本事業は、産学官の連携によりMEMS技術全般について体系的に習得した人材を育成し、既存産
業の高付加価値化、競争力強化に資することを目的として実施いたします。
本事業の受講生に課題(試作を希望するMEMSデバイス)を持ち込んでいただき、4インチのプロ
セスラインを利用してマンツーマンに近い指導で装置の原理・使い方・プロセスのノウハウを学
習し、「設計→試作→評価→発表」に取り組むことにより、MEMS開発者として必要な技術を体系
的に習得していただきます。特に実習では、ただ単に知識を勉強するだけでなく、実際に自らの
手を動かして設計・試作を行い、技術を習得していただきます。この一連のプロセスが本事業の
特徴となっています。
受講対象者
(1)既にMEMSに取り組んでいる企業において、MEMS開発部署に配属された技術者
(2)新たにMEMS開発を行う企業において、MEMS担当となった技術者
(3)MEMSの製造現場で働いているが、デバイス開発について体系的に習得したい技術者
(4)MEMSに携わってきたが、これまでとは違う分野のデバイスを開発したい技術者
スケジュール(予定)
▼受講生募集開始(平成22年7月下旬~)
①MEMS
②MEMS
▼受講申込み
▼受講希望者との調整
企画
設計
▼オリエンテーション(10月上旬)
(約1週間)
(約2週間)
▼開講式(10月上旬)
▼試作実習実施(①+②+③=約3ヶ月:10月上旬~12月中旬)
▼実習報告プレゼンテーション・閉講式にて修了証授与(平成23年1月)
②MEMS
試作
(8~10週間))
受講料
受講料は、試作するデバイスの難易度に応じて、原材料費、光熱水費、装置使用料、人件費等
として、主催者が決定させていただきます。それ以外の経費、宿泊費、交通費、保険料等につい
ては受講企業(受講者)にて負担いただきます。
受講場所
東北大学、宮城県産業技術総合センター、MEMS関連企業(実習委託)
【問い合わせ先】:MEMSパークコンソーシアム事務局
〒980-8579 宮城県仙台市青葉区荒巻字青葉6-6-01
東北大学大学院工学研究科付属マイクロ・ナノマシニング研究教育センター内
Tel : 022-795-4263
Fax : 022-795-6259
http://www.memspc.jp/index.html メール : [email protected]
主催/MEMSパークコンソーシアム
(東北大学、東北経済産業局、宮城県、仙台市)
MEMSパークコンソーシアム
平成22年度MEMS人材育成事業「試作実習」申込書
※お申込みは以下の内容にてFAXまたはメールにてお願いいたします。
FAX: 022-795-6259 E-MAIL:[email protected]
※【注意事項】
 本事業の主催者(MEMSパークコンソーシアム)、MEMSパークコンソーシアム事務局を構成
する各団体(東北大学、東北経済産業局、宮城県、仙台市)及び講座実施機関(東北大学、
宮城県産業技術総合センター、実習委託企業)は、本講座の実施に係る事故等について、一
切責任を負いません。受講者は所属機関と調整の上、必要な保険等に加入した上で参加して
いただきます。
 受講内容、実施時期、受講期間等の詳細に関しては、事前に受講者側と主催者側で十分な
調整をした上で決定します。また、持ち込まれた課題の内容によっては、受講者側の希望に
完全に沿うものとはならない場合もあるので、受講者から事前に了解を得ることとします。
 当初予定した期間・経費内で試作デバイスが完成・評価まで至らなかった場合は、受講企
業(受講者)の希望に応じ、東北大学との学術指導契約や共同研究契約等により、極力、継
続して試作が出来るよう、関係者で協議・調整をします。
 特に試作課題が無く、MEMSデバイスの試作全般を習得したいという受講者には、「圧力セ
ンサ」・「力センサ」・「バイメタルスイッチ」・「加速度センサ」の4つのデバイスから
選択していただきます。
平成
年
月
日
フリガナ
企業名
フリガナ
フリガナ
所属部署
受講者名
住
所:〒
TEL:
FAX:
作製したいデバイス:
※特にない場合は、次の4つからお選びください
圧力センサ
□
力センサ
□
バイメタルスイッチ
□
加速度センサ
□
ダウンロード

平成22年度MEMS人材育成事業募集パンフレット(PDF:280KB)