臨死体験
Near-Death Experience
臨死体験とは?
• 資料映像
• 『驚異の超心理世界(2)死後の領域との接
点』(BBC)
• 『死生観の人類学(2)死を体験する』(新宿ス
タジオ)
臨死体験者の割合
• 臨死状態から生還した人の30%
• 全人口の5%
(アメリカでの調査)
臨死体験の典型的な要素
•
•
•
•
•
•
•
•
•
安らぎ、喜びの感覚
身体との分離の感覚、体外離脱体験
トンネル体験
人生の回顧、走馬燈体験
境界線(三途の川など)を見る
光の体験
宇宙との合一感
死者、霊的存在との出会い
帰還の決断
臨死体験の事後効果
資料映像:『死生観の人類学(2)死を体験
する』(新宿スタジオ)
臨死体験の事後効果(1)
• 死後の意識の存続への信念の強化
• 死への恐れの低下
(自殺に対して肯定的にはならない)
• 超常的な体験の増加
• 霊的な関心や信仰心の増加
(組織宗教への関心は増加しない)
• 平和問題や環境問題への関心の増大
臨死体験の事後効果(2)
•
•
•
•
•
自己の人生の意味への理解の増加
他者からの評価への関心の低下
他者への愛や寛容さの増加
他者との競争心の低下
物質的な成功への関心の低下
臨死体験の解釈
文化的イメージ仮説
• 文化的に学習された天国や地獄などのイメー
ジが死に瀕したときにあらわれる
• しかし、体験内容に文化差があるのは事実だ
が、共通性のほうが大きい
• また、文化的なイメージがあまりすり込まれて
いない乳幼児の臨死体験にも共通性がある
子どもの臨死体験
資料映像:『驚異の超心理世界(2)死後の領
域との接点』(BBC)
出生時記憶仮説
• 出生時に産道を通って外界へ出た記憶が再
生されてトンネル体験になる(Saganなど)
• しかし、新生児は顔を前にして産まれてくるの
ではない
• また、帝王切開で生まれた人の臨死体験にも
トンネル体験があらわれる
臨死体験の脳内現象モデル
• 脳が低酸素状態などのストレスにさらされる
とエンドルフィンなどの神経ペプチドが分泌さ
れ、痛みを消失させ多幸感を生じさせる
• 解離的防衛は体外離脱体験を起こす
• 視覚野が低酸素状態になるとトンネル状の光
が見える
• 同時に辺縁系が低酸素状態になると、海馬と
扁桃核でてんかん様の発作が起こり、幻視、
雑音状の幻聴と人生回顧が起こる
脳内現象モデルの問題点(1)
• 体験の個別の要素を説明するモデルはあるが
体験全体を説明する一貫したモデルがない
• 酸素や二酸化炭素の血中濃度は(つまり、ど
れぐらい死に近づいたかは)臨死体験の内容
に影響しない
• 脳の活動が完全に停止していても体外離脱な
どの体験が起こる
脳内現象モデルの問題点(2)
• 体験の超常的要素を説明するモデルがない
(もしESPが存在すれば、それによって説明
できる部分もある)
• 体験の要素と脳内の部位との間に対応関係
があったとしても、脳内の変化が体験を生み
出しているとは限らない。(脳の変化は異なる
現実へのアクセスを可能にしているのかもし
れない)
「死後の世界」仮説の間接的証拠
• 直接的な証拠を得るのは難しいが・・・
• 「体外離脱」中に、ベッドに寝ていたのでは見
えないはずのものが見える現象
• 体験中に出会う人物が存命中の人ではなく
死者ばかりだという現象
「体外離脱」体験の事例
資料映像:『驚異の超心理世界(2)死後の領
域との接点』(BBC)
ダウンロード

臨死体験の研究