日ノ浜の砂鉄
●名 称/史跡古武井熔鉱炉跡
●所在地/函館市(旧恵山町)
●発注者/箱館奉行
●建設年/1858年
土木遺産の概要
「古武井熔鉱炉」は、箱館奉行が、付近海岸に豊富に産す
る砂鉄を用いて大砲を鋳造する為、幕府の許可を得て、箱
館奉行支配下の蘭学者武田斐三郎に命じて築造させたもの
である。我が国で最も古い西洋式高炉で、一度火を入れた
が失敗し放置された。「基壇石積」は五稜郭を築いた石工、
井上喜三郎によるもので本体は見られないが、石組・基底
部分は今も見られる。
ダウンロード

史跡古武井熔鉱炉跡