Cobalt User Conference 2003/Summer
CobaltRaQ550運用事例紹介
~NIコラボ・NISFA with CobaltRaQ~
平成15年9月10日
株式会社関西テレコムテクノロジー
ビジネスソリューション事業部 池内 正晴 ([email protected])
1.NIコンサルティング社製
SFAソフトウェアの概要
1-1.製品ラインナップ(web系製品)
SFA
グループウェア
(Sales Force Automation)
(案件営業型SFA)
連携
(ルート営業型SFA)
日報に入力されたお客様からのクレーム・要望等の情報をグルー
プウェアを使用して全社で共有する(「顧客の声」機能)
Cobalt User Conference 2003/Summer 3
Kansai Tele-communication Technology Co.,Ltd.
1-2.製品概要(顧客創造日報)
・日報入力
・日報閲覧
・コメント入力
・案件分類別分析
・案件情報管理
・案件受失注要因分析
・案件引合要因分析
・商談履歴分析
・受注実績管理
・顧客情報管理
・パーソン情報管理
・スケジュール
・訪問偏差分析
・クレーム共有
(※顧客の声オプション)
・案件先行管理
・イエローカード機能
Cobalt User Conference 2003/Summer 4
Kansai Tele-communication Technology Co.,Ltd.
1-3.製品概要(顧客深耕日報)
・月別訪問計画
・月間スケジュール
・週間スケジュール
・日報入力
・日報閲覧
・コメント入力
・日報提出ランキング
・顧客探知
・顧客情報管理
・パーソン情報管理
・商談履歴分析
・商品分析
・商談活動分析
・商談外業務分析
・競合分析
・イエローカード機能
・クレーム共有
(※顧客の声オプション連携)
・顧客創造メール
(※オプション)
Cobalt User Conference 2003/Summer 5
Kansai Tele-communication Technology Co.,Ltd.
1-4.製品概要(NIコラボ)
・スケジュール
・交通費精算
・行先伝言共有
・アドレス帳
・メール
・プロジェクト管理
・ナレッジコラボレーション
・ナレッジ検索
・アクションリスト
・ワークフロー
・会議室予約
・ポータル画面設定
・マイリンク
・マイロゴ
Cobalt User Conference 2003/Summer 6
Kansai Tele-communication Technology Co.,Ltd.
1-5.製品動作環境
サーバ
OS:
CPU:
メモリ:
HDD:
必要ソフトウェア:
Linux (RedHatLinux 7.2・7.3・8・9、TurboLinux 7・8 Server他)
PentiumⅡ (PentiumⅢ 1GHz以上推奨)
128Mbyte以上 (512Mbyte推奨)
20Gbyte以上 (利用状況により変動します)
Apache、PHP4.0.6以降、PostgreSQL7.1.2以降
クライアント
OS:
CPU:
メモリ:
必要ソフトウェア:
その他
対応PDA:
対応携帯電話:
Cobalt User Conference 2003/Summer 7
Windows95・98・Me・NT・2000・XP
PentiumⅡ (PentiumⅢ 1GHz以上推奨)
64Mbyte以上 (128Mbyte推奨)
InternetExplorer5.5(SP2)以降
ZaurusまたはPocketInternetExplorer搭載機
i-mode・・・・・・・・・・503i/251iシリーズ以降
au・・・・・・・・・・・・・・WAP2.0対応ブラウザ搭載機種
J-PHONE・・・・・・・・J-Sky対応機種
Air H” PHONE・・・Conpact Html対応Webブラウザ搭載機
Kansai Tele-communication Technology Co.,Ltd.
2.NIコラボ・NISFA With CobaltRaQ
2-1.製品コンセプト
~ 中小・中堅企業をメインターゲットとしたパッケージソフト ~
顧客の現状
設置スペースが狭い
顧客の要望
コンパクトな
サーバ
低価格な
システム
安価な
運用費用
運用の手間が
かからない
Linuxの知識
が不要
コンソール
端末が不要
サーバ含の
パッケージ化
リモートメンテ
ナンス機能
自動バックアッ
プ機能
必要な操作の
GUI化
必要な機能
システム予算が少ない
システム担当者がいない
NIコラボ・NISFA with CobaltRaQ
Cobalt User Conference 2003/Summer 9
Kansai Tele-communication Technology Co.,Ltd.
2-2.パッケージソフト動作環境構築
①Apache
基本的にはそのままで利用可能であるが、DocumnetRootが他のLinuxと
異なるため、パッケージソフト付属のインストーラは利用不可であった。
→httpd.confのデフォルト設定についても、一部他のLinuxと異なるため状況に応じて要修正
②PHP
CobaltのGUI画面のサイト設定により利用可能とできる。
→php.iniのデフォルト設定についても、一部他のLinuxと異なるため状況に応じて要修正
(デフォルトのままではPostgreSQL関係の関数が利用できない)
③PostgresSQL
CobaltのGUI画面からは設定できないが、ソフトとしてはインストールされて
いるため、それを利用可能な状態にして使用した。
→デフォルトでは/var配下にデータファイルが作成されるが、/varのディスク容量割り当てが
1.5Gbyteであるため、サーバのlog等の増加によりDBで利用可能な容量が制限される恐れあり。
Cobalt User Conference 2003/Summer 10
Kansai Tele-communication Technology Co.,Ltd.
2-3.運用のための機能
①自動バックアップ機能
アプリケーションデータのバックアップについては、CobaltのPCIバスにSCSI
ボードを取り付けて外付けハードディスク装置を接続し、そこにアプリケーショ
ンデータを夜間にコピーすることによりバックアップを行っている。
→外付けハードディスク装置のマウントについては、CobaltのGUI画面の操作(保守→その他のスト
レージ)でも可能であるが、この操作によりマウントすると接続したハードディスク装置がそのまま
/homeにマウントされてしまうため、バックアップ用のディスクとしては使用できなくなる。
②無停電電源装置(UPS)の利用
お客様環境によりUPSが必要な場合はAPC社製のSmart-UPS500を接続し
ている。設定についてはドライバソフト等のインストールは必要なく、GUI画面
の設定によりシャットダウン処理の連動等が可能となる。(詳細はCobalt添付
のマニュアルを参照)
→シャットダウンは、UPSのバッテリ残量をトリガとして実行されるため、Smart-UPS500にcobaltを1
台のみ接続している場合は、バッテリーが満タンの場合は停電発生からシャットダウン開始まで数
十分の猶予がある。
Cobalt User Conference 2003/Summer 11
Kansai Tele-communication Technology Co.,Ltd.
2-4.リモートメンテナンス機能
①リモートメンテナンス
サーバをインターネットから接続可能な環境に設置されているお客様につ
いては、弊社のほうからサーバにログインできる環境を設置して、障害の状
況確認・復旧操作やアプリケーションのバージョンアップができるようにしてい
る。
また、温度異常等の警告メールについても弊社のほうへ送信されるように
設定を行い、稼動状況の監視についても実施している。
→インターネット側からtelnet等のポートに接続可能とするため、ハッカーからの攻撃を防ぐための
対策が重要である。基本はお客様環境に設置されているファイアウォール等で対策することとなる
が、対応しきれない場合はCobalt側の各種設定を変更して、不正なアクセスを排除するようにして
いる。
Cobalt User Conference 2003/Summer 12
Kansai Tele-communication Technology Co.,Ltd.
2-5.GUI操作環境
①GUI操作環境
リモートメンテナンスでバージョンアップできないお客様に対しては、CDROM媒体でモジュールを送付している。送られたCD-ROMをパソコンにセット
してGUI画面よりモジュールをサーバをアップロードして、自動的にモジュー
ルを更新する機能を有している。
また、バックアップデータのリストア等の作業についてもGUI画面の操作に
より行える。
Cobalt User Conference 2003/Summer 13
Kansai Tele-communication Technology Co.,Ltd.
3.不具合等の対応事例
3-1.温度上昇
本システムを導入いただいているお客様のサーバより6月の下旬頃から、弊社の
ほうへ温度上昇の警告メールが度々送られてくるようになり、状況を調査するため
に定期的に温度を記録する処理をサーバに組込み、温度推移の観測を行った。
(次頁にその温度推移のグラフを示す)
[環境要因]
①サーバ設置場所の通気性(事務所の片隅にパーテーションで囲って設置)
②別のCobaltサーバと2段積みで設置
③21:00のビル空調停止
[システム要因]
④4:00のCobaltシステム日次処理(ログ繰越処理等)
⑤4:00のアプリケーションデータバックアップ処理
※②と⑤については対策を実施
⇒ 温度上昇のピークは下がったが依然警告が出ている状況
Cobalt User Conference 2003/Summer 15
Kansai Tele-communication Technology Co.,Ltd.
Cobalt User Conference 2003/Summer 16
Kansai Tele-communication Technology Co.,Ltd.
3-2.タイマー精度
グループウェアのタイムカード機能を使用して社員の出退勤管理をしているお客
様から、サーバの時計が狂って使い物にならないとのクレームがあった。
そのCobaltはntpで時刻調整を行っていない状態では1日につき1分程度の遅れ
が発生していた。管理画面よりインターネット上にあるntpサーバのアドレスを設定
したが、しばらくすると再び時刻に遅れが生じ始めた。
mtpサーバの設定を行った直後はntpdのデーモンが存在していたが、しばらくす
ると消滅するという現象が発生していた。そのためcronにより1日に一度ntpdを再
起動するように設定を行ったところ、時計の狂いは発生しなくなった。
Cobalt User Conference 2003/Summer 17
Kansai Tele-communication Technology Co.,Ltd.
3-3.社内に設置したサーバへの外部からの接続①
RaQ550にプライベートアドレスを付与してを社内に設置し、インターネット側から
ルータでNATを行ってwebに接続する場合、うまく接続できないケースがある。
→http接続する際のhost名(ブラウザのアドレス欄に入力するサーバ名)が
RaQ550のサイト名もしくはIPアドレスと異なる場合はサイト名に対してRewrite
される。
社内
社内LAN: 192.168.0.0/24
InterNet
NAT: 200.0.0.10→192.168.0.100
サーバ名: cobalt.ktt.co.jp
IP: 192.168.0.100
DNSに[cobalt.ktt.co.jp→200.0.0.10]を登録して下記のようにアクセス
・社外からはcobalt.ktt.co.jpでサーバに接続
・社内からは192.168.0.100でサーバに接続
(社内からcobalt.ktt.co.jpでアクセスするとルータが折り返してくれずNGであった)
Cobalt User Conference 2003/Summer 18
Kansai Tele-communication Technology Co.,Ltd.
3-4.社内に設置したサーバへの外部からの接続②
RaQ550にプライベートアドレスを付与してを社内に設置し、インターネット側から
webに接続したが、表示できないページが存在するケース。
→社内LANとのインターネット接続にADSL等のPPPoE区間が存在し、MTUネゴシ
エーションがうまく行われていないため、パケット長が1460byte以上のパケット
が欠落
社内
PPPoE
InterNet
ルータ等の通信機器設定だけでは対処できないので、サーバ起動時にcobaltの
MTUを強制的に1400byteにするコマンドを発行
ifconfig eth0 mtu 1400
Cobalt User Conference 2003/Summer 19
Kansai Tele-communication Technology Co.,Ltd.
4.小技&小ネタ集
4-1.小技集!?
①サイト別ログ設定について
各サイトのweblog等のlogrotateの設定においてlogファイルの最大サイズ
は/etc/logrotate.d/site**で指定されるが、管理画面で入力された各サイト
の最大許容ディスク容量の設定値の10%が自動的に設定される。
そのためサイトの最大許容ディスク容量を20G以上に設定するとこの設定
値が2G以上となり、ログファイルご肥大化していくとファイルサイズがOSの限
界である2Gを超えた時点で、ログデータが書き込めなくなる。
②PHPで作成されたファイルの容量監視
各サイトのPHPスクリプトで作成されたファイルの所有者はhttpd:httpdとな
る。この状態では管理画面のディスク利用状況においてサイト別容量が正し
くカウントされない。それを防ぐためには定期的にサイトディレクトリに対して
chown httpd:site**といったような処理を実行すれば良い。
Cobalt User Conference 2003/Summer 21
Kansai Tele-communication Technology Co.,Ltd.
③メール通知設定の技
Cobaltの動作状況監視をするためには、管理画面よりadmin宛てのメール
を監視用メールアドレスに転送するようにすれば良いが、緊急度の低いメー
ル(cronの実行結果や利用者のメール送信エラーなど)のメールがたくさん監
視用のメールアドレスに舞い込んでくるようになる。
これでは狼少年状態になってしまうので、警告用とメッセージ用の二つの監
視用メールアドレスを作成し、「アクティブモニタの設定」にある警告メールの
送信先をadminから警告用の監視メールアドレスに変更し、admin宛ての転
送先をメッセージ用の監視メールアドレスに設定することにより、重要度に応
じた監視を行うことができる。(警告用の監視メールアドレスのみを携帯電話
に転送するなど)
Cobalt User Conference 2003/Summer 22
Kansai Tele-communication Technology Co.,Ltd.
④温度監視
Cobaltから「高温になってます」とのメールが度々飛んできても、実際にその
ときに何度になって、その状態がどれくらい続いているのかなどの情報がわ
からない。
下記のようなシェルを作成してcronで一定の間隔で実行することにより、温
度推移を記録することができる。
#!/bin/sh
echo `date +%Y%m%d%t%H:%M:%S%t``cat /proc/cobalt/sensors/thermal` >> ./thermalchk.log
※logファイルはどんどん大きくなるので、継続的に動かす場合は要注意
Cobalt User Conference 2003/Summer 23
Kansai Tele-communication Technology Co.,Ltd.
4-2.小ネタ集!?
①名無しの権兵衛!?
1台のRaQ550が故障したので修理に出した。筐体に張っていたうちの設備
管理用シールが残った状態で返ってきたので、サーバ丸ごと交換ではなかっ
たもよう。しかし修理明細を見るとマザーボードが交換されていた。
Cobaltの管理画面から「システムの設定」→「情報」の画面を見てみると
製品のシリアル番号 未初期化
製品のシリアル番号 ffffffffffffffff
となっていた。部品を交換してシリアル番号が変わるのはよろしくないが、こ
れはちょっと寂しい。 やっぱりNVRAM等の設定を書き換えるのは面倒なの
かな・・・
ちなみに、同じSUNのマシンでもSolaris系であれば、不具合が発生して
NVRAMを交換する際に内容の打ち直しをアメリカの方へ依頼しているとのこ
とで、部品納入までに結構時間がかかった記憶がある・・・
Cobalt User Conference 2003/Summer 24
Kansai Tele-communication Technology Co.,Ltd.
②困ったもんだ・・・
新品のCobaltをセットアップし、アクティブモニタを見るとなにやら赤いマーク
が出ている。内容を確認してみるとあるFANの回転数が0であるとのことだっ
た。
不良品だ!っということで、念のために蓋を開けてみると・・・
Cobalt User Conference 2003/Summer 25
Kansai Tele-communication Technology Co.,Ltd.
ダウンロード

Cobalt User Conference 2003/Summer