難民支援協会主催 国際シンポジウム
新時代の難民保護と市民社会
~アジア太平洋7カ国・地域のNGOの視点から~
日 時:
2009年 6月 13日(土)
10:30~16:30 (受付10:00~)
場 所:女性と仕事の未来館
4階ホール
定 員:250名 参 加 費:無料
アジア太平洋地域には世界の難民の約34%(382万人)がいるといわれています。近年、日本をはじめ、同地域で
の難民受入れや政策には大きな変化が起きており、新たな支援のあり方が模索されています。本シンポジウムで
は、豪州、香港、日本、韓国、マレーシア、タイ、米国の難民保護の専門家を招き、それぞれの難民受入れの現状
や市民社会の役割を紹介し、「新時代」の難民保護のあるべき姿について考えます。
プログラム (日英同時通訳あり)
▼来賓挨拶 (10:40‐11:00)
ヨハン・セルス
▼キーノートスピーチ (11:00‐12:00)
ファン・ピルギュ
阿部 浩己
マーク・ダリー
国連難民高等弁務官事務所(UNHCR) 駐日代表
「韓国・香港・日本における難民保護の発展」
韓国公益弁護士グループ「共感」 弁護士
神奈川大学法科大学院 教授
バーンズ&ダリー法律事務所 弁護士(香港)
▼パネルディスカッションⅠ(13:00‐14:30) 「アジア太平洋地域の難民条約加盟国における現状と課題」
モデレーター:
タマラ・ドミセル
石川 えり
イ・ホテク
クリスティン・ペトリイ
水野 孝昭
オーストラリア難民協議会 政策ディレクター
難民支援協会 事務局長
韓国NGOピナン(難民避難所) 代表
国際救済委員会 (International Rescue Committee) タイ 副代表
朝日新聞社 論説委員
▼パネルディスカッションⅡ(14:40‐16:20) 「アジアにおける難民保護に向けた新たな挑戦」
モデレーター:
カトリーナ・J・マリアモヴ テナガニータ プログラムオフィサー(マレーシアNGO)
ルフィーノ・セヴァ
バンコク難民センター プログラム・マネージャー(タイNGO)
ブライアン・バーバー
香港難民アドバイスセンター エグゼクティブ・ディレクター
アダム・ザービノプロス 在タイ米国大使館 東アジア難民調整官代理
ティンウィン
在日ビルマ市民労働組合会長(ビルマ難民)
ペトリス・フラワーズ
ハワイ大学政治学部 准教授
※プログラム及びパネリストは変更になる場合があります。
主催
助成
会場へのアクセス
女性と仕事の未来館 4階 ホール
住所:東京都港区芝5-35-3
JR「田町」駅 三田口(西口)より徒歩3分
都営浅草線・三田線「三田」駅 A1出口より徒歩1分
TEL: 03-5444-4151(代)
難民支援協会 団体概要
JARの支援活動
~私たちは、日本の難民が食べたり、寝たり、働いたりする、
そんな当たり前の生活を送れるよう、支援する団体です~
難民支援協会は、日本に来た難民を総合的に支援する専門NGOとして1999年に設立され、これまでに約
2,000人の難民を支援してきました。住居や医療、就労など日々の生活に関する相談から、日本での定住
のための支援など、難民一人ひとりのニーズに応じた支援を行っております。また、難民に対する市民の
理解を高めたり、政策提言を行うことにも活発に取り組んでおり、難民が日本で自立した生活を安心して
送れるよう活動しています。
参加お申し込み
参加をご希望の方は下記メールアドレスまたは下記のフォームにご記入の上、FAXまたは
メールにてお申し込みください。お電話でのお申し込みも受け付けております。
難民支援協会シンポジウム事務局 宛
TEL: 03-5379-6001 FAX: 03-5379-6002
E-mail: [email protected]
お申し込み期限:2009年6月11日(木)
お名前*
ご所属*
お役職
ご住所
ご連絡先*
TEL:
FAX:
E-mail:
「*」印は必須項目です。ご記入頂いた個人情報は適切に管理し、本シンポジウム開催の目的にのみ利用致します。
認定NPO法人
難民支援協会 Japan Association for Refugees (JAR)
〒160-0004 東京都新宿区四谷1-7-10 第三鹿倉ビル6階
TEL:03-5379-6001 FAX:03-5379-6002
ホームページ:www.refugee.or.jp
本シンポジウムに関するお問い合わせつきましては、 [email protected] へご連絡ください。
ダウンロード

女性と仕事の未来館 4階 ホール