漫画・アニメの実写化
(ファンタジー編)
北村研究室
式町、大木、古林
発表の目的
漫画と映画ではメディアが異なり、工夫が必要
メディアの差をどう埋めるのか、
その工夫を探る。
ファンタジーの定義
• 「ファンタジーというのは、現実に起こりえない
ことや、超自然的なことを扱った物語を意味
する」(C.S.ルイス)
今回取り上げる映画
メ
イ
ン
(
成
功
)
成
功
例
比
較
失
敗
例
興行成績
「ゲゲゲの鬼太郎」
• 動員:119万5072人
• 興行収入:17億4355万5916円
(13日間・ 339スクリーン)
興行的には成功
どろろ→ 14億4209万7950円(37日間・296スクリーン)
最終兵器彼女→不明であるほど低い
興行成績を見守るblog http://blog.kansai.com/tonycyoppaより
ネット評価
(Yahoo!レビューより)
「ゲゲゲの鬼太郎」
• レビュー数:382件
• 平均評価点3.45点/5点
「どろろ」
• レビュー数:1134件
• 平均評価点3.23点/5点
「最終兵器彼女」
• レビュー数:101件
• 平均評価点:2.59/5点
注目度も程々あり、
標準点もクリア
注目度も低い上に、
評価点も低い。
(3点以下はあまり見られない)
キャラクタ
~漫画特有の面白さをうまく活かせるか~
ゲゲゲの鬼太郎
• 実力のある人気俳優を多用→どれもはまり役。
ねずみ男
賛否両論
<賛>
・意外に似合っている
・顔がきれい
<否>
・キャラ設定の変更によって、
魅力がなくなった
・ダイコン役者
鬼太郎
高評価。
コミカルさに受けが良い。
どろろ
設定自体を改変
漫画とイメージぴったりには
ならないが、
世界観・キャラクタについて
は、違和感はない
最終兵器彼女
漫画キャラクターの人間的
な面白さが消えている。
まとめ
• キャラクターの持ち味を生かしたギャグ要素
• 現実にはありえない台詞や動きを、現実の人間が
する面白み
コミカルな魅力
成功した、「ゲゲゲの鬼太郎」「どろろ」にはこれがあるが、
失敗した「最終兵器彼女」には、これがない!!!
その他の効果(CG)
~現実にはないファンタジーを描くために~
CG等その他の効果
• 鬼太郎・どろろ :
• 妖怪CGは、クオリティが高い
• 最終兵器彼女 :
• CGは高評価だが、演出でそれが上手く活かされて
いない
鬼太郎
どろろ
最終兵器彼女
まとめ
• きれいなCGを作ったからと言って、その世界
観が表せるとは限らない!
• 現実の物とのバランスや、演出としてどう扱う
か、を最も考えなければならない。
ストーリー
~いかに削って、いかに加えるか~
ストーリーの絞り方
・連載が長い
漫画のエピソードをてんこ盛りにしようとし
て失敗しやすい。
エピソードを精選する必要がある!
・漫画に頼りすぎない事も重要!
新たなストーリーの投入
現実とはかけはなれた世界
観客の共感を得る工夫が必要!
まとめ
~何が成功の秘訣?~
成功・失敗の分かれ道
■どろろ、鬼太郎
•漫画特有のコミカルな魅力が活かせている
•人間ドラマを描くことを重要視
■最終兵器彼女
•漫画の根幹テーマである恋(人間ドラマ)
がうまく描かれていない
最終兵器彼女の敗因
人間ドラマが描かれていない
つまり・・・
まとめ
漫画原作は、リアリティのない設定だからこそ、
登場人物にリアリティを!
漫画を実写でやるからこそのコミカルさを!
ダウンロード

「最終兵器彼女」には