置
看護比率
在院日数
点数
実質配置
看護比率
在院日数
点数
実質配置
看護比率
在院日数
点数
実質配置
看護比率
在院日数
点数
実質配置
看護比率
在院日数
点数
実質配置
看護比率
在院日数
点数
実質配置
看護比率
在院日数
点数
実質配置
看護比率
在院日数
一般病棟
1,555
対7以上
70%以上
19日以内
1,269
対10以上
70%以上
21日以内
1,092
対13以上
70%以上
24日以内
954
対15以上
40%以上
60日以内
専門病院
1,555
対7以上
70%以上
30日以内
1,269
対10以上
70%以上
33日以内
1,092
対13以上
70%以上
36日以内
障害者施設
1,269
対10以上
70%以上
1,092
対13以上
70%以上
954
対15以上
40%以上
-
結核病棟
1,447
対7以上
70%以上
25日以内
1,161
対10以上
70%以上
25日以内
949
対13以上
70%以上
28日以内
886
対15以上
40%以上
757
対18以上
40%以上
713
対20以上
40%以上
-
精神病棟
800
対15以上
40%以上
712
対18以上
40%以上
658
対20以上
40%以上
-
550
対20未満
40%未満
-
550
対20未満
40%未満
-
1,209
対10以上
70%以上
25日以内
特定機能
1,555
対7以上
70%以上
28日以内
1,269
対10以上
70%以上
28日以内
特定結核
1,447
対7以上
70%以上
28日以内
1,161
対10以上
70%以上
28日以内
949
対13以上
70%以上
36日以内
886
対15以上
70%以上
-
特定精神
1,311
対7以上
70%以上
28日以内
1,209
対10以上
70%以上
28日以内
839
対15以上
70%以上
-
575
対15未満
40%未満
-
26
入院料等
6.患者の状態像に応じた慢性期入院医療の評価
1)療養病棟入院基本料の見直し (p.5~7)
(現行)
1)療養病棟入院基本料1:一般1,209点、老人1,151点
2)療養病棟入院基本料2:一般1,138点、老人1,080点
3)その他包括する加算
日常生活障害加算、認知症加算、特殊疾患入院施設管理加算、
(準)超重症児(者)入院診療加算 等
(改定)
医療の必要性、ADLの状況による区分
ADL区分3
885点
1,344点
1,740点
ADL区分2
764点
1,344点
1,740点
ADL区分1
764点
1,220点
1,740点
医療区分1
医療区分2
医療区分3
※ 認知機能障害加算5点(医療区分2・ADL区分1)
27
入院料等
6.患者の状態像に応じた慢性期入院医療の評価
2)有床診療所療養病棟入院基本料の見直し (p.13~14)
(現行)
1)有床診療所療養病棟入院基本料1:一般816点、老人798点
2)その他包括する加算
日常生活障害加算、認知症加算、特殊疾患入院施設管理加算、
(準)超重症児(者)入院診療加算 等
(改定)
医療の必要性、ADLの状況による区分
ADL区分3
602点
871点
975点
ADL区分2
520点
871点
975点
ADL区分1
520点
764点
975点
医療区分1
医療区分2
医療区分3
※ 認知機能障害加算5点(医療区分2・ADL区分1)
28
入院料等
7.特殊疾患療養病棟等の見直し (p.24、25)
(現行)
・特殊疾患療養病棟入院料1:1,980点
・特殊疾患療養病棟入院料2:1,600点
・特殊疾患入院医療管理料 :1,980点
(改定)
1)療養病床:廃止
・患者分類を用いた新しい療養病棟入院基本料を適用
※ 現に入院している難病患者および障害者の医療の必要性に配慮
※ 療養環境加算新設(一定以上の病棟床面積を有する場合)
2)一般病床・精神病床:平成20年3月31日限り
※ 長期にわたり療養が必要な患者は、本来、療養病床で対応すべき
・特殊疾患療養病棟入院料1:1,980点 ⇒ 1,943点(△37点)
・特殊疾患療養病棟入院料2:1,600点 ⇒ 1,570点(△30点)
・特殊疾患入院医療管理料 :1,980点 ⇒ 1,943点(△37点)
29
入院料等
8.複合病棟の廃止
(p.537)
◎平成18年9月30日限りで廃止
※ 病床数100床未満で療養病棟への移行が困難と認め
られる病院についての特例措置として、一般病床と療養
病床とを併せて1病棟とすることを認めたもの
※ 複合病棟における看護職員の配置基準は、一般病床に
ついては平成18年3月以降、医療法上の人員配置基準
を下回ることとなるため廃止する
30
入院料等
9.新たな加算の設定
1)がん診療連携拠点病院加算(入院初日)
:
200点
2)栄養管理実施加算(1日につき)
:
12点
3)医療安全対策加算(入院初日)
:
50点
4)褥瘡患者管理加算(入院中1回)
:
20点
5)褥瘡ハイリスク患者ケア加算(入院中1回):
500点
6)ハイリスク分娩管理加算(1日につき)
:1,000点
31
1)がん診療連携拠点病院加算:200点(入院初日)
※ がんの集学的治療、セカンド・オピニオン提供、緩和医療提
供、地域医療との連携、専門医師、専門的コメディカルの配置、
相談支援センター等を備えた体制を評価 (p.20、54、449、468)
(施設基準)
『がん対策推進アクションプラン2005』
※ 厚生労働省がん対策推進本部
・がん患者や地域医療機関からの相談対応を担う「相談支援セン
ター」の設置を要件とする「地域がん診療拠点病院」等の整備を
推進することとされている
32
2)栄養管理実施加算:12点(1日につき)
※ 入院時食事療養費「特別管理加算」の1つの要件を再編
※ 個々の患者の栄養状態、健康状態等に着目した栄養管理
(p.20、54、450、468)
(施設基準)
・常勤の管理栄養士1名以上
・入院時に患者ごとの栄養状態の評価
・医師、管理栄養士、薬剤師、看護師その他の医療従事者が共同して、
栄養状態、摂食機能、食形態を考慮した栄養管理計画を作成
・栄養管理計画に基づき、患者の栄養状態を定期的に評価し、必要に
応じて計画の見直しを行う
33
3)医療安全対策管理加算:50点(入院初日)
※ 急性期医療の高度化・複雑化に対応できる、医療安全管理対
策の実施体制を評価
(p.20、55、450、468)
(施設基準)
・専従の医療安全管理者を配置
※ 医療安全対策の研修を受けた薬剤師、看護師等
・院内に医療安全管理部門を設置し、組織的に医療安全対策を実施する
体制の整備
・患者相談窓口を設置
34
4)褥瘡患者管理加算:20点(入院中1回)
※ 褥瘡対策実施が入院料算定の要件となったことに伴い、
入院基本料等加算として評価
(p.20、55、450、469)
(対象者)
褥瘡に関する危険因子のある患者および既に褥瘡を有する患者
(施設基準)
・適切な褥瘡対策の診療計画の作成、実施および評価の体制
・褥瘡対策を行うにつき適切な設備を有する
・褥瘡対策の基準を満たしている
35
5)褥瘡ハイリスク患者ケア加算:500点(入院中1回)
※
急性期医療の高度化・複雑化に対応できる、より重点的な
褥瘡管理対策の実施を評価 (p.20、55、450、469)
(対象者)
褥瘡リスクアセスメントの結果を踏まえ、特に重点的な褥瘡ケアが
必要な患者
(施設基準)
・褥瘡ケアに係る専門の研修を受けた専従の看護師等が褥瘡管理者とし
て配置
・褥瘡管理者は院内の褥瘡対策チームと連携し、予め定められた方法に
基づき、患者ごとに褥瘡リスクアセスメントを行う
・特に重点的な褥瘡ケアが必要な患者には、主治医、その他の医療従事
者が共同して褥瘡の発生予防等に関する計画を個別に立案作成し、計
画に基づき重点的な褥瘡ケアを継続実施
・褥瘡の早期発見、重症化予防のための総合的な褥瘡管理対策を行う体
制
等
36
6)ハイリスク分娩管理加算:1,000点(1日につき)
※ 産科の体制が整っている病院におけるハイリスク分娩の妊産
婦に対する分娩管理 (p.20、56、450、469)
※ 8日を限度として入院基本料に加算
(対象者)
保険診療の対象となる合併症を有している妊産婦であって、
リスク要因を持つ患者
(リスク要因)
・妊娠22~27週の早産
・40歳以上の初産婦
・分娩前のBMIが35以上
の初産婦
・糖尿病合併妊娠
・妊娠高血圧症候群重症
・常位胎盤早期剥離
(施設基準)
・専ら産婦人科または産科に従事する医
師3名以上
・年間分娩実施件数120件以上
・年間分娩実施件数等の情報を院内掲示
・助産師3名以上
37
入院料等
10.地域加算の見直し (p.17、51、66)
※ 国家公務員給与の地域手当ての支給地域および支給割合に
係る人事院規則が公布されたことを受けて、見直しを行う
例)
(現行)
(改定)
1種地域
東京都特別区
18点
1級地
東京都特別区
18点
2種地域
横浜市、大阪市等
15点
2級地
武蔵野市、大阪市等
15点
3種地域
伊丹市、福岡市等
9点
3級地
さいたま市、横浜市等
12点
4種地域
札幌市、仙台市等
5点
4級地
京都市、福岡市等
10点
5級地
仙台市、伊丹市等
6点
6級地
札幌市、和歌山市等
3点
38
入院料等
11.臨床研修病院に係る評価見直し
※
臨床研修病院に係る評価充実 (p.15、48、448、464)
(現行)
◎臨床研修病院入院診療加算(入院初日):30点
(改定)
1)単独型または管理型臨床研修指定病院の場合:40点
2)協力型臨床研修指定病院の場合
:20点
※ 研修実施期間中の入院初日
39
入院料等
12.新たな特定入院料の設定 (p.22、58、450、471)
※
急性期の脳卒中患者に対して行う専門的な治療管理
◎脳卒中ケアユニット入院医療管理料:5,700点(1日につき)
(対象者)
脳梗塞、脳出血及びくも膜下出血の患者
※
上記対象患者が概ね8割以上入院している一定の基準を満たす
専用病床で専門の医師職が急性期医療およびリハビリテーション
を組織的・計画的に行った場合
※ 発症後14日を限度として算定
※ 治療室単位で算定(看護師常時3:1以上、常勤の理学療法士
または作業療法士が1名以上配置)
40
入院料等
13.標欠による減額措置の簡素化
※
医師数・看護師数
⇒
(p.522)
医師数のみ
[現 行]
[改 正]
医師若しくは歯科医師
80/100以下 60/100以下 50/100以下
80/100超
看
減額なし
減額無し 12/100減額 15/100減額
護 80/100超
要 80/100以下 減額なし 12/100減額 18/100減額 21/100減額
員
60/100以下 12/100減額 18/100減額 24/100減額 27/100減額
看
護 80/100超
要 80/100以下
員
60/100以下
50/100以下 15/100減額 21/100減額 27/100減額 30/100減額
50/100以下
医師若しくは歯科医師
70/100以下
50/100以下
90/100相当の点数
85/100相当の点数
○ 離島等所在保険医療機関の場合
医師若しくは歯科医師
80/100超 80/100以下 60/100以下
看
減額なし
減額無し
3/100減額
護 80/100超
要 80/100以下 減額なし
6/100減額 6/100減額
員
60/100以下 3/100減額 6/100減額 6/100減額
50/100以下 3/100減額
6/100減額
6/100減額
医師若しくは歯科医師
50/100以下
6/100減額
看
護 80/100超
要 80/100以下
員
60/100以下
6/100減額
50/100以下
3/100減額
6/100減額
70/100以下
50/100以下
98/100相当の点数
97/100相当の点数
41
入院時食事療養費
1.食事の費用の算定単位の見直し
2.特別食加算の見直し
3.特別管理加算の見直し
4.選択メニュー加算の廃止
42
入院時食事療養費
1.食事の費用の算定単位の見直し(p.523~530)
※
1日単位→1食単位
(現行)
1)入院時食事療養(Ⅰ):1,920円(1日につき)
2)入院時食事療養(Ⅱ):1,520円(1日につき)
患者一部負担金:
780円(1日につき)
(改定)
1)入院時食事療養(Ⅰ):
2)入院時食事療養(Ⅱ):
患者一部負担金:
640円(1食につき)
506円(1食につき)
260円(1食につき)
43
入院時食事療養費
2.特別食加算の見直し
(p.523~530)
1)1日単位→1食単位
特別食加算:350円(1日につき)⇒ 76円(1食につき)
2)対象の見直し
「経管栄養のための濃厚流動食」を除外
3.特別管理加算の見直し
1)適時・適温の食事提供
入院時食事療養(Ⅰ)の算定要件とする
2)常勤の管理栄養士配置の要件
栄養管理実施加算(1日につき):12点(新設)
特別管理加算(1日につき)
:200円(廃止)
4.選択メニュー加算の廃止
1)選択メニュー加算(1日につき):50円(廃止)
2)特別メニューの食事の取扱いを弾力化(患者負担)
44
医学管理等
1.名称変更「指導料」を「管理料」に
2.診療情報提供料の簡素化、セカンド・オピニ
オンの推進
3.生活習慣病指導管理料の見直し
4.ニコチン依存症指導管理料の新設
5.手術前医学管理料・手術後医学管理料の評価
の見直し
6.地域連携クリティカルパスの活用
7.その他の指導管理等に係る技術の評価
45
医学管理等
1.名称変更「指導料」を「管理料」に
(p.69~)
※ 国民が理解できる診療報酬体系
※ 日医 社会保険診療報酬検討委員会からの提言
1)指導管理等 ⇒ 医学管理等
2)特定疾患療養指導料 ⇒ 特定疾患療養管理料
(p.69、82)
「治療計画に基づき療養上必要な指導を行った場合に、月2回に限り算定する」
↓
「治療計画に基づき療養上必要な管理を行った場合に、月2回に限り算定する」
3)生活習慣病指導管理料 ⇒ 生活習慣病管理料
(p.75、94)
46
医学管理等
2.診療情報提供料の簡素化、セカンド・オピニオンの推進
※
患者の視点の重視 (p.80、100)
(現行)
1)診療情報提供料(A)診療所→診療所、病院→病院等:220点
2)診療情報提供料(B)診療所→病院、病院→診療所等:290点
逆紹介加算:230点
3)診療情報提供料(C)病院-診療所(退院時)等:500点
逆紹介加算:20点
4)診療情報提供料(D)特定機能病院等から:520点
(新体系)
1)診療情報提供料(Ⅰ):250点
退院時に診療情報提供書に退院後の治療計画、検査結果、画像の写等
を添付した場合の加算:200点
2)診療情報提供料(Ⅱ):500点
セカンドオピニオンの評価(新設)
47
医学管理等
3.生活習慣病指導管理料の見直し
※
生活習慣病等の重症化予防
1)服薬よりも運動習慣の徹底、食生活の改善を基本とする (p.75、94)
◎生活習慣病管理料
・処方せんを交付する場合
イ 高脂血症:1,050点 ⇒
900点(△150点)
ロ 高血圧症:1,100点 ⇒
950点(△150点)
ハ 糖尿病 :1,200点 ⇒ 1,050点(△150点)
・処方せんを交付しない場合
イ 高脂血症:1,550点 ⇒ 1,460点(△90点)
ロ 高血圧症:1,400点 ⇒ 1,310点(△90点)
ハ 糖尿病 :1,650点 ⇒ 1,560点(△90点)
2)療養計画書の様式変更 (p.606)
※ 達成すべき目標や具体的な改善項目を明確にするために
48
医学管理等
4.ニコチン依存症指導管理料の新設
※
生活習慣病等の重症化予防
◎ニコチン依存症指導管理料 (p.75、95、477、490)
初回
:230点
2~4回目:184点(2週目、4週目、8週目)
5回目
:180点(12週目)
対象者:スクリーニングテスト(TDS)等でニコチン依存症と診断された
者で、ブリンクマン指数200以上で、直ちに禁煙治療を希望する者
・「禁煙治療のための標準手順書」(日本循環器学会、日本肺癌学会、日本癌学会)に則る
・禁煙の成功率を地方社会保険事務局長へ報告
・禁煙治療の経験を有する医師1名以上勤務
・禁煙治療に係る専任の看護職員を1名以上配置
・呼気一酸化炭素濃度測定器を備えている
・医療機関の構内が禁煙
等
49
医学管理等
5.手術前医学管理料 手術後医学管理料の評価の見直し
・
※
検体検査料、薬剤料の実勢価格に基づく点数の見直しに
伴い、検査料・薬剤料を包括する点数の見直し (p.75、77)
1)手術前医学管理料:1,310点 ⇒ 1,192点(△118点)
2)手術後医学管理料
病
院
:1,340点 ⇒ 1,188点(△152点)
診 療 所
:1,190点 ⇒ 1,056点(△134点)
※ 同一の手術について、同一月に手術前医学管理料を算定する
場合は、手術後医学管理料を算定する3日間は、95/100
に相当する点数を算定する。
50
医学管理等
6.地域連携クリティカルパスの活用
※
地域における疾患ごとの医療機関の連携体制を評価
(p.79、98、478、492)
1)地域連携診療計画管理料(入院時)
:1,500点(新設)
2)地域連携診療計画退院時指導料(退院時):1,500点(新設)
[対象疾患]
大腿骨頸部骨折の患者
※ 大腿骨頸部骨折骨接合術、大腿骨頸部骨折人工骨頭置換術等を実施
[算定要件]
・ 複数の連携医療機関間で共有する疾患ごとの地域連携パスを現に有し、
その具体的および実施例数を地方社会保険事務局長に事前に届出
・ 1種類の地域連携パスにつき、複数の医療機関と連携 等
51
医学管理等
7.その他の指導管理等に係る技術の評価
※ 医療技術に係る評価
1)ウイルス疾患指導料に加算:220点(新設)(p.69、83、477、490)
「ロ」後天性免疫不全症群等に対する加算
・専任医師、専従看護師、専任薬剤師、社会福祉士(または精神保健福
祉士)の配置
・プライバシーの保護に配慮した診察室、相談室が準備
2)特定薬剤治療管理料(適応拡大) (p.83)
・躁うつ病または躁病:バルプロ酸ナトリウム、カルバマゼピン
・関節リウマチ
:タクロリムス水和物
3)喘息治療管理料に加算(新設)(p.73、91、477、490)
1月目:2,525点、2月目以降6月目まで:1,975点
・20歳以上の重度喘息患者に対する治療管理の評価
(ピークフローメーター・1秒量等計測器を用いて検査値等を毎日計
測させ、週1回以上報告させた上で指導等)
52
在宅
1.在宅療養支援診療所の設置
2.入院から在宅への円滑な移行の促進
3.24時間対応体制の評価の見直し
4.患者の重症度等を反映した訪問看護の評価見直し
5.ターミナルケアおよび看取りの評価の見直し
6.施設入所者の終末期における訪問診療・訪問看護
の見直し
7.在宅療養指導管理材料加算の項の新設
53
在宅
1.在宅療養支援診療所の設置
(p.113、477、491)
※ 在宅医療の中心的役割を担う診療所
(患者からの連絡を一元的に受け、患者への診療情報を集約する等)
◎要件
1)24時間連絡を受ける医師または看護職員を配置し、連絡先を文
書で患家に提供
2)24時間往診が可能な体制を確保し、往診担当医の氏名、担当日
等を文書で患家に提供(他の保険医との連携も可)
3)24時間訪問看護の提供が可能な体制を確保し、担当職員の氏名、
担当日等を文書で患家に提供(他の保険医療機関、訪問看護ス
テーション等との連携も可)
4)在宅療養患者の緊急入院の受入れ体制確保(他の保険医療機関と
の連携も可)
5)地域において他の保健医療・福祉サービスとの連携調整を担当す
る者との連携
6)看取り数の報告 等
54
在宅療養支援診療所とその他の保険医療機関での評価の比較
現行
項目
現行点数
改正
診療所
病院
退院指導料
300 退院時
○
○
退院時共同指導料
150 退院時
○
○
在宅患者入院共同
指導料
その他の
保険医療機
関
-
-
◎
○
(Ⅰ)310
入院中 ○(Ⅰ) ○(Ⅱ)
(Ⅱ)140
退院時共同指導加算
(Ⅰ)290
退院時 ○(Ⅰ) ○(Ⅱ)
(Ⅱ)360
寝たきり老人退院時
共同指導料
(Ⅰ)600
退院時 ○(Ⅰ) ○(Ⅱ)
(Ⅱ)140
注)
在宅療養
支援診療所
「◎」はその他の保険医療機関より高い評価となるもの、「○」は現行並の評価となるもの、
「×」は算定できないもの、「-」は廃止となるもの。
55
在宅療養支援診療所とその他の保険医療機関での評価の比較
現行
項目
往診料
緊急往診加算
(時間内、夜間、深夜)
診療時間加算
死亡診断加算
在宅患者訪問診療料
診療時間加算
在宅ターミナルケア加算
死亡診断加算
現行点数
650 1回につき
(時間内)325
(夜間)650 1回につき
(深夜)1,300
100 30分ごと
200 死亡日
830 1日につき
100 30分ごと
1,200 死亡日
200 死亡日
*特定施設入居者生活介護の指定を受けているケアハウス
や有料老人ホームの入居者で末期の悪性腫瘍の者
訪問看護指示料
300
月1回
*特別養護老人ホームの入所者で末期の悪性腫瘍の者
注)
改正
その他の
在宅療養
支援診療所 保険医療機関
診療所
病院
○
○
○
○
○
○
◎
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
◎
○
○
○
○
○
○
○
×
×
○
×
○
×
○
×
○
○
○
×
「◎」はその他の保険医療機関より高い評価となるもの、「○」は現行並の評価となるもの、
「×」は算定できないもの。
56
在宅療養支援診療所とその他の保険医療機関での評価の比較
現行
項目
在宅時医学管理料
在宅末期医療総合診
療料
寝たきり老人在宅総
合診療料
現行点数
3,360
月1回
処方せんあり
1,495点 1日につき
処方せんなし (1週間を単位
1,685点 として算定)
処方せんあり
2,290点
月1回
処方せんなし
2,575点
改正
診療所
病院
在宅療養支
援診療所
その他の
保険医療機関
○
○※1
◎
○※2
○
○
○
×
○
×
◎
○※2
○
×
◎
○※2
-※3
-
在宅ターミナルケア加
算
1,200
緊急時入院体制加算
100
○
×
(Ⅰ)1,400
(Ⅱ)1,400
(Ⅲ) 410
○
×
24時間連携体制加算
死亡日
注)
「◎」はその他の保険医療機関より高い評価となるもの、「○」は現行並の評価となるもの、
「×」は算定できないもの、「-」は廃止となるもの。
※1) 許可病床数が200床未満の病院に限る。
※2) 在宅時医学管理料と寝たきり老人在宅総合診療料の再編により、200床未満の病院が追加となる。
※3) 在宅療養支援診療所の要件とし、高く評価することとする。
57
在宅
2.入院から在宅への円滑な移行の促進
※ 退院指導料、退院時共同指導料等の再編・統合(紹介元の医療機関が算定)
(現行)
◎在宅患者入院共同指導料(Ⅰ):310点(退院時共同指導加算:290点)
※ 診療所で在宅時医学管理料、在総診等を算定している患者が急変等により
病院に入院し、入院先の医師と共同して指導した場合および退院に際して
共同で指導した場合(※ 診療所が算定する)
(改定)
◎地域連携退院時共同指導料(Ⅰ)在宅療養支援診療所の場合:1,000点
それ以外の場合
:
600点
※ 退院後の療養を支援する医師が、入院医療機関の医師および連携する訪問
看護ステーションの看護師等と共同して、退院予定の患者の在宅療養に関し、
患者または家族等に説明・指導を行い、その内容について文書提供した場合
※ 寝たきり老人退院時共同指導料(Ⅰ)600点は本点数に統合
(p.78、97、478、482)
58
在宅
2.入院から在宅への円滑な移行の促進
※ 退院指導料、退院時共同指導料等の再編・統合(入院先の医療機関が算定)
(現行)
◎在宅患者入院共同指導料(Ⅱ):140点(退院時共同指導加算:360点)
※ 診療所で在宅時医学管理料、在総診等を算定している患者が急変等により
病院に入院し、入院先の医師が主治医と共同して指導した場合および退院に
際して共同で指導した場合(※ 入院先の病院が算定する)
(改定)
◎地域連携退院時共同指導料(Ⅱ)在宅療養支援診療所と連携:500点
それ以外の場合
:300点
※ 入院医療機関の医師・看護師等が、退院後の療養を支援する医師および連
携する訪問看護ステーションの看護師等と共同して、退院予定の患者の在宅
療養に関し、患者または家族等に説明・指導を行い、その内容について文書
提供した場合、入院先の医療機関が算定
※ 寝たきり老人退院時共同指導料(Ⅱ)140点は本点数に統合
(p.78、97、478、482)
59
在宅
2.入院から在宅への円滑な移行の促進
※ 退院指導料、退院時共同指導料等の再編・統合(訪問看護療養費)
(現行)
◎退院時共同指導加算:2,800円
※ 保険医療機関等に入院中、または介護老人保健施設に入所中で、訪問看護
を受けようとする患者に対し、退院または退所に当たり、主治医や職員と訪
問看護ステーションの看護師等が共同で、居宅における療養上必要な指導を
行った場合
(改定)
◎地域連携退院時共同指導加算
在宅療養支援診療所と共同:6,000円
それ以外の場合
:4,200円
※ 保険医療機関等に入院中、または介護老人保健施設に入所中で、訪問看護
を受けようとする患者に対し、退院または退所に当たり、主治医および訪問
看護ステーションの看護師等が共同して、居宅における療養上必要な指導を
行った場合
(p.531~535)
60
在宅
3.24時間対応体制の評価の見直し
※ 在総診、在医管の再編 (p.106、118、478、493)
(現行)
◎寝たきり老人在宅総合診療料(月1回)
イ 処方せんを交付
:2,290点
ロ 処方せんを交付しない:2,575点
24時間連携体制加算
(Ⅰ):1,400点(同一医療機関内の複数の医師)
(Ⅱ):1,400点(入院医療機関との連携)
(Ⅲ):
410点(地域医師会等による連携)
◎在宅時医学管理料(月1回):3,360点
常時、往診、訪問看護または電話等により、対応できる体制
61
在宅
3.24時間対応体制の評価の見直し
※
在総診、在医管の再編 (p.106、118、478、493)
(改定)
◎在宅時医学総合管理料(月1回)
(1)在宅療養支援診療所の場合
イ 処方せんを交付
:4,200点
ロ 処方せんを交付しない:4,500点(投薬包括)
(2)それ以外の診療所または病院(200床未満)の場合
イ 処方せんを交付
:2,200点
ロ 処方せんを交付しない:2,500点(投薬包括)
※在医総管・支援診療所の両方を届け出た診療所は、要件を満たした患者の場
合には(1)を、満たさなかった場合には(2)を算定できる。
但し、居宅において療養を行っている患者であって、通院困難なものに対
して、訪問診療を月2回以上行った場合に算定する
◎重症者加算(月1回):1,000点
※
一定の重症患者に対し、往診または訪問診療を月4回以上行った場合
62
在宅
3.24時間対応体制の評価の見直し
※ 往診料の評価 (p.105、115)
◎往診料:650点
1)緊急加算
50/100(325点)
⇒
在宅療養支援診療所:650点
それ以外:
325点
2)夜間加算
100/100(650点)
⇒
在宅療養支援診療所:1,300点
それ以外
:
650点
3)深夜加算
200/100(1,300点) ⇒
在宅療養支援診療所:2,300点
それ以外
:1,300点
63
在宅
3.24時間対応体制の評価の見直し
※
訪問看護の評価 (p.106、122)
◎在宅患者訪問看護・指導料(1日につき)
1)保健師、助産師または看護師による場合
イ 週3日目まで:530点
ロ 週4日目以降:630点
2)准看護師による場合
イ 週3日目まで:480点
ロ 週4日目以降:580点
◎緊急訪問看護加算(1回につき):265点(新設)
※ 緊急の患家の求めに応じて、在宅療養支援診療所の医師の指示により、
保険医療機関等の看護師等が訪問した場合、1日1回につき算定できる
64
在宅
3.24時間対応体制の評価の見直し
※
訪問看護の評価(訪問看護療養費)(p.531~535)
◎訪問看護療養費(Ⅰ)
看護師等:5,300円
准看護師:4,800円
◎緊急訪問看護加算:2,650円(新設)
※ 緊急の患家の求めに応じて、在宅療養支援診療所の医師の指示により、
訪問看護ステーションの看護師等が訪問した場合、1日につき算定できる
65
在宅
3.24時間対応体制の評価の見直し
※
在宅末期
◎在宅末期医療総合診療料(1日につき)(p.106、119)
(算定要件の変更)
現行:常時、往診、訪問看護または電話等により対応できる体制を有
する保険医療機関
改定:在宅療養支援診療所であること
66
在宅
4.患者の重症度等を反映した訪問看護の評価見直し
※
重症度、処置の難易度等の高い患者は評価引上げ
◎重症者管理加算
:2,500円/月 ⇒ 5,000円/月
(訪問看護療養費)
◎在宅移行管理加算:
250点/月 ⇒
500点/月
(評価引上げされたもの)
・在宅悪性腫瘍患者指導管理料算定患者
・在宅気管切開患者指導管理料算定患者
・気管カニューレを使用している状態にある者
・留置カテーテルを使用している状態にある者
※ 上記以外は従前どおり
(p.107、123、478、483、531~536)
67
在宅
5.ターミナルケアおよび看取りの評価の見直し
※
ターミナルケア加算の評価引上げ(訪問診療)
(p.107、122)
(現行)
◎在宅患者訪問診療料
ターミナルケア加算:1,200点
※ 1か月以上訪問診療を実施し、ターミナルケアを行った場合に算定
(改定)
ターミナルケア加算(Ⅰ):10,000点
ターミナルケア加算(Ⅱ): 1,200点
※ 死亡日前14日以内に2回以上の往診または訪問診療を実施し、
ターミナルケアを行った場合(Ⅱ)を算定
※ さらに、在宅療養支援診療所の医師が、死亡前24時間以内に訪問し
て、死亡診断した場合は(Ⅰ)を算定
68
在宅
5.ターミナルケアおよび看取りの評価の見直し
※
ターミナルケア加算の評価引上げ(訪問看護)
(p.107、122)
(現行)
◎在宅患者訪問看護・指導料
ターミナルケア加算:1,200点
※ 1か月以上訪問看護を実施し、その死亡前24時間以内にターミナル
ケアを行った場合に算定
(改定)
ターミナルケア加算(Ⅰ):1,500点
ターミナルケア加算(Ⅱ):1,200点
※ 死亡日前14日以内に2回以上訪問看護を実施し、かつ、その死亡前
24時間以内にターミナルケアを行った場合(Ⅱ)を算定できる。
※ ただし、在宅療養支援診療所の医師の指示により実施した場合は
(Ⅰ)を算定できる。
69
在宅
5.ターミナルケアおよび看取りの評価の見直し
※
ターミナルケア加算の評価引上げ(訪問看護療養費)
(p.531~535)
(現行)
◎訪問看護療養費
ターミナルケア療養費:12,000円
※ 1か月以上ターミナルケアを行い、在宅で看取った場合に算定
(改定)
ターミナルケア療養費(Ⅰ):15,000円
ターミナルケア療養費(Ⅱ):12,000円
※ 死亡日前14日以内に2回以上訪問看護を実施し、かつ、その指示に
より実施死亡日24時間以内にターミナルケアを行った場合(Ⅱ)を
算定できる。
※ ただし、在宅療養支援診療所の医師が、死亡前24時間以内に訪問し
て看取った場合は(Ⅰ)を算定できる。
70
在宅
5.ターミナルケアおよび看取りの評価の見直し
※
在宅末期(入院医療の取扱いの見直し)
(p.106、119、478、493)
◎在宅末期医療総合診療料(1日につき)
(算定要件の変更)
現行:在宅医療と入院医療が混在した週は算定できない
改定:在宅療養支援診療所に入院し、ターミナルケアを継続している場
合は、算定できる
71
在宅
6.施設入所者の終末期における訪問診療・訪問看
護の見直し
※ 多様な居住の場におけるターミナルの推進
◎訪問診療の算定要件緩和
ケアハウス・有料老人ホーム(特定施設入居者生活介護の指定を受けている
施設)、の入所者であっても、末期の悪性腫瘍の患者については、特別養護老
人ホーム、在宅療養支援診療所に係る医師が訪問診療を行う場合には、在宅患
者訪問診療料が算定できる
◎訪問看護の算定要件緩和
特別養護老人ホームの入所者であっても、末期の悪性腫瘍の患者については、
在宅療養支援診療所に係る医師の指示に基づき訪問看護を行う場合には、在宅
患者訪問看護・指導料等が算定できる
72
在宅
6.施設入所者の終末期における訪問診療・訪問看護
の見直し
※
多様な居住の場におけるターミナルの推進
◎医療保険による訪問看護の給付対象を統一
・訪問看護が医療機関からなのか or 訪問看護ステーションからなのか
・訪問看護の提供先が自宅、ケアハウス、有料老人ホーム、グループホーム
等のいずれであるか
によって、
・急性増悪等により医師の特別指示書が出ている場合(14日間を限度)に
限られるのか
・末期の悪性腫瘍および難病等の場合も対象となるのか
⇒ 分かれていた取扱いを改め、上記のすべての場合について、末期の悪性腫瘍
および難病等の場合も、医療保険による訪問看護の給付対象とする
73
在宅
7.在宅療養指導管理材料加算の項の新設
※
点数表の簡素化
(p.110、134)
◎従来、在宅療養指導管理料各点数の「注」の各加算をまとめて表記
1)血糖自己測定器加算
2)注入器加算
3)間歇注入シリンジポンプ加算
4)注入器用注射針加算
5)紫外線殺菌器加算
6)自動腹膜灌漑流装置加算
7)透析液供給装置加算
8)酸素ボンベ加算
9)酸素濃縮装置加算
10)液化酸素装置加算
11)在宅中心静脈栄養法用輸液セット加算
12)注入ポンプ加算
13)在宅成分栄養経管栄養法用栄養管
セット加算
14)間歇導尿用ディスポーザブルカテ
ーテル加算
15)人工呼吸器加算
16)経鼻的持続陽圧呼吸法用治療加算
17)携帯型ディスポーザブル注入ポン
プ加算
18)疼痛管理用送信器加算
19)携帯型精密輸液ポンプ加算
20)気管切開患者用人工鼻加算
74
検査
1.外来迅速検査の評価
2.検体検査の評価見直し
3.生体検査の評価見直し
4.コンタクトレンズに係る診療の評価
5.病理診断の評価
75
検査
1.外来迅速検査の評価
※ 患者の視点の重視
(p.138、170、479、483)
◎外来迅速検体検査加算の新設:1点(5項目を限度)
外来患者に対して、検体検査を行い、
すべての検体検査項目について同日内に結果が報告され、
当該検査の結果に基づく診療が行われた場合に、検体検査実施料
の各所定点数に加算
要件:検査結果を患者に書面で交付
(対象外)
尿中一般物質定性半定量検査
尿沈渣顕微鏡検査
赤血球沈降速度測定
血液ガス分析
心筋トロポニンT定性
インフルエンザウイルス抗原精密測定 等
76
検査
2.検体検査の評価見直し
(1)実施料の市場実勢価格を踏まえた適正化 (p.138~)
(2)判断料の点数見直し
・生化学的検査(Ⅱ)判断料:134点⇒135点(+1点)
(p.151)
3.生体検査の評価見直し
※
検査の難易度・機器の費用等を考慮した評価の見直し
(p.156)
(1)経皮的動脈血酸素飽和度測定(1日につき):
100点⇒30点(△70点)
(2)脈波図、心機図、ポリグラフ検査判断料:140点⇒廃止
(3)超音波検査:腹部エコー550点⇒530点
心エコー 800点⇒780点
77
検査
4.コンタクトレンズに係る診療の評価
※
保険給付の範囲の明確化と個別指導の重点的実施
1)初診時にコンタクトレンズの処方を目的として、屈折異常の患者に
対して眼科学的検査等を行うことは、保険給付の対象となる。
2)コンタクトレンズの処方を行った後、コンタクトレンズ装用者に自
他覚症状があるなど、疾病に罹患していることが疑われる場合に眼科
学的検査等を行うことは、再診として保険給付の対象となる。
3)コンタクトレンズの処方を行った後、疾病に罹患していることが疑
われないにもかかわらず、定期的にコンタクトレンズ装用者に眼科学
的検査等を行うことは、保険給付の対象とはならない。
4)コンタクトレンズの処方に係る診療については、屈折異常の患者に
対する診療が継続しているものとして、初診料は第1回の診療の時に
のみ算定できる。
78
検査
4.コンタクトレンズに係る診療の評価
※
検査を包括的に評価し、適正化を図る
◎コンタクトレンズ検査料の新設
(p.160、214、479、495)
1)コンタクトレンズ検査料(Ⅰ)
初診時:387点、再診時:112点
2)コンタクトレンズ検査料(Ⅱ)
初診時:193点、再診時: 56点
※ 定型的に実施されるすべての眼科学的検査に係る費用を包括
※ コンタクトレンズ診療患者が70%以上の医療機関は(Ⅱ)を算定
※ 初診時の点数は患者1人につき1回を限度として算定
※ 初診料、再診料は別に算定できる
79
検査
5.病理診断の評価
※
病院内で病理学的検査を実施する体制の評価充実 (p.152、200)
◎病理診断料:255点 ⇒ 410点(+155点)
◎算定要件の緩和
(現行)
病理学的検査は専ら担当する常勤医師
(改定)
保険医療機関内で非常勤の病理医が診断を行った場合も算定可
80
画像診断
1.PET/CTの評価
2.画像診断機器の性能に応じた評価
3.コンピューターによる画像処理の評価
4.マンモグラフィーの評価
81
画像診断
1.PET/CTの評価
(p.226、237、479、496)
◎ポジトロン断層・コンピューター断層複合撮影(新設)
1)15O標識ガス剤を用いた場合(一連の検査につき):7,625点
2)18FDGを用いた場合(一連の検査につき)
:8,625点
82
画像診断
2.画像診断機器の性能に応じた評価
(p.227、240、479、496)
◎コンピューター断層撮影(一連につき)
(現行)
1)単純CT撮影
頭部:620点、躯幹:830点、四肢:570点
2)特殊CT撮影(管腔描出を行った場合)
頭部:710点、躯幹:950点、四肢:660点
(改定)
1)単純CT撮影
マルチスライス型の機器の場合:850点
それ以外の場合
:660点
2)特殊CT撮影(管腔描出を行った場合):950点
83
画像診断
2.画像診断機器の性能に応じた評価
(p.227、241、479、496)
◎磁気共鳴コンピューター断層撮影(一連につき)
(現行)
1)単純MRI撮影
頭部:1,140点、躯幹:1,220点、四肢:1,160点
2)特殊MRI撮影(管腔描出を行った場合)
頭部:1,500点、躯幹:1,600点、四肢:1,520点
(改定)
1)単純MRI撮影
1.5テスラ以上の機器の場合: 1,230点
それ以外の場合
: 1,080点
2)特殊MRI撮影(管腔描出を行った場合):1,530点
84
画像診断
2.画像診断機器の性能に応じた評価
◎CT、MRIを同一月に2回以上行った場合 (p.226、239)
(現行)
2回目以降の断層撮影の費用は撮影部位に応じて
頭部(一連につき):600点
躯幹(一連につき):810点
四肢(一連につき):560点
(改定)
2回目以降の断層撮影(一連につき) :650点
85
画像診断
3.コンピューターによる画像処理の評価
1)画像情報を電子媒体に保存した場合の評価 (p.226、240)
コンピューター画像処理加算の新設:60点
(核医学診断、コンピューター断層撮影1回につき)
2)機器の普及を踏まえた適正化 (p.224)
デジタル映像化処理加算
イ 単純撮影の場合:
75点 ⇒ 60点(△15点)
ロ 特殊撮影の場合:
95点 ⇒ 64点(△31点)
ハ 造影剤使用撮影の場合:120点 ⇒ 72点(△48点)
86
画像診断
4.マンモグラフィーの評価
(p.224、230)
1)デジタル映像化処理加算
乳房撮影の場合:60点(新設)
2)写真診断
乳房撮影(一連につき):256点
3)撮影
乳房撮影(一連につき):196点
※ 当該撮影専用の機器を用いて、原則両側の乳房に対し
2方向以上の撮影を行うものをいい、両側について一連
として算定
87
投薬
1.処方料・処方せん料の見直し
2.処方せん様式の変更(再掲)
88
投薬
1.処方料・処方せん料の見直し (p.242、243)
※
適切な長期投薬の推進
1)処方料
特定疾患処方管理長期投薬加算:45点 ⇒ 65点(+20点)
2)処方せん料
① 内服薬7種類以上の投薬
イ 後発医薬品を含む :43点
ロ イ以外の場合
:41点
② 内服薬7種類未満の投薬
イ 後発医薬品を含む :71点
ロ イ以外の場合
:69点
⇒ 42点(△1点)
⇒ 40点(△1点)
⇒ 70点(△1点)
⇒ 68点(△1点)
特定疾患処方管理長期投薬加算:45点 ⇒ 65点(+20点)
89
投薬
2.処方せん様式の変更(再掲)(p.565)
※
後発医薬品の使用促進
◎「備考」欄中に「後発医薬品への変更可」の「保険医署名」欄を
設けた処方せん様式に変更
◎「処方」欄に先発医薬品の銘柄名を記載した処方せんを交付した
医師が、当該先発医薬品を後発医薬品に変更しても差し支えない
と判断した場合は、その意思表示として「後発医薬品への変更
可」の「保険医署名」欄に署名する
◎「後発医薬品への変更可」の「保険医署名」欄に署名のある処方
せんを受け付けた保険薬局は、患者に後発医薬品の情報提供し、
患者が選択した後発医薬品または先発医薬品を調剤する。
90
リハビリテーション
1.リハビリテーションの疾患別体系への見直し
2.急性期リハビリテーションの評価
3.従事者1人1日当たりの実施単位数の上限の緩和
4.回復期リハビリテーション病棟入院料の見直し
5.退院後早期の訪問リハビリテーションの評価
6.その他のリハビリテーションに係る評価の見直し
7.消炎鎮痛等処置の同一月内逓減制の廃止
91
リハビリテーション
1.リハビリテーションの疾患別体系への見直し
※ 理学療法、作業療法、言語聴覚療法を4つの疾患別体系へ再編
①脳血管疾患等
リハビリテーション
対象疾患
脳血管疾患
脳外傷
脳腫瘍
神経筋疾患
脊髄損傷
②運動器
リハビリテーション
上・下肢の外傷・骨
折の手術後
③呼吸器
リハビリテーション
肺炎・無気肺
④心大血管疾患
リハビリテーション
急性心筋梗塞
開心術後
慢性閉塞性肺疾患
熱傷瘢痕による関
であって重症後分
慢性心不全で左心
節拘縮
類Ⅱ以上の状態の 駆出率40%以下
等 患者
大血管術後
等
等
等
リハビリテーション料(Ⅰ)
250点
180点
180点
250点
リハビリテーション料(Ⅱ)
100点
80点
80点
100点
算定日数上限
180日
150日
90日
150日
※ 集団療法の廃止、機能訓練室の面積要件の緩和
(p.258、261、480、483、497)
92
リハビリテーション
2.急性期リハビリテーションの評価
1)発症後早期について、患者1人・1日当たりの算定単位数の
(p.258、261)
上限を6単位まで緩和する
2)早期リハビリテーション加算:廃止
3.従事者1人1日当たりの実施単位数の上限の緩和
※ 医療機関ごとの弾力的な運用を可能に (p.262~)
(現行)
リハビリテーション従事者1人・1日当たり18単位まで(個別療法)
(改定)
リハビリテーション従事者1人・1日当たり18単位までを標準とし、
週108単位まで
※ 1日当たり単位数:18単位を標準とし、24単位を上限
※ 1週間当たりの単位数:非常勤従事者は常勤換算で1人当たりと
して計算
93
リハビリテーション
4.回復期リハビリテーション病棟入院料の見直し
※
更なる普及を図るため (p.451、455)
1)「算定対象となるリハビリテーションを要する状態」の拡大
大腿骨、骨盤、脊椎、股関節または膝関節の神経・筋・靱帯損傷後
1ヶ月以内の状態
2)算定上限の変更
⇒ 一律180日までの設定を、リハビリテーションを要する状態ごとに
一 脳血管疾患、脊髄損傷等の発症又は手術後2ヶ月以内の状態
150日
(高次脳機能障害を伴った重症脳血管障害、重度の頸髄損傷及び頭部外傷を含む
多発外傷の場合)
180日
二 大腿骨、骨盤、脊椎、股関節又は膝関節の骨折又は手術後2ヶ月以内の状態
90日
三 外科手術又は肺炎等の治療時の安静により生じた廃用症候群を有しており、
手術後又は発症後2ヶ月以内の状態
90日
四 大腿骨、骨盤、脊椎、股関節又は膝関節の神経・筋・靱帯損傷後1ヶ月以内の
状態
60日
94
リハビリテーション
5.退院後早期の訪問リハビリテーションの評価
◎在宅訪問リハビリテーション指導管理料 (p.107、123)
(現行)
530点(1日につき)週3回まで
(改定)
300点(1単位につき)週6単位まで
※ 退院後3月以内の患者は週12単位まで
95
リハビリテーション
6.その他のリハビリテーションに係る評価の見直し
※
障害児、障害者に対するリハビリテーションの評価
等
1)障害児(者)リハビリテーション料の新設(1単位につき)
6歳未満
:190点
6歳~18歳未満:140点
18歳以上
:100点
(p.259、268、480、484、500)
※ 脳性麻痺等の発達障害児(者)、肢体不自由児施設等の入所・通所者
※ 1日6単位まで
※ 脳血管疾患等リハビリテーションを算定した場合は算定できない
2)摂食機能・嚥下機能障害リハビリテーション (p.259、267)
算定上限の緩和
月4回まで ⇒ 月4回まで(治療開始から3か月以内は毎日算定可)
96
リハビリテーション
7.消炎鎮痛等処置の同一月内逓減制の廃止
※ 患者に分かりにくい逓減制の撤廃の一環
※ リハビリテーションの体系変更に対応
◎消炎鎮痛等処置 (p.291)
イ マッサージ等の手技による療法
:35点
ロ 器具等による療法
:35点
ハ 湿布処置 1 半肢の大部にわたるもの他:35点
2 その他のもの
:24点
⇒ 規定「ロおよびハの療法について、合わせて5回以上行った
場合は5回目以降については所定点数の50/100で
算定する」を廃止
97
処置・手術
1.消炎鎮痛等処置の同一月内逓減制の廃止(再掲)
2.創傷処置・皮膚科軟膏処置
3.熱傷処置
4.重度褥瘡処置の新設
5.不合理な処置点数の是正
6.手術の施設基準の廃止
7.麻酔に係る技術の評価
98
処置
2.創傷処置・皮膚科軟膏処置
※
項目の変更および点数見直し (p.282、287、294)
(現行)
1)手若しくは指又は足若しくは指にわたる範囲のもの
: 42点
2)半肢の大部又は頭部、頸部および顔面の大部にわたる範囲のもの: 49点
3)1肢又はこれに準ずる範囲のもの
: 75点
4)2肢若しくは全腹又はこれに準ずる範囲のもの
:140点
5)身体の大部にわたる範囲のもの
:250点
(改定)
1)100㎠未満
: 45点(+3点)
2)100㎠以上500㎠未満
: 49点
3)500㎠以上3,000㎠未満
: 75点
4)3,000㎠以上6,000㎠未満 :140点
5)6,000㎠以上
:250点
99
処置
3.熱傷処置
※ 術後創傷処置から独立
◎熱傷処置(1日につき)(p.282、295)
1)100㎠未満
:
135点
2)100㎠以上500㎠未満
:
147点
3)500㎠以上3,000㎠未満
:
225点
4)3,000㎠以上6,000㎠未満:
420点
5)6,000㎠以上
:1,250点
※ 初回の処置から2か月まで算定、それ以降は創傷処置
100
処置
4.重度褥瘡処置の新設
※
技術評価
◎重度褥瘡処置(1日につき)(p.283、295)
1)100㎠未満
: 90点
2)100㎠以上500㎠未満
: 98点
3)500㎠以上3,000㎠未満
:150点
4)3,000㎠以上6,000㎠未満:280点
5)6,000㎠以上
:500点
※ 初回の処置から2か月まで算定、それ以降は創傷処置
101
処置
5.不合理な処置点数の是正
1)外来管理加算より低い処置料の格差緩和
◎42点の処置点数を45点に引上げ
(例)
1)創傷処置、皮膚科軟膏処置
2)ドレーン法(ドレナージ)「持続的吸引を行うもの」
3)高位浣腸、高圧浣腸、洗腸、4)干渉低周波による膀胱等刺激法
5)子宮頸管内への薬物注入、6)子宮出血止血法「分娩外のもの」
7)胎盤圧出法、8)クリステル胎児圧出法、9)霰粒腫の穿刺
10)鼻涙管ブジー法、11)涙嚢ブジー法(洗浄を含む)、
12)副鼻腔手術後の処置(片側)、13)耳管ブジー法(片側)
14)唾液腺管ブジー法(片側)、15)滋養浣腸
102
処置
5.不合理な処置点数の是正
2)点数評価の是正
(p.288)
◎軟属腫摘除:100点 ⇒ 10箇所未満
:100点
10箇所以上30箇所未満:200点
30箇所以上
:300点
◎鶏眼・胼胝処置
170点(一連につき)⇒ 100点(月1回)(p.288)
◎少数睫毛抜去
:25点 ⇒ 睫毛抜去
睫毛抜去(多数):31点
少数の場合:25点 (p.289)
多数の場合:45点
103
手術
6.手術の施設基準の廃止
※ 相関関係の調査・検証を前提 (p.318、481、507)
◎医師の経験年数、年間症例数による5/100加算の廃止
人工関節術、ペースメーカ移植術、冠動脈、大動脈バイパス術、
体外循環を要する手術、経皮的冠動脈形成術、頭蓋内腫瘤摘出術、
黄斑下手術、鼓室形成手術、肺悪性腫瘍手術、靱帯断裂形成手術、
水頭症手術、肝切除術、子宮附属器悪性腫瘍手術 等
⇒
⇒
⇒
加算を上乗せした点数に改定
手術実績がある場合の年間手術症例数を院内掲示する
今後、年間手術症例数、患者の重症度等と手術成績との相関関係を
調査・検証
104
麻酔
7.麻酔に係る技術の評価
※
技術評価
1)麻酔管理料の引上げ (p.424、429)
・硬膜外麻酔または脊椎麻酔:100点 ⇒ 130点(+30点)
・マスクまたは気管内挿管による閉鎖循環式全身麻酔
:580点 ⇒ 750点(+170点)
2)麻酔料(重症患者に対する全身麻酔の評価)
(現行)
・マスクまたは気管内挿管による閉鎖循環式全身麻酔:6,100点
(改定)
・重症の患者に対して行う場合:8,300点 (p.423、427、481、484)
・その他の場合
:6,100点
105
精神医療
1.精神病床における急性期の入院医療の評価の見直し
2.精神病床における入院期間に応じた評価の見直し
3.老人性認知症疾患治療病棟等の人員配置の見直し
4.通院精神療法の見直し
5.入院精神療法の見直し
6.精神科デイ・ケアの見直し
7.精神科訪問看護・指導料および精神科退院前訪問指
導料の見直し
8.精神病床における認知症患者に対する入院医療の充
実
9.重度認知症デイ・ケア料の見直し
10.小児に対する心身療法の評価
106
精神医療
1.精神病床における急性期の入院医療の評価の見直し
※
精神科救急入院料、精神科急性期治療病棟入院料における
(p.26、62)
入院早期の評価引上げ
1)精神科救急入院料:2,800点 ⇒ 入院後30日以内:3,200点
入院後30日超 :2,800点
2)精神科急性期治療病棟入院料1:1,640点
⇒ 入院後30日以内:1,900点
入院後30日超 :1,600点
3)精神科急性期治療病棟入院料2:1,580点
⇒ 入院後30日以内:1,800点
入院後30日超 :1,500点
107
精神医療
2.精神病床における入院期間に応じた評価の見直し
※
精神病棟入院基本料の入院期間に応じた加算の見直し
(入院早期:引上げ、長期入院:引下げ) (p.8)
1)精神病棟入院基本料
14日以内
:439点
15日~30日以内 :242点
31日~90日以内 :125点
91日~180日以内: 40点
181日~1年以内
: 25点
2)老人精神病棟入院基本料
14日以内
:233点
15日~30日以内 :233点
31日~90日以内 :115点
91日~180日以内: 55点
181日~1年以内
: 32点
3)精神療養病棟入院料2 ⇒ 廃止
⇒ 459点(+20点)
⇒ 242点
⇒ 125点
⇒ 20点(△20点)
⇒ 10点(△15点)
⇒ 459点(+226点)
⇒ 242点(+9点)
⇒ 125点(+10点)
⇒ 20点(△35点)
⇒ 10点(△22点)
108
精神医療
3.老人性認知症疾患治療病棟等の人員配置の見直し
(p.27、64、453、475)
1)老人性認知症疾患治療病棟入院料1
90日以内 :1,290点 ⇒ 1,300点(+10点)
90日超
:1,180点 ⇒ 1,190点(+10点)
・ 看護職員配置 6:1
⇒ 看護職員の実質配置 20:1
(現行の看護職員配置 4:1)
・ 看護補助者配置 5:1 ⇒ 看護補助者の実質配置 25:1
(現行の看護補助者配置 5:1)
2)老人性認知症疾患治療病棟入院料2
90日以内 :1,160点 ⇒ 1,060点(△100点)
90日超
:1,130点 ⇒ 1,030点(△100点)
・ 看護職員配置 6:1
⇒ 看護職員の実質配置 30:1
(現行の看護職員配置 6:1)
・ 看護補助者配置 5:1 ⇒ 看護補助者の実質配置 25:1
(現行の看護補助者配置 5:1)
109
精神医療
4.通院精神療法の見直し (p.270)
※ 病診格差是正
1)診療所の場合:370点 ⇒ 360点(△10点)
2)病 院の場合:320点 ⇒ 330点(+10点)
5.入院精神療法の見直し
(p.270、274)
※ 要件緩和(入院中2回)
◎ 当該保険医療機関に初めて入院する統合失調症の患者であって
「家族関係」が疾患原因または増悪の原因の場合、患者の家族に対し
精神療法を行った場合には、入院精神療法を算定できることとする
110
精神医療
6.精神科デイ・ケアの見直し (p.271、278、480、501)
※
※
短時間のケアについて新たに診療報酬上の評価
精神障害者の地域復帰を支援
◎精神科ショート・ケア(新設)
1)小規模の場合:275点
2)大規模の場合:330点
※
※
開始後3年超の患者は週5日を限度
1日3時間以上を標準
111
精神医療
7.精神科訪問看護・指導料および精神科退院前訪問
指導料の見直し
※
算定回数上限を緩和 (p.272、280)
1)精神科訪問看護・指導料
(現行)週3回まで算定可
(改定)退院後3か月以内の患者は週5回まで算定可
2)精神科退院前訪問指導料
(現行)入院3か月超の患者に入院中3回に限り算定可
(改定)入院6か月超の患者に入院中6回まで算定可
112
精神医療
8.精神病床における認知症患者に対する入院医療の充実
◎重度認知症加算:100点(新設)(p.8、45、446、462)
※
精神病棟入院基本料を算定する重度の認知症患者について、
入院後3か月以内に限り加算
◎重度認知症患者入院治療料:廃止
◎認知症老人入院精神療法料:廃止
※
老人性認知症疾患治療病棟入院料の中で評価されている
113
精神医療
9.重度認知症デイ・ケア料の見直し
※
簡素化および介護保険との役割分担の明確化 (p.273、281、480、502)
1)重度認知症の定義
⇒ 認知症の評価尺度を導入し、介護保険との役割分担を明確化
2)重度認知症患者デイ・ケア料(Ⅰ)と(Ⅱ)を統合
(現行)
・重度認知症患者デイ・ケア料(Ⅰ)4~6時間未満:
705点
送迎なし
6時間以上
:1,060点
・重度認知症患者デイ・ケア料(Ⅱ)4~6時間未満:
953点
送迎あり
6時間以上
:1,308点
(改定)
・重度認知症患者デイ・ケア料 6時間以上:1,000点
114
精神医療
10.小児に対する心身療法の評価
※ 発達障害児、引きこもり、不登校等の児童の患者および思春期の患
者に対する精神医療の充実
◎心身医学療法の20歳未満加算の新設 (p.271)
※
100/100点を加算
115
小児医療・産科医療
1.乳幼児深夜加算等の新設および評価の充実
2.小児入院医療の評価の見直し
3.地域連携小児夜間・休日診療料の見直し
4.小児医療における手術の通則加算の見直し
5.小児医療における検査、処置等の技術評価の引上
げ
6.小児食物アレルギー患者への対応
7.ハイリスク分娩管理加算の新設(再掲)
8.ハイリスク妊産婦共同管理料の新設
116
小児医療
1.乳幼児深夜加算等の新設および評価の充実
※ 診療報酬体系の簡素化の観点から、初診料の時間外加算等について、
乳幼児を対象とする新点数を創設および深夜の評価充実 (p.1)
現 行
〔時間外〕
乳幼児加算
時間外加算
乳幼児加算の時間外による評価分
〔休日〕
乳幼児加算
休日加算
乳幼児加算の時間外による評価分
〔深夜〕
乳幼児加算
深夜加算
乳幼児加算の時間外による評価分
改 定
〔時間外〕
72点 乳幼児時間外加算
85点
43点
(計200点)
〔休日〕
72点 乳幼児休日加算
250点
43点
(計365点)
〔深夜〕
72点 乳幼児深夜加算
480点
43点
(計595点)
※なお、小児科外来診療料は、それぞれ85点、250点、580点を加算する
200点
365点
695点
(+100点)
117
小児医療
1.乳幼児深夜加算等の新設および評価の充実
※ 再診料についても初診料と同様に時間外加算等について、乳幼児を対象と
する新点数を創設および深夜の評価充実 (p.1)
現 行
〔時間外〕
乳幼児加算
時間外加算
乳幼児加算の時間外による評価分
〔休日〕
乳幼児加算
休日加算
乳幼児加算の時間外による評価分
〔深夜〕
乳幼児加算
深夜加算
乳幼児加算の時間外による評価分
改 定
〔時間外〕
35点 乳幼児時間外加算
65点
35点
(計135点)
〔休日〕
35点 乳幼児休日加算
190点
35点
(計260点)
〔深夜〕
35点 乳幼児深夜加算
420点
35点
(計490点)
※なお、小児科外来診療料は、それぞれ65点、190点、520点を加算する
135点
260点
590点
(+100点)
118
小児医療
2.小児入院医療の評価の見直し
※ 小児入院医療管理料の評価充実・要件緩和 (p.24、60、451、472)
1)小児入院医療管理料の評価引上げ
・小児入院医療管理料1:3,000点 ⇒ 3,600点(+600点)
・小児入院医療管理料2:2,600点 ⇒ 3,000点(+400点)
2)プレイルーム、保育士等加算:80点 ⇒ 100点(+20点)
3)小児科の医師の常勤要件の緩和
複数の小児科の医師が協同して常勤の場合と同等の時間数を勤務
⇒ 「常勤」として取扱う
119
小児医療
3.地域連携小児夜間・休日診療料の見直し
※
算定要件緩和と24時間診療体制の評価充実
1)要件緩和
(p.74、477、490)
「近隣の保険医療機関を主たる勤務先とする専ら小児科を担当する医師
が3名以上いること」
↓
「近隣の保険医療機関を主たる勤務先とする専ら小児科を担当する医師
が3名以上おり、うち2名以上は専ら小児科を担当する医師であるこ
と」⇒1名は小児科医でなくてもよい
2)24時間診療体制の評価充実:450点(新設)
・小児を24時間診療することができる体制
・小児科を担当する医師が常時配置
120
小児医療
4.小児医療における手術の通則加算の見直し
※
新生児、乳幼児に対する手術評価引上げ (p.319)
1)新生児:200/100 ⇒ 300/100
乳幼児: 50/100 ⇒ 100/100
2)極低出生体重児(1,500g未満の児)への加算新設
400/100
121
小児医療
5.小児医療における検査、処置等の技術評価の引上
げ
※
新生児加算、乳幼児加算の評価充実
1)検査、処置の新生児加算、乳幼児加算
(例)
・心臓カテーテル法による諸検査:新生児加算等の引上げ
・非還納性ヘルニア徒手整復法 :新生児加算等(新設)
2)注射の乳幼児加算
(例)
・静脈内注射、点滴注射:乳幼児加算21点 ⇒ 42点(+21点)
・中心静脈注射:乳幼児加算50点(新設)
122
小児医療
6.小児食物アレルギー患者への対応
※
診断・治療の評価
1)小児食物アレルギー負荷検査:1,000点(新設)
(p.162、218、479、495)
※ 年2回に限り算定
※ 小児科を標榜する保険医療機関で小児科を担当する医師が
9歳未満の入院患者に対して、問診、血液検査等から
食物アレルギーが強く疑われ、原因抗原を診断するために、
または耐性獲得の確認のために、食物負荷検査が必要と判断された
者に対して実施した場合
2)外来栄養食事指導料・入院栄養食事指導料の対象追加
※
小児食物アレルギー患者に対する「小児食物アレルギー食」
(p.87、477、482)
123
産科医療
7.ハイリスク分娩管理加算の新設(再掲)
※ 産科の体制が整っている病院におけるハイリスク分娩の妊産
婦に対する分娩管理について、入院基本料に加算
◎ハイリスク分娩管理加算:1,000点(1日につき)
※ 8日を限度として入院基本料に加算
(対象者)
保険診療の対象となる合併症を有している妊産婦であって、
リスク要因を持つ患者
(リスク要因)
(施設基準)
・妊娠22~27週の早産
・専ら産婦人科または産科に従事する医
師3名以上
・40歳以上の初産婦
・分娩前のBMIが35以上 ・年間分娩実施件数120件以上
の初産婦
・年間分娩実施件数等の情報を院内掲示
・糖尿病合併妊娠
・助産師3名以上
・妊娠高血圧症候群重症
・常位胎盤早期剥離
124
産科医療
8.ハイリスク妊産婦共同管理料の新設
※ ハイリスク分娩の妊産婦に対して、複数の医療機関が共同で
診療に当たれるような診療報酬上の評価 (p.79、97、478、482、492)
◎ハイリスク分娩の妊産婦について、入院先の病院の医師と、
紹介元の医療機関の医師が共同で診療に当たった場合に算定
1)ハイリスク妊産婦共同管理料(Ⅰ):500点
※
紹介元の医療機関が算定
2)ハイリスク妊産婦共同管理料(Ⅱ):350点
※ 入院先の病院が算定
(施設基準)
(Ⅰ):
・(Ⅱ)を算定する保険医療機関と連携し、産科・産婦人科を標榜
・年間分娩件数、ハイリスク分娩管理を共同で行う保険医療機関の名称等を
院内掲示
(Ⅱ):ハイリスク分娩管理加算の施設基準を満たすこと
125
DPC
1.DPCによる支払対象病院の拡大
2.診断群分類および点数の見直し
3.入院期間Ⅰの設定方法の見直し
4.包括評価の範囲の見直し
5.調整係数の見直し
126
DPC
1.DPCによる支払対象病院の拡大
1)DPC対象病院
現行:82病院に加えて
① 試行的適用病院:62病院
② 調査協力病院:228病院のうち一定の基準を満たす病院
2)DPC準備病院
① 上記②で対象とならなかった病院のうち引き続き適用希望する病院
② 新たに適用希望する病院のうち一定の基準を満たす病院
127
DPC
2.診断群分類および点数の見直し
※ 医療資源の同等性、臨床的類似性、分類の簡素化・精緻化、
アップコーディング防止等の観点から
1)診断群分類 3,074 ⇒ 約2,500
2)見直し方針
①「手術」による分岐の簡素化
②「手術・処置等2」による分岐の精緻化
③「検査入院」「教育入院」の廃止
④「副傷病」の検証
等
128
DPC
3.入院期間Ⅰの設定方法の見直し
※
より短期の入院を評価する仕組み
◎
平成16年度改定で、悪性腫瘍に対する化学療法などの短期
入院のある分類については、入院日数の25パーセンタイル値
までの点数の15%加算を、5パーセントタイル値までに繰り
上げて設定する見直しを行った。
◎ 今回改定では、悪性腫瘍以外の診断群分類のうち、短期入院
が相当程度存在する脳梗塞、外傷等についても同様の見直しを
行う
129
DPC
4.包括評価の範囲の見直し
※ DPC評価分科会での検討結果等を踏まえて
1)包括評価の対象外とする:画像診断管理加算
2)包括評価の対象とする :手術前医学管理料、手術後医学管理料
3)出来高算定とする患者
① 平成17年度「7月から10月までの退院患者に係る調査」終了以降に、
新規に薬価収載等された高額な薬剤等を使用する患者
② 自家末梢血幹細胞移植、自家造血幹細胞移植、臍帯血輸血を受ける患者
5.調整係数の見直し
◎平成18年度診療報酬改定率を踏まえ、DPCによる支払対象
病院の包括範囲に係る収入が△3.16%下がるように設定
130
医療技術の評価・再評価
1.新規技術の保険導入
2.既存技術の再評価
3.高度先進医療の保険導入
4.廃止・統合
131
医療技術の評価・再評価
1.新規技術の保険導入
※ 50技術を導入(医療技術評価分科会での検討結果)
1)PET/CT検査
2)小児の弱視・斜視治療のための眼鏡・コンタクトレンズ
3)小児食物アレルギー負荷検査
4)高周波熱凝固法
5)髄腔内薬剤投与用植え込み型ポンプ
6)胃局所切除術
7)CT・MRにおける先進画像加算
8)両方向グレン手術
9)肝膵同時切除術
10)多臓器提供管理料
11)小切開水晶体再建術
12)大動脈縮窄/離断と他の心疾患との一期的修復手術
132
医療技術の評価・再評価
1.新規技術の保険導入
※ 50技術を導入(医療技術評価分科会での検討結果)
13)左室形成術
14)心室中隔穿孔手術
15)褥瘡処置
16)一期的乳房再建術(乳房切除後)
17)二期的乳房再建術(乳房切除後)
18)免疫関連遺伝子再構成
19)PAIgG測定
20)終夜経皮的動脈血酸素飽和度測定
21)外陰・膣血腫除去術
22)膣断端挙上術(膣式・腹式)
23)扁桃処置
24)間接喉頭鏡下喉頭処置
133
医療技術の評価・再評価
1.新規技術の保険導入
※ 50技術を導入(医療技術評価分科会での検討結果)
25)鼓室処置
26)マグネットカテーテルによる食道・胃内異物摘出
27)腹腔鏡補助下腹腔内停留精巣陰嚢内固定術
28)経内視鏡的噴門部縫縮術
29)内視鏡的粘膜下層剥離術
30)髄液MBP・IgGインデックス・髄液オリゴクローナルバンド測定
31)脊椎固定術・前方後方同時手術
32)寛骨臼移動術・大腿骨近位部(転子間を含む近位部)骨切り術・大腿
骨頭回転骨切り術
33)神経交差縫合術
34)内視鏡下脊椎前方固定術
134
医療技術の評価・再評価
1.新規技術の保険導入
※ 50技術を導入(医療技術評価分科会での検討結果)
35)内視鏡下椎間板前方摘出術
36)内視鏡下椎間板後方摘出術
37)整形外科内視鏡手術
38)内視鏡下椎弓切除術
39)内痔核に対する四段階注射法
40)直腸腫瘍摘出術の自動吻合器又は自動縫合器加算
41)胸腔鏡下膿胸掻爬術
42)乳腺悪性腫瘍に対する腋窩郭清を伴わない乳房切除術
43)定位脳手術・脳刺激装置植込術・頭蓋内電極植込術の両側手術の
新設
44)ダーモスコピー
135
医療技術の評価・再評価
1.新規技術の保険導入
※ 50技術を導入(医療技術評価分科会での検討結果)
45)密封小線源前立腺癌永久挿入療法
46)輸血管理料
47)自己血貯血(液状保存)
48)自己血貯血(凍結保存)
49)膵頭十二指腸切除術における自動吻合器・縫合器加算
50)HIV-1ジェノタイプ薬剤耐性検査
136
医療技術の評価・再評価
2.既存技術の再評価
※ 86技術を再評価(医療技術評価分科会での検討結果)
1)持続緩徐式血液濾過術
2)後腹膜気体造影の廃止
3)経尿道的前立腺手術
4)潰瘍性大腸炎に対する遠心分離式による白血球除去療法
5)環境アレルゲンや薬疹の原因薬剤検査のための貼布試験(パッチテ
スト)
6)血漿交換療法(中毒性皮膚壊死症等)への適応拡大
7)関節リウマチに対するインフリキシマブ点滴注射に係る外来抗体製剤
療法加算の新設
8)Picture archiving and communication system(PACS)運用費の評価
9)エックス線乳房撮影の単純撮影からの独立
10)コンピュータ画像撮影機器の性能別の評価
137
医療技術の評価・再評価
2.既存技術の再評価
※ 86技術を再評価(医療技術評価分科会での検討結果)
11)エタノールの局所注入の適応拡大
12)肝切除術
13)気管支形成を伴う肺切除術
14)食道悪性腫瘍手術
15)食道悪性腫瘍手術の有茎腸管加算追加
16)大動脈瘤手術 8.胸腹部大動脈瘤
17)肺切除術
18)副甲状腺全摘出、自家移植
19)弁形成術
20)FDG-PETの婦人科癌への適応拡大
21)FDG-PETの食道癌への適応拡大
22)内視鏡下手根管開放術
138
医療技術の評価・再評価
2.既存技術の再評価
※ 86技術を再評価(医療技術評価分科会での検討結果)
23)関節鏡下半月板縫合術
24)オフポンプ冠動脈バイパス手術時のスタビライザーの特定保険医療
材料としての評価
25)植込み型補助人工心臓
26)組織拡張器による再建手術
27)結核菌核酸同定精密検査、結核菌群核酸増幅同定検査
28)呼吸器疾患心肺運動負荷試験
29)CA125精密測定
30)NSTの外来使用
31)骨盤位娩出術
32)腟洗浄
33)耳管処置
139
医療技術の評価・再評価
2.既存技術の再評価
※ 86技術を再評価(医療技術評価分科会での検討結果)
34)内耳機能検査
35)鼻腔通気度検査
36)標準語音聴力検査
37)補聴器適合検査
38)偽関節手術
39)脳性麻痺等の発達障害に対するリハビリテーション
40)腹腔鏡補助下胃悪性腫瘍手術
41)外来化学療法加算のクローン病患者に対する抗TNFα抗体製剤使
用への適応拡大
42)瀉血療法
43)止血(補助用)デバイスの算定要件の見直し
44)ポツリヌス毒素筋肉注射手技料の新設
140
医療技術の評価・再評価
2.既存技術の再評価
※ 86技術を再評価(医療技術評価分科会での検討結果)
45)ボツリヌスキシンを用いた顔面神経ブロック
46)両室ペースメーカー移植術
47)脊髄誘発電位測定の適応拡大(側弯症手術)
48)難治性骨折超音波治療法
49)同一術野における複数手術の見直し
50)言語聴覚療法の算定対象に嚥下訓練を追加
51)吸着型血液浄化器を用いたβ2-ミクログロブリン除去療法の算定要
件の見直し
52)連続携行式腹膜灌流腹腔内留置カテーテルの処置加算から手術へ
の変更
53)腹腔鏡下結腸悪性腫瘍手術
54)同種皮膚移植
141
医療技術の評価・再評価
2.既存技術の再評価
※ 86技術を再評価(医療技術評価分科会での検討結果)
55)熱傷処置(6,000㎠以上)
56)血管内手術
57)膀胱及び前立腺に対する組織試験採取、切採法(廃止)
58)前立腺針生検
59)限界線療法(廃止)
60)軟属腫摘除
61)精神科作業療法の要件見直し、点数引上げ等
62)経鼻的下垂体腺腫摘出術
63)頸動脈血栓内膜摘除術
64)HER2遺伝子
65)電子顕微鏡検査
66)病理組織迅速顕微鏡検査
142
医療技術の評価・再評価
2.既存技術の再評価
※ 86技術を再評価(医療技術評価分科会での検討結果)
67)免疫抗体法
68)両側子宮附属器癒着剥離術(腹腔鏡下)
69)腹腔鏡下卵巣部分切除術
70)腹腔鏡による子宮外妊娠手術
71)腹腔鏡下子宮筋腫核出術
72)腹腔鏡下子宮内膜病巣除去術
73)腹腔鏡下膣式子宮全摘術
74)抗悪性腫瘍剤に係る無菌処理加算の点数引上げ
75)鶏眼・胼胝処置
76)腹腔鏡下複数臓器手術
77)アルブミン・グロブリン比測定の廃止
78)フルクトサミン測定(廃止)
143
医療技術の評価・再評価
2.既存技術の再評価
※ 86技術を再評価(医療技術評価分科会での検討結果)
79)ヘモグロビンA1測定(廃止)
80)ポールバンネル反応(廃止)
81)ロゼット法によるリンパ球サブセット検査(廃止)
82)過酸化脂質測定(廃止)
83)検体検査
84)検体検査管理加算
85)総脂質測定(廃止)
86)部分トロンボプラスチン時間測定(廃止)
144
医療技術の評価・再評価
3.高度先進医療の保険導入
※ 普及性、効率性、有効性、安全性等を踏まえた導入
1)悪性腫瘍の遺伝子診断
2)進行性筋ジストロフィーのDNA診断
3)腹腔鏡下前立腺摘除術
4)CT透視ガイド下生検
5)脳死肝臓移植手術
6)心臓移植手術
7)膵臓移植手術
8)脳死肺移植手術
145
医療技術の評価・再評価
4.廃止・統合
※
医療現場ですでに実施されていない、臨床的な意義が無くなっていると考え
られる項目の削除
※ 点数表の簡素化のために、同様の手技等と考えられる項目を統合する
〔検査の例〕
旧区分
旧検査項目名
新区分
新検査項目名
D006 16 PIVKAⅡ
D009 8 PIVKAⅡ精密測定
D006 16 PIVKAⅡ
D015 15 第Ⅷ因子様抗原
D015 15 第Ⅷ因子様抗原精密測定
D006 17 第Ⅷ因子様抗原
D007 31 ミオグロビン
D007 31 ミオグロビン精密測定
D007 29 ミオグロビン
D007 36 トリプシン
D007 36 トリプシン精密測定
D007 34 トリプシン
D007 41 ビタミンB1定量
D007 41 ビタミンB1定量精密測定
D007 38 ビタミンB1定量
146
医療技術の評価・再評価
4.廃止・統合
※
医療現場ですでに実施されていない、臨床的な意義が無くなっていると考え
られる項目の削除
※ 点数表の簡素化のために、同様の手技等と考えられる項目を統合する
旧区分
D008
D008
D008
D008
D008
D008
D008
D008
D008
D008
旧検査項目名
2 11-ハイドロキシコルチコステロイド(11-OHCS)
2 11-ハイドロキシコルチコステロイド(11-OHCS)
精密測定
3 17-ハイドリキシコルチコステロイド(17-OHCS)
3 17-ハイドリキシコルチコステロイド(17-OHCS)
精密測定
8 プロラクチン(PRL)
8 プロラクチン(PRL)精密測定
11 黄体形成ホルモン(LH)
11 黄体形成ホルモン(LH)精密測定
12 ヒト胎盤性ラクトーゲン(HPL)
12 ヒト胎盤性ラクトーゲン(HPL)精密測定
新区分
新検査項目名
D008
2 11-ハイドロキシコルチコステロイド(11-OHCS)
D008
3 17-ハイドリキシコルチコステロイド(17-OHCS)
D008 10 プロラクチン(PRL)
D008 12 黄体形成ホルモン(LH)
D008 14 ヒト胎盤性ラクトーゲン(HPL)
147
医療技術の評価・再評価
4.廃止・統合
※
医療現場ですでに実施されていない、臨床的な意義が無くなっていると考え
られる項目の削除
※ 点数表の簡素化のために、同様の手技等と考えられる項目を統合する
旧区分
D008
D008
D008
D008
D014
D014
D014
D014
D015
D015
D015
D015
旧検査項目名
16
17
19
19
10
10
11
11
7
7
エストロジェン
エストロジェン精密測定
プレグナンジオール
プレグナンジオール精密測定
抗RNP抗体
抗RNP抗体精密測定
抗Sm抗体
抗Sm抗体精密測定
トランスフェリン
トランスフェリン精密測定
8 補体蛋白(C3)
8 補体蛋白(C3)精密測定
新区分
新検査項目名
D008 18 エストロジェン
D008 21 プレグナンジオール
D014 10 抗RNP抗体
D014 11 抗Sm抗体
D015
7 トランスフェリン
D015
8 補体蛋白(C3)
148
医療技術の評価・再評価
4.廃止・統合
※
医療現場ですでに実施されていない、臨床的な意義が無くなっていると考え
られる項目の削除
※ 点数表の簡素化のために、同様の手技等と考えられる項目を統合する
旧区分
D015
D015
D015
D015
D007
D007
D007
D007
D023
D023
旧検査項目名
8
8
9
10
31
31
37
37
補体蛋白(C4)
補体蛋白(C4)精密測定
β2-マイクログロブリン(β2-m)
β2-マイクログロブリン(β2-m)精密測定
α1-マイクログロブリン
α1-マイクログロブリン精密測定
頸管膣分泌液中癌胎児性フィブロネクチン
頸管膣分泌液中癌胎児性フィブロネクチン
精密測定
4 結核菌核酸同定精密検査
6 結核菌群核酸増幅同定検査
新区分
D015
新検査項目名
8 補体蛋白(C4)
D015 11 β2-マイクログロブリン(β2-m)
D015 13 α1-マイクログロブリン
D015 18 頸管膣分泌液中癌胎児性フィブロネクチン
D023
9 結核菌群核酸増幅同定検査
149
その他
1.透析医療の適正な評価
2.酸素の価格引下げ
3.長期の投薬が不適切になされた事例の取扱い
(不適切な“超長期投薬”への対応)
150
その他
1.透析医療の適正な評価
1)慢性維持透析患者外来医学管理料:2,460点 ⇒ 2,305点
(△155点)
(p.72、226、240)
2)人工腎臓(入院中以外の場合) :1,960点 ⇒ 2,250点
※ エリスロポエチン製剤を包括
3)夜間加算・休日加算:500点 ⇒ 300点(△200点)
(p.286、299 p.480、484)
151
その他
2.酸素の価格引下げ
※ 告示価格の適正化 (p.314、564)
◎定置式液化酸素貯槽(CE)に係る酸素の単価のみ改定
・離島以外:0.20円/1L ⇒ 0.18円/1L
・離島
:0.30円/1L ⇒ 0.27円/1L
※ 購入単価の区分ごとの加重平均は現行告示価格から最大32%乖離
※ 加重平均単価に告示価格の15%を加えた値が、現行告示価格を下
回る場合は、当該価格を告示価格とする
※ 離島等の地域の告示価格:
現行どおり、離島以外の地域における告示価格の1.5倍に設定
152
その他
3.長期の投薬が不適切になされた事例の取扱い
事 務 連 絡
平成18年3月3日
各地方社会保険事務局保険課(部)
都道府県民生主管部(局)
国民健康保険主管課(部)
都道府県老人医療主管部(局)
老人医療主管課(部)
御中
厚生労働省保険局医療課
長期の投薬が不適切になされた事例の取扱いについて
標記について、別添のとおり社会保険診療報酬支払基金及び(社)国民健康保
険中央会あて連絡したので、お知らせ致します。
153
その他
3.長期の投薬が不適切になされた事例の取扱い
事 務 連 絡
平成18年3月3日
社会保険診療報酬支払基金
御中
(社)国民健康保険中央会
厚生労働省保険局医療課
長期の投薬が不適切になされた事例の取扱いについて
薬剤の投薬量については、保険医療機関及び保険医療養担当規則(昭和32年厚生
省令第15号)第20条第1項第2号ホの規定において、特に定めるものを除き、予見す
ることができる必要期間に従ったものでなければならないとされているところであ
るが、一回の処方にて長期の投薬が不適切になされる事例が散見されている。
ついては、そのような不適切な事例が疑われる場合には、各審査委員会において、
医学的判断に基づき適切に審査していただくようお願いする。
154
その他
3.長期の投薬が不適切になされた事例の取扱い
(事務連絡 つづき)
なお、長期の投薬が不適切になされた具体的事例について、下記にまとめたので
参考にされたい。
記
薬 剤 名
事例1
処 方
期 間
審 査
結 果
備
考
経皮吸収型消
医学的必要性を踏まえつつ、症
140枚 査定
炎鎮痛貼付剤
状の経過に応じ処方すべき。
事例2 不整脈用薬
90日
査定
症状の経過及び副作用等の状
況に応じ処方すべき。
事例3 腫瘍用薬
56日
査定
症状の経過及び副作用等の状
況に応じ処方すべき。
155
ダウンロード

平成18年度診療報酬改定について