使う英語・使える英語
**英語の勉強のしかた**
さすがBBC(国営英国放送)です。
そこに英語の学び方の10ヒントがあります。
私なりに補足しながら、その紹介です。
私の場合は、自分に必要な英語を
文法は忘れて、発音は無視して
2006年4月 Tony Ohtsubo
はじめに



使える英語・使う英語の勉強の仕方です。
私の場合は、海外旅行で使える英語でいいの
です。ホテル、ショッピング、観光旅行で使える
英語でいいのです。文法まちがってもいいのだ
す。通じるまで話せばいいのです。(女房に「う
ちのお父さん、さすが」と思ってもらえるレベル
です)
大学の試験に合格するためならば、その為の
勉強の方法があります。
勉強内容




まずは、そのヒントを聞いてください。
聞き取りは必要ですよね。聞き取れないと会話
が会話がすすめません。
ですから毎日のニュースを英語で聞いたり、と
にかく聞く勉強は絶対必要だと思います。
「もっとゆっくり話して」「やさしい英語で話して」
「すいませんが、紙に書いてください」そんな
図々しさも必要ですね。
「これだ!」と思いました
ーBBC英国放送よりー


10のヒントを紹介します。
それぞれについて、補足説明します。
1:何故、英語を勉強するの?

Point 1
Be clear about why you want to learn
English. Do you want it for your job, to
help you get a job, to talk to English
speakers, to help you study?
2:どのレベルを目指すの
文法まちがってもいい。つうじればいいの
I am Ohtsubo. You is Ohtsubo. でもいいの

Point 2
Be clear about how good you want your
English to be. How good do you want to
be at speaking English, listening,
reading, writing?
3:あなたの望む、目標のレベルを
達成した時をイメージしましょう
海外のドラマを英語できいて、わかる、わらえる

Point 3
Have a clear image of yourself when you
have achieved the proficiency that you
want. What will you see, what will you
hear, how will you feel?
4:語学学習コースに参加しましょ
う。英語を使う環境のおきましょう
・ニュース、世の中の動きは英語で収集しよう。
・海外の友人とメール交換しよう。
・海外のドラマを英語できこう。(聞き取れる言葉が
増える喜びを感じよう。ドラマ自体を楽しもう)

Point 4
If possible, enrol on a language course.
If you can't, put yourself in situations
where you can use English which leads
on to ......
5:英語を使う機会を求めよう
日常生活の中におりこみましょう
・ニュースは英語で、
・海外の友人とメール交換

Point 5
Look for opportunities to learn and use
English. Speak English whenever you can.
Listen to the radio and CDs in English, read
and write in English. If you look for
opportunities, you will find them.
6:新しい言葉やフレーズをメモし
よう
移動中もICレコーダーで英語を聞いています

Point 6
Write down new words and phrases in a
notebook. Keep the notebook with you so
you can look at it when you have a spare
moment.
7:恥ずかしがらずに使いましょう

Point 7
Practise, practise, practise. There's an
expression in English. If you don't want to
lose it, use it. This is very true when it comes
to learning foreign languages.
8:私も欲しい。仲間になってくださ
い。

Point 8
Find a learning buddy or colleague. Find
someone you can learn English with. Speak
with each other. Send each other messages
in English.
9:ちょっとだけ、続けることです

Point 9
Learn little and often. Make it a habit to learn
English ten minutes each day. This is much
better than learning for longer once a week.
10:今日は何を学ぼう。今日の終
わりには、今日は何を学んだかな。

And the final point: At the beginning of
a learning period, ask yourself, "What
do I want to learn today?" At the end
of a period, ask yoursef, "What have I
learnt today?"
項目 1:読む、聞く




身近にあります。本当のあります。
NHKのホームページ。音声もあります。文字も
あります。
朝日新聞にも、読売新聞にも、毎日新聞にも、
すべて English あります。
社説の英語もあります。その読み方のこつの解
説もあります。
項目 2:話す、書く




独り言でもいいじゃないですか。
電車の待ち時間に、今日のプランを独り言。
日記を英語でかきましょう。
ワードがつかえますよ!!
– 誤字、脱字をチェックしてくれます。
– 英語の手紙の書き方のサンプルも、ガイドもあります。
まとめ:英語の夢をみるくらい、が
んばりましょう!

There's a story about a teacher who told his
students, ?You know you're making progress
in English when you speak in English, think in
English, and dream in English.
One day a student came into the class very
excited and said, "Teacher, Teacher, last
night I dreamt in English." The teacher said,
"That's wonderful. What did you dream
about?" And the student said, "I don't know,
it was in English."
求めるレベルによって、より高度
な勉強方法もあります




BBCのホームページをみてください
ニュース英語、スポーツ英語などいろいろな
ジャンルがあります。
先生、教師のための英語の勉強のしかたもあり
ます。
スペイン語、ドイツ語など英語で勉強すれば、
一石二鳥のページもあります。
ダウンロード

英語の勉強のしかた