ケープワインワインの特徴
3世紀にわたる歴史が生み出すアートなワイン
(世界で最も美しいワイン産地)
南アフリカのワイン産地は、“世界で最も美し
いワイン産地“と言われ、大西洋とインド洋の
交わる喜望峰、連立する気高い山々、そして
そこを吹き抜ける風などの自然が織り成す多
種多様の気候風土が存在し、ワイン造りに最
適の環境が備わっています。
(最新鋭の醸造設備と醸造技術)
南アフリカには世界に名立たる巨大資本が存
在し、彼らの多くはステイタスシンボルとしてワ
イナリーを所有いる。大富豪の趣味的な存在
のワイナリー、そこには採算を度外視した設備
投資、人材投入がなされており、世界のトップ
クラスのアートなワインが造られている。
(ヨーロッパでは当たり前の高品質)
その歴史的背景からヨーロッパ諸国との繋が
りが深いケープワインは、イギリスやオランダ
などでは仏・豪と並ぶ高品質ワインとして親し
まれている。
日本ではまだ低価格なワインとしてのイメージ
が強いが、最上級のものにこそアフリカンワイ
ンの真の可能性が秘められているのです。
フィルハーレヘン
ボッシェンダル
いま世界で注目のケープワイン! ここがすごい!
世界で最も美しいワイン産地
最新鋭の設備、技術
ケープタウンは二つの大洋、気高い山々によ
り様々なテロワールが存在し、世界で最も美
しく、ぶどう栽培に最良の場所と言われてい
ます。
南アには世界有数の巨大資本が存在し、彼
らはそのステイタスシンボルとしてワイナリー
を所有しています。そこには、プレミアムワイ
ンの醸造に妥協を許さない設備投資がなされ
ています。
3世紀の歴史を持つ新世界
ケープワインの歴史は17世紀にまで溯ります。
その醸造技術はヨーロッパの伝統を受け継ぎ、
ヨーロッパスタイルのワインが作られており、
欧州諸国では古くから親しまれています。
フィルハーレヘン
伝統と歴史に培われた“スーパープレミアムワイン”
伝統と格式あるワイナリー
1700年代イギリス総領事
館として建てられ、近年で
もクリントン大統領をはじめ
とする各国要人の訪問時
に接待場として利用される
ワイナリーの母屋。
ワイナリーの特徴
(最高級のワインへの拘り)
生産性と言う言葉を無視し、最高級のワ
インを造るためだけを目的に造られたこ
のワイナリーは、まさに芸術家のアトリ
エ。そこで生まれたワインはぶどうで造
るアートです。
一流の証
このワイナリーの設に、フ
ランスの銘醸ラフィット・
ロートシルトが全面協力し
た証のプレートが埋め込
まれている
This Winery was opened
by Baron Eric de
Rothchild of Chateau
Lafite Bordeaux in
March 1992
ワインメーカー
南アフリカNo1の醸造家と言われる
アンドレ・ヴァン・レンスバーグ氏。
彼のワイン造りのポリシーは、ヨーロッパの伝統と新世
界の環境、最新鋭の醸造設備が奏でるハーモニーに
より、スーパープレミアムのワインを造る事にあり、そ
の実力は世界でも認められています。
ボッシェンダル
A time-honoured art Boschendal
伝統と歴史が奏でるワインアート
ボッシェンダル、その名はケープタウンでは最も有名な名前で
あろう。1685年建立の大邸宅は、3世紀前の栄華をそのまま
に残しており、今でも人々の憩いの場であると同時に海外から
要人をもてなす場として親しまれています。
そこで造られるワインには、3世紀にわたる美を追求する精神
が活かされており、ニューワールドの力強さに上流貴族の優
雅さをあわせもった魅力的なワインが生み出されます。
ワイン造りの特徴は、大小120ヶ所の畑で生まれたぶどうを、
各々にもっとも適した方法で醸造しブレンドし、ぶどうの持つ潜
在能力を最大限に引き出す芸術的なブレンド技術にあります。
ワインメーカー JCベッカー氏
ぶどう栽培とワイン醸造の両方に卓越した
知識とノウハウを備えた彼の醸造哲学は、
“ワインは長い歴史と伝統によって培われ
た、時がなせる芸術” 。ヨーロッパのワイン
造りの伝統に重きを置いたエレガントなワ
イン造りをモットーとしている。
伝統的なケープダッチ方式で建設され、現在国
定記念物に指定されている領主低。
ボッシェダルで使用する樽は、樹齢20年以上の
木目の細かいフレンチオークが厳選されて使わ
れている。
ダウンロード

世界で最も美しいワイン産地