ジェンダーと文明 11
ボーヴォワール
『第二の性』とそれ以後
(インターネット上には適切な情報が少ない)
20世紀
公
選挙権の獲得(ここまで第一波フェミニズム)
近代のリベラル・デモクラシー原理:人権思想、
理性主義、男女の性差の極小化、公私の区
分、議会制民主主義、改良主義、プライバ
シーの尊重、個人主義、市場の尊重
最初の女性大学教授
最初の女性弁護士
第二の性
シモーヌ・ド・ボーヴォワール
Simone de Beauvoir(1908-86)
「夫」はジャン=ポール・サルトルJean-Paul
Sartre(1905-80)、哲学者、作家
『第二の性』1949出版
第二の性
「20世紀の本当に理論的なフェミニストの考
察の始まり」
「現代フランスのフェミニズムの起源」
(カトリーヌ・ロジャース、『ボーヴォワールの
「第二の性」』1998)
女はつくられる
人は女に生まれるのではない、女になるのだ。
(『第二の性』体験、第一部 女はどう育てられ
るか、12ページ)
公から私への契機(1960年代、第二波フェミ
ニズム)
他者としての女
女は娘、妻、母として定義される。
女であることの定義が自分の外から与えられ、
自らそれを引き受け、価値内面化し、隷属化
基準は男
「女は男を基準にして規定され、区別される
が、女は男の基準にならない。女は本質的な
ものに対する非本質的なものなのだ。男は<
主体>であり、<絶対者>である。つまり女
は<他者>なのだ。」
他者
余計者
よそ者ー男性中心の社会において
男=主体、絶対、能動性
女=他者(できそこないの男)、劣った性(←
歴史的につくられてきた)、受動性は奨励され
る(メモ「ファイティング・ガール」2001テレビ
ドラマ、深田恭子、お転婆、新しい、しかし基
準は男の強さ)
フロイト
「女について」(フロイトの男性中心主義を表
す講演=女は男のできそこない、ユダヤ=キ
リスト教的な男根中心思想)
のちにラディカル・フェミニズムにおいて批判
される
リベラル・フェミニズム
リベラル・フェミニスト:ベティ・フリ-ダン、19
21年生まれ、『新しい女性の創造』1963
エリザベート・バダンテール、1944年生まれ、
ボーヴォワールの系譜、『男は女、女は男』1
986
フランスのフェミニズムの正統
性別役割分業批判へ(国連「女性差別撤廃
条約、1977)
ダウンロード

シモーヌ・ド・ボーヴォワールと『第二の性』