出版(2)
出版の現場と出版メディアの役割
1.出版社の仕事
2.編集者の仕事
3.出版メディアの役割
1
1.出版社の仕事
出版社の仕事=出版活動を担うこと。
「情報を書籍・雑誌などの印刷物や、CD-ROM, DVD
やメールマガジンなど電子的方法によって複製し、頒
布・販売の方法で普及させる活動」
日本には4,000以上の出版社が存在。
←許可・届出を必要としていない。
←執筆から販売まで“委託”に依存する度合いが大
きい。
⇒必要な資本はそれほど大きくない。
2
出版社の仕事は「編集」「業務・製作」「販売」「広告」
「宣伝」に大別される(教科書p. 163)。
編集:企画立案→原稿の執筆依頼→原稿入手→原稿
整理→組み方・体裁の決定→校正→校了
業務・製作:事前原価計算の作成→製作(印刷会社や
用紙・製本会社の手配)→搬入(取次へ)
販売:マーケティング調査→部数決定→販売促進(販
売部数交渉)→配本調整
広告(雑誌の場合):掲載広告の勧誘→広告ページの
決定→広告原稿入稿
3
2.編集者の仕事
編集者とは、書籍や雑誌、新聞などの刊行物や論文な
どの内容を編集する人。
(1)企画の立案
何を出版するのか?
著者を誰にするか?
マーケットリサーチ
読者は誰か?
“オリジナリティ”はあるか、“売れるか?”の判断
←時代に合ったトピックか?
←トピックに合った著者?
←企画を持ち込まれた場合の判断?
4
(2)原稿の執筆依頼
テーマ?
分量?
締切り
印税・原稿料
←編集者の人脈が鍵を握る
(3)原稿の入手
スケジュールどおりに原稿を書いてもらうのは容易で
はない。
⇔執筆を励ます(催促)
⇔資料集めを手伝う
5
(4)原稿整理
入手した原稿に目を通し、内容と形式を整えること。
←疑問点を著者に質問する。
←書き直しを依頼する。
←用字用語の誤りを直す。
←表記を統一する。
ただし、専門的な書物であり編者がいる場合には、こ
れらの作業は編者に任されることも多い。
6
(5)組み方・体裁の決定
文字の書体・大きさ、1ページ当たりの行数、図表や
写真の大きさと挿入する位置などを印刷所へ指示
する。
(6)校正
校正刷(ゲラ刷り)の誤字誤植を原稿どおりに正しく
直すこと。
初校→再校→三校→四校・・・・と呼ぶ。
初校は著者(編者)・編集者が行うが、再校以降は編
者・編集者のみというケースもある。
7
(7)校了
“校正完了”の意味。校正の責任者が最終チェックを
行い、誤りがないことを確認したことを意味する。
“責了(=責任校了)”は、校正責任者が誤りを発見した
が、修正が修正者の責任によって修正されるのを条
件に「校了」とすることを指す。
8
3.出版メディアの役割
(1)あなたは出版メディアに何を期待しますか?
流行を伝播すること?
有名人の秘密を暴くこと?
海外の大衆文化を紹介すること?
政治(家)を非難すること?
世界的なイベント(W杯、サミットなど)の特集を組み
解説すること?
出版メディアは、 「ジャーナリズム」「学問」「娯楽」・・・
など単一の言葉ではくくることのできない分野
9
(2)テレビや新聞では実現しにくいことを期待できるので
はないか
①徹底した調査に基づく報道を連載する
⇒国民への問題提起・世論を動かす
②専門家の世界を他の専門家や一般人へ伝達する
⇒知の連携・連鎖
③読んでほしいもの、後世に残したいものを作る
⇒知の財産
さまざまな分野にまたがる“財産”と考えられる。
e.g. 「冬ソナ」にハマった私たち(林香里)
10
参考文献
林香里 (2005) 「冬ソナ」にハマった私たち 文春新書
川井良介 (2004) 出版の現場 天野勝文・松岡新兒・植田康
夫(編著) 新現代マスコミ論のポイント Pp.161-175.
清水英夫 (1995) 出版学と出版の自由 日本エディタースクー
ル出版部
11
ダウンロード

新聞(3) 新聞記者の仕事 - lab.twcu.ac.jp