日本銀行におけるXBRLへの取組みについて
2005年11月
日本銀行 金融機構局
和田 芳明
1
© 2005 Bank of Japan
1.日本銀行の役割と実証実験への取組み
• 日本銀行のオンサイト考査、オフサイトモニタリングの
対象金融機関と実証実験への参加先
• 日本銀行における各種情報の授受と金融機関モニタリ
ング等への利用
22
© 2005 Bank of Japan
日本銀行のオンサイト考査、オフサイトモニタリングの
対象金融機関と実証実験への参加先
都市銀行等
第1期実証実験
( 参加先 4 先 )
地銀・第二地銀
信用金庫
外国銀行
約 560 の金融機関
(2005年8月末)
第2期実証実験
( 参加先 31 先 )
証券会社 等
3
© 2005 Bank of Japan
日本銀行における各種情報の授受と金融機関モニタリング等への利用
XBRLの活用可能性
日銀ネット
独自形式
金融機関
考査オンラインほか各種報告システム等
一般企業
Excel、Word、Text、CSV、XML
日本銀行
系ホ
ス
ト
文フ
ァ
字イ
コル
ー形
ド式
変変
換換
P
C
系
紙ベース
各種統計発信
各種データ
ベース
個人
金融DB
(印刷用データ形式)
ファイル
●ファイル形式変換
●文字コード変換
●パンチ入力
ホストコンピュータ
テキスト形式
●文字コード変換
パソコン
格納
紙
(縦位置、横位置、
データ)
考査実務
への利用
行内LAN
計表作成
ファイル作成
4
© 2005 Bank of Japan
2.財務情報サプライチェーン効率化の必要性
• 金融における財務情報サプライチェーン
• XBRLによって何が変わるか
55
© 2005 Bank of Japan
金融における財務情報サプライチェーン
監査法人等
融資先
会計事務所
株式市場・投資家等
企業
シンジケーション
一般企業
他の金融機関
信用保証
銀行
格付機関
報告資料
保証協会
リスク管理
会計処理
投資家
納税者
東京証券取引所
税務当局
日本銀行
金融庁
電子化され
た情報でも
他のコンピ
ュータが直
ちに解読で
きるとは限
らないこと
情報ベンダー
シンクタンク
信用リスク情報DB
同じような情報が何度も授受されていること
6
© 2005 Bank of Japan
XBRLに期待される効果
情報授受コストの低下
── 繰返し利用される情報ほど授受コストの低下メリットが大きい
情報の高度利用
── コンピュータによる自動処理、データ精度の向上、など
金融情報インフラの効率化、金融システムの高度化
社会的厚生の改善
7
© 2005 Bank of Japan
3.なぜXBRLなのか
• XBRLの技術的特長
• 実務利用に当ってのポイント
88
© 2005 Bank of Japan
~~
度
度
年年度3年年度
3
0 3 00 3
22000 2200
200
200
200
200
400
400
400
400
50
50
5050
度
度
年年度3年年度
3
0 3 00 3
22000 2200
50
50
5050
100
100
100
100
BB銀 BB銀
銀行
行 銀行
行
AA銀 AA銀
銀行
行 銀行
行
益益
純純
務務
業業 益益
純純
務務
業業
益益
純純
務務
業業 純益益
純
務務
業業
100
100
100
~ ~ 100
~~
~~
単
単 位
位 :億
:億 円
単 円
単 位
位 :億
:億 円
円
単
単 位
位 :億
:億 円
単 円
単 位
位 :億
:億 円
円
XBRLの技術的特長①
数字のみでは、このデータがどういった項目や属性の
数値データにその属性情報を<>で囲んだ「タグ」によって付与する
数字のみでは、このデータがどういった項目や属性の 数値データにその属性情報を<>で囲んだ「タグ」によって付与する
ことで、データを一つの「塊」として扱えるようになり、個々のデータを
ものかわからない
ことで、データを一つの「塊」として扱えるようになり、個々のデータを
ものかわからない
より効率的に活用可能となる。
より効率的に活用可能となる。
タクソノミ(Taxonomy)
・・・ 財務項目毎の正式名称やそ
の意味、各項目間の親子関係
等を纏めた定義集
・・・・・
・
タグ付きデータのイメージ
<XMLの開始宣言 >
<Root Elementの開始タグ>
・
・・・・・
・・・
・・・
・・・・
・・
・・
・・
<期間> 2003年度 </期間>
<銀行名> A銀行 </銀行名>
<業務純益> 100 </業務純益>
<経常利益> 50 </経常利益>
<当期利益> 10 </当期利益>
:
:
<Root Elementの終了タグ>
共通に使われ
る財務項目名
はタクソノミで
定義
:
9
© 2005 Bank of Japan
XBRLの技術的特長②
① データの再利用性の高さ
財務諸表の表示に用いられることが多いHTMLなどのデータ形式に比べ、データ
の再利用が容易であること
② 高いシステム互換性
専用コードで記述されている他の言語に比べると、汎用性が高く、ホストコンピュー
タ、サーバ、パソコン等いずれでも処理が容易であること
また、オープンな規格であること
③ 自動処理に適していること
予めデータ間の相互関係が定義されており、整合性(エラー)チェックが容易(エラ
ー内容の各国語表示が可能)であるほか、データの属性も定義されていることから
データ毎の処理方法等をシステムが自動的に判断可能であり、STP処理に適して
いること
④ 項目の概念・定義のより正確な理解
WEBへのリンクが可能であり、データの作成者や利用者が、項目毎の定義情報を
当該定義を記載したWEBページで容易に参照可能であること
10
© 2005 Bank of Japan
フォーミュラーリンクによるエラーチェック機能
フォーミュラチェック
第1部 【概説】
▲
(クリック)
1. 【主要な指標などの推移】
(1) 指標
年次
年月
10
11
12
13
14
15
16
1999-03
2000-03
2001-03
2002-03
2003-03
2004-03
2005-03
10,000,000
20,000,000
3,000,000
40,000,000
50,000
6,000,000
7,000,000
経常利益
555,555
111,111
222,222
33,333
444,444
当期純利益
555,555
△ 111,111
222,222
33,333
△44,444
売上高
2.【沿革】
666,666
777,777
△ 77,777
666,666
XXXXXXXX
XXXXXX
▼
エラー一覧
(式)と(式の日本語表示<日本語メッセージ>)を一覧表示
A-B>0
▲
A ひく B は 0より大きくなければいけません
コメント一覧
四捨五入処理を実施しています
▼
11
© 2005 Bank of Japan
実務利用に当ってのポイント
誰でも使える技術であること
一連の実証実験を通じて確認
広く社会インフラとして普及する必要があること
普及のために幅広い理解と協力が必要であること
12
© 2005 Bank of Japan
4.日本銀行における具体的な取組み
• 実証実験の歩み
• 実験の概要
• 実験のサマリー
• 日本銀行のIP-VPNシステムのコンセプト
13
13
© 2005 Bank of Japan
実証実験の歩み
‘03年6月
7~9月
10月 11月
実証実験準備
‘04年1月
3月 7月
第1期実証実験
9月
’05年1月~7月
第2期実証実験
‘06年3月までに
第3期実証実験
(連続徴求実験)
調査
ヒアリング
タクソノミ
作成
機能開発
オフサイト実験
オンサイト
第1回
実験
第2回
役員への
説明
新タクソ
ノミ作成
IP-VPN利用
デ
ー
タ
徴
求
開
始
予
定
14
© 2005 Bank of Japan
実験の概要
実験の目的

・ 金融機関のXBRLに対する理解を促進すること
・ XBRLの有用性を、技術・運用の両面から確認すること
実験参加者

・ 第1期
────── 都市銀行4行 (XBRL- Japan 加盟行)
・ 第2期
(第1回)
── 地方金融機関等31先
(第2回)
── 都市銀行4行(XBRL-Japan加盟行)
・ 第3期

────── 都市銀行等3行 (XBRL- Japan 加盟行)
実験期間
・第1期 : 2003年11月~2004年3月
・第2期 : (第1回) 2004年7月
(第2回) 2004年9月
・第3期 : 2005年2月~7月
15
© 2005 Bank of Japan
テスト結果のサマリー
タクソノミの構築とフォーミュラーリンクの機能の確認
- 構築したタクソノミの作動とフォーミュラーリンクによるエラーチェック機能の有
効性を確認
実験参加金融機関によるXBRL形式のデータファイル作成
- 既存のExcelファイルからXBRLインスタンスドキュメントに問題なく変換出来
ることを確認
金融機関から送付されたXBRL形式のファイルの再現
- 金融機関から送付されたXBRLインスタンスドキュメントを日本銀行側で問題な
く再現できることを確認
最も重要な結果は・・・・
- 特別な専門知識がなくてもXBRLを利用してデータ授受を行えることが確認で
きた点
16
© 2005 Bank of Japan
日本銀行のIP-VPNシステムのコンセプト
金融機関
日本銀行
報告書様式の
ダウンロード
報告書
サーバー
システム
報告書の
ダウンロード
Data
reception
IP-VPN
net-work
報告様式の
アップロード
報告データの入力
データ暗号化
データ伝送
データ復号化
日本銀行側PC
ウィルス
チェック
IP-VPN : Internet Protocol - Virtual Private Network
金融機関側PC
17
© 2005 Bank of Japan
5.実用化に向けて
• 実用化へのステップ
• 運用スキーム
• 運用上のポイント
18
18
© 2005 Bank of Japan
実用化へのステップ
① 2006年3月までに
・ 月次B/SデータのXBRL形式による授受を開始
② その後
・ 報告対象計表を順次拡大
⇒ 決算関係報告、各種データ報告等
19
© 2005 Bank of Japan
運用スキーム
(2006/3月までに稼動開始予定)
金融機関
③最新タクソノミ等
ダウンロード
⑤IP-VPN経由で報告
IPVPN
日本銀行
②最新タクソノミ等掲示
⑥報告データのダウンロード
①(様式改正時のみ)
タクソノミ等修正
タクソノミー・エディター
「報告データ」
「報告データ」
XBRL
XBRL
④データチェック
XBRLファイル作成
⑧DB へ格納
⑦データ再現、
データチェック
XBRL
U/Lツール
金融DB
インスタンス・クリエーター
インスタンス・クリエーター
20
© 2005 Bank of Japan
運用上のポイント①
・タクソノミやXBRLデータの作成・読み取りツールは日本銀行側で準
備し、金融機関に配布
金融機関側では新たなシステム対応の必要なし
・金融機関側では、同ツールをパソコンにインストールし、IP-VPN経由
でタクソノミをダウンロードした後に、予めExcelフォームに作成しておい
たデータからXBRLファイルを作成
簡単な操作でXBRL形式のファイル作成が可能
21
© 2005 Bank of Japan
運用上のポイント②
・ XBRLのフォーミュラーリンク機能により、データのエラーチェックと
訂正を行った後に、IP-VPN経由にて日本銀行宛てにファイルを送信
送付データの精度向上が期待可能
・ 日本銀行では、IP-VPN経由で受信したXBRLファイルを前記ツール
により見読、利用
今後、XBRLデータの高度活用を指向
22
© 2005 Bank of Japan
最後に・・・
23
23
© 2005 Bank of Japan
ご清聴有難うございました
24
24
© 2005 Bank of Japan
ダウンロード

日本銀行 - XBRL