世界(せかい)に一(ひと)つだけの花(はな)
槙原敬之(まきはらのりゆき)
NORIYUKI AKIHARA : EXPLORER
花屋(はなや)の店先(みせさき)に
並(なら)んだ
いろんな花(はな)を見(み)ていた
人(ひと)それぞれ好(この)みはあるけど、
どれもみんなきれいだね
この中(なか)で誰(だれ)が
一番(いちばん)だなんて
争(あらそ)うこともしないで
バケツの中誇(なかほこ)りらしげに
しゃんと胸(むね)を張(は)っている
それなのに僕(ぼく)ら人間(にんげん)は
どうしてこうも比(くら)べたがる?
一人一人違(ひとりひとりちが)うのにそ
の中(なか)で
一番(いちばん)になりたがる?
そうさ 僕(ぼく)らは
世界(せかい)に一(ひと)つだけの花(はな)
一人一人違(ひとりひとりちが)う種(たね)を
持(も)つ
その花(はな)を咲(さ)かせることだけに
一生懸命(いっしょうけんめい)になればいい
困(こま)ったように笑(わら)いながら
ずっと迷(まよ)ってる人(ひと)がいる
がんばって咲(さ)いた花(はな)はどれも
きれだから仕方(しかた)ないね
やっと店(みせ)から出(で)てきた
その人が抱(かか)えていた
色(いろ)とりどりの花束(はなたば)と
嬉(うれ)しそうな横顔(よこがお)
名前(なまえ)も知(し)らなかったけれど
あの日僕(ひぼく)に笑顔(えがお)をくれた
誰(だれ)も気(き)づかないような
場所(ばしょ)で
咲(さ)いてた花(はな)のように
そうさ僕(ぼく)らも
世界(せかい)に一(ひと)つだけの花(はな)
一人一人違(ひとりひとりちが)う
種(たね)を持(も)つ
その花(はな)を咲(さ)かせることだけに
一生懸命(いっしょうけんめい)になればいい
小(ちい)さな花(はな)や
大(おお)きな花(はな)
一(ひと)つとして同(おな)じものはないから
NO.1にならなくてもいい
もともと特別(とくべつ)なONLY ONE
ダウンロード

どれもみんなきれいだね