「21世紀型コミュニケーション力の育成」研修モジュール
C2 ブレーンストーミング
一般財団法人 コンピュータ教育推進センター
ブレーンストーミングとは
• 参加者全員で多数の意見やアイ
ディアを出し合い、そこから新しい発
想を生み出すための方法の一つ。
• A・F・オズボーン氏(アメリカ)が考
案
ブレーンストーミングとは
• 全員が参加
• 一人一人の意見を尊重
• アイディアを次につなげる
アクティビティの基本
ブレーンストーミングの4原則
①アイデアの量にこだわる。
「質より量」
②批判をしない。
「エーッ!」「違うよ」「冷笑」などはNG!
③独創的なアイデアを歓迎する。
「自由奔放」「突拍子もない」はGood!
④アイデアを融合させて改良する。
必要に応じて進行役が助言
ブレーンストーミングの
進め方を理解しよう
ブレーンストーミングの進め方
①具体的なテーマを与
える
× 地球環境を守るにはどうしたらよいか
○ 私たちにできるエコ活動を考えよう
ブレーンストーミングの進め方
②グループを作る
・テーマによって、メンバーを考慮。
Ex.同学年or異学年
ブレーンストーミングの進め方
③ グループファシリテータ
を決める
<心構え>
○ 自由に話せる雰囲気作り
○ テンポ良く進める
○ まとめようとしない(切り捨てない)
ブレーンストーミングの進め方
④ 自分の意見を付箋紙
に書く
○ キーワードで書く(短く)
○ 1枚に一つ
ブレーンストーミングの進め方
⑤ 順番に発表する
○ 1回の発表でアイディア1つ
○ 演説禁止(簡潔に)
○ 発表した付箋紙を模造紙に貼る
(無造作に並べてよい)
それでは、
ブレーンストーミングを
してみましょう。
テーマは、
「子どもたちに学校を
好きにさせる方法」
です。
自分の意見を付箋紙に
書きましょう。
時間は7分です。
発表しましょう
○ 1回の発表でアイディア1つ
○ 演説禁止(簡潔に)
○ 発表した付箋紙を模造紙に貼る
(無造作に並べてよい)
ブレーンストーミングに
期待される効果
①自分の考えがまとまる
キーワードにする
②他の参加者の考えがわかる
共通点と相違点を知る
③自分の考えの不足に気づく
情報不足や先入観
④新しいアイディア(解決策)が生まれる
製作
CEC
21世紀型コミュニケーション力
の育成プロジェクト委員会
16
ダウンロード

発表用データ(powerpoint)