宇宙共振型重力波望遠鏡
KAGAYA
安東 正樹
(東京大学 理学系研究科)
新特定領域 「全波長重力波天文学のフロンティア」 第5回会合 (2005年7月30日 国立天文台, 東京)
はじめに
DECIGO-PFとは別のものです
低周波数帯での新しい重力波検出器の提案です
新特定領域 「全波長重力波天文学のフロンティア」 第5回会合 (2005年7月30日 国立天文台, 東京)
2
イントロダクション (1)
- 概要と目的 宇宙共振型重力波望遠鏡
人工衛星に共振型重力波検出器を搭載
人工衛星の回転周波数と検出器の共振周波数を同期
低周波数帯の重力波を観測
2kgのAl製アンテナ (小型衛星に搭載できるもの) で
感度 : h ~ 10-18 (1年間の観測)
観測周波数帯: DC – 10Hz 程度
過去の観測結果を3-4桁上回る感度
観測ターゲット
連星からの連続重力波 (MBH連星, BH連星, NS連星, WD連星 等)
バックグラウンド重力波 (MBH連星, インフレーション起源 等)
バースト重力波 (BH連星合体, BH準固有振動)
これまでに行なわれた事のない観測
他ではできない観測
ができる
新特定領域 「全波長重力波天文学のフロンティア」 第5回会合 (2005年7月30日 国立天文台, 東京)
3
イントロダクション (2)
- 感度と観測ターゲット 重力波検出器の感度と主な重力波源
–12
(strain, 1year observation)
GW amplitude
10
Puls ar
tim ing
–14
10
10 Mo
9
–16
10 Mo
10
–18
10
7
10 Mo
8
10 Mo
10 Mo
M BH binary 10 M
o
(1Gpc)
–22
BH QNM
宇宙共振型望遠鏡
の観測範 5
Un
10 Mo
re
so
囲
l
6
–10
7
10
–20
(1年間の観
測)
Dopplar track ing
9
ve
d10
M
BH
B
–14
10
(1Gpc)
Galactic binary
Prim ordial BH
–18
10
10
Cos m ological GW
–24
LISA
10
Puls ar
LCGT
–26
10
DECIGO
–28
10
–8
10
–6
10
–4
10
–2
10
0
10
2
10
Frequency [Hz]
新特定領域 「全波長重力波天文学のフロンティア」 第5回会合 (2005年7月30日 国立天文台, 東京)
4
宇宙共振型望遠鏡 (1)
- 望遠鏡概要 宇宙共振型重力波望遠鏡
共振型重力波検出器
重力波による潮汐力を検出
弾性体の共振周波数で高い感度をもつ
人工衛星に搭載し、衛星ごと回転させる
低周波数帯の重力波による潮汐力が
回転周波数 x2 の周波数に
アップコンバートされる
(回転周波数 x2) – (アンテナの共振周波数)
の周波数を持つ重力波を観測できる
人工衛星での回転
回転による振動がない
地球重力の影響を受けにくい
観測ターゲットを (比較的) 自由に選択できる
これまでにない重力波観測手法
小型衛星でのパラメータ
アンテナ共振周波数 : 10Hz
アンテナ質量 : 2kg
衛星回転 : 5回転/sec
新特定領域 「全波長重力波天文学のフロンティア」 第5回会合 (2005年7月30日 国立天文台, 東京)
5
宇宙共振型望遠鏡 (2)
- 四重極アンテナ 四重極アンテナ
4つの振動子で構成されたディスクアンテナ
重力波による潮汐力 (四重極) に感度を持つ
重力波
特徴:
比較的低い共振周波数
観測用の振動モードが分離
他自由度は硬い
小型アンテナでのパラメータ
振動子の運動
重力波による潮汐力 (+モード)
材質: アルミニウム
サイズ: 100 x 100 x 20
(mm)
アンテナ質量 : 2kg
共振周波数 : 10Hz
Q値 : 106
新特定領域 「全波長重力波天文学のフロンティア」 第5回会合 (2005年7月30日 国立天文台, 東京)
6
宇宙共振型望遠鏡 (3)
- 重力波への感度 重力波への感度
運動方程式
(振動子一つについて)
換算質量
重力波による力
q : 回転角,
M : 振動子の質量
w0: 共振角周波数, Q : Q値
フーリエ変換して整理
(共振周波数での応
答)
小型アンテナでは…
(100 x 100 x 20 アルミニウム,
共振周波数 : 10Hz, Q値 : 106 )
q = 3.8x105 h+
新特定領域 「全波長重力波天文学のフロンティア」 第5回会合 (2005年7月30日 国立天文台, 東京)
7
宇宙共振型望遠鏡 (4)
- 指向性 指向性
干渉計型重力波検出器とほぼ同じ
2つの独立な信号 (h+, hx に対応) が得られる
回転軸方向で最大
回転軸と垂直な方向で最小
(軸方向の 1/8, 無偏波の場合)
新特定領域 「全波長重力波天文学のフロンティア」 第5回会合 (2005年7月30日 国立天文台, 東京)
8
宇宙共振型望遠鏡 (5)
- 雑音源 感度を制限する雑音
回転に同期しない雑音
振動子の熱雑音
センサ (トランスデューサ) の雑音
衛星の振動
回転に同期する雑音
天体の重力場の影響
地磁気の影響
太陽風の影響
衛星に起因する重力, 電磁力
非一様回転の影響
新特定領域 「全波長重力波天文学のフロンティア」 第5回会合 (2005年7月30日 国立天文台, 東京)
9
宇宙共振型望遠鏡 (6)
- 熱雑音 熱雑音
振動子に働く熱揺動力に起因する雑音
原理的な感度限界を与える
温度, Q値, アンテナの形状に依存
熱揺動力
(揺動散逸定理より)
m : 換算質量,
kB : 振動子の質量, T : 温度
w0: 共振角周波数, Q : Q値
重力波による
外力と比較
小型アンテナでは…
~
h thermal = 5.7x10-15 [1/Hz1/2]
1年間 (t = 3.2x107 sec) の観測で
h thermal = 2 x 10-18
新特定領域 「全波長重力波天文学のフロンティア」 第5回会合 (2005年7月30日 国立天文台, 東京)
10
宇宙共振型望遠鏡 (7)
- トランスデューサ センサの雑音
熱振動レベルより良い感度である必要がある
それほど厳しい要求ではない
小型アンテナでは…
~
x thermal = 4.2x10-10 [m/Hz1/2]
感度
ただし…
安全係数は必要
高感度  より広帯域
制御
アラインメント
考慮すべき事項
必須
精度が必要
マイケルソン干渉計
あった方
が良い
そこそこ
精度が必要
安定なレーザー光
源
レーザー光源
静電型トランスデューサ
必要なし
そこそこ
精度が必要
シャドウセンサー
必要なし
厳しくない
フォトセンサー
必要なし
厳しくない
ファブリ・ペロー共振器
静電場の影響
新特定領域 「全波長重力波天文学のフロンティア」 第5回会合 (2005年7月30日 国立天文台, 東京)
11
宇宙共振型望遠鏡 (8)
- 天体の潮汐力の影響 重力場の影響
重力場によるアンテナの変形
(重力源がアンテナ平面内にある場合)
アンテナの微小体積に働く回転力
引力の効果
潮汐力の効果
数値を代入すると…
h earth = 6.6x10-12
h sun = 3.0x10-17
潮汐力による影響 (重力波振幅換算)
地球からの距離: 3.6x104 km
(静止衛星軌道高度)
太陽からの距離: 1.5x1011 km
影響を避ける工夫
(アンテナの形状に依存しない)
軌道, 衛星スピン軸方向
データ解析
新特定領域 「全波長重力波天文学のフロンティア」 第5回会合 (2005年7月30日 国立天文台, 東京)
12
観測ターゲット (1)
- 概要 -
(strain, 1year observation)
GW amplitude
観測対象 : 連続重力波, バックグラウンド重力波, バースト重力
波 10–12
Puls ar
tim ing
–14
10
9
–16
10 Mo
10
10 Mo
7
10
10
7
10 Mo
8
–18
–20
Dopplar track ing
9
10 Mo
Un
re
10 Mo
M BH binary 106M
o
(1Gpc)
–22
BH QNM
(1Gpc)
5
10 Mo
so
–10
lv
e
d10
M
–14 BH
10
B
Galactic binary
Prim ordial BH
–18
10
10
Cos m ological GW
–24
LISA
10
Puls ar
LCGT
–26
10
10-7~10-4 Hz帯
を主に考える
–28
10
–8
10
–6
10
–4
10
DECIGO
–2
10
0
10
2
10
Frequency [Hz]
新特定領域 「全波長重力波天文学のフロンティア」 第5回会合 (2005年7月30日 国立天文台, 東京)
13
観測ターゲット (2)
- 連続重力波 連続重力波
SMBH連星からの重力波
合体1年前で
m1 = m2 = 108 Msun のとき
h ~ 2.0 x 10-16
f ~ 2.5 x 10-6 Hz
ここで, 合体までの時間:
合体イベントは
1event/year が期待できる
合体100年前以内のもの:
100個程度ある
BH準固有振動からの重力波
m = 108 Msun のとき
h ~ 10-15
f ~ 10-3 Hz
新特定領域 「全波長重力波天文学のフロンティア」 第5回会合 (2005年7月30日 国立天文台, 東京)
14
観測ターゲット (3)
- バックグラウンド重力波 バックグラウンド重力波
宇宙論的バックグラウンド重力波
Wg ~ 10-14 のとき
Wg : 宇宙が開いているか閉じているかを決
める臨界的パラメータと, 周波数 f の
重力波エネルギー密度の比
h ~ 1.5 x 10-18
f ~ 1.0 x 10-7 Hz
インフレーションによる重力波
相転移の際の重力波
宇宙ひもからの重力波
重力波背景輻射
連星からの重力波によるバックグラウンド
MBH連星
十分検出可能
新特定領域 「全波長重力波天文学のフロンティア」 第5回会合 (2005年7月30日 国立天文台, 東京)
15
その他もろもろ (1)
- 衛星軌道の選択 人工衛星軌道の選択
地球重力場による雑音 (回転にコヒーレントな雑音) を避けることが重要
観測ターゲットも考慮
地球周回軌道 (1)
ラグランジュ点
地球から十分離れている
 地球重力場の影響を, ほぼ無視できる
回転軸 : ほぼ任意に選ぶ事ができる
地球周回軌道 (1)
回転軸 : 地球方向を向く
 地球重力場の影響を受けにくい
観測点 : 軌道面方向を走査
太陽電池パネルをどう付けるか
地球周回軌道 (2)
回転軸 : 周回軌道面に垂直
 地球重力場の影響は後から除去
観測点 : 同じ方向を観測
地球周回軌道 (2)
新特定領域 「全波長重力波天文学のフロンティア」 第5回会合 (2005年7月30日 国立天文台, 東京)
16
その他もろもろ (2)
- データ処理 データ処理の流れ
1. 与えられた回転数分 (例: 1000回転) のデータを取り出す
2. 10Hz成分をロックイン検波
2位相検波: cos成分  x, sin成分  y
3. 上記を繰り返し、x, y の時系列データを得る
4. データの補正
衛星のドップラー効果
天体重力場の影響など
5. データ解析
連続波解析 (フーリエ解析)
チャープ波解析 (マッチド・フィルタリング)
バースト波解析 (非定常成分の取り出し)
バックグラウンド重力波解析
波源パラメータ (位置, 偏波) の再構築
新特定領域 「全波長重力波天文学のフロンティア」 第5回会合 (2005年7月30日 国立天文台, 東京)
17
その他もろもろ (3)
- 形状の工夫 形状の工夫
円筒状
衛星への収容がしやすい (?)
感度はやや劣る
環状
円周部に質量を集中
 同じ質量で感度を向上
集中マス状
棒の先端にマスを取り付ける
同じ質量での感度は良い
構造が弱く, バランスがとりにくい
トーションアンテナ
高いQ値を実現しやすい
構造が弱くなり易い
…. などなど, 工夫の余地はある
新特定領域 「全波長重力波天文学のフロンティア」 第5回会合 (2005年7月30日 国立天文台, 東京)
18
その他もろもろ (4)
- 将来の拡張 望遠鏡の改良
大型化による感度の向上
サイズ: 10倍  1000 x 1000 x 200
(mm)
アンテナ質量 : 2t
共振周波数 : 10倍  100Hz
Q値 : 100倍  108
温度 : 低温化  4K
~
h thermal = 1.3x10-20 [1/Hz1/2]
1年間 (t = 3.2x107 sec) の観測で
h thermal = 1.2x10-24
複数台による観測
望遠鏡雑音とバックグラウンド重力波の区別
感度の向上
角度分解能の向上  重力波源の位置の特定, 全天マッピング
フェイク信号の除去
新特定領域 「全波長重力波天文学のフロンティア」 第5回会合 (2005年7月30日 国立天文台, 東京)
19
まとめと結論
宇宙共振型重力波望遠鏡
人工衛星に共振型重力波検出器を搭載
低周波数帯の重力波を観測
2kgのAl製アンテナ (小型衛星に搭載できるもの) で
感度 : h ~ 10-18 (1年間の観測)
観測周波数帯: 特に 10-8 – 10-4 帯
過去の観測結果を3-4桁上回る感度
観測ターゲット : 主に大質量ブラックホール
MBH連星からの連続重力波 (~1Gpc)
MBH連星のつくるバックグラウンド重力波
バースト重力波 (MBH連星合体, MBH準固有振動)
これまでに行なわれた事のない観測,
他ではできない観測 ができる
かつ 技術的には十分実現可能
新特定領域 「全波長重力波天文学のフロンティア」 第5回会合 (2005年7月30日 国立天文台, 東京)
20
おわり
終
新特定領域 「全波長重力波天文学のフロンティア」 第5回会合 (2005年7月30日 国立天文台, 東京)
21
ダウンロード

宇宙共振型重力波望遠鏡