Woongjin Coway Co., Ltd
三菱製紙株式会社
国立大学法人 鳥取大学
産学共同研究プロジェクト
Woongjin社製空気清浄機搭載フィルターの
鳥インフルエンザウイルスに対する効果
鳥取大学農学部
伊藤啓史
発表内容
1.本共同研究実施の背景
2.インフルエンザウイルスについて
3.試験結果
1)Woongjin社製空気清浄機搭載フィルターの鳥インフ
ルエンザウイルス除去試験
2)AIフィルター加工成分による鳥インフルエンザウイ
ルス抑制試験
本共同研究実施の背景
空気清浄機とAIフィルターの開発
【開発背景】
・高病原性鳥インフルエンザによる被害報告が増大。
・ヒトの新型インフルエンザウイルス出現の危険性が社会問題化。
・ウイスルを除去出来る素材・製品のニーズか高まる。
【開発の経緯】
・三菱製紙株式会社とWoongjin Coway Co., Ltd.が協力して、三菱製紙がAIフィルター
を、Woongjin が空気清浄機の開発に着手する。
・国立大学法人鳥取大学農学部附属鳥由来人獣共通感染症疫学研究センターに開発製品
の実証試験を依頼。Woongjin.、三菱製紙と鳥取大学との間で韓日国際産学共同研究を
開始。
インフルエンザウイルスについて
インフルエンザウイルスの種類
A型:ヒト(毎冬に流行)、ブタ、ウマ、海獣類
鳥類(鳥インフルエンザウイルス)
B型:ヒト(毎冬に流行)、アザラシ
C型:ヒト
インフルエンザウイルスの形
赤血球凝集素 (HA)
H1〜H16
16×9=144の組み合せ
(例 H5N1、H1N1、
H3N2)
ノイラミニダーゼ (NA)
N1〜N9
ウイルス遺伝子
8本一組
インフルエンザウイルスの宿主
20世紀に出現した新型インフルエンザ
ソ連風邪
(H1N1)
スペイン風邪(H1N1)
アジア風邪
(H2N2)
新型ウイルス
の出現?
香港風邪(H3N2)
1918
2,000万〜
4,000万人
1957
1968
200万人
100万人
1977
2000
1997年〜 H5N1、H9N2、H7N7、H7N3亜型の鳥インフル
エンザウイルスがヒトに直接感染
新型インフルエンザウイルスの出現?
新型インフルエンザの流行の被害
・高所得国だけで1億3,400~2億3,300万人が外来通院、
150~520万人が入院、全世界で200~740万人が死亡
(WHO発表)
・日本国内で200万人が入院、64万人が死亡(厚労省発表)
・世界的に流行すれば最悪の場合、2兆ドル(約234兆円)規
模の経済的影響
(世界銀行発表)
試験結果1
Woongjin社製空気清浄機搭載フィルター
の鳥インフルエンザウイルス除去試験
供試鳥インフルエンザウイルス
A/whistling swan/Shimane/499/83(H5N3)
・1983年に野生のコハクチョウから分離された
・鶏には病原性を示さない弱毒タイプ
・鶏ヒナで継代することにより強毒タイプに変異
ネブライザー
噴霧口
試験装置
試験フィルター
インピンジャー
ウイルス捕集液
空気(ウイルス)の流れ
活性炭フィルター
HEPAフィルター
AIフィルター
試験方法
)
)
イ
ウン
イピ
ルン
スジ
捕ャ
集ー
器
1.吸引ポンプにより試験装置内に空気(ウ
(
(
ネ
ウブ
イラ
ルイ
スザ
噴ー
霧
器
試
験
フ
ィ
ル
タ
ー
イルス)の流れを作る。
吸
引
ポ
ン
プ
2.ネブライザーによりウイルスをフィル
ター
に噴霧する。
3.フィルターを通過したウイルスをインピ
ンジャーで捕集する。
4.捕集したウイルスの感染価を発育鶏卵接
種および赤血球凝集試験により測定する。
空気(ウイルス)の流れ
発育鶏卵接種
・ウイルスがフィルターを通過した
・ウイルスがAIフィルターとの接触で死
滅しなかった
37℃
48時間
ウイルス捕集液を10日齢の
発育鶏卵(有精卵)の漿尿
膜腔に接種
ウイルス増殖あり
・ウイルスがフィルターを通過しなかった
・ウイルスがAIフィルターとの接触で死滅
した
ウイルス増殖なし
赤血球凝集試験
ウイルスが増殖した場合
●
●
●
●
●
●
赤血球がウイルスと結合し、試験管の底に張り付い
たように落ちる。
ウイルスが増殖しなかった場合
試験管内で漿尿液と
鶏赤血球を混合する
赤血球は試験菅の底に転がり落ちる。
試験結果(1)
10,000倍
*
1,000倍
1,000,000倍 100,000倍
フィルターなし
HA陽性(ウイルス増殖陽性)
HA陰性(ウイルス増殖陰性)
100倍
10倍
10,000倍
1,000倍
フィルターあり
*
インピンジャー捕集液の希釈倍率
写真は試験結果の1例を再現したもの
ウイルス感染価 (EID
50
/0.1ml)
試験結果(2)
106
105
104
103
*
105.1
102
101
99.97%
の減少
101.5
フィルター
なし
* 3回の試験の平均値
フィルター
あり
試験結果2
AIフィルター加工成分による
鳥インフルエンザウイルス抑制試験
試験方法
室温、10分
不織布とウイルス液を混合
37℃、48時間
発育鶏卵にウイルス液接種
赤血球凝集試験
ウイルス感染価 (EID
50
/0.1ml)
試験結果
107
106
105
104
103
106.5 *
102
99.9998%
の減少
101
100.7
対照不織布
* 3回の試験の平均値
AIフィルター加工成分
添着不織布
まとめ
・鳥インフルエンザウイルスは、Woongjin社製
空気清浄機搭載フィルターを一回通過するこ
とにより99.97%除去された。
・鳥インフルエンザウイルスの感染価はAIフィ
ルター加工成分に10分間接触することにより
99.9998%抑制された。
謝辞
試験装置の作成に御協力いただいた(株)ナカエ
ンジニアリングに感謝いたします。
ダウンロード

試験結果 1.本共同研究実施の背景 1)Woongjin社製空気清浄機搭載