MAXIの開発の現状
とこれから
松岡 勝
2006年3月23日
MAXI理研シンポジウム
MAXIの開発経緯
1997年度: MAXI開発チームスタート(宇宙開発委員会了承)
1998年度: 概念設計完了
2000年度: 基本設計審査会完了
2001年度: 熱・構造モデル製作し試験実施
2002年度 MAXI ミッション中間評価(宇宙開発委員会了承)
2002年度: ミッション系の詳細設計審査会完了
2003年度: システム系の詳細設計審査会完了
2003年度から: 搭載ミッション機器製作、JEM-EFとの調整
2005年度: システム部製造前確認(HTV対応)
地上データ処理装置の設計・試験、安全審査等
2005年度初期: 中間報告書完成(チームで執筆出版は後日)
2005年初期:スペースシャトル(&HTV)で打上げ検討開始(2JA)
2006年4月:MAXIシステム製造前審査終了FM製造着手
2006年度中期: 一次かみ合わせ(2006年9-10月)
2005-7年度: 地上データ処理・解析装置の製作
2007年度: 総合試験 安全審査等(最終:2008年3月)
2008年度: JEM-EFと伴にスペースシャトルで打上げ(2008年夏?)
MAXIの開発状況
GSC:6ユニット中5ユニット試験終了 FM回路製作中
SSC:FM H/Zセンサー(32CCD)マウント試験中 FM回路製作中
LHPRS:FM機構8月末完了 一嚙後Swalesで機械、熱真空等試験
VSC:8月末までFM完了 一嚙後DTUで環境試験
GPS:鯨衛星と同じものを製作し試験終FM整備中
構造系(ハニカムアルミ板材、H-CAMPAM-PU等) SS/HTV対応
一嚙は構造モデルで機械合せ一嚙後FM構造モデル製作
構造モデル以外の電気的システム機器はFMで嚙合せ
熱系(MAXIの熱設計見直し、ATCS) シャトル対応
姿勢決定搭載ソフト製作中VSC,RLG,GPSとの噛合せ(一嚙時期)
地上受信・データプロセス試験準備:低速系はチェック済(OCS-SEC)
中速系のチェック済(OCS-SEC)
残る作業は
U-BIS試験、SECのシステムハードを含め充実、実機との総合試験(?)
MAXIの運用管制システムデータベースの整備と基本試験終了
残る作業:実機のDPまたはデータとの噛合せ(End-to-Endテスト?)
MAXI解析・速報システム今後のミッションチームの最重要課題
今後のハードル:一嚙み試験 、システム総合試験、NASA安全審査
MAXIの科学への準備
初期運用の準備
地上観測の協力者の調査と勧誘
ガンマ線バースト光学望遠鏡との共同観測
超高エネルギーγ線望遠鏡
ニュートリノ観測装置、重力波観測装置
公共・アマチュア天文台の調査と協力体制
全天X線天体のサーベイ観測と宇宙背景X線放射
の大構造の観測のソフトウェアの開発
運用体制の準備:運用チームの組織
速報、アーカイブ、ソフト、解析、論文
MAXIの成功基準
要求
ミニマム
サクセス
GSCの半分、SSCの半分が動作し全天のX線
モニターをする。通常のISSの運用で効率50%
以上でMAXIが動作。1年数個の変動性天体の
公表ができる。
サクセス
1年以上軌道上でほぼ全部のGSCとSSCが動
作し全天X線モニターができる。通常のISSの運
用で効率50%以上動作。1年10個程度の変動
性天体の公表ができる。
3年以上軌道上で全部の装置が動作し、運用効
率が50%を確実に超える。1年10個以上の変動
性天体を公表できた場合。変動性天体の研究
に加え全天サーベイの観測が成功する。
エクストラ
サクセス
さいごに
ISSとの付き合いはサイエンスを超えた
ものがある?
精神修養の場シャトルは予定通り上が
るのか? 米国PL(中断), LCDE(中断), ?
サイエンス・技術・教育・科学の普及
MAXIに関する国際会議?
 打ち上げがはっきりしたとき?
MAXIの技術報告書(中間報告書見直し)
ASMの過去・現在・未来
名称
国
活躍年
感度
成果
Vela5 a&b USA late 1960era
>100 mC
2-10 keV
g-bursts, X-ray novae
Ariel 5
UK
late 1970era
>50 mC
2-10 keV
X-ray novaeの系統的観測
Ginga
Jpn
late 1980era
>30 mC
2-20 keV
X-ray novaeのスペクトル
RXTE
USA mid’90-present
>10 mC
2-10 keV
銀河系内X線源の系統的観測
Swift
USA ’05-present
> 1 mC
15-200 keV
g-burstsモニター衛星, AGN
MAXI
Jpn
2008?
> 1 mC
2-20 keV
銀河系内・外X線源系統的観測
ASTROSAT
India 2008?
> 10 mC
2-10 keV
RXTEと類似
Lobster-ISS
ESA
> 0.1 mC
0.2-2 keV
ミラーをもつASM, AGN
after 2010 ?
MAXIの運用と期待される成果
X線新星:日々の観測 速報性
フレア/バースト天体: 短時間観測と速報
銀河系内X線天体の変動: 連続観測
銀河系外X線天体の変動: 連続観測
銀河系内高温度領域の大構造
X線背景放射の大構造と強度の分布:宇宙論
X線放射銀河系外天体と電波や赤外線放射
天体との相関:進化
ダウンロード

MAXIの開発状況 - 玉川高エネルギー宇宙物理研究室