専門教科「情報」(3)
6/8/07
各 科 目(続 き)
情報システムの開発
情報システムの開発(1)

目標
情報システムの設計に関する知識と技術を習得
させ,実際に活用する能力と態度を育てる
情報システムの開発(2)

概要
 どのような要求があるのか?
 どのようなシステムを作るのか?
 具体的にどのようなプログラムを作るのか?
 実際にプログラムを作る
 プログラムは正しいか?
 運用後に問題は?
情報システムの開発(3)


プログラム言語を選択と活用能力
構造化設計法
 いろいろな設計法がある
留意点
情報システムの開発(4)
1. 情報システムの概要

情報システム化の技法

情報システムの分析技法

ソフトウェア開発の基礎

システム設計
内容
情報システムの開発(5)
2. 情報システムの設計
 プログラム設計
 概要
 設計方法
 プログラミングと単体テスト
内容
情報システムの開発(6)
内容
3. ソフトウェアテスト
 テスト工程
 (単体テスト)・結合テスト
 テストケース
 ホワイトボックステスト・ブラックボックステス
ト
情報システムの開発(7)
4. 運用保守
 トラブル?
 機能追加
内容
ネットワークシステム
ネットワークシステム(1)

目標
情報通信ネットワークシステムに関する知識と技
術を習得させ、実際に活用する能力と態度を育
てる
ネットワークシステム(3)

概要
 要求分析
 設計
 運用
ネットワークシステム(2)
1. ネットワークの基礎
 ネットワークの種類
 LAN・WAN
 伝送の手順と接続方式
 物理的媒体
 回線交換・パケット交換
 関連技術
内容
ネットワークシステム(3)
2. ネットワークの構築
 ネットワークの分析
 ネットワークの設計
3. ネットワークの運用と保守
 運用管理
 保守
内容
ネットワークシステム(4)
4. ネットワークの安全対策
 自然災害
 人為的過失
 不正アクセス
内容
モデル化とシミュレーション
モデル化とシミュレーション(1)
目標

様々な現象を数理的に捉え,コンピュータで解析
し,視覚化するための知識と技術を習得させ,実
際に活用する能力と態度を育てる
モデル化とシミュレーション(2)

レジの混み具合
挙動を数値化

天気予報

飛行機の設計

原子炉
コンピュータで計算
結果を分析
モデル化とシミュレーション(3)
内容
1. モデル化とその解法
 モデル化の基礎
 数理的な基礎知識
 モデルの種類と特性
 シュミレーションの基礎
モデル化とシミュレーション(4)
内容
2. 現象のモデル化とシュミレーション
 連続的に変化する現象
 離散的に変化する現象
 その他の現象
コンピュータデザイン
コンピュータデザイン(1)

目標
コンピュータによるデザインに関する基礎的な知
識と技術を習得させ,実際に創造し応用する能
力と態度を育てる
コンピュータを用いた
視覚伝達
表現力と造形力
コンピュータデザイン(2)
1. 造形表現の基礎
 デザインの意義
 デザインの条件
 数理的造形
内容
コンピュータデザイン(3)
2. コンピュータデザインの基礎
 表現と心理
 記号の操作と意味の演出
内容
コンピュータデザイン(4)
内容
3. コンピュータデザインの基本要素と構成
 デザインエレメント
 エレメントの視覚的構成
図形と画像の処理
図形と画像の処理(1)

目標
コンピュータによる図形と画像の処理技法に関
する知識と技術を習得させ,実際に活用する能
力と態度を育てる
種々な業務への適用
図形と画像の処理(2)
1. 図形の表現
 基本図形の表現
 点・線・多角形・面・円
 座標変換の利用
 移動・拡大・縮小・回転・投影
 立体図形による表現
内容
図形と画像の処理(3)
2. 画像のディジタル化
 ディジタル画像
 画像の標本化と量子化
 アナログ → ディジタル
内容
図形と画像の処理(4)
3. 画像の変換と合成
 幾何変換
 色彩変換
 合成
 動きの表現
 アニメーションとシミュレーション
内容
マルチメディア表現
マルチメディア表現(1)

目標
マルチメディアによる表現活動を通して,マルチ
メディアによる伝達効果とその特質について理解
させ,作品を構成し企画する実践的な能力と態
他の科目の内容を総合的に活用して
度を育てる
マルチメディア作品を作成
図形,画像,音などの情報を
ディジタル化して一元化
製作者の意図を効果的に伝える
マルチメディア表現(2)
1. 静止画の設計と表現
 静止画の処理
 静止画による表現
内容
マルチメディア表現(3)
2. 動画の設計と表現
 動画の処理
 動画による表現
内容
マルチメディア表現(4)
3. 音・音楽の設計と表現
 音・音楽の設計
 音・音楽の表現
内容
マルチメディア表現(5)

4. 作品制作
内容
ダウンロード

専門教科「情報」(3)